KJ法の実践
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

KJ法の実践

on

  • 2,156 views

 

Statistics

Views

Total Views
2,156
Views on SlideShare
2,116
Embed Views
40

Actions

Likes
4
Downloads
26
Comments
0

2 Embeds 40

http://henry307.hatenablog.com 33
http://blog.hatena.ne.jp 7

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

KJ法の実践 KJ法の実践 Presentation Transcript

  • 京大サマーデザイン スクール2013 京大サマーデザインスクール2013     (c)2013 西尾泰和(サイボウズ・ラボ) 西尾泰和
  • KJ法の実践 断片的情報の構造化 - KJ法の実践      
  • KJ法のやりかたを これから説明するが 正しくやることは 大事ではない 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 はじめに ルールを守って正確にやらねば、という考え方は発想を妨げる  
  • 大事なのは 原理を理解して 応用力を得ること 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 はじめに 自分の問題に応用して、結果を出すことが価値  
  • どんな技術を習得する場合にも、 学ぶべき大切なことはまず第一に 原理であり第二に方法である。 これはアイデアを作り出す方法に ついても同じことである。 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 はじめに 『アイデアのつくり方』p.25、傍点を太字に変更 ジェームズ・W・ヤング(1988)『アイデアのつくり方』今井茂雄 訳, 阪急コミュニケーションズ
  • KJ法は大きく分けて3ステップ 1: データ集め、ラベル作り 2: ボトムアップでグループ編成 3: 別のフォーマットへ変換 断片的情報の構造化 - KJ法の実践      
  • 1: データ集め、ラベル作り 2: ボトムアップでグループ編成 3: 別のフォーマットへ変換 断片的情報の構造化 - KJ法の実践   『「知」の探検学』 p.18   ←  1  →←  2  →←   3   →
  • 1: データ集め、ラベル作り 2: ボトムアップでグループ編成 3: 別のフォーマットへ変換 断片的情報の構造化 - KJ法の実践      
  • 自分の頭の中を探検し 主題に関係あるかもと思うことを 付箋に書きだしてみよう 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 1: データ集め・ラベル作り    
  • 判断の前にまずは書こう 「事実かどうかよりも自分が  そう思っていることが大事」 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 1: データ集め・ラベル作り 川喜田二郎(1977)『「知」の探検学 : 取材から創造へ』p47  
  • 頭の外を探検して 主題に関係あるかもと思うことを 紙切れに書きだしてみよう 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 1: データ集め・ラベル作り    
  • 頭の外とは、例えば ・フィールドワーク ・観察 ・他人との対話、インタビュー ・他人の書いた書籍、発表資料 ・複数人でのブレインストーミング 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 1: データ集め・ラベル作り 他にも色々ある  
  • 「なんでも見てやろう」 という心の態度が重要 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 1: データ集め・ラベル作り 川喜田二郎(1967)『発想法 : 創造性開発のために』p33  
  • 先入観にとらわれず 事実に素直に耳を傾けよう 例外や失敗こそ知識の宝庫 例外だからと捨ててしまわない 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 1: データ集め・ラベル作り 「事実に素直に耳を傾けよう」『発想法』p80   
  • TIPS やわらかい言葉で 表現しよう 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 やわらかい言葉で表現しよう    
  • ついつい 「過度に抽象的な単語を   使用しない配慮が必要」 とか書いちゃう 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 やわらかい言葉で表現しよう    
  • かたくるしくって つかれちゃう なるべくやわらかく書こう 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 やわらかい言葉で表現しよう    
  • 実はKJ法の第一ステップは ここまでの演習でやった たくさんの付箋が手元にある 次はこれをまとめるステップ! 断片的情報の構造化 - KJ法の実践    
  • 1: データ集め、ラベル作り 2: ボトムアップでグループ編成 3: 別のフォーマットへ変換 断片的情報の構造化 - KJ法の実践      
  • まず、カルタのように 全部の付箋が見えるように 机の上に広げよう 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成 重なったり、読めない付箋ができたりしないようにね!  
  • そして眺める どこからでもよい 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成 『発想法』p73  
  • ・似た内容の付箋が見つかる ・関係ありそうな付箋が見つかる これを近くに集める 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成    
  • ボトムアップで グループを作っていく 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成    
  • ボトムアップで グループを作っていく 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成    
  • 演習 まずはここまでやってみよう 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 演習    
  • 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 演習(実際の風景)    
  • 何枚か集まったら グループを1枚に圧縮する 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成    
  • 表札づくり 新しい付箋に要約を書いて グループを束ねる 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成    
  • グループを手にとって 「なんでこれまとめたんだっけ」 と問いかけてみる 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成    
  • 「集めたの間違いだった」 と思ったなら修正してもいい 失敗を恐れて自分をしばらない 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成    
  • よくある質問 「情報に取りこぼしが出る!」 それでいい。枝葉を捨てて重要な エッセンスだけ残すことが目的 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成    
  • よくある質問 「紙が小さくて書ききれない!」 全ての情報を書こうとしていない か?書ける量に要約するんだ! 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成    
  • よくある質問 「どう要約するのが正解か…」 正解なんてないし 正しさは重要ではない 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成    
  • よくある質問 「どれくらいの枚数・粒度で   まとめるのがよいのか?」 表札を付けられる枚数・粒度 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成    
  • このフェーズで一番大事なのは ボトムアップ 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成    
  • 「この付箋は問題と理想と解決方法 を書いたものだから  まずその3つに分類しよう」 ダメ!ゼッタイ! 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成    
  • トップダウンの分類は 発想のチャンスを殺す 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成    
  • KJ法の目的は 「予期しないつながり」 を発見すること 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成    
  • できあいのワクの中に 単にはめ込んでいるだけ これではKJ法の発想的意義は 死んでしまう 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成 『発想法』p78  
  • 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成 『発想法』p77   グループ編成は 小チームから 大チームへ
  • ボトムアップで組み立てると 変な分類体系になる これを不安に思う人も多い でも、それでいい 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成    
  • 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成 『発想法』p.90-91から抜粋  
  • 「実状を無視して体系化しても 啓発的ではない」 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 2: ボトムアップでグループ編成 『発想法』p92-93  
  • よくある質問 「この付箋をどこに入れたら いいのかわかりません」 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 離れザル    
  • 入る場所のない付箋は 無理に入れなくていい 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 離れザル 川喜田二郎は「離れザル」と呼んでいる  
  • 1枚だけのグループ なのかもしれない 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 離れザル    
  • もっと進んでから ちょうどいいグループが 発見されるかもしれない 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 離れザル 単独で価値が分からないものが、構造の中で価値を見出される可能性  
  • この離れザルが 発想の鍵になるかもしれない 適当なグループに押し込めて 殺してしまってはいけない 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 離れザル    
  • グループ編成を 何度も繰り返して どんどん束ねていこう 断片的情報の構造化 - KJ法の実践      
  • 1: データ集め、ラベル作り 2: ボトムアップでグループ編成 3: 別のフォーマットへ変換 断片的情報の構造化 - KJ法の実践      
  • グループ編成を繰り返した後 なにをするかについて 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 3: 別のフォーマットへ変換     
  • KJ法A型 束ねた付箋を大グループから順に 広げて空間的に配置し図解する 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 KJ法A型 二次元の図にする  
  • ・空間的配置 ・輪で囲む ・線でつなぐ 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 KJ法A型 図は『発想法』p91から(一部拡大)  
  • つないだ線に 「したがって」「しかし」 などと書くと 関係がわかりやすい 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 KJ法A型 『知の探検学』p21  
  • なぜこれをやるのか? 今まで、関係のありそうなものを 近くに置くことで表現してきたが 「どういう関係があるのか」を ここで言語化する 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 KJ法A型    
  • KJ法B型 A型で図解したものを 文章で説明する 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 KJ法B型 一次元にする=順番をつける  
  • 図解と文章は性質が違う 違うがゆえに互いに欠陥を補強する 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 KJ法B型 『発想法』p99  
  • 図解は全体像を見るのに向いている 文章は飛躍がないかを確認すること に向いている 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 KJ法B型 文章は他人に伝えることにも向いている。図解だけ見せてもなかなか伝わらない  
  • 違うフォーマットに変えることで 足りない部分に気づきやすくなる 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 KJ法B型    
  • 文章化しようとすると わかっていたはずの話が うまくつながらない →新しい発想のチャンス 何が欠けているのかな? 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 KJ法B型 『発想法』p98  
  • よくある質問 「文章化しているうちに  構造や順番を変えたくなったら  どうしたらいい?」 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 KJ法B型    
  • 文章化することであなたの中の 理解は進歩している 進歩前の予定を守ることより 今ベターだと思うことをやろう 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 KJ法B型    
  • 川喜田二郎は 文章化と口頭発表をB型と呼んだ 発表資料作りもB型の仲間! 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 KJ法B型    
  • みなさんが最終的に 作る発表資料 これがKJ法B型にあたります 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 KJ法B型    
  • 今後の流れ ・グループ編成(続き) ・A型:図解化 ・B型:発表資料づくり 演習   進捗を見ながら適宜どれをやるか決めます  
  • 演習       発散 干渉 成長 収束 選択 整理 発表 付箋づくり グループ編成 図解化 書き出し 発表資料 づくり
  • 何か質問? 演習      
  • スタート! 演習      
  • 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 演習風景 1日目の14時頃  
  • 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 演習風景 1日目の14時頃  
  • 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 演習風景     1日目終了時点での状態
  • 川喜田二郎(1967)『発想法 : 創造性開発のため に』中央公論社 川喜田二郎(1977)『「知」の探検学 : 取材から創 造へ』講談社 ジェームズ・W・ヤング(1988)『アイデアのつく り方』今井茂雄 訳, 阪急コミュニケーションズ   参考文献    
  • 付録        
  • KJ法 付録 KJ法の時間が足りない問題の解決   KJ法をまともにやるには時間が足りない そこで沈黙などに陥りやすいブレストを避けて 個人で枚数を競いながら付箋に書くことで 第1ステップを並列化した ブレストに見られる「他人の発言が刺激になる」 効果が得られるように、書き出しを複数回に分けて そこまでの書き出しを共有することにした
  • アイデアの干渉作用       元々はスライドに入っていたが、重要度が低いので刈り取った
  • アイデアがお互いに干渉して 新しいアイデアが生まれる   干渉作用    
  • グループ編成の最中に 「∼かも?」と心に浮かんでくる →すぐ書き留めて!   干渉作用    
  • 「∼かも?」の成長パターンは4つ   干渉作用    
  • 1 未発達 他のところから「∼かも?」を 支援する材料が出てこない   干渉作用 『発想法』p108  
  • 2 没落 他のところから「∼かも?」を 否定する材料が出てきた   干渉作用 『発想法』p108  
  • 3 安定性の獲得 他のところから「∼かも?」を 肯定する材料が出てきた   干渉作用 『発想法』p108  
  • 4 包括性の獲得 異なる「∼かも?」が 組み合わさって新しいアイデアに   干渉作用 『発想法』p109  
  • 包括性の獲得の例 「Xが犯人かも?」 +「Yが犯人かも?」 +「XとYは親しいかも?」 →「XとYの共犯かも?」 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 干渉作用 『発想法』p109  
  • 適度な分量にして考える 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 適度な分量    
  • 全体を一度に考えるのではなく 小さいグループにしてから じっくり考える方が良い 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 適度な分量    
  • 100枚の付箋を眺めて グループ化はできる だけど100枚の付箋のことを 一度に全部考えることはできない 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 適度な分量    
  • かみくだき、のみこめる以上の量を 口に詰め込んではいけない 小さいグループにしてから考える 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 適度な分量    
  • よくある質問 「どういう空間配置がいいの?」 試しに言葉で説明してみて うまく説明に出来ないなら 配置が悪い 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 KJ法A型 『発想法』p83  
  • よくある質問 「紙に描ききれない」 大グループの図解を索引にして 複数枚の紙に描いたらいい 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 KJ法A型 『発想法』p87  
  • よくある質問 「ボトムアップでくっつけたが、 表札を書くと『問題』『理想』 などになった。これでいいのか?」 よくない。 それはボトムアップができていない。 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 グループ編成    
  • 大きな抽象的なグループがある場合 試しにそのグループの中から 1枚だけ選んで捨てるとしたら どれを残すか?を考えてみよう 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 グループ編成    
  • 次にその「大事な1枚」を手に持って 「これを表札にして 束ねてもよい付箋があるか?」 を考えてみよう。 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 グループ編成    
  • それで束ねられた付箋以外を 1段階目のグループ編成で まとめてしまうのは ボトムアップじゃない 脳内の先入観を押し付けているだけ 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 グループ編成    
  • コツ 未解決の課題をスタートにし 図解上の近いところへ進む ようにすると文章化しやすい 断片的情報の構造化 - KJ法の実践 KJ法B型    
  • このスライドは、サイボウズ・ラボの西尾泰和 と竹迫良範が、 京都大学サマーデザインスクー ル 2013で行った「チームワークのデザイン」の 講義資料の一部です。 他のスライドは http://nhiro.org/kuds2013/ で見つ けることができます。   このスライドについて