輪読会2012 05 22_matsuoka
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

輪読会2012 05 22_matsuoka

on

  • 205 views

 

Statistics

Views

Total Views
205
Views on SlideShare
205
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

輪読会2012 05 22_matsuoka Presentation Transcript

  • 1. プロフェッショナル アントレプレナー 2012/5/22 松岡 秀樹12年5月22日火曜日
  • 2. どんな本? 「始めるならどの様な事業か?」 について 抽象的に書いてある本。 そのまま具体的なところに適用できる。12年5月22日火曜日
  • 3. わかった事。 • 今がチャンス。 • 今ならインターネット、スマホ分野 • アップルはすげえ。 乗るしか無い、 このビッグウェーブに。12年5月22日火曜日
  • 4. 目次 • プロダクト Ⅰ章∼3章 • コンシューマ 4章、5章 • ライバル 6章∼8章 • ベンチャーの戦略 9章 • リスクヘッジ Ⅰ0章12年5月22日火曜日
  • 5. 起業のネタ探し 最初の論点 創造的破壊 or 創造的蓄積12年5月22日火曜日
  • 6. 創造的破壊 or 創造的蓄積 新しい革新的な方法に 新しい革新的な方法に よって よって 従来の方法を破壊する 従来の方法を高める12年5月22日火曜日
  • 7. 創造的破壊 or 創造的蓄積 例えば アプリマーケット 自動車に搭載の というビジネスモデル 最新追従システム こっちのほうが有利!12年5月22日火曜日
  • 8. どんな分野がイノベーションしやすいか? 知識の違い 無料のドキュメント 今までの研究の アイディアの組み合わせ 総和 破壊と蓄積のコストの違い 低コスト 高コスト12年5月22日火曜日
  • 9. 破壊と蓄積の製造プロセスの違い やり方は 複雑化& 何通りでも 効率化12年5月22日火曜日
  • 10. 参入余地ある? 1、市場規模はどれくらい? 希少薬より風邪薬12年5月22日火曜日
  • 11. 参入余地ある? 2、成長率はどれくらい? 急成長→顧客獲得に必死 鈍成長→顧客奪取に必死12年5月22日火曜日
  • 12. 参入余地ある? 3、市場は細分化されてる? 空気清浄機より 化粧品12年5月22日火曜日
  • 13. 参入余地ある? 4、市場にはどんなライバルがいる? 大手が4、5個 あるところは危険12年5月22日火曜日
  • 14. 顧客のフェーズ 自称情強 ミーハー 一般人 多分情強 時代遅れ、 変態 渋々採用 開発者 ドミナントデザインの出現12年5月22日火曜日
  • 15. 資本集約度 固定資産への初期投資がどのくらい必要? 初期投資が少ない → 人員確保できる12年5月22日火曜日
  • 16. 広告集約度 単位あたりの広告費はどのくらい? ベンチャーに広告する余裕なんて無い。12年5月22日火曜日
  • 17. 事業の属性 • 独立性 流通、開発共に • 人的資本依存 前の勤務先で仲良くなった。 • 汎用性 抽象的な所を他に適用 • (不確実性)12年5月22日火曜日
  • 18. チャンス • テクノロジーの変化 • 政策、規制 • 文化・人口動態の変化 • 産業構造の変化12年5月22日火曜日
  • 19. チャンスの形にする 技術的に新しい物より 概念が新しい物が強い場合が多い。 プロダクトが秘密を守ることはできない。 良い例が企業秘密12年5月22日火曜日
  • 20. チャンスに巡りあう 断片的な情報から 推定を繰り返す 知的なプロセス 73ページ、6行目より、抜粋12年5月22日火曜日
  • 21. インプットしまくれ。それだけ12年5月22日火曜日
  • 22. 技術についていく • 標準化には従うべき。12年5月22日火曜日
  • 23. 補完テクノロジーの開放 • API公開→本体の価値を高める • 戦略パートナー提携。 • 普及のボトルネックになりうる。12年5月22日火曜日
  • 24. 収益逓増モデル • 利用者が増える→利益も増える • 逆は収益逓減→建築、家電、鉱山12年5月22日火曜日
  • 25. カミソリモデル • 本体を安く売って • 買い換え部を売り続ける • ハードとソフト。12年5月22日火曜日
  • 26. コンシューマ12年5月22日火曜日
  • 27. ニーズを満たす • Nice to have? Must to have? • 頭痛薬とビタミン剤。12年5月22日火曜日
  • 28. 営業テク 製品は売りこまない。解決策を 悟らせる 。 すでに契約成立したかのような会話。 対面相手が利用するとは限らない。12年5月22日火曜日
  • 29. 仮定スパイラル 売上や、使用されるユーザーの予測の 仮定ばかり立ててしまう。 無駄。12年5月22日火曜日