発表方法について
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

発表方法について

on

  • 825 views

 

Statistics

Views

Total Views
825
Views on SlideShare
825
Embed Views
0

Actions

Likes
1
Downloads
15
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

発表方法について 発表方法について Presentation Transcript

  • 京大サマーデザイン スクール2013 京大サマーデザインスクール2013     (c)2013 西尾泰和(サイボウズ・ラボ) 西尾泰和
  • 発表方法について 発表方法について      
  • 成果報告会での 発表のスタイルを 決める必要がある 発表方法について      
  • 発表15分 質疑10分 発表方法について   これがうちのチームが使える時間リソース  
  • いくつか考えてあるので まずはDotVotingして 意見の割れ具合を見て 考えようと思う 発表方法について      
  • 案A 全員が自分の発表資料を作り 全員が発表 発表方法について      
  • 案B 全員が自分の発表資料を作り 投票で選ばれた一人が発表 発表方法について      
  • 案C 分担して一つの発表資料を作り 分担して発表 発表方法について      
  • 案D 分担して一つの発表資料を作り 投票で選ばれた一人が発表 発表方法について      
  • 案E 歌って踊って 気合で乗り切る 発表方法について      
  • 案F 発表方法のアイデアを まず書き出して共有しよう 発表方法について      
  • 案A 全員が自分の発表資料を作り 全員が発表 発表方法について 案A 全員が自分の発表資料を作り全員が発表    
  • 1人あたり2∼3分と 結構短い☹ 「ライトニングトーク」 としてよくやられてる☺ 発表方法について 案A 全員が自分の発表資料を作り全員が発表    
  • コクヨの1分プレゼン ・疑問を投げ興味をひく15秒 ・結論を述べ驚かせる 10秒 ・理由を説明し納得させる35秒 30∼50文字の文章12個程度 発表方法について 案A 全員が自分の発表資料を作り全員が発表 下地寛也(2011)『コクヨの1分間プレゼンテーション』中経出版  
  • 無理というわけではない☺ 時間を守らない人がいると 他人の発表機会が失われる☹ ドタバタする☹ 時間が短くて伝わらない☹ 発表方法について 案A 全員が自分の発表資料を作り全員が発表    
  • 案B 全員が自分の発表資料を作り 投票で選ばれた一人が発表 発表方法について 案B 全員が自分の発表資料を作り投票で選ばれた一人が発表    
  • 全員が15分の発表資料を作る 時間的コスト高☹ 作った資料が選ばれなくて 発表の機会を与えられない ガッカリ感☹ 発表方法について 案B 全員が自分の発表資料を作り投票で選ばれた一人が発表    
  • 15分しっかり使って自分の意 見を説明できる☺ 選ばれなかった人がその後の やる気を無くす☹ 発表方法について 案B 全員が自分の発表資料を作り投票で選ばれた一人が発表    
  • 案C 分担して一つの発表資料を作り 分担して発表 発表方法について 案C 分担して一つの発表資料を作り分担して発表    
  • 発表資料のストーリーの中に どう各人の意見を配置するかで 意見が割れて時間がかかる☹ 自分の意見が採用されなかっ た人がやる気を無くす☹ 発表方法について 案C 分担して一つの発表資料を作り分担して発表    
  • 全員参加で1つのものを作った 満足感は高い☺ 分担しての発表はグダグダにな らないか不安☹ 発表方法について 案C 分担して一つの発表資料を作り分担して発表    
  • 15分しっかり使って自分たち の意見を説明できる☺ 1つの資料を作る作業は とりまとめ役ボトルネック☹ 全員PowerPoint持ってる?☹ 発表方法について 案C 分担して一つの発表資料を作り分担して発表    
  • 案D 分担して一つの発表資料を作り 投票で選ばれた一人が発表 発表方法について 案D 分担して一つの発表資料を作り一人が発表    
  • 案Cから「分担しての発表は グダグダにならないか不安」が 取り除かれる☺ だけど発表者の負担は大きい☹ 発表方法について 案D 分担して一つの発表資料を作り一人が発表    
  • 案E 歌って踊って気合で乗り切る うまくいかないだろうなぁ☹ 発表方法について      
  • 案F 発表方法のアイデアを まず書き出して共有しよう 一番みんなで決めた感がある☺ 時間がかかる☹ 発表方法について      
  • 案A 全員が自分の発表資料を作り全員が発表 案B 全員が自分の発表資料を作り一人が発表 案C 分担して一つの発表資料を作り分担して発表 案D 分担して一つの発表資料を作り一人が発表 案E 歌って踊って気合で乗り切る 案F 発表方法のアイデアを   まず書き出して共有しよう 発表方法について Dot Voting 今ここで候補の追加を提案をする人がいるなら受け付けます  
  • ここまでは西尾が事前に考えた 「変化を織り込んだ計画」 では実際、どうなったのか? 発表方法について 実際の演習    
  • 西尾「では投票をします」 X「待って!どう発表するか 決める前に何を発表するかを 決めるほうが良いのでは?」 西尾「たしかに。じゃあ 『何を』を2分半書き出そう」 発表方法について 実際の演習    
  • 発表方法について 実際の演習    
  • 『何を』案 ・ワークショップのデザイン ・自分が今回学んだこと ・今回参加してよかったこと ・個別のチームの紹介と  その改善案 ・KJ法の解説 発表方法について 実際の演習    
  • 発表方法について 実際の演習    
  • 投票結果 ・11票 自分が今回学んだこと ・5票 個別のチームの紹介と  その改善案 発表方法について 実際の演習    
  • 発表方法についての投票結果 ・11票 全員が自分の発表資料を 作り全員が発表 ・6票 分担して一つの発表資料 を作り分担して発表 発表方法について 実際の演習  
  • 結論 自分が今回学んだことを中心に 全員が自分の発表資料を作成 発表方法について 実際の演習  
  • •下地寛也(2011)『コクヨの1分間プレゼンテーショ ン』中経出版 発表方法について 参考文献    
  • このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和 と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクー ル 2013で行った「チームワークのデザイン」の 講義資料の一部です。 他のスライドは http://nhiro.org/kuds2013/ で見つ けることができます。   このスライドについて