Katsunuma winery tour guide

  • 1,061 views
Uploaded on

This slide is describing Wine Market in Japan and some statistics of Wineries. It is also describing Japan specific grapes such as Koshu and Muscat Berry A. Introducing Ch. Mercian and Ch.Lumiere.

This slide is describing Wine Market in Japan and some statistics of Wineries. It is also describing Japan specific grapes such as Koshu and Muscat Berry A. Introducing Ch. Mercian and Ch.Lumiere.

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
1,061
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2

Actions

Shares
Downloads
5
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. CBS3期生とみんなで行くワイナリーツアーの手引き 2012.3.11
  • 2. CONTENTS• 日本のワイン市場を知る• 日本のワインメーカーについて知る• ぶどうについて知る• ワイナリーについての事前知識• テイスティングにあたり 2
  • 3. 日本のワイン市場を知る 3
  • 4. ワイン生産量と消費量• ワイン総出荷量25万Kl(前年比1.6%増)• 国産33%、輸入67%(H.21)• 成人一人当たり 年間2.3l (3本) – フランス 72本 課税統計によるワインの出荷・輸入状況 – イタリア 62本 4
  • 5. 都道府県別消費量 都道府県別消費量 成人一人当たり消費量1. 東京都 25.9% 1. 山梨県 6.3l2. 大阪府 8.2% 2. 東京都 5.8l3. 神奈川県 7.7% 3. 大阪府 2.7l4. 埻玉県 5.3% 4. 北海道 2.6l5. 千葉県 5.1% 5. 神奈川県 2.5l6. 北海道 5.0% 6. 千葉県 2.4l7. 愛知県 4.2% 7. 長野県 2.4l8. 兵庫県 3.4% 8. 京都 2.3l9. 福岡県 3.2% 9. 埻玉県 2.2l10. 静岡県 2.1% 10. 宮城県 2.2l11. 京都府 2.1%12. 山梨県 1.9% 平均 2.3l 5
  • 6. 酒税に対する貢献度 国産および輸入の合計2.8% 0.9% 12.8% 7.3% 11.2% 日本酒 焼酎 18.7% ビール 発泡酒 33.5% リキュール 12.8% ウイスキー ワイン その他 6
  • 7. 日本のワインメーカーについて知る 7
  • 8. 日本のワインの歴史 日本のワイン造りの歴史は明治維新になってからです。明治政府は殖産興業政策の一環として、ぶどう栽培・ワイン醸造振興策を加えました。当時、日本は米不足でしたから、米からの酒造りは節減したい意向が強かったのです。政府はヨーロッパ、アメリカからぶどう苗木を輸入し、山梨県をはじめ各地でぶどう栽培とワイン醸造を奨励しました。明治7年(1874年)には甲府の山田宥教(ひろのり)、詫間憲久(のりひさ)がワイン醸造を試みています。当時のワイン醸造の知識といえば、書物や来日外国人からの伝授にすぎませんでした。 明治10年(1877年)秋、ワイン醸造法習得のため、日本人として初めて土屋龍憲(りゅうけん)、高野正誠(まさなり)の二人が本場フランスに留学しました。帰国後、この二人に加えた宮崎光太郎は国産最初のワイン会社「大日本山梨葡萄酒会社」でワイン造りに努力します。その後、明治18年(1885年)降矢徳義が甲州園の前身である「降矢醸造場」を創設しました。 越後高田の川上善兵衛は明治24年(1891年)に岩の原葡萄園を開設し、日本の風土に適したぶどうの品種改良に情熱を傾けました。 明治34年(1901年)には神谷伝兵衛が茨城県牛久でワイン醸造を開始し、明治36年(1903年)にフランス様式の牛久シャトーを完成させました。明治37年(1904年)小山新助が山梨県に登美葡萄園の造成を開始して、この葡萄園は後に鳥井信治郎が買収しています。 昭和2年(1927年)に前述の川上善兵衛はマスカット・ベリーAを交配し、日本のぶどう栽培とワイン造りに大きな貢献をしています。 8
  • 9. 日本のワインメーカー• 日本ワイナリー協会 37社(下図)• 山梨県ワイン酒造組合 79社• 長野県ワイン協会 25社• 道産ワイン懇談会 11社• 山形県ワイン酒造組合 11社 9
  • 10. ワインメーカーの推定生産規模 • メルシャン(キリン) 900万本? 380億円(推察)大 手 • サントリー(サントリー) 900万本? 265億円(2010年) • マンズ(キッコーマン) 30億円(2010年)準大手 • サントネージュ(アサヒ) 20億円(2010年) • ポレール(サッポロ) • おたるワイン(北海道ワイン) 350万本 18億円(2011年)中 堅 • シャトー勝沼 267万本 13億円(2011年) • 十勝ワイン(池田町) 105万本 8億円(推察) • ルミエール 40万本小規模 • グレイスワイン(中央葡萄酒) 28万本 • ドメーヌソガ 4万本マニア • 月浦ワイン 2万本 10
  • 11. シャトーとは?• ボルドーワインの定義 – シャトー:葡萄栽培やワイン生産をする私有地 – Mis en Bouteille au Chateau:自園で栽培された葡萄のみを使 用してワインを造り、瓶詰めまで一貫したワイン(シャトー元 詰ワイン)• ブルゴーニュワイン – ドメーヌ:生産者 – Mis en Bouteille a la Propriete(生産者元詰ワイン)• ネゴシアン(主にブルゴーニュ) – 他の生産者が造ったブドウやワインをブレンドし、さらに熟成 などさせて独自のワインを造る生産者のこと 11
  • 12. 国産ワインって?• 国産ワインの表示に関する基準 – 1986年にワイン表示問題検討協議会が制定した自主 基準 – 2006年に国際ルールとの 整合性にも配慮した改正を 実施 – 改正の主なポイントは、(1) 輸入原料を使用したワ イン(テーブルワイン等)に対する使用事実の表示、 (2) 「国産ぶどう100%使用」又は「○○産ぶどう 100%使用」を表示する場合の要件、(3) 産地・品 種・年号を表示する場合の要件、(4) 貴腐ワイン・ アイスワイン・シャトー・元詰・無添加などの特定 用語を表示する場合の要件など – http://www.winery.or.jp/ass/winecode.pdf 12
  • 13. シャトー問題• ぶどう栽培・製造・びん詰 13
  • 14. 日本のぶどうについて知る 14
  • 15. 日本のワインのぶどう品種 赤ワイン用 白ワイン用 マスカット・ベリーA、日本固有の ブラック・クィーン、 甲州、竜眼ぶどう品種 山ぶどう メルロー、カベルネ・ シャルドネ、セイベル、グローバル ソーヴィニヨン、 ミュラー・トゥルガウ、 品種 ピノ・ノワール、 ケルナー、リースリング、 ツバイゲルトレーベ セミヨン リースリングリオン、 サントリーノワール、日本で作られ リースリングフォルテ、 甲斐ノワール、キヨミ、 た交配品種 信濃リースリング、 ヤマソーヴィニヨン 甲斐ブラン 15
  • 16. 甲州• 山梨原産のブドウで、800年以上も前から 甲州地方で栽培されている• 果皮は薄紫色で香りは控えめ。やわらか い果肉は多汁で甘みがあり、種の周りは 酸味がやや強い(糖度は上りにくい、17 以上)• 収穫期は10月頃 16
  • 17. マスカットベリーA• 川上善兵衛が昭和2年に交配• 糖度は高く、 21~22度に達する。酸味も あり、食味は濃厚で品質よく、赤ワイン 用原料として一は日本の第1位品種• 熟期は9月中旬の晩生 17
  • 18. メルロー• 広く世界的に栽培される赤ワイン用の品種 の一つ。豊かな果実味、控えめなタンニン と甘味、なめらかさと柔らかさが特徴• 「ボルドー・ブレンド」において非常に重 要で、カベルネ・ソーヴィニヨンとブレン ドされることが多い• 長野県塩尻市桔梗ヶ原地区 などで栽培されている 18
  • 19. おでかけするワイナリーについて 19
  • 20. シャトーメルシャン 勝沼ワイナリー日本ワインを世界レベルへ押し上げるリーディングカンパニー• 年間生産量 約70万本(国産比率100%) – 勝沼ワイナリーの生産としては、国産葡萄100%使用• 自社畑14ヘクタール 契約畑40ヘクタール• 栽培品種:メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、シャルド ネ、甲州、他• シャトー・メルシャンシリーズは国際ワインコンクールで 数々の金賞を受賞し、国際的に高い評価を得ている – シャトー・メルシャン桔梗ヶ原メルロー – シャトー・メルシャン甲州きいろ香 20
  • 21. シャトーメルシャンのワイン① 21
  • 22. シャトーメルシャンのワイン② 22
  • 23. 桔梗ヶ原メルローシグナチャー 2001年【産地】 長野県桔梗ヶ原地区【使用品種】 メルロー 100%【色】 赤【味わい】 フルボディ【容量】 750ml【アルコール度数】 12.7%【平均樹齢】 22年【収穫】 10月上旬(10月5日・8日入荷のぶどう)【醸造】 28~30度 16~25日間【育成】 小樽育成 21カ月(新樽100%)【生産量】 1,836本【価格】 21,000円 23
  • 24. 甲州きいろ香 2010年【産地】 山梨県甲府市玉諸地区【使用品種】 甲州【色】 白【味わい】 辛口【容量】 750ml【アルコール度数】 13%【収穫】 9月上旬~中旬【醸造】 ステンレスタンク【育成】 ステンレスタンク4カ月【生産量】 10,387本【価格】 2422円 24
  • 25. シャトールミエール日本を代表する老舗名門ワイナリー• 年間生産量 約40万本(国産比率50%)• 自社畑2.5ヘクタール 契約畑32.5ヘクタール• 栽培品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、甲州、他• 皇室御用達ワイン、橋本首相ホストクリントン大統領晩さん会で使用• 会長の塚本俊彦氏は、東洋人初のボルドーワインアカデミー客員会 員、ボルドーの一流ワイナリーとの親交もあつく、シャトーマルゴー とシャトーディケムのいち空き樽を買い付けている• 日本初(1901年築造)のヨーロッパ式石蔵ワイン発酵槽を現在でも利 用• 2006年から、全畑ビオディナミ栽培(化学合成剤を使わず、天体の動 きも考慮しながら、土壌、植物の働きを活性化しようとする農法) 25
  • 26. シャトールミエールのワインメルロー、カベルネの混醸 カベルネフラン、ブラッククィーンの混醸生産量6000本強 生産量9000本程度価格3000円強 価格2000円光キュベスペシャル 生産量1000本弱 レザンファン価格5000円強(甲州・ボルドータイプ) マスカットベリーAが評価高い光 価格3000円強 生産量1000~2000本強 価格2000円弱 26
  • 27. シャトールミエールのワイン 27
  • 28. ぶどうの丘• 地下ワインカーヴ – 甲州市推奨銘柄180種類 – 約20,000 本貯蔵• 試飲(1,100円) – 赤ワイン – 白ワイン – 特徴別に並ぶ 28
  • 29. ぶどうの丘施設 29
  • 30. テイスティングにあたり 30
  • 31. テイスティング• 色 – 赤ワイン:紫がかった赤色~ルビー色~褐色 – 白ワイン:淡い黄緑色~麦わらのような黄色~濃い黄金色• 香り – ブーケ:ぶどう本来の香り – アロマ:熟成による香り(空気に触れさせる)• 味わい – 甘み・酸味・渋みや苦み・アルコール度 – 全体のバランス 31
  • 32. ワインの味わいは何で決まるか ぶどう × 発酵や熟成の方法• ぶどうの種類 • 新樽/古樽• ぶどうの育成状況 • 小樽/大樽• 風土(日照/気温/標高) • ステンレス樽• 土壌(粘土質/石灰質) • コンクリート/石/素焼甕• ぶどうの収穫時期• 収穫方法(手摘み) • シュールリー• 選別 • MLF(マロラクティック醗酵) • マセラシオン • ピジャージュ・ルモンタージュ • 熟成期間 アッサンブラージュ 32
  • 33. 白 テイスティングチャート ボディ軽いフルーティーなワイン 爽やかな辛口ワイン ステンレス樽 シュールリー甘口 辛口 マセラシオン 樽かけ MLFデザートワイン コクのある辛口ワイン ボディ重い 33
  • 34. 赤 テイスティングチャート ボディ軽い フルーティーなワイン すっきりとしたワイン甘口 辛口 MLF 樽熟成 ポートワイン デザートワイン 重厚感のあるワイン ボディ重い 34
  • 35. 試飲したものをマップしてみる ボディ軽い甘口 辛口 ボディ重い 35
  • 36. 試飲したものをマップしてみる ボディ軽い甘口 辛口 ボディ重い 36
  • 37. テイスティングノートワイン名 色 香り 味わい ぶどう品種 価格 37
  • 38. テイスティングノートワイン名 色 香り 味わい ぶどう品種 価格 38