Your SlideShare is downloading. ×
What’s new in 4.0 of LibreOffice (Lake-Hamanako-ver.) / LibreOffice 4.0の新機能 (浜名湖版)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

What’s new in 4.0 of LibreOffice (Lake-Hamanako-ver.) / LibreOffice 4.0の新機能 (浜名湖版)

667
views

Published on

Updated version from http://www.slideshare.net/naruoga/whats-new-in-40-of-libreoffice-libreoffice-40 to follow 4.0.0 has been released a few days ago. It's for Lake-Hamanako LibreOffice Study …

Updated version from http://www.slideshare.net/naruoga/whats-new-in-40-of-libreoffice-libreoffice-40 to follow 4.0.0 has been released a few days ago. It's for Lake-Hamanako LibreOffice Study Party.
The slide introduce the new features of LibreOffice 4.0 from 4.0.0 release version and current Release Note. All of information in the slide is come from my personal observation; not as a member of LibreOffice Japanese Team.

第一回浜名湖LibreOffice勉強会で発表した資料です。先日リリースされたLibreOffice 4.0について、実際にいじった感触とリリースノートから、面白いなーと思った新機能を紹介しています。あくまでも私見なので、LibreOffice日本語チームその他を代表する意見じゃないから誤解しないでね!

Published in: Technology

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
667
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. LibreOffice 4.0 の新機能 OGASAWARA, Naruhiko LibreOffice 日本語チーム
  • 2. 自己紹介小笠原 徳彦 (OGASAWARA, Naruhiko) この字で「なるひこ」と読むのはちょっと珍しいかも Email: naruoga@gmail.com / @naru0ga (zero, not O)LibreOffice 日本語チームメンバー 一番のアクティビティは翻訳 あと OSC とかのお手伝いもちょこちょこ Facebook の「 LibreOffice 勉強会の会」ページ立ちあげ このテンプレートスライドを日本語化して github で配ってます https://github.com/naruoga/KantoLibreOffice 10 月の LibreOffice Conference 2012 Berlin で発表しました 2 第1回九州LibreOffice勉強会
  • 3. LibreOffice 4.0 ってどんなバージョン?すごいぜ……3.6 の次が 4.0 かよ……なにが変わったんだろうか……ざわ…ざわ… 3 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 4. 実のところ機能追加はそんなに派手じゃないです 「 4.0 」という名前のわりにはねでもかなり期待していいリリース コア部分に頑張って手を入れてきた印象 「パフォーマンス向上」「互換性向上」が旗印実際大きく変わったのは UNO API でも今日は割愛 きっといつか誰かしゃべってくれるんじゃないかなー 4 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 5. 全体的な注目機能をピックアップ(ユーザー視点)①テンプレート機能の強化 みんなで日本語テンプレートいっぱい作ろうぜ!Persona 対応 Firefox の提供する着せ替え機能が利用可能に http://www.mozilla.jp/firefox/personas/ ぼくのお気に入りは http://www.getpersonas.com/ja/persona/491800 (聞いてない) オレオレ Persona を Firefox のサイトに上げれば LibreOffice が オレ色に染まるぜ! と書いとくと誰か作り方勉強会ネタにしてくれんかな 5 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 6. 全体的な注目機能をピックアップ(ユーザー視点)②フィルターの大幅強化 Visio のフィルターとか「オレの読めない Visio ファイルはない」と かいってる MS Publisher (ユーザーいるんだ ^^; )のフィルター追加とか 代わりにもう消えゆくアプリのフィルターはお掃除されました図の編集機能の強化 なんかツールバー出るようになった。便利便利 6 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 7. アプリ別: Writer面白いのがちらほらと 7 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 8. LibreLogo !!! Logo というのは MIT の人工知能研究所でシーモア・パパートとい う先生が作ったプログラミング言語 「子どもたちが自ら体得した法則こそが真の学びとなる」という 「構成主義」に基づき、…… というウンチクを語らせると長いので省略 Writer で Logo のプログラムを書いて、タートルグラフィックスで遊 べるようにしたのが「 LibreLogo 」 元々は拡張機能だったんだけど、なぜか Core に採用 なんで? 多分文教用途への食い込みを考えているのでは まあ、デモ映えはしますね :) 8 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 9. MS Office インポート強化 MS RTF Math フォーマット対応 インク注釈のインポート対応 その他諸々 日本語のテストは多分不十分 だからみんないろいろがんばろう 9 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 10. 範囲指定しての注釈できなかったの知らなかった(ぉ MS Office では昔からあった機能(よね? けどまあ、できたのはいいことだ 10 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 11. アプリ別: Calcオレの Calc は火傷するほど速いぜ? 11 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 12. パフォーマンス! パフォーマンス!セル内計算の結果をセーブ時にキャッシュしておき、ロード時に読み込むようにして立ち上がり時のセル内計算時間を短縮 Excel では昔からやっていたが Calc でもやっと実装された なので ODS だけじゃなくて XLSX でも有効 複雑なセル参照があるようなシートの場合、速度差は 2 倍程度 に及ぶことも! ( info from Calc hacker Kohei さん)それ以外にも ODS を開く時間が早くなったよとか書いてある 12 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 13. 条件付き書式の強化カラースケールやデータバーの UI が超簡単になった XLSX からのイン ポートもできるよ うになったよ〜!アイコンセットもサポートされたけど見つけにくいです…… 上の「条件付き書式」の「条件」から 選んであーたらこーたら これも次のバージョンでは表に出てくるかな?それ以外も条件付き書式周りはちょこちょこ変わってますよっと 13 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 14. グラフ機能もちょっと強化グラフを右クリックで「図としてエクスポート」が可能に! PDF とか PNG とか SVG とかにグラフ単体を出力できる Web で使ったりするのに便利かな? 14 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 15. その他いろいろ……Calc の「データ」→「 XML ソース…」が便利そう XML のタグを解析してちゃんとセルに当てはめてくれる機能… …っぽいです UI もけっこうよくできてるらしいです いいサンプルがなくて紹介できなかったので詳しくは https://wiki.documentfoundation.org/Development                    /Calc/XMLSource 見てちょうだいなさりげに Gnumeric フォーマットのインポートがサポートされました …… で? とかいわないでね (^^;セル内関数も増えてます。 Excel に負けるな! 15 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 16. アプリ別: Impressやっぱ Impress リモートっしょ! 16 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 17. Impress リモート! Bluetooth ( WiFi も可)で接続 された Android 端末をリモコン にして Impress でプレゼン! 超未来感覚! Google Play での正式配布 も始まった! https://play.google.com/store/apps/details? id=org.libreoffice.impressremote だがしかし…… 今サポートされてる環境は Linux のごく限られた環境 openSUSE 用 OBS ビルドと Debian Experimental 繋がらない環境で間違って PC 側で「 Impress リモート」の画 面を上げたが最後閉じることができず強制終了しかない(ぉ 17 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 18. え、こんだけ?大事なの一個忘れてました。今回、機能拡張から昇格した「ツール」→「プレゼンテーションの軽量化」は便利です。使えます。それ以外は……うーん、強いていえば、さっき紹介した画像加工のツールボックスとかはこっちでも使えますLinux ユーザーだけの話ですが、埋め込み動画のプレビューができるようになりましたよ。よかったね。全体の話ですけど、テンプレ機能が強化されたので一番嬉しいのは Impress かもしれませんね。 18 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 19. Draw と Baseは、ぼくが力尽きたので終了(ぉ 19 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 20. と、いうことで無事リリースされました! ぱちぱちぱちぱち!http://www.mail-archive.com/announce@ja.libreoffice.org /msg00096.htmlリリースノート読め! つか読んで!https://wiki.documentfoundation.org/ReleaseNotes/4.0 今絶賛日本語訳作業中 (のはず)最初の (.0 ポイントゼロ)リリースだからどうしてもバグはある バグみっけたらバグレポしませう。やり方は聞いてちょ どうも開発者にはマカーが足りないらしいので OS X なバグレポ は喜ばれる(かも) 20 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 21. 個人的な感想( API を除いては)堅実に使い勝手の良さを狙ったリリース パフォーマンス向上に非常に力を入れている 「どんなに機能が山盛りでも、遅かったら誰も使わない」でもそれには内部の大きな書き換えが伴ってるので、最初は暴れん坊将軍の可能性は高いと想像 地雷踏みたい積極的に貢献したい人はどんどん使ってバグレポ しよう 安定志向の人は 4.0.2~4.0.3 あたりまで待ってもいいかも 21 オープンソースカンファレンス浜松/2013
  • 22. 4.0.0 リリースおめでとうございます!… 使うときには開発チームへの感謝を忘れずに!… そして普段から LibreOffice を使っていただいている皆さんもありがとうございます! 今後ともヨロシク! All text and image content in this document is licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License (unless otherwise specified). "LibreOffice" and "The Document Foundation" are registered trademarks. Their respective logos and icons are subject to international copyright laws. The use of these therefore is subject to the trademark policy. 22 オープンソースカンファレンス浜松/2013