Pfpws w22 事例紹介_ペアマインドマップ

1,780 views
1,702 views

Published on

Published in: Health & Medicine, Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,780
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
66
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Pfpws w22 事例紹介_ペアマインドマップ

  1. 1. プロジェクトファシリテーション 事例紹介 ~ペアマインドマップ~
  2. 2. 前回(PFP関西 WS21)のふりかえり ①事例紹介 • ニコニコカレンダー 卓上ニコカレで個人レベルから始めよう! ②ワークショップ(マインドマップ) • 発散のマインドマップ • 整理のマインドマップ • ペアワーク 強み、スキルの分析をペアで行う 職場でペアマインドマップを使ってみました
  3. 3. ペアマインドマップとは 名前のとおり、 二人一組でマインドマップを作ります
  4. 4. やりかた 1.まずペアを組みます
  5. 5. やりかた 2.一人はマインドマップを書き、 もう一人はしゃべります
  6. 6. 何がいいの?
  7. 7. 効果① 他人が描く事により、客観性が高まる 例)自分の強み・弱みの作成 新たなアイディア・気付きが得られるかも あと、 のび太くんは あやとりが うまいよね
  8. 8. 効果② 少々議論が飛んでも本題に戻りやすい 元々 何の話して たっけ・・・ テーマ(セントラルイメージ)に戻ろう
  9. 9. 効果③ 紙1枚の覚書が同時に取れる この前話した 内容忘れた マインドマップを見直せば、すぐ思い出せるよ 記憶にも残りやすい
  10. 10. 効果④ 楽しくコミュニケーションが取れる Aさん「今日はマインドマップを使ってみようよ」 Bさん「へぇ~。どんなの?」
  11. 11. 事例① ドキュメントの改善検討(作成効率化・精度向上)
  12. 12. 事例② 仕事の進め方を一緒に検討
  13. 13. ペアプログラミングとの比較 メリット デメリット ペア ・2人でやるので集中力 集中力UP 集中力 集中するので疲れやすい 疲れやすい ・常にレビューされている 相性よっては効率 プログラミング →思い込みが防げる DOWN ・コミュニケーション コミュニケーションの向上 コミュニケーション ペア ・2人でやるので集中力 集中力UP 集中力 集中するので疲れやすい 疲れやすい ・客観性が高くなる 2人の時間を使う マインドマップ ・思考を共有できる ・楽しくコミュニケーション コミュニケーションできる コミュニケーション 意外と共通点が多い!?
  14. 14. 同僚の声 話した内容を後で思い出しやすい 色ペンの持替え待ちがじれったい 慣れないうちは結構時間を使う (いきなり業務時間中にやるのは厳しいかも)
  15. 15. まとめ • アイディアに行き詰ったときに • すぐ話が逸れる方に (テーマに戻りやすい) • 整理が苦手、忘れっぽい人と話をする時に (覚書になる) • マインドマップを一人ではあまり使わない人に (マインドマップの練習になる)
  16. 16. 以上です。ありがとうございました。

×