Windows Azure 上の WebLogic Server 12c から JPA を利用した O/R マッピング to SQL Database
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

Windows Azure 上の WebLogic Server 12c から JPA を利用した O/R マッピング to SQL Database

on

  • 1,150 views

 

Statistics

Views

Total Views
1,150
Views on SlideShare
521
Embed Views
629

Actions

Likes
1
Downloads
0
Comments
0

6 Embeds 629

http://normalian.hatenablog.com 307
http://d.hatena.ne.jp 140
http://forestay33.rssing.com 128
http://feedly.com 43
http://www.feedspot.com 10
http://digg.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Windows Azure 上の WebLogic Server 12c から JPA を利用した O/R マッピング to SQL Database Presentation Transcript

  • 1. Windows Azure 上の WebLogic Server 12c から JPA を利用した O/R マッピング to SQL Database
  • 2. もくじ ① SQL Database インスタンスの作成 ② JDBC ドライバの配置 ③ データソースの設定 ④ persistence.xml の配置 ⑤ EJB ロジックの記載
  • 3. Windows Azure 上に以下のデータベースインスタンス を作成しておく
  • 4. もくじ ① SQL Database インスタンスの作成 ② JDBC ドライバの配置 ③ データソースの設定 ④ persistence.xml の配置 ⑤ EJB ロジックの記載
  • 5. http://msdn.microsoft.com/en-us/sqlserver/aa937724 にアクセスして JDBC ドライバを取得する
  • 6. 展開したアーカイブから sqljdbc4.jar を抜き出し C:¥Oracle¥Middleware¥Oracle_Home¥wlserver¥server¥lib に配置する
  • 7. C:¥Oracle¥Middleware¥Oracle_Home¥wlserver¥com mon¥bin¥commEnv.bat を以下を参考に編集 IF NOT DEFINED MW_HOME ( IF NOT DEFINED WL_HOME ( echo MW_HOME or WL_HOME is not set IF DEFINED USE_CMD_EXIT ( EXIT 1 ) ELSE ( EXIT /B 1 ) ) ) IF NOT DEFINED MW_HOME set MW_HOME=%WL_HOME%¥.. FOR %%i IN ("%MW_HOME%") DO SET MW_HOME=%%~fsi CALL "%MW_HOME%¥oracle_common¥common¥bin¥commEnv.cmd" set WEBLOGIC_CLASSPATH=%WEBLOGIC_CLASSPATH%;%WL_HOME%¥server¥lib¥sqljdbc4.jar
  • 8. もくじ ① SQL Database インスタンスの作成 ② JDBC ドライバの配置 ③ データソースの設定 ④ persistence.xml の配置 ⑤ EJB ロジックの記載
  • 9. Services > Data Sources を選択 後で使うので JNDI Name を覚える MS SQL Server を 選択
  • 10. 画像を参考にドライ バタイプを選択
  • 11. グローバルトランザクション はどうせ使えないので外す
  • 12. SQL Database の情報を追記
  • 13. JDBC ドライバの jar が上手く配置出来 ていないと以下のエラーが出る
  • 14. データソースを結び付けるサーバを選択 するので、当然チェックを追加
  • 15. この辺まで来ればデータソースの設定完了
  • 16. もくじ ① SQL Database インスタンスの作成 ② JDBC ドライバの配置 ③ データソースの設定 ④ persistence.xml の配置 ⑤ EJB ロジックの記載
  • 17. EJB プロジェクトの META-INF/persistence.xml を以 下の例を参考に作成 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <persistence xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/persistence" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/persistence http://java.sun.com/xml/ns/persistence/persistence_1_0.xsd" version="1.0"> <persistence-unit name="em" transaction-type="JTA"> <provider>org.eclipse.persistence.jpa.PersistenceProvider</provider> <jta-data-source>JDBC_Data_Source</jta-data-source> </persistence-unit> </persistence>
  • 18. もくじ ① SQL Database インスタンスの作成 ② JDBC ドライバの配置 ③ データソースの設定 ④ persistence.xml の配置 ⑤ EJB ロジックの記載
  • 19. テーブルと O/R マッピングする Entity の作成例 import javax.persistence.Column; import javax.persistence.Entity; import javax.persistence.Id; import javax.persistence.Table; @Entity @Table(schema = "dbo", name = "Eroge") public class Eroge implements Serializable { @Id @Column(name = "Id") private int id; //getter/setter、他のプロパティ略
  • 20. O/R マッピングのロジック例 mport javax.persistence.EntityManager; import javax.persistence.PersistenceContext; @Named @Stateless public class IndexLogic { @PersistenceContext private EntityManager em; public List<Eroge> doLogic() { System.out.println("!!!! do logic"); List<Eroge> resultList = em.createQuery("select k from Eroge k", Eroge.class).getResultList(); return resultList; } }