0
意味論祭り


おがさわらなるひこ
 @ Genesis Lightning Talks #18, Aug 8th 2009
大事なことは
 初めに
 言います
健康には
気をつけましょう
祭といえば
  Fever!
   (熱)
(夏風邪的な意味で )
連日 38 度以上の
 熱で体力消耗
熱が辛くて
本は読めないわ
プレゼン資料は
 書けないわ
夢の中で
λ 算法がぐ〜るぐる
    (実話)
ということで
もっとかっこいい話を
  するつもりが
しょぼしょぼな
   発表に
なってしまいました。

ごめんなさい (mOm)
終
さて本題。
人に薦められて
こんな本を読んだ。

     山村 吉信 ( 著 )
     単行本 : 208 ページ
     出版社 : 三元社 (2003/08)
     ISBN-10: 4883031233
     ISBN-13: 978...
むちゃくちゃ
 面白い!
要は "1+2 = 3" を
  いろんな形
(集合論、関数論、
代数、ハードウェア、
 ソフトウェア)で
  解くっていう
実用色は
かけらもないもの
 なんだけど
祭りに実用性を
求めてどうする !?
いわば
 意味論祭り!
実際は夏風邪祭りに
なっちゃったけどさ……。
そこで学生時代に
  愛読してたはず
なのに実家から発掘
  できない古典的
名著をあまぞった。
岩波講座 情報科学
 名著中の名著

            岩波講座情報科学〈 12 〉
            算法表現論
  残念ながら     木村泉・米沢明憲 共著
            単行本 : 282 ページ
 ネット上からは...
渾身の名著。
特に米澤先生パート
  は読むべき。
最近超並列プログラ
 ミング言語として
  ちょっと話題な
Erlang の理論背景
とか分かっちゃうよ。
さておき。
プログラミング言語
    の
  意味論って
    何?
プログラミング言語の
     意味を
    形式的に
 ( 言い換えれば
   数学的に )
   記述すること
それによって
プログラミング言語の
 いろんな性質を
 明らかにすること
意味論で
分かること
ある言語の記述
 できる意味と
別の言語が記述
 できる意味が
 同じであるか
→ 大抵の言語は同じ
停止性問題
「あるプログラムが
確実に停止するかを
判断するプログラム
 は書けるか ? 」
→ どんな言語でもムリ
Pure ( 純粋 )
 プログラミング言語
    の世界では
「同じ問いをしたら同
  じ値が常に帰る」
のが Pure ってこと
破壊代入とか
   副作用のある
  操作ができたら
Pure ではありません
 別にドリームクラブ(※) とは
   関係ないはずです
  (※)しっかしピュアな心を持った人向けのキャバクラって
               どんなコンセプト...
あとは型理論とか
遅延評価 (Haskell で
    有名)の
   論理化とか
当然どんどん理論は
 進んでるはずです
    ので
 興味がある向きは
 各自追っかけてね
意味論で
分からないこと
プログラミング言語が
実用の道具足るには
 世界との I/O が
    必須
しかし I/O
( というか世界 ) に
    関しては
  意味論は何を
言うこともできない
まあ限界が
 あるのも
事実ですが
面白かったら
ええやないか!
それがお前に
 なんか迷惑
かけたかボケ!
と、男らしく
言い放てたら
いいですね。
冗談抜きで
仕事に役立つ
役立たないは
  関係なく
 面白いことを
見つけましょう。
(本当の)
 終
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

GenerisLightningTalks #18 Naruhiko Ogasawara

616

Published on

This slide is very very introduction about semantics theories of the programming languages. This slide presented in GLT #18, the Lightning Talk Event in Tokyo, Japan.

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
616
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "GenerisLightningTalks #18 Naruhiko Ogasawara"

  1. 1. 意味論祭り おがさわらなるひこ @ Genesis Lightning Talks #18, Aug 8th 2009
  2. 2. 大事なことは 初めに 言います
  3. 3. 健康には 気をつけましょう
  4. 4. 祭といえば Fever! (熱) (夏風邪的な意味で )
  5. 5. 連日 38 度以上の 熱で体力消耗
  6. 6. 熱が辛くて 本は読めないわ プレゼン資料は 書けないわ
  7. 7. 夢の中で λ 算法がぐ〜るぐる (実話)
  8. 8. ということで もっとかっこいい話を するつもりが
  9. 9. しょぼしょぼな 発表に なってしまいました。 ごめんなさい (mOm)
  10. 10.
  11. 11. さて本題。
  12. 12. 人に薦められて こんな本を読んだ。 山村 吉信 ( 著 ) 単行本 : 208 ページ 出版社 : 三元社 (2003/08) ISBN-10: 4883031233 ISBN-13: 978-4883031238 発売日: 2003/08
  13. 13. むちゃくちゃ 面白い!
  14. 14. 要は "1+2 = 3" を いろんな形 (集合論、関数論、 代数、ハードウェア、 ソフトウェア)で 解くっていう
  15. 15. 実用色は かけらもないもの なんだけど 祭りに実用性を 求めてどうする !?
  16. 16. いわば 意味論祭り! 実際は夏風邪祭りに なっちゃったけどさ……。
  17. 17. そこで学生時代に 愛読してたはず なのに実家から発掘 できない古典的 名著をあまぞった。
  18. 18. 岩波講座 情報科学 名著中の名著 岩波講座情報科学〈 12 〉 算法表現論 残念ながら 木村泉・米沢明憲 共著 単行本 : 282 ページ ネット上からは 出版社 : 岩波書店 書影は発見できず 発売日: 1982/05 (T_T)
  19. 19. 渾身の名著。 特に米澤先生パート は読むべき。
  20. 20. 最近超並列プログラ ミング言語として ちょっと話題な Erlang の理論背景 とか分かっちゃうよ。
  21. 21. さておき。
  22. 22. プログラミング言語 の 意味論って 何?
  23. 23. プログラミング言語の 意味を 形式的に ( 言い換えれば 数学的に ) 記述すること
  24. 24. それによって プログラミング言語の いろんな性質を 明らかにすること
  25. 25. 意味論で 分かること
  26. 26. ある言語の記述 できる意味と 別の言語が記述 できる意味が 同じであるか → 大抵の言語は同じ
  27. 27. 停止性問題 「あるプログラムが 確実に停止するかを 判断するプログラム は書けるか ? 」 → どんな言語でもムリ
  28. 28. Pure ( 純粋 ) プログラミング言語 の世界では 「同じ問いをしたら同 じ値が常に帰る」 のが Pure ってこと
  29. 29. 破壊代入とか 副作用のある 操作ができたら Pure ではありません 別にドリームクラブ(※) とは 関係ないはずです (※)しっかしピュアな心を持った人向けのキャバクラって どんなコンセプトやねん……。
  30. 30. あとは型理論とか 遅延評価 (Haskell で 有名)の 論理化とか
  31. 31. 当然どんどん理論は 進んでるはずです ので 興味がある向きは 各自追っかけてね
  32. 32. 意味論で 分からないこと
  33. 33. プログラミング言語が 実用の道具足るには 世界との I/O が 必須
  34. 34. しかし I/O ( というか世界 ) に 関しては 意味論は何を 言うこともできない
  35. 35. まあ限界が あるのも 事実ですが
  36. 36. 面白かったら ええやないか! それがお前に なんか迷惑 かけたかボケ!
  37. 37. と、男らしく 言い放てたら いいですね。
  38. 38. 冗談抜きで 仕事に役立つ 役立たないは 関係なく 面白いことを 見つけましょう。
  39. 39. (本当の) 終
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×