『RIA開発におけるサービス開発のイロハ』
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

『RIA開発におけるサービス開発のイロハ』

on

  • 798 views

Flex 勉強会 第 156 回@熊本 + RIA セミナーの資料です。

Flex 勉強会 第 156 回@熊本 + RIA セミナーの資料です。

Statistics

Views

Total Views
798
Views on SlideShare
798
Embed Views
0

Actions

Likes
1
Downloads
3
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

 『RIA開発におけるサービス開発のイロハ』 『RIA開発におけるサービス開発のイロハ』 Presentation Transcript

  • RIA開発におけるサービス開発のイロハ 2011.10.29 Flex 勉強会 第 156 回@熊本 + RIA セミナー ふなくら Footer Text
  • 自己紹介舩倉 純(ふなくら じゅん)所属: ニークシステムテクノロジー 技術部バックグラウンド: C /FORTRAN / Perl / Java / AS Adobe Certified Expert Flex3 with AIRblog : http://www.noridon.net/weblogs/twitter: @nod_japan_19xxFlash : Smart Sketchからのつきあい。好きなAMF gateway: S2Flex2 Flash は年賀状(紙)を作るツールだと思ってる。
  • 内容紹介に一言 RIA開発に必須になるサービス開発について豊富な経験をもとにイロハを解説していただきます。また、新しく公開されたサービスを開発するためのプラットフォームであるAdobe Digital Enterprise Platformにつ いてもご紹介していただきます
  • お品書きこれまでのケーススタディサービス開発について今、そしてこれから求められるものツール群の紹介まとめ
  • ケーススタディ
  • Flash MX + Flash Remoting (java) VBリプレース DataGridコンポーネントに苦労 AS0やその頃に何でも動いてしまうFlash Playerに泣く アプリ現役! サービス層はjava Flash RemotingとASTranslatorで最初だけ苦労
  • Flex2 ベータ〜リリース〜Flex3リリース 案件なしの不遇の時代 S2Flex2や実験、夜中のコンサルもどき FxUGで案件やってないのに参加率⾼い、趣味でやっている⼈状態 S2Flex2が熊本で誕生する。
  • サービス開発について
  • RIA開発の要素 クライアントサイド 機能性、ビジュアライズ、UX サーバサイド 計算、解析、業務 サービス クライアントとサーバをつなぐ窓口 クライアントサイド サービス サービス サーバサイド
  • クライアントのプラットフォームWebHTML with JavaScript/CSSCross-compileAdobe AIR (AS3, MXML)PhoneGap (JS, HTML)Titanium (JS, HTML)Native (only choose one)Objective-C (iOS)Java (Android)C#/Silverlight/XAML (Windows) 10
  • RIA クライアントサイド クライアントサイド クライアントサイド サービス サービス サーバサイド クライアントサイド
  • サーバサイドのプラットフォームJavaPHPRuby(on Rails)ColdFusion 12
  • サーバサイドの選択肢言語の選択 Java PHP Ruby Pyson ColdFusion :通信、データフォーマットの選択 AMF or text / XML HTTP/ WebService(SOAP) / Rest
  • RIA開発 サーバサイド クライアントサイド サーバサイド クライアントサイド クライアントサイド サービス サービス サーバサイド クライアントサイド サーバサイド
  • ●ミ ヾ(‘A`ヾ) <-丸投げしたい.. 考えること、やることたくさんすぎ
  • Java Adobe LiveCycle Data Services ADEP Data Services BlazeDS GraniteDS S2Flex2 WebORB for java T2Framework
  • LCDS3.xまでのアーキテクチャ Flex AIR
  • ADEP Data Services 4.6のアーキテクチャ Flex/AIR Java HTML5/JS Android Objective-C
  • PHP OpenAMF AMFPHP WebORB for PHP ZendFramework(ZendAMF) http://www.silexlabs.org/amfphp/
  • Ruby Ruby AMF http://code.google.com/p/rubyamf/ WebORB for Rails http://www.themidnightcoders.com /products/weborb-for- rails/overview.html
  • Zamf Browser http://www.zamfbrowser.org Zend FrameworkのAMFGatewayのサービスブラウザ サーバ接続してサービスの呼び出しテストおよびAS3コードの生成
  • ZamfBrowser http://www.zamfbrowser.org/
  • DcD Modeler Flash Builder 4.5を使ったモデリング&コード生成
  • Ruby on Rails extension for FlashBuilder4 http://dcdror.riaforge.org/ Ruby On Rails + WebORBでのサービス生成 Flash Builder 4.5だと動作が..?
  • BlazeMonsterhttp://sujitreddyg.wordpress.com/blazemonster/BlazeDSを使ったServiceBrowser,CodeGenerator
  • AMFPHP - ServiceBrowser http://www.silexlabs.org/amfphp/ Service Browser + Code Generator
  • まとめRIA開発では3大要素がある - ひとつひとつが乗り越えることが多い - サービス開発くらいは既存の資産や技術を使って生産性をあげたい。ツールを使って生産性を上げた分UXやサーバ処理に⼒をかける。 - クライアント側のUX Design - マルチクライアント
  • Resource Flash Builder 4.5 Adobe ADEP Data Services for Modler Flash Builder 4.5のHelp -> 新規ソフトウェアをインストール Ruby on Rails extension for FlashBuilder4 Blog Using the Ruby On Rails plugin from FlashBuilder4 http://dcdror.riaforge.org/blog/index.cfm/2009/10/9/Using-the-plugin-from- FlashBuilder4 WebORB関連(Java /PHP / Rails ) http://www.themidnightcoders.com/products.html AMFPHP http://www.silexlabs.org/amfphp/
  • Resource GraniteDS http://www.graniteds.org/confluence/pages/viewpage.action?pag eId=229378 ZAMF Browser http://www.zamfbrowser.org/ BlazeMonster http://sujitreddyg.wordpress.com/blazemonster/ Flex + LL連携(Ruby、Python、PHP) デベロッパーセンター http://www.adobe.com/jp/devnet/flex/articles/flex_plus_ll.html