キャンバス個人用アプリ 速習ガイド

18,388 views

Published on

Force.com Canvasの個人用アプリケーションの速習ガイド。
概要に加えてデモアプリをベースにインストールの流れ、開発方法について解説している。

Published in: Software
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
18,388
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
14,603
Actions
Shares
0
Downloads
22
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

キャンバス個人用アプリ 速習ガイド

  1. 1. キャンバス個人用アプリ 速習ガイド 株式会社セールスフォース・ドットコム テクニカルエバンジェリスト 中嶋 一樹
  2. 2. Agenda • キャンバス個人用アプリとは? • 仕組み • インストールを体験してみる • 開発手順 • 参考情報 このガイドではデモアプリをベースにキャンバス個人用アプリのインストールの流れ、および開発方法を解説します。
  3. 3. キャンバス個人用アプリとは? • Salesforce組織の管理者ではなく、一般ユーザーがキャンバスアプリをインストールできる仕組み。 • インストールしたキャンバス個人用アプリは自分のChatterタブにのみ表示されます。(他のユーザーには表示され ません) • システム管理者は組織単位でユーザーがキャンバス個人用アプリをインストールできるかどうかを設定できます。
  4. 4. 仕組み • キャンバス個人用アプリ本体はForce.com キャンバスと同様の仕組みでiFrameを通じて Salesforce外部から提供されます。 • Salesforce内のデータはAPIを通じてアプリと連携可能です。 Force.com 外部アプリ iFrameで画面を描画 APIでデータ連携
  5. 5. インストールを体験してみる(1/3) 通常のパッケージインストールとは異なり、OAuthで「認可」をおこなうことでアプリをインストールします。また、 インストールをおこなう組織はWinter’15以降でなければなりません。 • キャンバス個人用アプリをインストールする組織にシステム管理者でログインし、管理 > アプリケーションを管理する > 接続アプリケーションに遷移し、アプリケーションアクセス設定で「キャンバス個人用アプリケーションのインストールを ユーザーに許可します」にチェックを入れます。
  6. 6. インストールを体験してみる(2/3) • キャンバス個人用アプリをインストールする組織に一般ユーザー(システム管理者でないユーザー)でログインします。 • 下記のappexchangeリストで「今すぐ入手」をクリックします。 https://appexchangejp.salesforce.com/listingDetail?listingId=a0N3000000B5kzaEAB ! • OAuth認証画面が表示されたら「許可」をクリックします。
  7. 7. インストールを体験してみる(3/3) • 数秒でインストールが完了し、メールで完了通知が届きます。Salesforce組織のChatterタブに移動し、サイドバーに キャンバス個人用アプリがインストールされたことを確認します。 • アンインストールをおこなうには、私の設定 > 個人用 > 高度なユーザーの詳細に移動し、「OAuth接続アプリケーショ ン」にて該当のキャンバス個人用アプリを取り消します。また、システム管理者は設定 > アプリケーションを管理する > 接続アプリケーションにて該当のキャンバス個人用アプリをアンインストールすることができます。
  8. 8. 開発手順(1/2) • 開発組織で接続アプリケーションを作成します。 OAuth設定の有効化 ☑ ️ *必ずチェックが必要 コールバックURL https://canvas-personal.herokuapp.com/install.php デジタル署名を使用 選択したOAuth範囲 データへのアクセスと管理(api) API(OAuth設定の有効化) Force.com Canvas ☑ ️ *必ずチェックが必要 キャンバスアプリケーションのURL https://canvas-personal.herokuapp.com/index.php アクセス方法 署名付き要求(POST) SAMLの開始方法 場所 [Chatter] タブ *必ずChatterタブを選択 ライフサイクルクラス キャンバス個人用アプリケーションとして有効化 ☑ ️ *必ずチェックが必要 アクションの自動作成 パブリッシャーヘッダーを非表示 パブリッシャー共有ボタンを非表示 キャンバスアプリケーション設定 • 開発組織で管理パッケージを作成し、作成した接続アプリケーションをコンポーネントとして追加します。 • 管理パッケージを「管理 - リリース済み」としてアップロードします。
  9. 9. 開発手順(2/2) • キャンバスアプリ本体を用意します。(index.php) • キャンバスアプリ本体については本ドキュメントの範疇を超えますので割愛します。詳しくはForce.com Canvas 入門ガイド(http://www.slideshare.net/nkjm/forcecom-canvas-26902705)を参照ください。 • インストールページを用意します。(install.php) • このページは接続アプリケーションのOAuth設定に合わせてOAuthフローを開始するためのものになります。 • ユーザーがOAuthでキャンバスアプリを認可した時点で、Salesforce組織にキャンバス個人用アプリがインストー ルされます。 • インストールページをユーザーに提示します。(https://canvas-personal.herokuapp.com/install.php) • 先のデモ環境ではappexchangeリストで「今すぐインストール」ボタンをクリックした後にこのインストールペー ジにリダイレクトされ、すぐさまOAuthフローが開始される仕組みになっています。 キャンバスアプリのソースコード(php)は下記のGithubで公開されています。 https://github.com/nkjm/Canvas-Personal-Demo ! *config.phpの各設定値は自身が作成した接続アプリケーションに合わせて設定する必要があります。
  10. 10. 参考情報 • Force.com Canvas入門ガイド • http://www.slideshare.net/nkjm/forcecom-canvas-26902705 • Winter’15 リリースノート • http://docs.releasenotes.salesforce.com/en-us/winter15/release-notes/ rn_forcecom_canvas_personal_apps.htm
  11. 11. Force.com アプリケーションPaaS 開発者 製品 appexchange ビジネスアプリのマーケットプレイス ユーザー 出品 フィードバック 開発 i appexchange開発者向けに用意された無償トレーニングで開発と公開のノウハウを学べます。 appexchangeであれば全国のお客様にビジネスアプリを販売できますGetting Started!

×