0
1第5回 関東LibreOffice勉強会LibreOffice でバグを見つけたときの報告方法OGASAWARA, NaruhikoLibreOffice 日本語 Team
2第5回 関東LibreOffice勉強会LibreOffice 4.1 β1 リリース記念6 月の終わりに正式版リリース予定できることはたくさんあるよ!
3第5回 関東LibreOffice勉強会オープンソースは一人一人の協力が大事主体性大事「誰がやってくれるか」ではなく「自分に何ができるか」http://www.flickr.com/photos/icebirdy/3153588850/
4第5回 関東LibreOffice勉強会英語がわからない? 技術がわからない?レーサーだけでは勝てないピットクルーも重要http://www.flickr.com/photos/onesevenone/7877239056/
5第5回 関東LibreOffice勉強会気づいたことがあったら声を上げてみるおかしな翻訳、おかしな動き、よくない機能英語でのレポートは誰かにお願いすればいいhttp://www.flickr.com/photos/itupictures/82...
6第5回 関東LibreOffice勉強会今回のテーマ:バグソフトウェアの不具合のことを「バグ」と呼ぶ語源には諸説ありますけど……省略不具合?アプリが突如死ぬおかしな動き誰が嬉しいんだかわからない機能(翻訳ミスも含みますが今回は対象外)http...
7第5回 関東LibreOffice勉強会LibreOffice のバグ報告BugzillaMozilla Project の開発したバグ管理ソフトLibreOffice もこれを使ってる場所https://www.libreoffice.or...
8第5回 関東LibreOffice勉強会英語の壁Bugzilla は世界中の開発者関係者が見るだから英語で書かなきゃいけない英語しんどいよねー(よねー…… そうだ! 日本語で書こう!
9第5回 関東LibreOffice勉強会日本語で書く?日本語版 Bugzilla を立てる予定はない他のコミュニティでやってるところあるけど、正直うまく行ってないという印象しかないこれはぼくの考えなので将来立たないとは言わないけどので、メーリ...
10第5回 関東LibreOffice勉強会ML で報告するときの注意ML の議論は報告後もチェックしましょうそのバグに対してあとで「情報くれ」って言われることがあるそのときに質問に答えられないと「反応なし」で終わってしまうもし反応がなくてもち...
11第5回 関東LibreOffice勉強会考え方要は Bugzilla に書くべき内容をもれなく書けば翻訳するだけで楽ちんになりますので Bugzilla の内容をこれから説明しますそれを github の今月のディレクトリにあるテンプレを使...
12第5回 関東LibreOffice勉強会① コンポーネントの選択
13第5回 関東LibreOffice勉強会① コンポーネントの選択どのコンポーネントのバグなのか(例)コンポーネント名 内容LibreOffice どのコンポーネントの不具合かわからないときに。ML で相談してから埋めるほうがいいです!プレゼ...
14第5回 関東LibreOffice勉強会① コンポーネントの選択選択のコツアプリケーション横断の機能 ( グラフ作成、図形描画、印刷とPDF エクスポート、 UI 、など)で、複数のアプリで問題が起きる場合はそれぞれの機能コンポーネントを選...
15第5回 関東LibreOffice勉強会② サブコンポーネントの選択
16第5回 関東LibreOffice勉強会② サブコンポーネントの選択コンポーネントを更に細分化した部分分からなければ空白でいいが、分かっていたほうがバグ解析が早くすすむ名称 意味 名称 意味CONFIGURATION 設定関係 FILEOP...
17第5回 関東LibreOffice勉強会③ 発生するバージョン
18第5回 関東LibreOffice勉強会③ 発生するバージョンとりあえずは自分が使ってるバージョンでいいですもし余力があったら自分が使ってるバージョンの最新版(例: 4.0.x なら 4.0.3 )に上げて再確認しましょう直ってたらラッキー...
19第5回 関東LibreOffice勉強会④ 問題が起きる OSOS のバージョンまたは Linux の場合はディストリビューションも選びましょう「 OS を問わず起きる」場合には「 All 」を選びましょうねこれも ML で情報集めるといいです
20第5回 関東LibreOffice勉強会⑤ 正常に動作していたバージョン開発者視点だとあると嬉しい情報でもわざわざ古いバージョン入れて調べるほどでも……「誰か古いバージョン持ってませんか?」と聞くのはアリかも不明なら NONE で可
21第5回 関東LibreOffice勉強会⑥ バグ概要ここまで入れるとバグ概要と詳細の入力画面がぺろっと出る
22第5回 関東LibreOffice勉強会⑥ バグ概要「表題」的な後々参照するときに超重要なので、きちんと情報を盛り込もう他の項目で既に入力したことは書かない悪い例:「 LibreOffice 4.0.3 Writer の問題」そもそもバグ報...
23第5回 関東LibreOffice勉強会⑦ 問題の再現手順最低でも次のことは書きましょう前提条件(事前準備的な)不具合の再現手順(なるべくシンプルに):箇条書きで本来なら期待される結果実際に起きる結果(不具合)再現手順をシンプルに?ファイル...
24第5回 関東LibreOffice勉強会⑧ 再現ファイルの添付もし UI の不具合なら、 DRAW とかで遷移図を描いて「ここが不具合!」と示しましょう特定のファイルで起きる不具合なら、そのファイルを添付しますLibreOffice がお亡...
25第5回 関東LibreOffice勉強会その他細かいことぶっちゃけ最初に出てくる割にはコンポーネントの選択が一番むずかしいと思うので、わかんなかったら「このアプリで問題起きます!」でいいと思います全部自分で確認しようとしないで、「私のところ...
26第5回 関東LibreOffice勉強会英語が出来る人のために要は同じ事を英語でやるだけですインフラが手伝ってくれるので多分日本語でやるより楽ですLong Description を書くときに「正しい英語で書く」より「論理的に相手を納得させ...
27第5回 関東LibreOffice勉強会まぁそんなわけで英語ができようとできまいと、おかしな動きを見つけたら報告することは重要な貢献すべてを自分でやろうと思わない。仲間はたくさんいます自分の報告で自分の使ってるソフトの不具合が直ってよりよく...
28第5回 関東LibreOffice勉強会All text and image content in this document is licensed under the Creative Commons Attribution-Share...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

How to report bugs of LibreOffice in Japanese / LibreOfficeの不具合を日本語で報告するには

587

Published on

LibreOfficeに限らず、オープンソースのよいところは、自分の使っているソフトウェアをよりよいものに育てていくことができることです。例えば不具合を見つけたときに、それを開発している人たちに伝わるように報告することで、その不具合が修正されれば、多くの人が幸せになります。
しかし、多くのオープンソースの公用語は英語(のようなもの)です。したがって、本来ならバグの報告を行うのも英語ということになり、英語が必ずしも得意ではない人には敷居が高くなってしまいます。
そこで、まずは「不具合の報告にはこういう内容を書きます」ということを説明し、それを日本語のメーリングリストで報告することで、不具合の報告にみなさんもお手伝いいただけませんか?という内容のプレゼンです。参考資料としては https://github.com/naruoga/KantoLibreOffice/tree/master/May2013 も見てください。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
587
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "How to report bugs of LibreOffice in Japanese / LibreOfficeの不具合を日本語で報告するには"

  1. 1. 1第5回 関東LibreOffice勉強会LibreOffice でバグを見つけたときの報告方法OGASAWARA, NaruhikoLibreOffice 日本語 Team
  2. 2. 2第5回 関東LibreOffice勉強会LibreOffice 4.1 β1 リリース記念6 月の終わりに正式版リリース予定できることはたくさんあるよ!
  3. 3. 3第5回 関東LibreOffice勉強会オープンソースは一人一人の協力が大事主体性大事「誰がやってくれるか」ではなく「自分に何ができるか」http://www.flickr.com/photos/icebirdy/3153588850/
  4. 4. 4第5回 関東LibreOffice勉強会英語がわからない? 技術がわからない?レーサーだけでは勝てないピットクルーも重要http://www.flickr.com/photos/onesevenone/7877239056/
  5. 5. 5第5回 関東LibreOffice勉強会気づいたことがあったら声を上げてみるおかしな翻訳、おかしな動き、よくない機能英語でのレポートは誰かにお願いすればいいhttp://www.flickr.com/photos/itupictures/8207252733/
  6. 6. 6第5回 関東LibreOffice勉強会今回のテーマ:バグソフトウェアの不具合のことを「バグ」と呼ぶ語源には諸説ありますけど……省略不具合?アプリが突如死ぬおかしな動き誰が嬉しいんだかわからない機能(翻訳ミスも含みますが今回は対象外)http://www.flickr.com/photos/jacockshaw/2279867999/
  7. 7. 7第5回 関東LibreOffice勉強会LibreOffice のバグ報告BugzillaMozilla Project の開発したバグ管理ソフトLibreOffice もこれを使ってる場所https://www.libreoffice.org/bugzilla/(英語がそこそこ出来る人にとっては)簡単なウィザードありhttps://www.libreoffice.org/get-help/bug/実際にホストしてるのは freedesktop.org という団体なので、 LibreOffice のバグは fdo #xxxxxxx と呼ばれる情報https://wiki.documentfoundation.org/BugReport/ja
  8. 8. 8第5回 関東LibreOffice勉強会英語の壁Bugzilla は世界中の開発者関係者が見るだから英語で書かなきゃいけない英語しんどいよねー(よねー…… そうだ! 日本語で書こう!
  9. 9. 9第5回 関東LibreOffice勉強会日本語で書く?日本語版 Bugzilla を立てる予定はない他のコミュニティでやってるところあるけど、正直うまく行ってないという印象しかないこれはぼくの考えなので将来立たないとは言わないけどので、メーリングリストで報告する方法を紹介します!場所は discuss@ja.libreoffice.org事前申請制なので購読しておいてくださいこちら http://ja.libreoffice.org/get-help/mailing-lists/ 参照
  10. 10. 10第5回 関東LibreOffice勉強会ML で報告するときの注意ML の議論は報告後もチェックしましょうそのバグに対してあとで「情報くれ」って言われることがあるそのときに質問に答えられないと「反応なし」で終わってしまうもし反応がなくてもちょっとまちましょうボランティア同士でやっていることなので、手伝いたくても手伝えないときがありますどうしても急ぎの事情があるなら、その旨を言ってくれれば考慮しますFacebook や Twitter はご勘弁面倒でも最低 ML ぐらいは使ってくださいSNS は気軽でいいけど情報流れやすいし
  11. 11. 11第5回 関東LibreOffice勉強会考え方要は Bugzilla に書くべき内容をもれなく書けば翻訳するだけで楽ちんになりますので Bugzilla の内容をこれから説明しますそれを github の今月のディレクトリにあるテンプレを使って ML に投げてくれれば良いのです以下の説明はごく一部の例です本来だともっと細かいレポートができますが、それはテンプレの方を参照してください
  12. 12. 12第5回 関東LibreOffice勉強会① コンポーネントの選択
  13. 13. 13第5回 関東LibreOffice勉強会① コンポーネントの選択どのコンポーネントのバグなのか(例)コンポーネント名 内容LibreOffice どのコンポーネントの不具合かわからないときに。ML で相談してから埋めるほうがいいです!プレゼンテーション Impress のバグ印刷と PDF エクスポートアプリケーションに固有でない印刷と PDF エクスポート関係のバグ。アプリ依存の場合はそのアプリでレポートしましょうスプレッドシート Calc のバグUI UI についてのバグ。一つ以上のアプリケーションで起きる問題で、どのコンポーネントの問題か不明なときに選ぶWriter Writer のバグ
  14. 14. 14第5回 関東LibreOffice勉強会① コンポーネントの選択選択のコツアプリケーション横断の機能 ( グラフ作成、図形描画、印刷とPDF エクスポート、 UI 、など)で、複数のアプリで問題が起きる場合はそれぞれの機能コンポーネントを選ぶそうでない場合は問題が起きるアプリのコンポーネントを選ぶ「 LibreOffice 」はどうしてもわからない場合に選択することになるが、これを選ぶとバグ管理チームの優先度が下がってしまうので、なるべく適切なものを選ぶよう ML で議論しよう「翻訳」「ドキュメンテーション」については日本語コミュニティ内の話になるので、別途報告をしたほうが確実です翻訳については過去に書いたスライド見てね
  15. 15. 15第5回 関東LibreOffice勉強会② サブコンポーネントの選択
  16. 16. 16第5回 関東LibreOffice勉強会② サブコンポーネントの選択コンポーネントを更に細分化した部分分からなければ空白でいいが、分かっていたほうがバグ解析が早くすすむ名称 意味 名称 意味CONFIGURATION 設定関係 FILEOPEN ファイルのオープンUI UI FILESAVE ファイルのセーブVIEWING 見え方の問題FORMATTING 書式設定などLOCALHELP アプリのヘルプPRINTING 印刷関係
  17. 17. 17第5回 関東LibreOffice勉強会③ 発生するバージョン
  18. 18. 18第5回 関東LibreOffice勉強会③ 発生するバージョンとりあえずは自分が使ってるバージョンでいいですもし余力があったら自分が使ってるバージョンの最新版(例: 4.0.x なら 4.0.3 )に上げて再確認しましょう直ってたらラッキー、ということでレポートはしないでもいいかも更に余力があったらテスト版でも確認しましょうでもこれは ML で誰かにお願いしてもいい話
  19. 19. 19第5回 関東LibreOffice勉強会④ 問題が起きる OSOS のバージョンまたは Linux の場合はディストリビューションも選びましょう「 OS を問わず起きる」場合には「 All 」を選びましょうねこれも ML で情報集めるといいです
  20. 20. 20第5回 関東LibreOffice勉強会⑤ 正常に動作していたバージョン開発者視点だとあると嬉しい情報でもわざわざ古いバージョン入れて調べるほどでも……「誰か古いバージョン持ってませんか?」と聞くのはアリかも不明なら NONE で可
  21. 21. 21第5回 関東LibreOffice勉強会⑥ バグ概要ここまで入れるとバグ概要と詳細の入力画面がぺろっと出る
  22. 22. 22第5回 関東LibreOffice勉強会⑥ バグ概要「表題」的な後々参照するときに超重要なので、きちんと情報を盛り込もう他の項目で既に入力したことは書かない悪い例:「 LibreOffice 4.0.3 Writer の問題」そもそもバグ報告なんだから「問題」に決まっているLibreOffice のバージョンもコンポーネントが Writer であることも入力済なのでこの概要はナンの情報も提供していない良い例:「メニューの ファイル 別名で保存▸が使えない ( グレーアウトしている ) 」ひと目でどんなバグかわかる
  23. 23. 23第5回 関東LibreOffice勉強会⑦ 問題の再現手順最低でも次のことは書きましょう前提条件(事前準備的な)不具合の再現手順(なるべくシンプルに):箇条書きで本来なら期待される結果実際に起きる結果(不具合)再現手順をシンプルに?ファイルをできるだけ単純にしてみる手順を削って同じ問題が起きないかML で協力を仰ぐのも手
  24. 24. 24第5回 関東LibreOffice勉強会⑧ 再現ファイルの添付もし UI の不具合なら、 DRAW とかで遷移図を描いて「ここが不具合!」と示しましょう特定のファイルで起きる不具合なら、そのファイルを添付しますLibreOffice がお亡くなりになるバグについてはログをつけてあげると超喜ばれるのですがこれは上級編なので次の機会に……ところで discuss@ja って添付ファイル OK だったっけ……ダメなら Google Drive あたりに上げて共有してくださいませ
  25. 25. 25第5回 関東LibreOffice勉強会その他細かいことぶっちゃけ最初に出てくる割にはコンポーネントの選択が一番むずかしいと思うので、わかんなかったら「このアプリで問題起きます!」でいいと思います全部自分で確認しようとしないで、「私のところではこういう問題が起きてますが、みなさんはどうですか?」と問いかけましょう4.1.0β1 が出たので、翻訳にしろバグ出しにしろガンガンやるとみんな幸せになります
  26. 26. 26第5回 関東LibreOffice勉強会英語が出来る人のために要は同じ事を英語でやるだけですインフラが手伝ってくれるので多分日本語でやるより楽ですLong Description を書くときに「正しい英語で書く」より「論理的に相手を納得させるように書く」ことがポイントです自慢じゃないがぼくはそれが非常に苦手……人のレポートを翻訳するときには「これは私が引き取りますよー」と宣言しましょう。
  27. 27. 27第5回 関東LibreOffice勉強会まぁそんなわけで英語ができようとできまいと、おかしな動きを見つけたら報告することは重要な貢献すべてを自分でやろうと思わない。仲間はたくさんいます自分の報告で自分の使ってるソフトの不具合が直ってよりよくなったら幸せじゃない?それこそがオープンソースの醍醐味です!
  28. 28. 28第5回 関東LibreOffice勉強会All text and image content in this document is licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License(unless otherwise specified). "LibreOffice" and "The Document Foundation" are registered trademarks. Their respective logosand icons are subject to international copyright laws. The use of these therefore is subject to the trademark policy.Enjoy LibreOffice!… バグレポするのって楽しいよ!… 難しく考えないでまずは気軽に相談を!
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×