Your SlideShare is downloading. ×
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
IAMAS 2010 First presentation
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

IAMAS 2010 First presentation

1,097

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,097
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 卒業展示 プレゼン IAMAS 2010 Graduate Exhibition イトウユウヤ IAMAS 2010 卒業展示実行委員会 委員長 Ver.1.2
  • 2. この資料は、 10月29日の 卒展コアメンバーミーティングで発表した プレゼン資料を改訂したものです。
  • 3. はじめに 1:卒展アンケート 2:卒展に対する個人的な想い 卒展アンケート 先日、 IAMAS 関係者宛に アンケートを実施 対象者 53 名 IAMAS 2010 Graduate Exhibition
  • 4. はじめに 1:卒展アンケート 2:卒展に対する個人的な想い 卒展アンケート 主な回答 ・サイン ・作品に関する説明 (キャプション/スタッフ対応) IAMAS 2010 Graduate Exhibition
  • 5. はじめに 1:卒展アンケート 2:卒展に対する個人的な想い 卒展アンケート つまり、 鑑賞者 作 品 「作品」と「鑑賞者」が離れている IAMAS 2010 Graduate Exhibition
  • 6. はじめに 1:卒展アンケート 2:卒展に対する個人的な想い 卒展に対する個人的な思い 1 GOAL IAMAS での 最終的な成果発表の場 IAMAS 2010 Graduate Exhibition
  • 7. はじめに 1:卒展アンケート 2:卒展に対する個人的な想い 卒展に対する個人的な思い 1 GOAL IAMAS での 最終的な成果発表の場 2 START IAMAS 後の活動の スタート地点 →次なる展開へのステップ、足がかり IAMAS 2010 Graduate Exhibition
  • 8. キーワード ? キーワード?スローガン? IAMAS 2010 Graduate Exhibition
  • 9. キーワード ? つなげる IAMAS 2010 Graduate Exhibition
  • 10. 「つな げる」 キーワード つなげる ネットワーク?コミュニケーション?伝承?引継?継承? IAMAS 2010 Graduate Exhibition
  • 11. 「つな げる」 キーワード つなげる ネットワーク?コミュニケーション?伝承?引継?継承? 「つながる」のを待つのではなく積極的に「つなげていく」。 そんな仕掛け作りをめざしたい IAMAS 2010 Graduate Exhibition
  • 12. キーワード 「つな げる」 ねらい ・鑑賞者と作品(作家)をつなげる ・次の展開(卒業後)につなげる IAMAS 2010 Graduate Exhibition
  • 13. キーワード「つな げる」 つなげるにはどうすればいいんだろう? (作品以外の部分で) ・見やすさ/わかりやすさが必要? 作品自体の難解さではなく、作品へのアクセスにおいての問題。 たとえ優秀な作品があっても、そこへ鑑賞者が辿り着かなくては (作品と鑑賞者を「つなげる」ことをしなければ)、作家自身の次の 展開、鑑賞者の新しい価値観へ「つなげる」ことができない。 IAMAS 2010 Graduate Exhibition
  • 14. キーワード 「つな げる」 「つなげる」卒展の機能 作 品 記録、アーカイブ化 → 次年度へ アーカイブ 情報の明確化 サイン 作品の区分 設営 雰囲気 デザイン 卒業生?市民? 盛り上げ?案内? 企業?アーティスト? ホスピタリティ? 鑑賞者 当日運営 広報 IAMAS 2010 Graduate Exhibition
  • 15. キーワード 「つな げる」 「つなげる」卒展の機能 作品(作家) と鑑賞者が 未来へ 作 品 記録、アーカイブ化 → 次年度へ アーカイブ つながる「場」 つなげる 情報の明確化 サイン 作品の区分 設営 雰囲気 デザイン つながりやすく 盛り上げ?案内? つなげる相手に 卒業生?市民? 企業?アーティスト? ホスピタリティ? 案内・演出 案内・招待 鑑賞者 当日運営 広報 IAMAS 2010 Graduate Exhibition
  • 16. キーワード 「つな げる」 「つなげる」卒展のアイデア? サイン デザイン 文字をおおきくする? ちょっとした仕掛け作り LED のキャプションの有効活用? ・作品と作家をつなげる(写真付のキャプ) ・作品名と作家の名前を記載したカードを置く →そしたらデザインとの融合性は? →そしたら雰囲気はどうなるよ? 設営 当日運営 作品の種類でカテゴライズしちゃう ゲストが入りやすい雰囲気 ディ○ニーランドのテーマ事に区分けするみ ・入口で関係者が固まらないようにする たいな感じで。興味のある世界観にすぐアク ・ギャラリーツアーの区別化? セスできる感じ? ・カフェの設置場所 →作品がかたよったらどうするん? →どこまで設営と擦り合わせできる? IAMAS 2010 Graduate Exhibition
  • 17. キーワード 「つな げる」 「つなげる」卒展のアイデア? 広報 アーカイブ どんな人達とつながりたいか? 次年度への繋げ方 つなげたいか? 各学生の次の展開への重要なアーカイブ →つなげたい人達を招くので超重要 !! →次年度へ繋げる為に別になにかドキュメン →まさかの他機関との連携も? テーションが必要? IAMAS 2010 Graduate Exhibition
  • 18. 「つな げる」 キーワード つなげる ネットワーク?コミュニケーション?伝承?引継?継承? 「つながる」 のを待つのではなく積極的に「つなげていく」。 「つなげる」卒展の実現 IAMAS 2010 Graduate Exhibition
  • 19. 「つなげる」という言葉をキーワードとして選んだのには二つ の理由があります。 「つながる」という言葉は当たり前で新鮮さがなく、キーワー ドとして提案する際には躊躇していましたが、卒展に関するア ンケートの結果を見るに、まだこの言葉は有効である点と、卒 展の運営側として色んな人や物(作品)が「つながる」という 機会/場を用意し提供するべきだろうという思いから、無意思 動詞の「つながる」ではなく、意志動詞の「つなげる」を選び ました。意思をもっていろんなものが繋がるように。 さいごに ぼくたち学生は作品制作も同時並行して行われるので大変な作 業が予想されます。なのでせめて卒展の作業をしている時ぐら いは「イヒヒ」と笑いながら楽しみながら、 「つなげる」卒展を 目指して皆様と色々と「ニヤニヤ」悪巧みしていければ最高です。 みなさまのご協力をよろしくお願いします。 IAMAS 2010 卒業展示実行委員会委員長 イトウユウヤ IAMAS 2010 Graduate Exhibition

×