ジオメディアの技術
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

ジオメディアの技術

on

  • 946 views

2010年8月に,ジオメディアの技術について個人的な覚え書きとしてまとめた資料です.

2010年8月に,ジオメディアの技術について個人的な覚え書きとしてまとめた資料です.

Statistics

Views

Total Views
946
Views on SlideShare
945
Embed Views
1

Actions

Likes
0
Downloads
6
Comments
0

1 Embed 1

http://a0.twimg.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    ジオメディアの技術 ジオメディアの技術 Presentation Transcript

    • ジオメディアの技術 Version 0.1 2010年8月9日 伊藤昌毅
    • データベース技術• 位置情報,軌跡情報,どんなDBにどう保存す る? – 性能,スケーラビリティの確保,運用上の注意点• SQLの場合 – 単に数値として緯度,経度を保存 – 空間データベース • PostGISなど.空間的なindexing, 探索,データ処理が可 能• NOSQLアプローチは? – SimpleGeo
    • 解析技術• Webでは,ユーザの振る舞いに基づいた重 み付け,推薦など – GoogleのPagerank, Amazonのリコメンデーショ ン等• 位置情報によってなにが可能になる?
    • データ収集とモデリング• 商用データの利用• UGCアプローチ – Foursquare, OpenStreetMapなど
    • 位置からコンテクストへ
    • クライアント技術• スマートフォンか携帯か• Native appかHTML5か – HTML5は? yubichiz などの先行例 – API: 自由度と制約,google mapsでは出来ない表現 もある(図参照) – Android, iPhoneの共通プラットフォームは?• バックグラウンドプロセスに関して – 移動ロギング,位置に応じたnotificationなどの現 状 – バッテリ消費と機能のバランス
    • GUI以外のアプリケーションの可能 性• 屋外,移動時の利用時において視認やボ タン操作に依存するUIだけでは操作困難 – Augmented Reality – 音声通知,音声認識など• どうやって伝える?• どうやって入力する?
    • サーバ・クラウド技術• どうクラウドを使うか – こちずぶらりでは地図データ配信にAmazon 利 用• SimpleGeoは? – Twitter,bumpなど利用
    • 「緯度・経度」を越えた空間座 標• 室内空間 – 地下街,店内,階層構造• 曖昧な表現 – 東京の西の方• どう測位する? – 無線LAN: クウジットの先行例 – 研究分野では無線(bluetooth, UHF帯RFID等)を使っ た様々な試み• 3Gが届かないところでのサービスは?
    • プラットフォーム: 利用と競争• どこを共通プラットフォームとし,どこで競争するか• 地図画像(と地図操作UI) – Google Maps• 位置情報データベース – SimpleGeo• POIデータベース – Google Maps APIなど• 「位置ゲー」プラットフォーム – コロプラ• 「モバゲー」, mixi, gree• 「移動ログプラットフォーム」は可能?
    • 相互運用のためのデータ形式• 複数のジオメディアサービスの連携のためにどの ような形式が必要? – KML, GML, GeoJSON – Semantic-web, RDF, Microformats など• 位置 – Point, Areaなど• 経路• ライフログ – 一日の旅行の記録など • 移動経路,買い物リスト,写真などの集合
    • 「位置」から「モノ」へ進む将 来• RFID, Suica等,モノ単位の情報化の試み – Internet of Things へ• 「位置」「場所」からモノへ展開する道 は?• モノの特定のためにたまたま位置を使う 例もある – セカイカメラなど
    • プライバシの技術• 「位置」「場所」「軌跡」などを対象と したプライバシはどう定義,評価する? – 狭義では個人を識別できる情報と紐付かなけ れば個人情報ではない – 蓄積によって変わる• 「安心」をユーザに伝えるためには?
    • 国際展開のために• ジオメディアには国内のみを対象とした サービスが多い? – 文化的,端末的,利用するAPI的な壁 – 国際展開は可能か?目指すべきか? – 技術の観点から,どういう作り方をすればい い?
    • 人を集め巻き込み継続させる技 術• ゲーム性 – 位置ゲー – Forsquare なぜ投稿する?• 地図コンテンツにおいては – Yahoo Google 等の地図コンテンツ – OpenStreetMap
    • GIS,測量業界とジオメディア• どのような関係?• 交流の可能性は?• Twitterでの議論などベースに – 私のスタンスとしては,技術の観点で交流す るメリットは多く,積極的な対話の場を作る べきとの認識
    • FOSS4G• 使っている? – データベースなどバックエンド技術として – ログ解析などサービス向上のために• 見ている? – 空間情報処理のライブラリ,リファレンス実装と して• 開発している?• 「ジオメディア」的な関心領域とFOSS4Gのカ バーする領域のずれと協調の可能性が浮かぶ か
    • 「ジオメディア技術者」は成り立 つ?• 位置,場所,空間情報処理などに強みを 持つ技術者 – どのようなスキルが必要? – 技術の市場性は?