Why software developers in manufacturer should have legal mind?

771 views

Published on

For Legal Lightning Talk night held on Lexus Sangen-dyaya office. This slide says that why software developers in manufacturer should have legal mind./
「法務系LT」向けのスライドです。「元メーカー勤務のソフトウェア技術者が何故法律に関心を持ったか」ということと、だから法務・知財の皆さんも技術部門ともっと交流してね、という内容。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
771
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
39
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Why software developers in manufacturer should have legal mind?

  1. 1. (元)メーカーソフトウェア技術者と 法務おがさわらなるひこ @naru0ga
  2. 2. 自己紹介
  3. 3. 元事務機器メーカー勤務 技術職(プログラマ) 現在自宅警備員 (お仕事募集中)技術系雑誌に執筆経験あり
  4. 4. 本題
  5. 5. メーカーソフトウェア技術者が なんで 法律??
  6. 6. メーカーには 専属の法務・知財担当が いる
  7. 7. けれど。
  8. 8. 状況の 変化に 対応するため 技術者もリーガルマインドが 必要
  9. 9. 1.「自分で作らない」 ソフトウェア開発
  10. 10. ソフトウェアは どんどん 大規模化
  11. 11. すべてを内作していては間に合わない
  12. 12. FLOSSの活用
  13. 13. FLOSSの活用 =ライセンスの理解=特許係争についての理解
  14. 14. アウトソーシング
  15. 15. アウトソーシング =契約の理解(自社の雛型の理解ではなく)
  16. 16. 2.「ビジネスの 国際化」
  17. 17. 例)EULA
  18. 18. 日本人のステークホルダーは 誰も EULAに 気を払わない
  19. 19. 契約行為であるという 認識が ない
  20. 20. 海外では認識がまったく 異なる
  21. 21. ワールドワイドで 商品を 展開するなら 二本立ては 許されない
  22. 22. 3.「サービスの 多様化」
  23. 23. ネットワークの 普及
  24. 24. あらゆるものがネットワークに 接続
  25. 25. 新たなサービス提供が 必要
  26. 26. 単なるメーカーがネットワークサービスを 提供する
  27. 27. さまざまな 法務的 問題に誰が答えられる?
  28. 28. 4.「技術者 自身の自己保身」
  29. 29. 日本型 メーカーが 果たして技術者にとってよい環境か?
  30. 30. 例)守秘義務
  31. 31. 「業務上 得た 知識」を明かしては ダメ
  32. 32.
  33. 33. 業務時間を 使って 得られた「公知な情報」は?
  34. 34. 公知性の 判断が明確でないと 技術者の知識交流が 萎縮する
  35. 35. ほかにもサビ残とか メンヘルが 労災にならないのはなぜかとか
  36. 36. 会社と交渉するには 知識が 必要
  37. 37. 最後のは ちょっと微妙ですが
  38. 38. 本来なら 技術者はこういう視点の 助言を法務・知財部門 から もらいたい
  39. 39. リーガルリスクとほかのリスクを 勘案して事業判断できる 材料
  40. 40. できれば法務・知財と 開発者の 距離が 縮まるといいですね
  41. 41. 以上、素人からの雑感でした
  42. 42. おしまい。

×