Your SlideShare is downloading. ×
201211122visualization
201211122visualization
201211122visualization
201211122visualization
201211122visualization
201211122visualization
201211122visualization
201211122visualization
201211122visualization
201211122visualization
201211122visualization
201211122visualization
201211122visualization
201211122visualization
201211122visualization
201211122visualization
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

201211122visualization

201

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
201
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Linked Open Data チャレンジJapan 2012 ビジュアライゼーション部門 LODチャレンジJapan実行委員会 詳細はLODチャレンジJapan公式サイトをご覧下さい LODチャレンジ2012 検索
  • 2. Linked Open Data(LOD) と LODチャレンジJapan2012とは
  • 3. 情報をつなげる力 東日本大震災では,Webが社会的なインフラとして大きな力を 発揮し,ネットを介した支援活動の輪が広がりました ネット上で多くの人々が情報を出し合って繋ぎ合わせることで 価値あるサービスが即座に立ち上がりました こうした取り組みは Linking Open Data運動と呼ばれ,世界中で 広がっています オープン 皆で 価値ある データ つなげる サービス
  • 4. LODチャレンジJapan開催の趣旨 「情報をつなげる力」を結集して,これからの日本を活性化させ ていくことを目的としたコンテストです。 本チャレンジやLinking Open Data運動の参加者が利用できる データづくり,データの活用アイデア,データを共有する仕掛け などの作品発表の場を提供します 作品を応募していただき,応募者参加型コンテストを実施してい ます チャレンジに係わるすべての人とデータとアイデアがつながるコ ミュニティづくりを目指します
  • 5. 開催の概要 作品募集  2012年10月1日-2013年1月31日 審査  2013年2月 表彰・授賞式  2013年3月7日(木)  セマンティックWebコンファレンス2013 賞金総額 150万円
  • 6. ビジュアライゼーション部門新設 昨年までの応募部門 データセット部門 アイデア部門 アプリケーション部門LODチャレンジJapan2012よりビジュアライゼーション部門 データセットが繋がること データセットの価値を表 可視化によって広がる で新しい事実が見えてく 現する作品 データセットの世界 る作品
  • 7. データセットを繋げるデータビジュアライゼーションの“力”
  • 8. アメリカで実際にあった事例です ひとつのデータセットの可視化 他のデータセットを加える 2008年オハイオ州ビーンズヒル 別のリソースから白人の住んでいる ある弁護士がどこに家があり、また水道が 場所を取得しマッシュアップする 繋がっているかの地図を作った2010年2月 TED(Technology Entertainment Design)「オープンデータとマッシュアップ で変わる世界」Tim Berners-Lee氏 詳細はLODチャレンジサイト「Linked Open Dataのビジョン」をご覧ください。 http://lod.sfc.keio.ac.jp/challenge2012/link.html
  • 9. 偶然とは思えない相関を可視化 白人と黒人の差別的な状況が 偶然とは思えない相関があるのを認められ、 1,090万ドルの賠償が命じられたhttp://www.dispatch.com/live/content/local_news/stories/2008/07/11/Coal_Run.ART_ART_07-11-08_A1_SPANNJH.html 9
  • 10. ◆データセットの作成者が思いもつかないデータの可視化方法があるかもしれません◆可視化されることによって見つかる事実や新しいサービス創出の可能性もあります◆データビジュアライゼーション部門へ応募した作品を誰かが実際のアプリケーションやサービスとして開発する可能性のあるかもしれません「黒人と白人の住宅情報」と「水道の普及データ」自体は存在していた 同一の地図上で可視化することで、 個別のデータではわからないことが見えてくる 人種差別の証明のために 弁護士が着目! 10
  • 11. コンピュータに詳しくないとだめ?プログラミングができないと応募できない? アイデア部門と同様に、手書きでのスケッチから、各ドキュメント形式、画像またはビデオなど形式は自由です。
  • 12. LODチャレンジJapan2011 アイデア部門最優秀賞「つながる教科書 南雲桂」 もし、こんなデータがあれば、 こんなサービスが実現できるのでは というアイデアLODチャレンジJapan2011 「つながる教科書」作品エントリーページ
  • 13. ビデオでも応募できます海外では、Linked Open Data自体をテーマにしたビデオ作品もYouTubeにアップされています YouTubeより What is Linked Data? http://www.youtube.com/watch?v=4x_xzT5eF5Q
  • 14. LODの説明、アイデアソンなどを目的としたイベントを “LODチャレンジデー”として開催しています今年開催された(開催予定)のLODチャレンジデー8月25日(土)第1回LODチャレンジデーin東京「Linked Open Data入門」9月1日(土)第2回LODチャレンジデーin名古屋 「Linked Open Data入門」10月6日(土)第3回LODチャレンジデー 「オープンデータハッカソン in 鯖江」10月19日(金)第4回LODチャレンジデー 「チャレンジ作品募集開始」10月27日(土)第5回LODチャレンジデーin東京 「アイデアソン」11月10日(土)オープンデータでツナグ街づくり/第6回LODチャレンジデー12月1日(土)第7回LODチャレンジデーin 奈良「Internationa Asian LOD Challenge Day」12月15日(土)第8回LODチャレンジデー IN はこだて リンクト・オープン・データによる地域活性化に向けてLODチャレンジデーはどなたでも開催できます。興味がある方はLODチャレンジ実行委員会までご連絡下さい。LODチャレンジ実行委員会説明サイト http://lod.sfc.keio.ac.jp/challenge2012/committee.html
  • 15. LODを通して いっしょに日本の新しい未来を創造していきましょう

×