Debian and Kansai Debian Meeting

  • 845 views
Uploaded on

 

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
845
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
5
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Debianと関西Debian勉強会の紹介 Debianと関西Debian勉強会の紹介 のがたじゅん <nogajun@debian.or.jp> 2009.12.19 オープンフォース勉強会徳島
  • 2. 自己紹介 ● のがたじゅん ● 関西Debian勉強会とDebian JP Projectで活動中 関西Debian勉強会とDebian Projectで活動中 – DebianではDebian Liveに参加?なのかなぁ DebianではDebian Liveに参加? ● その他はLILOやひょうごんテックという団体にい その他はLILOやひょうごんテックという団体にい ます ● 神戸で3月13日(土)開催されるオープンソースカン 神戸で3 13日 ファレンス関西@神戸の実行委員です ファレンス関西@ – ブース出展、参加お待ちしています。
  • 3. アジェンダ ● Debian Projectの紹介 Projectの紹介 ● Debian JP Projectの紹介 Projectの紹介 ● 東京エリア/関西Debian勉強会の紹介 東京エリア/関西Debian勉強会の紹介 ● Debianに参加するには Debianに参加するには
  • 4. Debianとはプロジェクトの名前 Debianとはプロジェクトの名前 ● Debian Project は、フリー(自由) なオペレー は、フリー(自由) ティングシステムを作成するために連携した個 人の集団です。 我々が作成したこのオペレー ティングシステムは Debian GNU/Linux もし くはもっと短かく簡単に Debian と呼ばれてい ます。 Debian -- Debian について: http://www.debian.org/intro/about より引用。
  • 5. ディストリビューション としてのDebian としてのDebian ● カーネルにLinuxを使ったものが代表的ですがそ カーネルにLinuxを使ったものが代表的ですがそ れ以外にDebian GNU/kFreeBSDやDebian れ以外にDebian GNU/kFreeBSDや GNU/Hurd, 珍しいものではWindowsのSfU向け 珍しいものではWindowsのSfU向け のDebian Interix Portなどあります Portなどあります ● サポートしているハードウェアはi386やamd64以 サポートしているハードウェアはi386やamd64以 外にもarm/armel, alpha, hppa, ia64, 外にもarm/armel, mips/mipsel, ppc, s390, sparcがあります。 sparcがあります。 Debian -- 移植版: http://www.debian.org/ports/ より
  • 6. Debianを特徴づけるDebian社会契約とDebian Debianを特徴づけるDebian社会 フリーソフトウェアガイドライン(DFSG) フリーソフトウェアガイドライン(DFSG) ● Debian 社会契約とは、フリーソフトウェアコ ミュニティに対してのDebianの約束 ミュニティに対してのDebianの約束 ● Debianフリーソフトウェアガイドライン Debianフリーソフトウェアガイドライン (DFSG)とは、 (DFSG)とは、Debianに収められるソフトウェア Debianに収められるソフトウェア が自由であるかないかを判断する基準 ● 「オープンソースの定義」 はDFSGからDebianとい はDFSGからDebianとい う言葉を外して作成された
  • 7. Debian 社会契約 ● Debian は 100% フリーソフトウェアであり続けます ● 私たちはフリーソフトウェアコミュニティにお返しをします ● 私たちは問題を隠しません ● 私たちはユーザとフリーソフトウェアを大切にします ● 私たちのフリーソフトウェア基準に合致しない著作物について ● mainだけがDebianであるが、contrib/non-freeはDebianではないけれど、 mainだけがDebianであるが、contrib/non-freeはDebianではないけれど、ユー ザーの利便性のため存在する
  • 8. Debianフリーソフトウェア Debianフリーソフトウェア ガイドライン (DFSG) ● 自由な再配布(再配布を妨げてはいけない) 自由な再配布(再配布を妨げてはいけない) ● ソースコード(ソースが入手できる) ソースコード(ソースが入手できる) ● 派生ソフトウェア(派生ソフトが作れる) 派生ソフトウェア(派生ソフトが作れる) ● 原作者によるソースコードの整合性維持(Texのための妥協) 原作者によるソースコードの整合性維持(Texのための ● すべての個人、団体の平等(人や団体を差別しない) すべての個人、団体の平等(人や団体を差別しない) ● 目標分野の平等(利用分野で制限しない) 目標分野の平等(利用分野で制限しない) ● ライセンスの配布(再配布でライセンスを追加しない) ライセンスの配布(再配布でライセンスを追加しない) ● ライセンスは Debian に限定されない(特別扱いはしない) に限定されない(特別扱いはしない) ● ライセンスは他のソフトウェアを侵害しない ● フリーなライセンスの例(GPLやBSDなど) フリーなライセンスの例(GPLやBSDなど)
  • 9. Debianの中のつながり Debianの中のつながり 他にも地域のコミュニティやDebian内の プロジェクト、Debian Developperのつながりが内包 ローカルコミュニティに参加せずDebian Projectに参加している人もいる Debian Project Debian JP Project Debian Live Debian勉強会
  • 10. Debian JP Projectとは Projectとは ● 日本在住のDebian Developerや有志による、 日本在住のDebian Developerや有志による、日本でのDebianの普 日本でのDebianの普 及促進を図る目的で作られた任意団体。 ● 参加にはDebianについての活動をして実績を積めば入れます。 参加にはDebianについての活動をして実績を積めば入れます。 – ○○ユーザー会などと違うのは、 ○○ユーザー会などと違うのは、入るための実績(=活動)がポイントだと思います。 入るための実績(=活動) – 開発者や翻訳者、その他活動をサポートするための団体なので入るのは楽ですよ。 ● Debian JP Projectの活動 Projectの活動 ● 日本でのDebianの普及 日本でのDebianの普及 – Debian Projectと協調しながら国際化を進める Projectと協調しながら国際化を進める ● 情報交換の場を提供 – メーリングリストやIRCの提供 メーリングリストやIRCの提供 – イベントの参加、勉強会の開催
  • 11. 東京エリア/関西Debian勉強会とは 東京エリア/関西Debian勉強会とは ● Debian勉強会とはDebian JP Projectから委託 Debian勉強会とはDebian Projectから委託 されたDebian JP Projectメンバーがおこなう されたDebian Projectメンバーがおこなう Debianについての勉強会 Debianについての勉強会 ● 主な目的はDebian Developerや翻訳者の育成、 主な目的はDebian Developerや 実際に顔を合わせての交流、知識の蓄積など。 ● 作成した資料は半年毎に一冊の本(あんどきゅめん 作成した資料は半年毎に一冊の本( てっど・でびあん)にしイベントなどで販売。 てっど・でびあん) あんどきゅめんてっどでびあん: http://tokyodebian.alioth.debian.org/undocumenteddebian.html
  • 12. 関西Debian勉強会 関西Debian勉強会 ● 2007年3月から毎月開催 2007年 ● 2009年から第4日曜日開催 2009年から第4 ● 主催者は関西のDebian JPメンバー3人 JPメンバー3 ● それ以前は主催者一人で回していたが、毎月一人で回す事は、かなりキ ツいので共同でおこなうようになりました。 ● 場所は大阪福島区区民センター ● 予約できない場合や季節によって変えたりしています。 ● 毎回紙の資料を作成する ● 文書作成はTeXで作成。文書の管理はGitを使う。(リポジトリは東京と 文書作成はTeXで作成。文書の管理はGitを使う。( 共同) 共同)
  • 13. 関西Debian勉強会の参加者層 関西Debian勉強会の参加者層 ● おもな参加者層は、パワーユーザー、開発者を目 指している人、 訳をされている人と、 翻 東京と違 うところはユーザ寄りです ● ユーザー寄りになっている理由は、関西圏では Debian開発者が少なかったこととユーザー層 Debian開発者が少なかったこととユーザー層 を広げるという意図があります
  • 14. Debianに参加するには Debianに参加するには ● バグを報告する ● メーリングリストやIRCで他のユーザーの手助けをする メーリングリストやIRCで他のユーザーの手助けをする ● ドキュメントを翻訳する ● パッケージの保守を手伝う ● Debian DocやDebian Wikiなどに寄稿する Docや Wikiなどに寄稿する ● イベントにDebianを代表して参加する イベントにDebianを代表して参加する ● 新しい移植版を始めたり、既存の移植版に協力する ● アプリケーションをパッケージにしてメンテナになる ● 機器やサービスなどをDebian Projectに寄付する 機器やサービスなどをDebian Projectに寄付する ● Debianについて話をしたり実演したりする Debianについて話をしたり実演したりする Debian -- Debian に協力するには?: http://www.debian.org/intro/help
  • 15. おすすめな参加方法 ● debianを使って広める debianを使って広める ● 翻訳をしてみる 翻訳をしてみる ● DDTPというパッケージの説明の翻訳は、webからできるのでおすすめ DDTPというパッケージの説明の webからできるのでおすすめ ● Debian JPのdebian-doc MLに参加すると相談にのってもらえます。 JPの MLに参加すると相談にのってもらえます。 ● バグ報告をする ● 簡単ですがリリースに向けてかなり重要なこと ● バグ報告もreportbugを使えば楽々 バグ報告もreportbugを使えば楽々 ● パッケージを作って入れてもらうのも? パッケージを作って入れてもらうのも? ● debian mentorsではdebian developerにスポンサーになってもらって mentorsではdebian developerにスポンサーになってもらって パッケージをアップロードすることができます。
  • 16. バグ報告で協力した例 ● 野方がバグ報告した例 パッケージlive-helperの/usr/share/doc/live-helper/changelog.Debian.gzより live-helper (1.0~a48-1) unstable; urgency=medium [ Chris Lamb ] * Additionally clean md5sum.txt temporary file. * Remove pointless whitespace. * Temporarily replace /dev/urandom with /dev/random when creating local packages key. * Correct d-i kernel and initrd locations in grub entries. Thanks to Jun NOGATA <nogajun@gmail.com> for the patch. (Closes: #490245)
  • 17. まとめ ● Debianに参加すると面白いよ Debianに参加すると面白いよ