議論を描く技術「ファシリテーショングラフィック」
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

議論を描く技術「ファシリテーショングラフィック」

  • 15,855 views
Uploaded on

議論を描く技術「ファシリテーショングラフィック」 Agile Japan2010 Day1 Workshop1...

議論を描く技術「ファシリテーショングラフィック」 Agile Japan2010 Day1 Workshop1
2010/04/09

More in: Business
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
15,855
On Slideshare
15,805
From Embeds
50
Number of Embeds
3

Actions

Shares
Downloads
162
Comments
0
Likes
18

Embeds 50

http://www.slideshare.net 28
http://projectfacilitationproject.wordpress.com 14
https://twitter.com 8

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. AgileJapan2010 DAY1 Workshop1 2010/04/09
  • 2. 西河 誠
  • 3. やりはじめ 資料提供:加藤彰さん
  • 4. いろんなところでやってみました ・会議が生産的に! ・エンジニアも使える! ・楽しい!
  • 5. Agileとファシリテーショングラフィック • Agileは顧客価値の最大化が目的 • 顧客との対話 • メンバーとのFace to Faceのコミュニケーション • 人と人との相互作用 • ・・・ • 対話を促進し、まとめる技法を磨くと効果的 • 描くことで見えてくる。やってみよう!
  • 6. 本もおすすめしますが、
  • 7. やってみるとすぐわかる! 今日はひたすら書いてください!
  • 8. 本日の内容 1. 自己紹介ワーク 2. ファシリテーショングラフィックとは 3. 基礎演習~実践ライティングプラクティス 4. 基礎演習~基本図形,空間のデザイン 5. 実践演習~見える化&カイゼン 6. ファシグラを活用しよう! 7. ふりかえり
  • 9. 配布物確認 • プロッキー8色セット さっそく使ってみましょう♪
  • 10. プロッキーを使ってみよう • A3用紙に自己紹介を書いてみてください。 – お名前 – お仕事 – 今日学びたいこと • いろんな色を使うこと • イラストもOK • 制限時間3分 制限時間 分
  • 11. 自己紹介タイム • 先ほどの「自己紹介シート」を使ってグループ 内で自己紹介してください。 人 分 • 1人1分で!
  • 12. 議論が活性化する 話の内容が見える
  • 13. テーマが見える 議論のプロセスが見える ゴールに向かう
  • 14. 巨大討議空間をつくる 資料提供:加藤彰さん
  • 15. 皆に見てもらえる配置を作る~FGを観ながら議論してナンボ! 模造紙・ホワイトボード 模造紙・ホワイトボード 資料提供:加藤彰さん
  • 16. 基礎演習 ファシグラ ライティングプラクティス
  • 17. ライティングの基礎 • 大きめで、はっきりと、ていねいに – タテ線は太く,ヨコ線は細く • 迷わずに – すぐに思いつかない漢字はカタカナで • 要約する – ポイント,頻出ワードをとらえる – みんなが知ってる略語を活用
  • 18. (参考)プロッキーの持ち方 • 太いほうを使う • 寝かせて持つ • トンガリが左側
  • 19. ライティングプラクティス • 私の「発言」をファシグラしてください。 • 3つのレベルに分けて練習します。 • 足りなくなったら新しい紙を使ってください。 • ライティングの基礎を忘れずに。
  • 20. レベル1 • 簡単なキーワード • 3回繰り返して言います • 見やすい字を心がけましょう
  • 21. レベル2 • ちょっと書き取りにくいキーワード • 3回繰り返して言います • わからない漢字はカタカナで
  • 22. レベル3 • 口語(セリフ)の書き取りです。 • 2回繰り返して言います • 要約、略語を工夫してみましょう。
  • 23. 字を書くのに慣れましたか? • グループで共有してみましょう。 – うまく書けたところ – 難しかったところ – 見やすく書くコツ – 的確に書くコツ
  • 24. プラクティス・キーワード一覧 • 【 Lv1 】 • 【 Lv3 】 – カレーライス – パーソナルコンピュータの導入を検討します。 – 牛丼 – ライセンス契約の延長については、5月末まで – 新入社員 に結論を出すようにマネージャから指示があり – アジャイルジャパン ました。 – twitter – agilejapan.orgは、アジャイルを軸に本気で現 場改革を進める、ビジネスマインドを持つ人の 交流サイトです。 • 【 Lv2】 – 郵政民営化 – TimeCupsuleは、AirPort Extremeベースス – 野中郁次郎 テーションとハードディスクから構成されている、 – Alan Shalloway 802.11nワイヤレスとサーバグレードHDDでで – 独立行政法人情報処 きたバックアップ用ハードウェア。家の中の 理推進機構 MacBookやデスクトップMacをすべてひとつの – 構成 TimeCapsuleに無線でバックアップできる。
  • 25. ポイントの強調 • 見出しのレベルと記号を決めておく • イラストの活用 • 色の使い分け
  • 26. 見出しのレベルと記号を決めておく
  • 27. イラスト • イラストを入れると、文面に表情を与えられます。 • いくつかの基本パターンを習得しておきましょう。 – ケータイの絵文字が参考になる。
  • 28. 基本イラスト演習 • 次のイラストを考えてください。 ①グッドアイデア! ②困った。。 ③活発な発言 ④NG ※ケータイなどをカンニングしてもOK 制限時間:3分
  • 29. 基本イラスト演習
  • 30. 色の使い分け • ファシグラ前に、使う色を決めておく。 – 基本色 – 強調色 – 補助色
  • 31. 基本図形
  • 32. 基本図形を覚える • 基本図形(フォーマット)を身につける効果 – 論理的な比較検討や議論 – 抜けの無い議事 – 会議プロセスのデザイン – 的確なまとめ • 会議の流れを読み、フォーマットを決める • 事前準備できるなら、最初に描いておく
  • 33. ツリー型 • いろんなレベルで出てくる意見をもれなく拾う • マインドマップもOK
  • 34. フロー型 • 処理手順 • プロセスを議論 するとき
  • 35. マトリクス型 • 意見や情報を分類 • 比較、分析に効果的 • ジョハリの窓とか
  • 36. サークル型 • グルーピング,重なりを表現 • たくさん出た意見をまとめるときに有効
  • 37. 空間のデザイン 矢印はフローが見える
  • 38. 空間のデザイン マトリクス型の活用
  • 39. 空間のデザイン 脱線したら、 パーキングロットへ。
  • 40. 基本図形まとめ • 基本形を覚える – フロー型 – マトリクス型 – ツリー型 – サークル型 – さらに、組み合わせてオリジナルの型を持つ。 • 使える分だけグラフィックスキルが向上!
  • 41. 基本図形 • (例) – データフロー図
  • 42. 基本図形演習 • (例2) – 進捗会議の議事録フォーマット
  • 43. 実践演習 ~ファシグラ会議を体験してみよう~
  • 44. ファシグラ実践ワーク • ファシグラ会議を体験してみましょう – グループで一つのテーマを選択 – テーマについて、ファシグラで分析する – メンバーの提案を引き出す – グループの結論をファシグラでまとめる
  • 45. ファシグラ実践ワーク テーマ選定(5分) • テーマ選定 – 次の3つからどれかを選んでください。 打倒Google! Yahoo!Japanの新サービス 残業規制でできた時間を活かせ! デキるアフターファイブのすごし方 暖かくなったり寒くなったり・・・ エコで快適なエアコンの新機能
  • 46. ファシグラ実践ワーク • 分析(10分) – 選んだテーマをファシグラで分析します。 • 機能分析 • 課題分析 • 市場分析 – テーマをしっかり可視化しましょう。
  • 47. 「見える化とカイゼン」ワーク • 提案,改善(10分) – 分析結果から、新規提案,改善点を考えます。 • 問題点、課題は解決する • 市場動向は一つの鍵になる • アイデアの結合や、発想の転換
  • 48. 「見える化とカイゼン」ワーク • まとめ(5分) – 議論の結果をまとめます • ポイントになった提案や意見 • 結論(出なくても良い。) • メンバーの同意 • 残った課題
  • 49. ファシグラ実践ワーク • 例
  • 50. ファシグラ実践ワーク • 例
  • 51. ファシグラ実践ワーク • 例
  • 52. ファシグラ実践ワーク • 例
  • 53. ファシグラ実践ワーク • 例
  • 54. ワークの進め方 • 各フェイズでファシグラ担当 を交代 • とにかく書きまくりましょう! – 結論は出なくてもOK! • 時間は30分!
  • 55. ワークのまとめ • ほかのグループのファシグラも見てみましょう • ここが良い!というポイントが見つかれば、 付箋に良かった点を書いて貼ってあげましょう。 • 良かった点は次の機会に活用してください!
  • 56. ファシグラを活用しよう!
  • 57. 導入手順 最初はひっそり • Step1:最初はひっそり – 日頃のメモ – セミナーレポート – 席でのプチ打ち合わせ
  • 58. 導入手順 確認に使う • Step2:確認に使う – 「ここはこういうことでよろしいでしょうか?」 • 意見が合わないところ • 議論が迷走しているシーンで – 「まとめるとこういうことになります」 • 最後のまとめで
  • 59. 導入手順 議論を始める前のテンプレートに • Step3:議論を始める前のテンプレートに – アジェンダを書いておく – 表や図を書いておく – ゴールを書く – スケジュールを書く – 役割を書く – パーキングロットの設置 – KPTする
  • 60. 導入手順 自然なファシグラを心がける • Step4:自然なファシグラを心がける – 最初から「この会議ファシグラします!」はNG! – 自然な流れで書く – 時と場合に応じて – 空気を読む – 究極は自然なファシグラ
  • 61. 導入手順 流派を持つ • Step5:流派を持つ – メンバーのイメージが一致する書き方を探求する – 職種、その場に応じたフォーマットを選べる – 要約力を身につける – 場を作る – 独自テクを編み出す
  • 62. 導入手順 • Q:プロッキーが無い場合は? – ホワイトボードマーカーや、ボールペンでも書 くテクニックは共通です。 – 野球に例えれば、プロッキーは金属バット • 飛距離が伸びる(ホームラン打ちやすい) • 打球が早くなる(ヒットが出やすい) – 準備が可能であれば、使いましょう。 – 基礎技術を練習し、経験を積んでおくと、他の 道具(ホワイトボード)でも、高い表現能力を 発揮できるようになります。
  • 63. ファシグラしよう! • 今日の基本をしっかりと身につける! • 現場で活用し、レベルアップ!
  • 64. ふりかえり
  • 65. 今日のふりかえり • 隣の人の「気づき」「感想」をインタビュー • A3用紙にファシグラする • 1人あたり5分以内で。