KJ法の背景

1,447 views

Published on

0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,447
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
14
Actions
Shares
0
Downloads
52
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

KJ法の背景

  1. 1. 京大サマーデザイン スクール2013 京大サマーデザインスクール2013     (c)2013 西尾泰和(サイボウズ・ラボ) 西尾泰和
  2. 2. KJ法の背景 断片的情報の構造化 - KJ法の背景      
  3. 3. KJ法の作者 川喜田二郎は 文化人類学者 断片的情報の構造化 - KJ法の背景      
  4. 4. フィールドワークで 大量の情報を収集 断片的情報の構造化 - KJ法の背景      
  5. 5. フィールドワークで 集めた大量のデータを まとめる必要性 →KJ法の発明 断片的情報の構造化 - KJ法の背景      
  6. 6. 「まとめる」 って何? 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 まとめるって何?    
  7. 7. データの背後にある 関連・構造を見出し 仮説を発想する 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 まとめるって何?    
  8. 8. 一組のデータからいかにして 意味のある結合を発見できるか 新しい発想を打ち上げられるか 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 まとめるって何? 川喜田二郎(1967)『発想法 : 創造性開発のために』p.54  
  9. 9. たとえば、 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 まとめるって何?    
  10. 10. トライサイクル=三輪車 ↓ 三(トライ) 輪(サイクル) 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 まとめるって何?    
  11. 11. ケラチン=角質 ↓ ケラト(ツノ) -イン(たんぱく質) 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 まとめるって何?    
  12. 12. この二つのデータと 恐竜の知識から 「ハッ!」と気づく 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 まとめるって何?    
  13. 13. もしかして トリケラトプスって名前 三つのツノがあるから? 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 まとめるって何? 思いついた時点では仮説  
  14. 14. 関係の発見=仮説の発想 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 まとめるって何?    
  15. 15. 関係を発見する力は みんな昔から持っていた 「ツバメが低く飛んだら雨」 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 まとめるって何? これも仮説  
  16. 16. フィールドワークで集めた 情報から仮説を形成する これを野外科学と呼ぶ 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 実験科学との違い    
  17. 17. 野外科学 実験科学 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 実験科学との違い    
  18. 18. 実験科学は 仮説を検証する 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 実験科学との違い    
  19. 19. 仮説の検証 その仮説はどうやって 導かれたの? 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 実験科学との違い    
  20. 20. どうやって仮説を立てる? 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 実験科学との違い    
  21. 21. 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 実験科学との違い 『発想法』p.22   それが野外科学
  22. 22. 野外科学が仮説を作り 実験科学が仮説を検証する 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 実験科学との違い    
  23. 23. 仮説を立てないと 実験はできない 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 実験科学との違い    
  24. 24. よくわからないと 行動を起こせない 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 進むためには問題の明確化が必要 川喜田二郎(1977)『「知」の探検学 : 取材から創造へ』p7  
  25. 25. 我々の今回の目的 改善計画づくり 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 進むためには問題の明確化が必要    
  26. 26. 改善=問題を解決すること 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 進むためには問題の明確化が必要    
  27. 27. 何が解決すべき問題か? 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 進むためには問題の明確化が必要    
  28. 28. 問題はかならずしも 明確に言語化できていない 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 進むためには問題の明確化が必要 「問題は暗黙のうちにしか認識されない」『創造的想像力』p143 マイケル・ポラニー(2007)『創造的想像力 増補版』 慶伊富長 編訳, ハーベスト社
  29. 29. 問題はまず 「なにか問題を感じる」 当惑という状態から始まる  断片的情報の構造化 - KJ法の背景 進むためには問題の明確化が必要 『発想法』p29  
  30. 30. 問題は言語化できていない ↓ 関係ありそうなことを 全部書きだしてみよう 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 進むためには問題の明確化が必要 『発想法』p29  
  31. 31. 全部書き出し 組み立ててみて はじめて問題の 構造がわかる 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 進むためには問題の明確化が必要 『発想法』p29  
  32. 32. たとえば 1つだと思い込んでいた問題が 実は2つの問題の重なりだったり 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 進むためには問題の明確化が必要 『発想法』p30  
  33. 33. 問題の明確化とは何か 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 進むためには問題の明確化が必要    
  34. 34. これが問題だろう これを解決すれば もっと良くなるだろう 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 進むためには問題の明確化が必要 これも仮説  
  35. 35. 問題の明確化=仮説の発想 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 進むためには問題の明確化が必要    
  36. 36. 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 進むためには問題の明確化が必要     問題の明確化(=仮説)が正しいかどうかは、 その理解に基づいて行動(=実験)することで検証される
  37. 37. チームでの問題解決について 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 チームで    
  38. 38. チームで問題の解決に あたる場合はどうする? 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 チームで    
  39. 39. チームで問題解決するには 問題意識の共有が必須 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 チームで    
  40. 40. 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 チームワークのための問題の明確化 川喜田二郎(1970)『続・発想法 : KJ法の展開と応用』p27 A氏B氏とD氏では問題意識に違いがあり、喧嘩になる。C氏は両方の立場がわかるが…
  41. 41. 問題意識が共通でないと チームが一丸となって 進むことはできない 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 チームワークのための問題の明確化    
  42. 42. どうやって共通化する? 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 チームワークのための問題の明確化    
  43. 43. メンバー全員の視点から 書き出して 組み立ててみて 初めて構造がわかる 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 チームワークのための問題の明確化    
  44. 44. 個人がデータを組み立てるのと チームが個人の能力を組み立てるの 水準が違うだけで性質は同じ 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 チームワークのための問題の明確化 『発想法』p56  
  45. 45. まとめ 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 演習    
  46. 46. 情報の構造化 = まとめる = 関係の発見 = 仮説の発想 = 問題の明確化 = 改善の第一歩 個人でもチームでも まずは書き出して組み立てよう 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 演習    
  47. 47. オリエンテーション 参考文献     •川喜田二郎(1967)『発想法 : 創造性開発のため に』中央公論社 •川喜田二郎(1970)『続・発想法 : KJ法の展開 と応用』中央公論社 •川喜田二郎(1977)『「知」の探検学 : 取材から 創造へ』講談社 •マイケル・ポラニー(2007)『創造的想像力 増補 版』 慶伊富長 編訳, ハーベスト社
  48. 48. オリエンテーション 付録    
  49. 49. 反復可能性について 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 反復可能性    
  50. 50. 実験科学は 明確な仮説を 反復可能な状況設定で 繰り返し実験して検証する 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 反復可能性    
  51. 51. 仮説の検証 その仮説はどうやって 導かれたの? 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 反復可能性    
  52. 52. 現実世界って 反復可能な状況設定が あるとは限らないよね 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 反復可能性    
  53. 53. 実験科学は 文明の発展の過程で 重視されるようになった 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 反復可能性    
  54. 54. しかし、万能ではない 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 反復可能性    
  55. 55. 反復実験できない 1回だけの事例などから どうやって仮説を立てる? 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 反復可能性    
  56. 56. 川喜田二郎が 「離れザルを捨てるな」 と言う理由はこれだ 断片的情報の構造化 - KJ法の背景 反復可能性    
  57. 57. このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和 と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクー ル 2013で行った「チームワークのデザイン」の 講義資料の一部です。 他のスライドは http://nhiro.org/kuds2013/ で見つ けることができます。   このスライドについて    

×