オープンデータとスポーツ振興

1,277 views
1,215 views

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,277
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
447
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

オープンデータとスポーツ振興

  1. 1. テーマ: オープンデータとスポーツ振興 2013年11月21日(木) LODチャレンジ実行委員会 乙守信行 1
  2. 2. 市民参加型 オープン オリンピック サイトをつくろ う!! 国際オリピックサイトも ある ■スポーツデータ権利関係は難し いようである ■私達の欲しい情報(例えばマイ ナー競技)は入手しずらい ■私達もオリンピック・パラリ ピック応援する場所が欲しい 東京都のオリンピックサイトもあ る ■私達が知りたいこと、応援した いことができるサイトをつくろ う!! 企業サイトも沢山立ち上がるに違いな い オープン データ 2 自分たちで 作る・集め るデータ
  3. 3. これまでのアイデア 1964年 第1回東京オリン ピック 2013年開催決定 オープン 2020年 第2回東京オリンピック 開催 オリンピック 知るためのコンテンツ そして未来 サイト 情報提供のコンテンツ 地域別で盛んなスポーツを 知りたい 地元選手の記録や出身地な 地域別の子ども達の体力を知りた どを知りたい い 地元にいるスポーツの経験 者を知りたい=>トレーナー を探す 海外からの高齢者にも優し い バリアフリー情報を提供 会場の混雑情報を提供 マイナーなスポーツのルー ルを知りたい、ベストシー ンのビデオを見たい スポーツの試合をマイキン グできるサイト 3 海外から来る市民ランナーのた めにベストランニングコース情 報を提供
  4. 4. 本日のアイデアソンのテーマ 1964年 第1回東京オリン ピック 2013年開催決定 <テーマ> 応援=興味を持つこと 子ども達が興味を持つコンテン ツは何? <テーマ> 成長した若者が 応援するコンテンツは何? 7年後 勿論 勿論 2020年 第2回東京オリンピック 開催 そして未来 <テーマ> オリンピック後に残って 欲しいコンテンツは何? ・・・年後 「オリンピックに限らずスポーツ」でも! 「サイト=コンピュータ に限らず 日常生活でも! 4
  5. 5. 本日のアイデアソンの進め方 コンテン ツ を出して みる サービス として考え てみる サービス で実現あす るための問 題と解決策 を考えてみ る サービス で利用す る情報を 出す コンテ ンツを 出して みる サービス として考 えてみる サービス で利用する 情報を出す サービス で実現あするための問題と 解決策を考えてみる ユースケースの 作品の作成 皆さん応募して 下さい!! 5
  6. 6. 付属資料 これまでの「スポーツとLOD」アイデアソン の結果 詳細は以下のURLです。 ■11・18 アーバンデータ東京2013<G空間EXPO 2013>地域の課題を解決す るためのアイディアを考えよう!のアイデアの種 http://idea.linkdata.org/idea/idea1s121i ■9・17 Sports and LOD http://idea.linkdata.org/idea/idea1s95i ■9・16 スポーツとLOD http://idea.linkdata.org/idea/idea1s94i ■9・16 統計データとスポーツ http://idea.linkdata.org/idea/idea1s15i ■9.16 国体データのLOD化から始めよう http://idea.linkdata.org/idea/idea1s65i ■8・10 うちの子供をオリンピック選手に~子供の体力向上がオリンピッ ク出場につながる!? 6 http://idea.linkdata.org/idea/idea1s43i
  7. 7. 「スポーツとオープンデータ」 LODチャレンジJapan 「スポーツ」に関する応募作品が ない! [ニーズがない???] -スポーツをしている人、スポーツに興味がある人は沢山いる(はず) -メディアでもアプリ&サービスでもスポーツは大きなビジネス分野(のは ず) [シーズがない???] -オープンデータがあるかどうかは確かに調べたことはない -第3回LODチャレンジデー@名古屋でグループで調べたところ…. 7 はりない!! や
  8. 8. 2020年 東京オリンピック、パラリンピック開催決定!! 8 東京都ホームページから http://www.metro.tokyo.jp/
  9. 9. 第2回LODチャレンジデー ◆第2013年8月10日 第2回LODチャレンジデー オープンデータAPI活用アイデアソ ン(統計編)~統計オープンデータをつないでどんなことがで きる?~ 9
  10. 10. 2時間弱でアイデア噴出!! マイナースポーツ 学童の体力向上 学童の体力測定デー タ 各種スポーツの情報 オリンピックの情報 選手の競技記録 教育、子育て 地域で盛んなスポー ツは? 10
  11. 11. うちの子供をオリンピック選手に ~子供の体力向上がオリンピック出場につながる!? 『地域別の子供の体力測定データから、 丈夫な子供に育つランキング』サイト 『地域別で盛んなスポーツ検索サイ ト』 『全国スポーツ大会開催情報】 『各スポーツのスーパープレーや ルールを見られるサイト』 11 【2022年】 ・最年少でメダルを獲得した選手を輩出 しかし、セパタクローはオリンピック競技ではない.. した町として注目され、セパタクローの競技人口と共 に、町も発展しましたとさ。
  12. 12. 8月24日第3回LODチャレンジデー in 東海 (アイディアソン+データ ソン) ~オープンデータをつなげることで生まれる価値/解決できる問題を 考える~ オリンピックへの道の過程に は国体がある 国体データをLOD化 SparqlEPCUに登録しよう! 12
  13. 13. 9月14日 第4回LODチャレンジデー:LODサロン ~「つながるLODチャレンジデー」を考えるアイデアソ ン~ 国体データから始 めるとして... 13 a. 国体の成績をがん ばって集計するのも いいが、それだけだ と次につながらない のではないか。 b. 各県の競技人口の データもWEBで公開 されている。国体の 結果と競技人口 (比)などをつなげ ると面白い。 c. 結果は地図マッシュ できるサービスとし て公開することで、 このサービスに個人 がデータ登録するよ うにもなる。
  14. 14. スポーツデータが各地域で集まったら a. SNSとして各地域でスポーツを行 う人からデータが集まる基盤がで きたら多くの身近なサービスが実 現するのではないか b. 例えば、自分のチームと「同じ強 さレベルのチーム」で「近くにい るチーム」で検索して試合をコー ディネートする。 c. 例えば、自分の子供の練習のため に「地域にいる経験者」「所属さ れたら良いチーム」 などなど 14
  15. 15. sportsdatapedia、sportsLinkedIn a. b. c. d. 15 スポーツに関しては、スポーツの 種類、ルール、スポーツのイベン ト&ゲームなど多種多様な情報が ある スポーツを行う人、スポーツの情 報を知りたい人、自分の子供への スポーツの教育への関心など、こ こでも多種多様な人とスポーツの 関係がある a.b.を「スポーツオントロジー」 「スポーツインフォボックス」と してデータ整理と統合を行うサイ ト「SportsDataPedia」があればい い また各スポーツ選手とスポーツ コーディネータをつなげる SportsLinkedInがあればいい。 海外 では以下のアマチュアスポーツの 情報交換サイトが既にある。 http://bluefields.com/ http://www.amateursports365.com/ https://sportlobster.com/
  16. 16. スポーツLODのデータソン a.「面白そうなサービスイメー ジとデータ」を参加者で共有で きればいい b. データソンの前にa.について のアイデアソンまたはFBなどで アイデアを募集し、その中で複 数のデーターソンテーマを選択 してデータソンを開催すればい い 16
  17. 17. 11月16日 地域の課題を解決するためのアイディアを考えよう! ~アーバンデータチャレンジ東京2013 × Linked Open Data Challenge Japan 東京オリンピック、パラリンピック ■個人や地域で参加しませんか? ■参加 応援もあれば、課題解決もある アーバン データチャ レンジ東京 2013へ応 募! 東京都議会2020年 東京オリンピッ ク・パラリンピッ ク推進本部へ応募 (きっとこうした応 募があるはず) LODチャ レンジ Japan201 3へ応 募! 17
  18. 18. 始め一歩としてのテーマです 1964年 第1回東京オ リンピック [つけたし] Q.第1回目と第2 回目で変わったこ とは? 2020年 第2回東京オリ ンピック開催 2013年開催決定 [テーマ1] Q.オリンピック・パラリン ピックを応援するために何 ができるか、何をしたいか Q.開催するにあたり解決すべ き問題はありますか? 18 そして未来 [テーマ2] Q.オリンピック・パラリ ンピックの後で何が変 わっていれば幸せなんで しょうか?
  19. 19. ロンドンオリンピック 市民参加の例 19
  20. 20. ロンドンオリンピック聖火リレー ロンドンオリンピック 70日間 8000マイル 8000人が参加 1000以上の町を走る 聖火リレーのコース [Guadian]Olympic torch relay: the route, the torch and its bearers. Get the data 1964年東京オリンピック 沖縄から4コース、参加リレー走者は 10万713名で行われている。 (日本オリンピック委員会vol.1 開会式 そして日本中を走った聖火リレー) 20
  21. 21. スコットランドでは 聖火リレーに対して60人 に市民ジャーナリストを募 りtwitterでつぶやいてもら う、専用サイトを立ち上げ る。 http://www.citizenrelay.net/ http://www.flickr.com/groups/1880785@N24 / 21
  22. 22. アイデアソン結果 1964年 第1回東京オリン ピック 2013年開催決定 サイバー攻撃への対応 距離/難易度(高低 差)/各自の記録 各地のベストコースの リスト 東京オリンピック応援 インタビュー Twitter+動画 スポーツと+属性情報 ランニングコース バイク・サイクリング リコメンド情報 ランニング =>バリアフリー情報 収集 そして未来 聖火リレー 各地のランニングベス トコースのリスト 混雑度 情報の提供 2020年 第2回東京オリンピック 開催 プラカードでマ イナースポーツ の支援 オープン プラットフォーム =次ページへ パラリンピック情報を 分かりやすく 歩行者からの情報収集 高齢者への応援 =>マスターオリン ピック スポーツの権利関係を どう超えるか 肖像権問題 情報提供者へのポイン ト性 =>オリンピックのチ ケッてがGETできる AR =>観客情報 インターラクティブな 情報提供 開催の ノウハ ウを パッ ケージ 化して 海外へ 地域他流試合マッチン グサイト 22
  23. 23. オープンオリンピックプラットフォーム 目的 コンテンツ Contents おもてな し 日常的なスポーツや生 活に対して属性情報を つけていけば、コンテ ンツができていくのは ないか ◯オリンピック・パラリンピックを応援するサイ ト ◯著作権、肖像権フリーの情報を皆で発信しよ Contents: う! Contents: 東京オリンピック応援インタビュー Twitter+動画 パラリンピック情報を分かりやすく 東京オリンピックや周辺地域のバ リアフリー情報や会場の混雑度の 情報 日本からも海外からも 多くの高齢者が訪れる バイク・サイクリングやランニングを行なって いる時に狭い道、段差などのバリアフリー情報 収集をスマートフォンから提供していく ウォーキングしている歩行者からの情報収集も ある 距離/難易度(高低差)/各自の記録を添えてラ ンニングコースをリコメンド情報を提供 オープン ストリー トマップ で情報を 蓄積して いく AR技術をを使って、利用者の興味や年齢など 個人の状況に合わせてコンテンツの表示を行 う 参加者メリッ ト 提供された情報にポイントをつける 23 ポイントがたまればオリンピッ クのチケットがプレゼントされ る!!

×