Cmu for up

466 views

Published on

2014/3/15 Creater MeetsUp#14
のスライドです。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
466
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
20
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Cmu for up

  1. 1. WpPostPlusで EC-CUBE X WordPress いいとこ取りができるかも!?
  2. 2. 丸岡 憲弘 @marugizmo 丸岡 憲弘 株式会社 ギズモ http://gizmo.co.jp http://blog.gizmo.co.jp
  3. 3. インターネット システム時代 博覧会VR オリンピック CMとか色々 モータショー ゲーム エクスピアリ Apple ゴルフ中継 ブランド サイト BtoC みかか マルチメディア 時代 CG時代 (昔の) SIGGRAPH 展示館色々
  4. 4. プロデュース・ディレクション・コンサルの立場として ソースレベルから品質・工程・予算管理する必要がある。 PHPやJavascriptを多少覚える。 セキュリティー関連は正当性が必要なので、 第三者(他社)にお任せ。
  5. 5. EC-CUBEはコンテンツの追加がHTMLベース 今となっては使いづらい気が・・・ ブログないし・・・ ブログを使う感覚で運用できない!? WordPressでコンテンツ追加すれば良いじゃん!! MTとこれしか 知らなかっただけ!! 何となくの動機(内向き)
  6. 6. WordPressでショップ展開してる人はたくさんいる! EC-CUBEに変えてコンテンツ移すの大変! 「コンテンツ=資産」捨てるのももったいない EC-CUBEとWordPressの連携ができれば ブログができるし、コンテンツが生かせる!! EC-CUBEのプラグインで作ればみんな使える! プラグイン・ハッカソンの ネタが無かっただけ!! 製作意図(表向き)
  7. 7. EC-CUBE 2.11でWordPressとの連携実績はあった。 wp-load.phpをrequireすればWordPressのfunctionを EC-CUBE上で結構使える。 EC-CUBEのEC機能(会員・カゴ・ポイントなど)は 前面に出したいので、WordPressのコンテンツを取ってきて EC-CUBE上で表示することにする。 基本部分はあった。最初はフリーで出したかった。 ハッカソンで最初のバージョンを一晩で作成したかった。 単純に記事や固定ページの内容を持ってきて表示させる。 製作の流れ
  8. 8. •単純に、記事、固定ページ、もしくは両方を選んで最新順に表示。 記事、ページ選択のメニューはブロックで自由に配置。 •表示数は選べる。 WpPost(フリー版) •EC-CUBEの商品番号を本文にコメントタグで入れると商品自動 表示。 •コメント対応。 •コメントの際、認証なし、EC-CUBE会員、Facebook、 Twitterから選択できる。 •非推奨のファンクションを使わないようコードの改定。 •表示・非表示カテゴリ、記事を設定可能。 今ココ •WordPress用のプラグインで記事をAPIで取得。
  9. 9. •WpPostを元に、WordPress標準のウィジェットを ブロックで実装。 •それぞれのブロックで、カテゴリ、記事などの表示・非表示を コントロール •カテゴリ別のコントロールを複数入れることで、 商品特集別、ブログなどのメニューをコントロールができる。 WpPostPlus(有料版) •WordPressマルチサイト、カスタム投稿への対応。 •WordPress用のプラグインで記事をAPIで取得。 今ココ
  10. 10. WpPostのスマートフォン・タブレット 表示用プラグイン その他プラグイン WpPostSP(有料) WpPostPlusのスマートフォン・タブレット 表示用プラグイン WpPostPlusSP(有料) EC-CUBE PLUGIN CONTEST 2012 予選 通過作品 スマートフォンで商品一覧をスワイプで表示 SwapeList(フリー) ハッカソンで作った天気予報プラグイン Otenki(フリー)
  11. 11. Concrete5のパッケージ、WordPressのプラグインにする。 今後の予定 EC-CUBEのAPIを使ってEC-CUBEの情報を 他の環境から取得、連携。
  12. 12. Concrete5のパッケージ、WordPressのプラグインにする。 今後の予定 EC-CUBEのAPIを使ってEC-CUBEの情報を 他の環境から取得、連携。 誰か助けてください!(そのうち)

×