India for Japan – A strong proposition

853 views
767 views

Published on

Indian consumers highly value Japanese companies & products with the trade driving strong India & Japan relations. India offers infinite opportunities for Japanese companies!

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
853
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
33
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

India for Japan – A strong proposition

  1. 1. India for Japan – A strong proposition 日本のために―インドからの強いご提案 December 2012 2012年12月 Som Mittal, President ソム・ミッタル(プレジデント)
  2. 2. About NASSCOM NASSCOMについて • NASSCOM® is the premier trade body and the chamber of commerce of the IT- BPM companies in India NASSCOM®は、インドを代表するIT業界団体であり、IT-BPM(IT ビジネス・プロセス・マ ネージメント)産業の商工会議所ともいえる団体です。 • Represents over 1350 members, constitutes over 95% of the industry revenues and employs over 2.80 million professionals 1,350社を超える会員数を誇り、会員基盤はインド国内の産業収益の95%以上を構成、280万 人のプロフェッショナルな技術者を雇用しています。 • Access to an international network through 20 MoUs and linkages with 40 industry associations across the globe. 国際的なネットワークを持ち、世界中にある40の業界団体とも連携し、 20件のMoU(覚書 )を交わしています。 2
  3. 3. Source: RBI, IBEF and McKinsey Trade driving strong India & Japan relations 日印の強力な関係を促進する両国間の貿易 3  Bilateral trade between India and Japan is at USD 18 billion インドと日本の間の二国間貿易の取引額は180億ド ルに達しています  CEPA (Comprehensive Economic Partnership Agreement) to increase trade to USD 25 billion by 2014 CEPA(包括的経済連携構想)により 2014年まで に取引額を250億ドルに増やすことを目標としてい ます  Number of residents(居住者数): • Japanese nationals in India: 5600 インド在住の日本国民:5600名 • Indian nationals in Japan: 21,500 日本在住のインド国民:21,500名 Indian consumers highly value Japanese companies & products インドの消費者は日本の企業お よび製品を高く評価しています
  4. 4. Japanese companies facing challenging domestic demand; slowing growth in western economies 国内需要の低迷や欧米経済成長の低迷により難局にあ る日本企業はどうするべきか? Focus on India’s large domestic market; Middle class will be nearly 600 mn by 2025 インドの巨大な国内市場に注目―2025年までには中 産階級が6億人に
  5. 5. Source: RBI, IBEF and McKinsey Large Infrastructure Investment-広いインフラへの投資 Potential USD 1.7 tn investment over next 10 years- 今後10年間に1.7兆ドルの投資機会 Huge Domestic Market-巨大な国内市場 1.2 bn people and a young population-若年層を含む12億人の潤沢 な市場 India offers infinite opportunities for Japanese companies 日本企業に無限の機会を提供するインド Increasing Connectivity - 通信人口の増加 Fastest growing telecom market in the world-世界で一番急速な発展 を遂げる通信市場 Increasing Adoption of ICT-ICT採用の増加 250,000 panchayats (village councils) to be connected through broadband-25万箇所のパンチャヤット(村議会)がブロードバン ド化の予定 5
  6. 6. Japanese companies experiencing exponential growth, 870+ companies now in India 日本企業が急激に拡大-870社以上がインドに展開 6 Posted a 36% growth in 2011 by selling 520,000 motorcycles 2011年、オートバイクの売上は 52万台で、 売り上げ率36%増加 Eyes $2.4 billion turnover in India in next 2-3 years 2~3年後には総売上24億ドルの見込み Source: Company websites & press releases, Economic Times Sold 3.2 million camera & optical units, up 33% from last year 2011からカメラ・ 光学ユニット の売上は320万台で、去年より33%増加。 Revenue growth rate, 2011-2012 2011-12年代の収入増加率 4% 40% 5% 100% -10% 70% Global India グローバル インド
  7. 7. Japanese society is ageing; Japanese companies facing lack of talent availability 高齢化する日本社会。日本企業は人材不足に直面しつ つあります Utilize India’s talent and increasing working age population; addition of 200 million in labour force by 2030 インドの人材と増加する労働人口を利用しては―労 働人口は2030年までに2億人増加
  8. 8. 571 709 917 3,114 3,269 3,433 2009-10 2010-11 2011-12 Technical Non-Technical India is the world’s largest source of talent インドは世界最大の人材の宝庫 India Talent Outturn, ‘000 3,685 3,978 4,350 Source: NASSCOM, IAMR, Indiastat, UGC, MHRD, AICTE • 4.3 million graduates to join the workforce in 2012 2012年には430万人の新卒が労 働力に加わる • 1.7 million to join engineering colleges in 2012 2012年には170万が工科系の大 学に入学 8 ‘Ready-to-hire’ graduate pool; 2011, % 2011年の“雇用予定の” 新卒者の割合(%) Competitive edge due to focus on adopting global education best practice standards グローバル教育のベストプラクティス基準の採 用を重視することにより、技術者は高い競争力 を持っています 100% = ~1–1.5 million graduates 100% = 1000~1500万人の新卒者 インドの人材供給量(単位:千人) 技術系 非技術系
  9. 9. 140.0 119.6 58.3 49.4 37.5 24.3 22.9 Japan US (Tier II) Czechoslovakia Mexico China Philippines India (Tier I) Operating cost per FTE for IT services 2011; USD ’000s/per annum 60-80% savings 80-85% savings India is the world’s most cost effective destination for IT-BPM services インドはIT-BPMサービスにとって最も費用効果の高い拠点です Source: NASSCOM, IAMR, Indiastat, UGC, MHRD, AICTE 9 • Highly skilled talent leveraged by many developed countries 高度に熟練した人材 が多くの先進国によって活用される • Samsung leveraging 3000+ Indian engineers for global products, biggest R&D center outside of South Korea, same with Huawei サムスンは華為技術と同様に、国外 の研究開発の拠点でグローバル・プロダクト向けに3000人以上のインド人を活用 • Favorable Yen/INR situation 円/インド・ルピーの為替が好況 60-80%のコスト削減 80-85%のコスト削減 日本 チェコスロヴァキア フィリピン インド(1次請け)中国大米(階段Ⅱ) メキシコ ITサービスのFTEあたりの運営コスト 千ドル/年間(2011年)
  10. 10. Japanese companies utlizing traditional IT systems and mostly Japan centric business models 日本企業は、従来のITシステムと、ほぼ日本中心のビ ジネスモデルを用いています However, 80% of the Fortune 500 companies and 58% of the world are using global models by leveraging Indian IT-BPM expertise これに対し、フォーチュン500社、および世界中の 企業の58%は、インドのIT-BPMのノウハウを活かした グローバルモデルを利用しています
  11. 11. Industry increasing global footprint, localized resources 世界中に足場を広げる産業、リソースの現地調達 Source: TSJ Media, Wall Street Journal, NASSCOM (nos) 2010 2011 Countries of Operations 操業している国 ~66 ~70 Operating Centers 操業拠点 ~520 ~560 Expanding Global Footprint (nos) 国際的な足場の拡大(nos) Offering Multi-shoring models マルチショア・モデルの提供 Offshore Nearshore Onsite オンサイト Nearshore ニアショア Offshore オフショア Onshore オフショア • Aerospace and Defense- 3 out of top 5 航空宇宙および防衛:上位5社中3社 • Commercial banks- 5 out of top 5 商業銀行:上位5社中5社 • Automotive- 4 out of top 5 自動車:上位5社中4社 • Pharma- 4 out of top 5 製薬:上位5社中4社 11 Global clients (US Example) 世界のクライアント(米国の場合) オフショア ニアショア
  12. 12. Indian IT-BPM industry reached USD 101 billion in FY 2012 2012年度のインドのIT-BPM業界の売上はUS$1010億 Source: NASSCOM 69 32 2011-12 62% 28% 10% US Europe ROW 42% 19% 15% 24% BFSI Hi-Tech/Telecom Manufacturing Emerging IT-BPM revenues (USD Bn) IT-BPM収入(US$10億) 101 IT-BPM exports 2011-12 IT-BPM輸出 2011-12 By geography By vertical 地域別 産業分野別 •Direct employment – 2.8 mn 直接雇用:280万 •To reach USD 225 billion by 2020 2020年までにUS$2250億を目標 Japan < 2% 日本 12 製造業 新興地域 ハイテックテレコム銀行・金融及び保険会社 Exports 輸出 Domestic 国内 米国 ヨーロッパ 世界のその他の地域
  13. 13. Business transformation: Core theme for all segments within the industryビジネス変革:産業内全セグメントに対するコアーテーマ Do it Cheaper より安くやる CostSaving コスト削減 Efficiency 効率 Processes プロセス Functions ファンクション Products プロダクト Business ビジネス Transformation 変革 • Global delivery model グローバルデリバリモデル • Automation 自動化 • Technology augmentation テクノロジーの増大 • Role reengineering ロールリエンジニアリング • Industry best practices 業界のベストプラクティス • Platform based delivery プラットフォームベースの配送 Source: Cognizant, Infosys, NASSCOM Do it Better より良い方法でやる Do it Leaner より効率的にやる Eliminate Work 労働の削減 13
  14. 14. Indian advantage: Makes Japan faster and competitive インドの強み:日本を加速し競争力を強化 14 Reduced Costs コストの減少 Trained talent in latest technology 最新の技術で訓練された人材 Global expansion 世界進出 Best practices ベストプラクティス Data and IP protection データおよびIP保護
  15. 15. Experience till now & the way ahead… これまでの成果と今後の展望
  16. 16. Japanese IT companies partnering with Indian companies 日本のIT企業とインドの企業の提携 Acquirer 親会社 Company 会社 Hitachi Consulting Sierra Atlantic NTT Data Corporation Keane, Intelligroup NEC Convergys Corp.’s Information Management (IM) Business Collaborations 協力関係 Mergers & Acquisitions 合併及び買収 Partnerships パートナーシップ TCS and Mitsubishi Corp. •TCS and Mitsubishi Corp. has formed a joint venture - Nippon TCS Solution Center Limited TCSと株式会社三菱は共同事業「 Nippon TCS Solution Center Limited 」を設立しました • Will invest USD 5 million to set up a delivery centre in Japan for Japanese corporations 日本企業の配送センター設置のために500万ドルが投 資されます 16
  17. 17. 750+ MNC centers in India making a compelling growth story 多国籍企業のインド国内拠点750カ所以上での説得力ある成功要因 Key MNC Centers 主要な多国籍企業拠点 Impact on PARENT 親会社にとってのメリット • Tightly integrated development centers 緊密に統合された開発センター • Hybrid model ハイブリッドモデル • Focus on Engineering services and critical BPM operations エンジニアリングサービスと 重要なBPMオペレーションの重視 • Cost and access to talent 低コストと人材へのアクセス • Time to market 商品化までの時間の短縮 • Multi-cultural, multi-lingual 多文化、多言語に対応 Source: Zinnov North America 北米 Europe ヨーロッパ •Dell •JP Morgan •GE •HP •Boeing •GM •BT •HSBC •Ericsson •BMW •Bosch •Siemens Japan 日本 APAC アジア太平洋 •Sony •Canon •Honda •NTT •Suzuki •Yamaha •LG •Huawei •ZTE •Samsung •Haier •Hyundai 17
  18. 18. Case example: Sony India winning in the market, leveraging India for global reach 事例:ソニーインディアが国際的な勢力拡大に向けてイン ドを活用し市場を制覇 18Source: Sony,Business Standard, IDC • Grew 16% last year; expected to grow by 30% next year 昨年度は16%の成長 、次年度は30%を期待 • In 2011, 2011年は o BRAVIA No.1 with 18.8% share BRAVIAがシェア第1位 (18.8%) o Cyber-shot No.1 with 34% share Cyber-shotがシェア第1位 (34%) • Leveraging Sony India Software Center for IT needs; 1800+ engineers IT需要に対 応するため、ソニー・インディア・ソフトウェア・センター (技術者1800人以上)を活用 In April 2012, Sony reported $5.7 billion in losses 2012年4月、ソニーは570億円の 損失を報告 Sony has leveraged market growth and talent ソニーは市場の成長と人材を活用 But Sony India has been a star performer… しかしソニーインドは抜群の業 績を記録
  19. 19. Three win-win strategies for Japanese companies 両国にとって有利になるための3つの戦略 ThreeFundamentalsofWin-Win 両国にとってプラスになるための 三本柱 Leverage the Indian talent & capabilities インドの人材を有効活用 Building products & services for Indian market, can be used for other emerging geographies インド市場向けの製品やサービスは、他の新興地域にも流用できます Tap the growing Indian market 成長を続けるインド市場への参入 Partner with Indian IT-BPM Industry for global operations グローバル化に対応できる様にインドのIT- BPM企業とパートナーとなる 19Source: Reuters, Digital Market Asia, Search Concepts
  20. 20. Advantages are so large, India opportunity is too big to ignore メリットは非常に大きく、インドにおける機会は無視 できないほど大きい 20 • See for yourself ぜひご自身の目で確認を • Have board meetings in India 取締役会をインドに • Send technical teams to understand the models モデルの理解のために技術チームを派遣 • Make a goal for the start – set-up your own or leverage Indian service providers 目標設定から始める―独自に設定するか、インドのサービス業者を利用するか NASSCOM will help connect and arrange meetings 現地との連絡や会議の準備はNASSCOMがお手伝いします Problems today [現在・現代]の問題 Culture, language & business practices 文化、言語とビジネス慣習 Solve ソリューションを Others have solved them インドと他の諸国間では 解決済 Together 日印が協同で Working together, India & Japan can solve too 日印が協同で解決できる
  21. 21. THANK YOU ありがとうございました For more information, please write to globaltrade@nasscom.in 詳細は、 globaltrade@nasscom.in までメールでお問い合わせください

×