20120928_NetApp_microsoftconference
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

20120928_NetApp_microsoftconference

on

  • 3,050 views

Microsoft 2012、弊社

Microsoft 2012、弊社

Statistics

Views

Total Views
3,050
Slideshare-icon Views on SlideShare
3,045
Embed Views
5

Actions

Likes
1
Downloads
25
Comments
0

3 Embeds 5

https://twitter.com 3
http://twitter.com 1
http://www.slashdocs.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    20120928_NetApp_microsoftconference 20120928_NetApp_microsoftconference Presentation Transcript

    • NetAppが提供するWindows Server 2012& System Center 2012連携ネットアップ株式会社2012年9月 1
    • はじめに 2
    • NetApp の近況概要 ワールドワイドでのハイライト:売上高の推移 150の国と地域に製品を出荷 約12,000名の従業員 5年間の年平均成⻑率は20% 世界中で180,000台以上のNetAppスト レージが稼働中 ネットアップ株式会社のハイライト: 9四半期連続で、2桁成⻑(過去最⾼実 績)を更新中 3
    • グローバル・マーケットシェア(容量別) EMC 32.2% NetApp 16.4% IBM 11.0% HP 9.4% Hitachi 8.5% Dell 7.9%Source: IDC, June 2012; Open Networked Storage equals the combined NAS and SAN markets 4
    • ストレージラインナップ 真のユニファイドを実現 FAS / V6280 業界最高レベルの ストレージ効率性 FAS / V6240 卓越した柔軟性 FAS / V6210 4,320 TB FAS / V3270 1,440ドライブ 16 TB Flash Cache FAS / V3240 4,320 TB 1,440ドライブ 6 TB Flash FAS / V3210 Cache 3,600 TB 1,200ドライブ FAS2240 3 TB Flash Cache 2,880 TB 960ドライブFAS2220 共通OS 2 TB Flash 1,800 TB Cache 600ドライブ 1 TB Flash 720 TB Cache Data ONTAP 240ドライブ 432 TB Management Softwareファミリー180 TB 144ドライブ OnCommand 製品群60ドライブ ユニファイド・ストレージ・アーキテクチャ 5
    • Windows Server 2012新機能への対応 6
    • Windows Server 2012 新機能の対応〜 ODX 〜 Offload Data Transfer(ODX) 今までサーバーが⾏なっていたサーバー間のデー タ転送処理をストレージにオフロードする機能 サーバーの負荷軽減、処理時間の短縮 – ライブストレージマイグレーション – 仮想マシン間のデータ移⾏ 7
    • ストレージへの処理オフロード 〜 ODX 〜 ファイルコピー操作 ファイル トークンコピー指示 Read処理を Offload トークンを Write処理を Offload 処理結果 Receive Token Write with オフロード Read 返す オフロードToken を返す Result 実際の ディスク ディスク 実際のデータ処理 処理 External Storage Array 8
    • ODXの機能は負荷のオフロードだけじゃない〜 Thin Fixed-VHD 〜ストレージはサーバーを騙すのが得意!?– 処理の要求を受けたストレージが要求どおりに処理 を⾏うとは限らない?– わかりやすい例:シンプロビジョニング 物理容量よりも⼤きいサイズの領域をサーバーに割 り当て ディスク ディスク 物理容量を超 えたサイズを 1TB 10TB 割り当て 9
    • ODXの機能は負荷のオフロードだけじゃない〜 Thin Fixed-VHD 〜容量固定VHDの問題– 容量固定VHDは動作時のパフォーマンスは良いが 作成に時間がかかる– なぜ時間がかかるのか? 作成時に空き領域に“0”を書き込む為– ODXを使って処理をストレージ側に任せてしまえ ば、実際に書き込まなくても“0”を書き込んだ事に できる 10
    • ODXの機能は負荷のオフロードだけじゃない〜 Thin Fixed-VHD 〜Thin Fixed-VHD– 空き領域に“0”を書かない固定容量VHD– 空き領域にアクセスが来た時に“0”を返す– 上位ホストからは通常の容量固定VHDとして認識 容量固定と同じアクセスパフォーマンス 作成時間の速さ 容量固定VHD 容量固定 Thin Fixed-VHD 1G 3.4 0.05 10G 33.6 0.7 100G 323 2.4 単位:秒 1000G 3354 16 11
    • Windows Server 2012 新機能の対応〜 SMB3.0 〜 SMBとは – Server Messaging Block – 主にファイル共有で使われるプロトコル SMBの進化 – SMB2.0 : Windows Vista , Windows Server 2008 – SMB2.1 : Windows 7 , Windows Server 2008 R2 – SMB3.0 : Windows 8 , Windows Server 2012 ※SMB3.0は元々SMB2.2として開発されていました 12
    • Windows Server 2012 新機能の対応〜 SMB3.0 〜 SMB3.0を使用するとネットワーク上の共有フォルダ( CIFS領域)にHyper-Vの仮想マシンやSQL Serverのデー タが置けるようになります ストレージの運用はSANよりもNASが圧倒的に楽 運用負荷のオフロードの意味合いも 13
    • Windows Server 2012 新機能の対応 〜 SMB3.0 〜 ボリュームの運用をストレージ に完全オフロードすることで拡 大/縮小/追加/削除がいつでも オンラインで可能に 共有フォルダに格納したVHD を他のHyper-Vから簡単にマウ Hyper-V Hyper-V Hyper-V ント可能 VSS for SMBの機能により整合 点のあるバックアップ作成も容 易 VHD VHD VHD VHD VHD VHD VHD VHD VHD VHD VHD VHD VHD VHD VHD VHD VHD VHD Snapshot Snapshot Snapshot copies copies copiesVSS for SMBで Storage Pool バックアップ 14
    • Windows Server 2012 新機能の対応〜 SMI-S 〜 SMI-S:業界団体SNIA(Storage Networking Industry Association)が策定したWebベースのストレージ・シス テム管理の標準モデル 今まではストレージベンダーが提供しているツールでしか ストレージの管理ができなかった SMI-S対応のストレージであれば1つのWindowsアプリ ケーション(例:System Center 2012)からベンダを超 えた複数ストレージの管理が可能に 15
    • Windows Server 2012 新機能の対応〜 SMI-S 〜 SCVMMからNetAppストレージを登録した例 組み合わせて使うことで仮想マシン作 成場所のTier分けを行うことが可能 16
    • 各機能の対応状況ODX– ONTAP8.2 Cluster-Modeで対応予定SMB3.0– ONTAP8.2 Cluster-Modeで対応予定SMI-S– SMI-S Agent 4.0.1 (Windows 2008版)リリー ス済み– SMI-S Agent 4.1 (Windows server 2012対応版 )12月リリース予定 17
    • Data ONTAP Cluster-ModeとはData ONTAP 8の⽣い⽴ちData ONTAP 8 は、ニーズによって 2つの機能を選択可能– 従来からの Data ONTAP の正統進化 7-mode– SpinFS 〜 GX をベースにしたスケールアウトストレージ Cluster-mode 18
    • Data ONTAP Cluster-Modeとは スケールアウト志向のストレージOSスケールアップ スケールアップ& スケールアウトアプリケーションビュー アプリケーションビュー クラウド時代に最適なス トレージ基盤 複数のシステム 1つのストレージシステム 複数のコンテナ 複数のコンテナ マルチプロトコル・ アクセス スケーラブル ノンストップ オペレーション ユニファイド Storage Efficiency セキュアマルチテナンシー 19
    • Cluster-Mode の論理イメージ Vserver - A Vserver - B Vserver - C ホストやクライアントは論理レイヤー の Vserver をストレージとして利⽤論理レイヤー R R R A C 論理的なストレージである Vserver は 論理ボリューム(FlexVol)と論理イン A1 A2 A3 B B1 B2 B3 C1 C2 C3 ターフェース(LIF)から構成される 物理的なストレージリソースを プール LIF LIF LIF LIF LIF LIF LIF LIF 化することで物理リソースの柔軟かつ 動的な変更(追加/削除)が可能に物理レイヤー Vserver A A1 A3 C C1 C2 C3 R A2 R Vserver R B B1 B2 B3 Cluster = ストレージ(FAS/Vシリーズ)のリソースプール HAペア単位でリソースプールへの 物理リーソースの追加/削除が可能 20
    • Windows Server 2012に対応した新機能をテストしてみたい方はご連絡ください 2012年11月よりONTAP8.2の“Early Access Program” を開始予定 – 登録ベースでの提供を予定 – ODX , SMB3.0等のWindows Server 2012連携機能以外で一部機 能制限がある場合があります – ご興味ある方はネットアップ営業、SEまでご連絡ください – もし連絡がわからない⽅は、是非ネットアップ展⽰ブースへお⽴ ち寄りください 21
    • Windows Server の進化は機能強化だけじゃない〜 PowerShellの強化 〜 Windows Server 2012では2300を超える PowerShellコマンドを搭載 なぜCLIなのか? – 運⽤・管理の⾃動化 1台の管理ホストからアプリケーションの操作もストレー ジの操作も全てPowerShellで実施 似た操作の繰り返し 処理をスクリプト化してしまうことで、作業ミスを減らす – システム連携 他システムからPowerShellスクリプトを呼び出し 22
    • Data ONTAP PowerShell Toolkit(PSTK)NetApp 管理フレームワーク・インテグレーション・チームにより制作NetApp Manageability SDK(ONTAP-API)に関連するPowerShellラッパーを提供無償!(ダウンロードには、NOWアカウントが必要)NetApp コミュニティ・サイトから入手、作成スクリプトを投稿!!– https://communities.netapp.com1,000種類以上のcmdletを準備(version 2.0)ONTAP-API 命令セットを、ほぼ100%カバー幾つかのホスト側cmdletを包含最新バージョン(version 2.0) 23
    • PSTKの動作 PowerShell 2.0 / WinRM 2.0 DataONTAPは、外部からの制御のためにAPIを公開 – NetApp Open Management Framework – APIを用いた様々なソフトウェアの開発のために、SDKを提供 PowerShell 2.0 / WinRM 2.0 NetApp Manageability SDK (NMSDK) Import-Module – APIは、エレメントと呼ばれるXMLファイルを媒介として実装 – プロトコルは、http / https / rpc の何れかを利⽤ NMSDKには、.Net 環境用のライブラリを含む PowerShell Tool Kit (DataONTAP Module) – NMSDK(ONTAP-API) DataONTAP Power Shell Tool Kit (PSTK) (.Net Library) エレメント HTTP – PSTKは、NMSDKのPowerShellラッパー PowerShell 2.0 向けの Module として実装 HTTPS(XMLデータ) – RPC – 利⽤するためには・・・・ DataONTAP 1. モジュールをダウンロード 2. 既定のフォルダに解凍 3. Import-Module するだけ!! 24
    • System Center 2012との連携 25
    • 管理・監視の課題 管理・監視の課題仮想化を進めるとシステム障害に対するインパクトは増大します。また、監視すべき機器の種類も多岐に渡り、管理負荷や⼿順が多くなる傾向にありますApp & OS 仮想マシン 物理マシン ネットワーク ストレージ スイッチ 多くの管理対象機器 サーバ・ストレージ・ネットワーク等の統合管理を⾏うことで、 仮想化環境の管理がより効率化されます 26
    • OnCommand Plug-in for Microsoft (OCPM) OnCommand Plug-in for Microsoft により、System Centerから透過的 な構成/管理/監視が可能に– 標準添付のProvisioning/Cloning Commandletにより、 容易にストレージを配備– 実現可能な機能 – ONTAPに関するアラート – ストレージの性能などの統計情報 – PRO機能 – 仮想マシンの高速クローン – Disaster Recovery– 無償にてダウンロード可能 27
    • OnCommand Plug-in 3.1 for Microsoft (OCPM) と連携するMicrosoft System CenterファミリーOCPM連携 稼働監視 (SCOM) 仮想環境管理 (SCVMM) 運用自動化 (SCO) 構成管理 (SCCM) サービス管理 (SCSM) バックアップ&リカバリ (SCDPM) SMB向け統合管理基盤 28
    • OnCommand Plug-in 3.0 for Microsoft 概要SCOM Management Pack– SCOMによるNetApp FASストレージのモニタリング– Data ONTAP用 SCVMM PRO Tipsを提供Cloning/Provisioning Cmdlet– テンプレートまたは指定したVMのHyper-V VM のクローンVMの作成– 仮想マシン領域のプロビジョニング– Disaster RecoveryOpalis Integration Pack– Clonging/Provisioning Cmdletの機能を、Opalis Integration Packと して提供全てSystem Center 2012に対応 29
    • SCOM Management Pack 概要 SCOMを利⽤して、NetAppストレージの検出・監視・レポートを可能 にする管理パックを提供 単一コンソールによるNetAppストレージを含めた統合管理を実現下記管理パックがSCOMサーバにインストールされ、自動的にインポート、有効となります DataONTAP 監視と警告の基本機能を提供 DataONTAP.Reporting SCOM Reports機能DataONTAP.Virtualization.Reporting SCOM Reports機能 DataONTAP.Virtualization Virtualization Integration DataONTAP.PRO SCVMM PRO Tips DataONTAP.MetroCluster MetroCluster用ツールキット 30
    • SCOM 管理者による容易なストレージ管理 SCOM Management Packをインストールすると、SCOMの監 視ツリー内にData ONTAPメニューが表示される 31
    • ドリルダウン形式での障害箇所の特定 Controller、ストレージから提供されるオブジェクト、およびHyper-V仮想環境 で利⽤されるNetAppストレージを検出 ドリルダウンによる障害箇所の特定 OCPM3.0ではvFilerも可視化 32
    • Data ONTAP パフォーマンス情報の可視化 コントローラレベルのパフォーマンスカウンタを監視 グラフィカルなパフォーマンスビュー ユーザ設定可能な閾値を超過した場合アラートを生成 代表的なパフォーマンスカウンタ CPU Utilization / Volume or LUN Latency / 各プロトコル OPS その他のカウンタの情報はInstall and Administration Guideを参照 33
    • Data ONTAPに関するReport機能を提供CSVやPDF等ユーザ指定フォーマットにて、統計情報を定期的(日次・週次・月次)にメール等でレポートする機能17 種類のレポートフォーマットがインストールされる(詳細は次ページ参照)Reportメニューは SCOM > Report (tab) > OnCommand Data ONTAP に出現 34
    • Microsoft System Center PRO機能連携Performance and Resource Optimization (PRO) 機能とは リソースの使用状況に問題があった場合に SCVMMから「PRO ヒント」を生成し、問 題概要と発生場所、最適な問題解決方 法を提示するMicrosoft System Center SCOMとSCVMMの連携機能 「PRO ヒント」には解決⽅法の処理⾃体 が組み込まれており、[実装] ボタンをクリッ クするだけで対処を実⾏することができるも のも存在 35
    • Microsoft System Center PRO機能連携Data ONTAP が提供するPROヒント ボリューム容量のしきい値監視警告 LUN、igroup のミスコンフィグレーション Thin provisioning LUN space reservation シンプロボリュームに対する Snapshot auto delete 設定の有効化 シンプロボリュームに対する auto grow 設定の有効化 アライメント未修正のVMを検出、など 36
    • ミスアライメント問題ミスアライメント– ゲストOSのファイルフォーマットとストレージが提供するブロック間の 「ズレ」– ズレがある場合、ゲストOSにて十分なパフォーマンスが出せず、ストレ ージに過度な負荷がかかることがあります– あらゆるストレージにて発生しますMicrosoft KB929491– http://support.microsoft.com/kb/929491– 複数のディスクを使用するとディスク パフォーマンスが予想より低下す ることがある 37
    • パーティション開始オフセットの調整 Windows 2003 Windows XP MBR 32,256/4096 = 7.875 × 4KB blocks + Unused space (WAFLのブロックサイズ4KBで割り切れない値) Guest OS 32256 VHD File Byte ブロックのずれが余計な I/Oが発生させてしまう Data ONTAP Filesystem (4KB/Block) 古いバージョンのWindows OS(Windows2003, XPなど)を通常の手順でインストールし た場合にはオフセットが調整されていない (misalignment)状態で OSがインストールさ れてしまう問題 ※Linuxなども同様の現象mbrtools(mbralign) 32,768/4096 = 8 × 4KB blocks MBR (WAFLのブロックサイズ8個分) + Unused space Guest OS 32768 VHD File Byte Data ONTAP Filesystem (4KB/Block) 38
    • ブロックのズレによるオーバーヘッド 更新 Guest OS VHD I/O(1) I/O(2) I/O(3) I/O(4) I/O(5) NetApp Filesystem(Storage I/O Block) ストレージ側にその 部分書込みを実⾏ 先に読み込んだ まま書き込むことが するために該当 更新データを できない状態 ブロックを読み出し マージして書込み 1ブロックのWrite I/O(1回)が 4倍(4回)に膨れ上がる! 39
    • ゲストOSの初期オフセットサイズ OS Type Aligned Offset mbralign Windows XP NO 32256 必要 Windows 2003 NO 32256 必要 Windows 7 YES Part#1:1048576 不要 Part#2:10590617 6 Windows 2008 R2 YES Part#1:1048576 不要 Part#2:10590617 6 RedHat EL5 NO 32256 必要Windows XP, 2003 RedHat, Solaris– オフセットを最適化する必要あり – オフセットを最適化する必要ありWindows 7, 2008 – Mbralign後、GRUBの設定変更が必要– オフセットの最適化は不要※XP,2003などからのOS Upgrade時は最適化が必要 40
    • パーティションオフセットの確認(Windows) 不適切なサイズ 32,256Byte 適切なサイズ 32,768ByteWindows プログラム msinfo32.exeコンポーネント > ディスク >「パーティション開始オフセット」を確認 41
    • LUN・VHD ミスアライメントの検出Windows (Hyper-V) 環境のミスアライメントの検出機能 (OCPM独自機能)OCPMによりLUN/VHD のミスアライメントを検出、監視、警告(SCOMもしくはPROヒント) 42
    • ミスアライメント修正ツール:mbralignmbralign– NetAppストレージ上のVHDディスクに対する修正ツール– NetAppから無償提供するWindows Host Utilitiesに含まれ ます– 可変VHDディスクは非サポートC:Program FilesNetAppWindows Host Utilities>mbralign.exe -hmbralign - Align MBR partition table based VHD files to NetApp storage systems 4k block size.Version: 6.0.4108.1214Usage: mbralign [OPTIONS] [-vm <hostname>]... or: mbralign [OPTIONS] SourceFileName DestinationFileName 43
    • NetApp FlexCloneによる仮想マシンの高速デプロイストレージ内部でポインタ情報のみをクローン– Hyper-V サーバへ負荷をかけずにクローンを作成– ⾼速かつ少ない容量でクローンを作成可能Hyper-Vや System Center はその機能を有効活用可能 少ない 短時間で PowerShell コマンドで 容量 の展開 System Center から利⽤ 44
    • 運用の自動化 45
    • 仮想マシン運用の自動化に 仮想マシン運用の自動化における課題• 仮想マシンの運用が進むと、次のステップとして運用の自動化が視野に入っ てきます• 運⽤の⾃動化は単に管理作業を少なくするためだけではなく、人が作業する ことで環境にばらつき(各種パラメータの差)がでてしまう状況を防ぐため にも重要な要素になっています 申請 自動作成 サービス 申請者 ポータル 仮想環境の提供テンプレートからクローンを生成したり、オーケストレーションツールと連携することにより、 仮想化環境の運用自動化を進めることが可能 46
    • Orchestrator Integration Pack 概要System Center Orchestratorとの連携ツールOCPM に含まれる Orchestrator Integration Pack をインストールすることで、NetAppストレージ連携可能なCloningやProvisioning機能を提供 47
    • OCPMより提供されるNetApp連携機能Aggregate , Volume , LUNのオペレーションディザスタリカバリ関連作業の自動化仮想マシン作成時の処理の自動化 48
    • まとめ 49
    • まとめ NetAppストレージの導入により、 「安定かつ柔軟な」システム運用 が可能になりますWindows Server 2012新機能を効率的に使いましょう– 全てをWindows Serverに処理させるのではなく、システ ム負荷をオフロードすることで安定した運用を– 管理については集中化させることで管理⼯数を削減統合監視– 各機器に特化した監視ツールは詳細な解析が必要な場合に必 要だが、毎⽇バラバラのツールを使うのは非効率自動化– 自動化は運用負荷の軽減だけでなく、環境の統一の目的も重 要。人為ミスを防ぐ事が可能 50
    • Microsoftとのアライアンス 51
    • Microsoft & NetApp 15年以上におよぶ緊密なパートナーシップ 2008 Windows 2008, Hyper-Vソリューションの出荷開 始 2002 FC-SAN製品におけるWindows ロゴ取得 Hyper-V 50% Guarantee Program の開始 2003 iSCSIの共同開発 2009 NetAppが Microsoft Storage Solution iSCSI製品におけるWindowsロゴ取得 Partner of the Yearに選出 Exchange, SQL Server向けソリューショ 両社間での3カ年の戦略的提携を締結 ンの出荷開始 2005 Gold Certified Partner に参加1996 Microsoft がNetAppに、CIFS RFC 2007 SharePointソリューションの出荷開始 のサポートを要請 WW MTC プログラムに参加1997 NetAppがCIFSプロトコル対応を実 施 2010 MicrosoftがNetApp Innovation awardに選2000 NetApp内にMicrosoftアライアンス 出(Office 2010開発におけるNetApp活用) チームを設置 NetAppはMicrosoft partner award 3部門に てファイナリストに選出2001 Microsoft Certified Partnerに参加 Exchange向けソリューションの提 SharePoint, Exchange, SQL Server, 供開始 Hyper-V の各最新版に対応したソリューションの出 荷開始 2011 Microsoft Hyper-V Cloud Fast track プログラムにCISCO社と協業参加 52
    • Microsoft Technology Center(MTC) MTC – エンタープライズ企業のシステムライフサイク ルの最適化を包括的に支援することを目的に、 企業のCIO・システム部門・実際のエンドユー ザ部門の意思決定者向けに、対話型・体験型の ブリーフィングを提供 NetAppとMTC – NetAppは、大手町MTC内にFASストレージと Microsoft アプリケーションに関するデモを常設 – Microsoftに関する重要な商談クローズの場(プ レゼンテーション、ブリーフィング、検証など )として利⽤可能 – http://www.microsoft.com/japan/business/ otc/default.mspx 53
    • NetApp Hyper-V Cloud Fast Track with Cisco Microsoft Private Cloud Fast Track (Hyper-V Fast Track) Microsoftのプライベートクラウド向けリファレンスアー キテクチャ 事前検証済みであり、検証工数の削減、導入時間の短縮 、システムリスクの低減などの効果を⾒込める Cisco® UCS B-SeriesBlade Servers and UCS Manager マルチベンダー構成のクラウド向けアーキテクチャ NetApp、Cisco、Microsoftの協同成果 Microsoftソフトウェア(Hyper-V, System Center SCVMM, SCOM, SCSM, Opalis) Cisco Nexus® Family Switches Cisco UCSサーバとNexusスイッチ NetApp FASとストレージソフトウェア NetApp FAS Storage Systems System Center 2012対応版をいち早くリリース http://www.netapp.com/jp/company/news/news- rel-20120502-339083-ja.html 54
    • NetApp Hyper-V Cloud Fast Track with Ciscoご紹介資料 55
    • 56