Developer summit 2014 summer

1,236 views

Published on

Developer summit 2014 summer

Published in: Software
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,236
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
55
Actions
Shares
0
Downloads
50
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Developer summit 2014 summer

  1. 1. © 2014 IBM Corporation 継続的デリバリーの実現へ! ~クラウドによってアプリケーション開発はどう変わるのか?~ 2014/7/31 日本アイ・ビー・エム株式会社 Rational事業部 江木典之 Developers Summit Summer 2014
  2. 2. © 2014 IBM Corporation 自己紹介  江木典之(@noriyukiegi) – IBM SI部門 – Rational 事業部 テクニカルセールス – PMI認定PMP, Professional Scrum Manter1  専門分野 – プロジェクトマネジメント – アジャイル適用支援(プロセス、ツール)  書籍 – チームコンサート超入門(技術評論社) – ディシプリンド・アジャイル・デリバリー日本語版 2
  3. 3. © 2014 IBM Corporation 書籍 – DAD日本語版 3 • Scott W.Ambler Mark Lines 著 • 藤井智弘(監修) • 熱海秀樹 • 天野武彦 • 岡大勝 • 大澤浩二 • 中佐藤麻記子 • 永田渉 • 西山泰男 • 三宅和之 • 和田洋 • 江木典之 翔泳社!
  4. 4. © 2014 IBM Corporation 本セッションのテーマ クラウド技術に代表されるテクノロジーイノベーションが、 DevOpsと継続的デリバリーを推し進めるドライバーになり つつあります。 DevOpsを実行するための環境を計画し、整備するのは、率 直に言って面倒なプロセスでしたが、アプリケーション実行 環境だけでなく開発環境もクラウドを利用することで、継続 的デリバリーの環境を容易に利用できるようになってきてい ます。 クラウド型アプリケーション開発について、IBMの新しい PaaSサービス「Bluemix」と開発環境「DevOpsサービ ス」をご紹介します。 4
  5. 5. © 2014 IBM Corporation 今後、新規に開発されるSW の 85% がクラウドを対象に すべてのアプリケーションの 1/4 が、 2016年までにクラウドで利用可能に 開発者の 3/4 がアプリケーションに クラウドサービスを利用している 5 参照:IBM 2013 Annual Report
  6. 6. © 2014 IBM Corporation クラウドによって変わるアプリ開発 ジャスト・イン・タイムな開発へ –必要な時にクラウドからあらゆるリソースを入手して利用 することが可能に – サービス・機能 – 人的リソース – 開発環境/ツール – 実行環境 6
  7. 7. © 2014 IBM Corporation <例> 構成管理~デプロイの環境 7 開発環境 ステージング 環境 実行モジュール のパブリッシュ 変更の 取り込み デプロイ デプロイと 環境設定 テスト自動化 継続的インテグレーション 自動化テストの 呼び出し 自動テストの 実行 単体テスト ツール • xUnit SCM • Git • Subversion • Rational Team Concert 単体テスト の実行 • Rational Team Concert • Jenkins, Maven
  8. 8. © 2014 IBM Corporation 開発環境/実行環境の調達 OS導入 Fix MW導入 Fix ツールの 設定 ユーザー 管理 開発 開発 ・・・・ ユーザー 登録/招待 バック アップ 数十秒で! スペック 見積り HW 準備 8
  9. 9. © 2014 IBM Corporation WebAPIの利用による機能・サービスの獲得 Internet of Things アプリケーション Twitter amazon google Web API Web API 企業の枠を超え、社外のサービス を組み合わせて提供 アプリケーション 企業内 9
  10. 10. © 2014 IBM Corporation 人的リソースの調達 クラウド(Crowd)・ソーシング 発注者 タスクを 依頼 クラウド・ソーシ ング会社 タスク・ パフォーマー タスクを実行し、 結果を提供  マッチ・メーキング  カスタマー・サポート  販売、管理
  11. 11. © 2014 IBM Corporation クラウドによって変わるアプリ開発 ジャスト・イン・タイムな開発へ –必要な時にクラウドからあらゆるリソースを入手して利用 することが可能に – サービス・機能 – 人的リソース – 実行環境 – 開発環境/ツール 初期投資を抑えた早いリリースが可能に!
  12. 12. © 2014 IBM Corporation 素早くリリースできれば十分? ライバルが同じよう なサービスを出す さらに魅力的な サービスがでる サービスの優位性、ユーザー体験は 時間とともに低下する 登場インパクトの 賞味期限 時間 製品・サービスの 価値/UX
  13. 13. © 2014 IBM Corporation 頻繁に価値を提供する 競合優位性を保ち続けるには、 サービス、フィーチャーを 頻繁にデリバリーすることが重要デリバリー デリバリー 時間 製品・サービスの 価値/UX フィード バック フィード バック フィード バック アジャイル開発 デプロイ自動化 フィードバック
  14. 14. © 2014 IBM Corporation IBM DevOpsサービスとは? ~開発環境~ チーム開発環境(SaaS) –アジャイル開発と継続的なデリバリーをサポート •ソース管理、バックログ管理、ビルド&デプロイ、計画 &トラッキング、ダッシュボード(状況の可視化) •実行環境(Bluemix)と連携したデプロイ自動化 –GitHub連携、Web IDE(Orion)も使用可能 –“フィードバック”との連携 (2014年5月現在) 14
  15. 15. © 2014 IBM Corporation IBM Bluemixとは? ~実行環境~ 様々なプログラミング言語 に対応したアプリケーショ ンの実行環境(Runtime)を 提供 Runtimeから容易に利用で きる多くのサービスを提供 オープン・スタンダードを 活用した環境(Cloud Foundry)により移植性が 高い IBMクラウド上で提供されるPaaS アプリケーション サービス アプリ開発者 実行環境 15
  16. 16. © 2014 IBM Corporation デモ シナリオ –Bluemixに含まれるTwilioというサービスを使用したアプ リケーションを構築します。 –開発環境を作るところから始めます。 16
  17. 17. © 2014 IBM Corporation17
  18. 18. © 2014 IBM Corporation デモ まとめ すぐに開発環境、実行環境を使用できる。 クラウド・サービスの組み合わせてアプリケーショ ンを構築できる。 開発環境から実行環境に継続的なデリバリーができ る。 18 継続的デリバリーの環境を すぐに容易に利用できます!
  19. 19. © 2014 IBM Corporation クラウドの特性を生かしたデプロイメント Blue-Green Deployment 19 http://martinfowler.com/「BlueGreenDeployment」をもとに作成 ユーザー Router Green Blue Webサーバー DBサーバー Webサーバー DBサーバー
  20. 20. © 2014 IBM Corporation クラウドの特性を生かしたデプロイメント Canaly Deployment 20 95% traffi c 5 % Primary Cluster Canary Cluster 100% traffic (Old) Primary Cluster New Primary Cluster Primary Cluster 100% traffic Canary Cluster
  21. 21. © 2014 IBM Corporation BluemixでCanary Deploymentに近いことを やってみる Routeを作成 no-route オプションで、2つのアプリをPush 21 >cf create-route dev mybluemix.net -n egitest >cf push --no-route -p A -m 64M egitest-a >cf push --no-route -p B -m 64M egitest-b
  22. 22. © 2014 IBM Corporation BluemixでCanary Deploymentに近いことを やってみる 2つのアプリに同じURLを割り当てる 2つのアプリ 22 > cf map-route egitest-a mybluemix.net -n egitest > cf map-route egitest-b mybluemix.net -n egitest > cf apps name state instances memory disk urls egitest-a started 1/1 64M 1G egitest.mybluemix.net egitest-b started 1/1 64M 1G egitest.mybluemix.net
  23. 23. © 2014 IBM Corporation <ご参考> ご利用について  30日間のトライアルサービス  課金モデル – Pay as you Go モデル(利用に応じた従量課金)-現在米国のみ • 無料枠あり • メモリ:375GB-hours/月 までが無料枠(メモリ0.5GBだと1か月無料) – サブスクリプション • 推定利用料金をあらかじめお支払頂く  詳しくは Pricing のページをご参照ください – https://ace.ng.bluemix.net/#/pricing
  24. 24. © 2014 IBM Corporation まとめ クラウドによりジャスト・イン・タイムな開発に –必要に応じて利用する形態に –初期投資を抑えたサービスの立ち上げ フィードバック~開発~運用を含めた仕組みが重要 –これをクラウドで提供するものがBluemix & DevOpsサー ビス –デプロイメントもクラウドの特性を生かしたものに 24
  25. 25. © 2014 IBM Corporation25 Thank You

×