Your SlideShare is downloading. ×

Toyota 130601

587

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
587
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 東京工業大学 特任准教授佐々木貴教宇宙は地球であふれてる-生命を宿す惑星を見つけよう!-
  • 2. 自己紹介• 佐々木 貴教(ささき たかのり)• 東京工業大学 大学院理工学研究科 地球惑星科学専攻 グローバルCOE「地球から地球たちへ」特任准教授• 2008年3月に東京大学で学位を取得• 専門は 惑星の形成と進化 の理論研究 
  • 3. 太陽系外惑星太陽系:太陽を中心とする我々の住む惑星系    (水・金・地・火・木・土・天・海)太陽系外惑星:太陽以外の恒星の周りを回る惑星系
  • 4. 太陽系外惑星発見の歴史
  • 5. 1940∼60年代: 白鳥座61番星のまわりに惑星発見? バーナード星のまわりに2つの惑星発見?1989年: アメリカの観測チーム「惑星は検出できなかった」1995年2月:論文「太陽系は特殊で奇跡的な惑星系である」1993年: ニュージーランドの観測チーム「惑星は検出できなかった」1995年8月:論文「太陽系以外に惑星は存在せず」→ 間違い   → 間違い太陽系外惑星が見つからない
  • 6. Mayor & Queloz (スイスの観測チーム)ペガサス座51番星の周りに Hot Jupiter が存在!1995年10月人類初の系外惑星検出
  • 7. 太陽系外惑星が続々と見つかる2013年6月1日現在約900個の系外惑星を発見!発見年発見数
  • 8. 系外惑星の観測手法
  • 9. 恒星が観測者に近づいたり遠ざかったりする → ドップラー効果 により星の色が周期的に変化ドップラー効果の大きさから惑星の重さが求まる間接法1:視線速度法恒星は惑星の重力によってほんの少しだけ 揺らされる
  • 10. 461995この後最も多くの系外惑星が本手法で発見されている51 Pegasi b1995年 初めての系外惑星発見
  • 11. 惑星が恒星の前を通過する際に明るさが変化する → 周期的な明るさの変化を観測惑星のサイズが求まる → 惑星の密度が求まる分光観測から惑星の大気成分や温度分布も求まる間接法2:トランジット法
  • 12. HD 209458b初めてトランジットが観測された系外惑星初めて大気成分が観測された 下層部:ナトリウム 上層部:水素・炭素・酸素表面温度も観測:約1200℃さらにその後の観測で 水・メタン・二酸化炭素の 存在も確認された
  • 13. コロナグラフ:明るい恒星の部分だけを隠す惑星と恒星の光を分離し、惑星の姿を直接見るは約100億倍にも長波長では惑星の明るさの比はでも約1000万倍 地上観測の最らぎが起こすかる望遠鏡などの望遠鏡では、大正する補償光学ロナグラフなどを天体ナトリウム層高度大気揺らぎ補正されたコロナグラフなし コロナグラフありレーザー直接撮像恒星が明るすぎて、そばにいる惑星が見えない(例:太陽は木星の20億倍も明るい)
  • 14. HR 8799直接撮像成功!GJ 758
  • 15. 生命を宿す惑星の発見へ
  • 16. 宇宙は地球であふれてる?理論計算地球型惑星が大量に存在していることを予言恒星の 23% が 0.5∼2.0 M地球 の惑星を持つ!?[Mordasini et al., 2009]観測[Howard et al., 2010]
  • 17. ケプラー宇宙望遠鏡2009年3月に打ち上げ系外地球型惑星の存在確率を探査
  • 18. 発見された惑星たち
  • 19. 宇宙は地球であふれてる!
  • 20. 生命存在条件生命の定義(1) 自己と外界を区別する膜を持つこと(2) 代謝をすること(3) 自己複製をすること惑星の表面に液体の水が存在することこのような特徴を持った「生命」が生まれるための必要条件これを便宜的に惑星科学における生命存在条件とする
  • 21. 水が液体で存在できる領域太陽系外惑星に生命は存在するか?ハビタブル・プラネットハビタブル・ゾーン
  • 22. バイオマーカー(生物存在の証拠)生物活動によって作られたと考えられる物質(酸素、オゾン、植物の葉緑体、核爆発、、、)大気にオゾンの吸収線を検出      ↓下層大気に大量の酸素が存在      ↓光合成を行う生命が存在!?系外地球型惑星の超精密測光超精密分光観測が必要
  • 23. 「第二の地球」の発見へ向けて
  • 24. 「第二の地球」の発見へ向けて・1995年 巨大ガス惑星の発見・2002年 惑星大気の観測・2005年 惑星赤外線輻射(惑星の温度)の検出・2007年 Super-Earth系の発見・2008年 惑星の直接撮像・2010年 地球型惑星・Habitable Planet の発見・20xx年 系外惑星リング・衛星の発見・20xx年 地球型惑星の直接検出(測光&分光)・20xx年 地球型惑星の大気・バイオマーカー同定・20xx年 地球外生命の発見!
  • 25. 参考図書

×