表現力を上げる!Impressで美しいスライドを作る

22,324 views
21,665 views

Published on

Published in: Technology
4 Comments
97 Likes
Statistics
Notes
  • @undefined テキストのプレースホルダーを選択して、右クリックのメニューにありますよ
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • 基本的なことですみませんが、20ページにある「テキストの自動設定」オプションはどこにありますか?
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • @munepixyz わー!ありがとうございます!
    ただ、このスライドは口頭で説明するため説明が書いていないところあるんですよね。てことで補足を入れて、ちょっとアップデートするつもり。
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • 素晴らしい!全部素晴らしい中で特に素晴らしいと思ったところ。
    * tango.soc を生かした色の選択と3色を原則にするところ
    * 色と色の関係:補色、トライアド、類似色などといった難しい言葉を使わずに、説明している!
    * M+ Fonts, tango.soc, LibreOffice Impress など、手元にある OSS でできることを示している
    * 最後のテンプレートを使っとけ!も Good :)
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
No Downloads
Views
Total views
22,324
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
419
Actions
Shares
0
Downloads
201
Comments
4
Likes
97
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

表現力を上げる!Impressで美しいスライドを作る

  1. 1. 表現力を上げる! Impressで美しい スライドを作る のがたじゅん <nogajun@gmail.com> 2013/09/13 第4回関西LibreOffice勉強会
  2. 2. はじめに
  3. 3. 難しいことは 話しません
  4. 4. おさらい 発表する題材を 元にアウトライン を書き起こす スライドに必要な 見た目を整える リハーサルを しながら全体の 流れを整える Impressを使ったプレゼンテーションスライド作成の流れ
  5. 5. NOTE & POINT ● http://noteandpoint.com/ 美しいデザインのプレゼンテーションスライドを 集めたサイト
  6. 6. 文字ばっか???
  7. 7. 感想 ● 背景はシンプル。写真を使ったものは少ない ● 図形も複雑ではない ● 文字の使い方は凝ってる
  8. 8. ● グラデーションをつけない塗りつぶし ● 柔らかな色使いとコントラスト ● グリッドを意識した整列 ● タイポグラフィを重視 フラットデザイン Flat UI Colors: http://flatuicolors.com/
  9. 9. 美しくスライドを作るには
  10. 10. 美しくスライドを作る 4 つのコツ 1. M+ FONTSを使う 2. 縦横を揃える 3. 色は3色 4. 線は太く。写真は大胆に
  11. 11. 1. M+ FONTS を使う
  12. 12. 超基本ですが、 スライドの文字は大きく
  13. 13. なぜM+ FONTSなのか ● クオリティが高い 大きな文字でもクリアで見やすい ● ウェイト(太さ)が7種類用意されている 一つのフォントで強弱を表現できる ● 自由なライセンスのもとに利用できる OSを問わず利用できる フォント埋め込みで利用可能
  14. 14. M+ FONTS ● 森下浩司氏デザインによる現代的なゴシック体 ● プロポーショナルフォント4種類、 固定幅フォント3種類の計7種類  和文固定幅2種類、欧文プロポーショナル幅4種類、 固定幅2種類の組み合わせ  JIS第二水準は現在制作中 M+ OUTLINE FONTS: http://mplus- fonts.sourceforge.jp/mplus-outline-fonts/
  15. 15. ● M+1 p あいうえお 12345 abcdef ABCDEF ● M+2 p あいうえお 12345 abcdef ABCDEF ● M+1c あいうえお 12345 abcdef ABCDEF ● M+2c あいうえお 12345 abcdef ABCDEF フォントの種類 ● M+1m あいうえお 12345 abcdef ABCDEF ● M+2m あいうえお 12345 abcdef ABCDEF ● M+1mn あいうえお 12345 abcdef ABCDEF 固定幅フォント プロポーショナルフォント
  16. 16. M+ FONTSのウェイト ● M+ 1p Black あいうえお 12345 ABCDEF ● M+ 1p Heavy あいうえお 12345 ABCDEF ● M+ 1p Bold あいうえお 12345 ABCDEF ● M+ 1p Medium あいうえお 12345 ABCDEF ● M+ 1p Regular あいうえお 12345 ABCDEF ● M+ 1p Light あいうえお 12345 ABCDEF ● M+ 1p Thin あいうえお 12345 ABCDEF
  17. 17. 読みやすさ わかりやすさ
  18. 18. 強弱をつける ● アウトラインの書き方 1.「アウトライン」 モードにする 2.自分の伝えたいこと を並べる 3.一貫した流れになる ように並べ替える ● アウトラインの書き方 1.「アウトライン」 モードにする 2.自分の伝えたいこと を並べる 3.一貫した流れになる ように並べ替える
  19. 19. スライドマスターとスタイル ● 全体の見栄えはスライドマスターとスタイルで管理 スライドマスターは、スライドデザインを管理 スタイルは書式をまとめて管理 ● 今から説明することは、スライドマスターとスタイル に設定しましょう 詳しくは前回の78tchさんのスライド参照 正しい箇条書きスライドの作り方: http://www.slideshare.net/78tch/ss-22928021
  20. 20. 「テキストの自動設定」オプションは切る ● アウトラインの書き方 「アウトライン」 モードにする 自分の伝えたいこと を並べる 一貫した流れになる ように並べ替える ● アウトラインの書き方 「アウトライン」 モードにする ● アウトラインの書き方 「アウトライン」モードにする 自分の伝えたいことを並べる 一貫した流れになるように並べ 替える ● アウトラインの書き方 「アウトライン」モードにする 自分の伝えたいことを並べる 一貫した流れになるように並べ 替える スライドごとにフォントの大きさが変わると読みにくくなります
  21. 21. 2. 縦横を揃える
  22. 22. 1 7 3 5 6 42 4 3 2 5 1 6 7 バラバラに並んでいると混乱する
  23. 23. 「配置」と「分布」を使って揃える ● 「配置」は縦横の位置を揃える ● 「分布」は間隔を整える 1. アウトライン作成 2. スライド作成 3. リハーサル 1. アウトライン作成 3. リハーサル 2. スライド作成
  24. 24. もっといい方法が あります
  25. 25. グリッド線とスナップ線を活用 ● グリッド線は方眼 、スナップ線はレイアウトの目安 ● 「位置合わせ」を有効にしておくと 目視だけで揃えられる ● グリッド線とスナップ線を表示していると オブジェクトの動きが重いので「位置合わせ 」 だけを有効にしておく
  26. 26. グリッド線を5mmの方眼にする 解像度を「0.50cm」サブ目盛りを「1スペース」にしておくと グリッド以外移動できなくなる
  27. 27. スナップ線を引く ● 三分割法を使ってレイアウト 右中左、上中下、画面をそれぞれ分割する線を引く ● それ以外の補助線 画面の中心線(横14cm, 縦10.5cm) 枠線(上下左右それぞれ1cm)
  28. 28. 中心線 14cm/10.5cm 1cm(2マス) 中心線から左右 4.50cm (9マス) 9.50cm 18.50cm 7.00cm 14.00cm 中心線から上下 3.50cm (7マス) 1cm(2マス) レイアウトのコツ ど真ん中は外す ポイントは緑の交点に持ってくる 黄緑ラインに近づくと端に寄り過ぎ
  29. 29. 関連のあるものをくっつける・ないものは離す 1. アウトライン作成 3. リハーサル 2. スライド作成  マスターページ作成  レイアウト調整 1. アウトライン作成 3. リハーサル 2. スライド作成  マスターページ作成  レイアウト調整
  30. 30. 関連のあるものをくっつける・ないものは離す ● アウトラインの書き方 1.「アウトライン」 モードにする 2.自分の伝えたいこと を並べる 3.一貫した流れになる ように並べ替える ● アウトラインの書き方 1.「アウトライン」 モードにする 2.自分の伝えたいこと を並べる 3.一貫した流れになる ように並べ替える
  31. 31. ひらがなとカタカナは間延びする ● ひらがながれんぞくするとはばがあいてまのびします ● ひらがながれんぞくするとはばがあいてまのびします ● カタカナモハトクニマノビシテイルコトガワカリマス ● カタカナモハトクニマノビシテイルコトガワカリマス 上下段とも上の行はそのまま、下の行は文字の間隔を「狭く」「1pt」を指定
  32. 32. 3. 色は3色
  33. 33. Q: 色の選び方がわかりません
  34. 34. tango.socパレット を使うのはどう?
  35. 35. tango.socカラーパレットとは ● Tango Desktop Projectが デザインするために作成した カラーパレット ● OOo時代からデフォルトで 入ってました
  36. 36. HUE/360を 使うのはどう?
  37. 37. HUE/360を使うのはいかがでしょうか ● HUE/360 おばらつかさ氏制作の配色ウェブアプリケーション ● [ HUE / 360 ] The Color Scheme Application: http://hue360.herokuapp.com/ ● ノンデザイナーのための配色理論: http://www.slideshare.net/saucerjp/ss-14902681
  38. 38. HUE/360の使い方
  39. 39. 1.メインカラーを選びます。
  40. 40. 2. サブカラーを選びます
  41. 41. 3. サブカラーを選んだら Print User Colorを押してカラーコードを表示
  42. 42. 4. LibreOfficeにカラーコードを登録 ● 登録はメニューバー [書式]→[領域]の色タブに ある[編集]ボタンから ● 色が多いと「やってられっ か」という気分になるので 3色までで…
  43. 43. というのは冗談です が「3色まで」は ネタじゃない
  44. 44. 基本の色は3色 ● 利用する色を限定するとバランスよく配色できる 7: ベースカラー (背景色) 2: メインカラー (メイン色) 1: アクセントカラー (アクセント) 7 2 1
  45. 45. LibreOffice の配色 ベースカラー メインカラー アクセント カラー LibreOfficeのブランドカラーも実はこういう配色
  46. 46. 3色以上必要に なったらどうする?
  47. 47. 色を増やすには ● HUE/360の中から選ぶかぎり、とっぴな色にはなりま せんが 色を「足す」のではなくメイン、アクセントカラー を分割する
  48. 48. 4. 線は太く。写真は大胆に
  49. 49. シェイプはデフォルト設定がイマイチ ● 「線」と「領域」が設定されている ● 使い所がわからないシェイプ
  50. 50. シェイプを格好良く見せる ● 「領域」(塗り)のみを使う ● 「線」のみを使う 幅は0.2cm以上で太く使う デフォルト 「領域」のみ 線幅:0.2cm/形状:角
  51. 51. イラストは書ける
  52. 52. Q:これは何に見える?
  53. 53. Q:これは何に見える?
  54. 54. 単純な図形の組み合わせがイラストになる 四角と円、半円、1/4円、1/8円の組み合わせで表現できる [シェイプ]→[一部を切り取る]で作成
  55. 55. TIPS: 矢印はコネクターの矢印を使う シェイプの矢印 コネクターの矢印 ズレる ズレない 矢印はコネクターの矢印を使うとつながったまま移動できます
  56. 56. グラフもかっこよく
  57. 57. 応用: グラフも格好良く 行 1 行 2 行 3 行 4 0 2 4 6 8 10 12 デフォルト設定の状態
  58. 58. 折れ線グラフ 行 1 行 2 行 3 行 4 0 2 4 6 8 10 12 行 1 行 2 行 3 行 4 0 2 4 6 8 10 12 1. 線を太くしてグラフの枠を消す 2. フォントを調整。色をメインカラーに
  59. 59. 円グラフ 2. 大きなフォントでラベルを追加 48% 13% 16% 23% 1. 線を太くして色をメインカラーに
  60. 60. 番外: MacのExcelぽいグラフ 薄く半透明グラデーションをかけた状態何も設定していない状態 種類:線形 角度:10度 始めの値:20% 終わりの値:0%
  61. 61. 写真は大胆に
  62. 62. 写真は大胆に使おう Smeaton's Tower 2 | Flickr - Photo Sharing!: https://www.flickr.com/photos/maxpax/2875943875/ CC BY
  63. 63. 縦に大きく使ったり
  64. 64. 横いっぱいに使ったり
  65. 65. 全面に使ったり
  66. 66. 大きく使うと インパクトが あって効果的です
  67. 67. 拡大縮小の縦横の比率は同じにする ● 縦横の比率を変えて拡大縮小すると写真の インパクトを殺すばかりかイメージも正し く伝わらない
  68. 68. サイズの合わない写真はトリミング ● 入りきらないなら見せたい部分のみ残しカットする
  69. 69. 写真の ちょっとした小技
  70. 70. 単色の背景を切り抜く ● 背景が単色の場合「色の置換」を使う と背景を切り抜けます
  71. 71. Plymouth, Devon, South West England Smeaton's Tower
  72. 72. まとめ
  73. 73. 美しくスライドを作る 4 つのコツ 1. M+ FONTSを使う 2. 縦横を揃える 3. 色は3色 4. 線は太く。写真は大胆に
  74. 74. 理屈はわかったけど 面倒くさいよ
  75. 75. メニューバーの 「ファイル」に注目
  76. 76. 設定したらテンプ レートにしましょう
  77. 77. 資料 ● ノンデザイナーズ・デザインブック マイナビ ブックス - ノンデザイナーズ・デザインブック [フルカ ラー新装増補版] http://book.mycom.co.jp/book/978-4-8399-2840-7/978-4- 8399-2840-7.shtml ノンデザイナーズ・デザインブックを読み解く / まえだかずひこ https://speakerdeck.com/monoooki/read-a-non-designers- designbook ● 配色・デザイン ノンデザイナーのための配色理論: http://www.slideshare.net/saucerjp/ss-14902681 色彩センスのいらない配色講座: http://www.slideshare.net/marippe/ss-9003317 感覚派デザイナーも知っておいて損はない「デザインの要素と原 則」 | Design | WebNAUT: http://webnaut.jp/design/620.html ● プレゼンテーション デザイン・レイアウトで伝える!プレゼン資料|PowerPoint Design: http://ppt.design4u.jp/ 伝わるデザイン|研究発表のユニバーサルデザイン: http://tsutawarudesign.web.fc2.com/ ● 写真 Smeaton's Tower 2 by Maxpax in Smeaton's Tower on Fotopedia - Images for Humanity: http://www.fotopedia.com/items/flickr-2875943875 CC BY 2.0 ● Ed Emberley's Picture Pie Amazon.co.jp: Ed Emberley's Picture Pie (Ed Emberley Drawing Books): Ed Emberley: 洋書: http://www.amazon.co.jp/Emberleys-Picture- Emberley-Drawing-Books/dp/0316789828/ Amazon.co.jp: Ed Emberley's Picture Pie Two: Ed Emberley: 洋書: http://www.amazon.co.jp/Ed- Emberleys-Picture-Pie-Two/dp/0316789801/ ● Piterest Pinterest: http://www.pinterest.com/search/pins/? q=infographic Pinterest: http://www.pinterest.com/search/pins/? q=flat%20design

×