0
静岡県のGISは
な ぜ A W SA W S を
使 っ た の か ?
1
そ れ は ・ ・ ・
担 当 者 ( ) が
使 っ て み た か っ た
か ら で す !
2
と 言 っ た と こ ろ で 、
直 ぐ に O K が 出 る
ほ ど 役 所 も 甘 く は
あ り ま せ ん ・ ・ ・
3
本 日 は 、 A W S 導 入
に 至 る ま で の 背 景 と
経緯をご紹介します!
4
• 人口 約371万人(全国10位)
• 面積 7,780 km²(全国13位)
• 人口密度 477.59人/平方km (全国13位)
• 国内総生産ランキング(全国10位)
• 幸福度ランキング (全国19位)
静 岡 県
平均的な県 ...
5
静 岡 県 の イ メ ー ジ
サッカー 地震
富士山 お茶
のぞみが停まらない
18切符
どこまで行っても静岡県・・・
焼きそば
おでん
うなぎ(パイ) 温泉
みかん
原発
6
1976年の東海地震説で、
明日起きても不思議ではない
と言われていた静岡県では・・・
7
20年前から、地震対策として
地理情報システム(GIS )を
導 入 し て き ま し た が ・ ・ ・
8
様々な分野のGISを個別に
構築したため、2008年には
17システムが稼動していました
9
しかし、システムの老朽化や
保守費の増大のため、GISを統
合 す る こ と に な り ま し た
10
利用者の多い土木系のGISに統合
短期(概ね3年以内)
2010年度統合
(短期統合)
・環境影響評価DB
・都市計画情報GIS
・遺跡包蔵地システム
・指定道路台帳閲覧システム
・農業農村整備把握システム
長期(10年程度)
(長期統合...
← ここで情報を切り替えます
↑見たい情報を選択します
※情報を選ぶボタンで情報の切替が可能
静岡県統合基盤GIS
http://www.gis.pref.shizuoka.jp/ 11
12
統合のコンセプト(担当者の想い)
高い可用性
低コスト
災害情報
+
αを発信
カスタマイズ
しない
スモール
スタート
13
統合のコンセプト
高い可用性
低コスト
災害情報
+
αを発信
カスタマイズ
しない
スモール
スタート
14
高い可用性
(防災情報の特徴)
・何があっても、動かさなければ!
⇒ 信頼性、災害耐性
・いつアクセスが集中するか予測不能!
⇒ 報道発表、異常気象
・サーバを保有することがリスク!
⇒ 自前資産を持つ時代ではない
15
統合のコンセプト
高い可用性
低コスト
災害情報
+
αを発信
カスタマイズ
しない
スモール
スタート
16
・サーバの保有は高コスト!
⇒ 単純な購入費用も高いが、
何かあった時の費用が非常に高い
⇒ しかも、緊急時に行政の調達方法
ではスピード感がない・・・
低コスト
17
統合のコンセプト
高い可用性
低コスト
災害情報
+
αを発信
カスタマイズ
しない
スモール
スタート
18
スモールスタート
(ゆるやかな統合)
・最初から全ての統合は目指さない!
⇒ 高コスト、調整に時間を要する
・技術の変化に柔軟に対応したい!
⇒ 調達時点で既に遅れているかも・・・
19
統合のコンセプト
高い可用性
低コスト
災害情報
+
αを発信
カスタマイズ
しない
スモール
スタート
20
カスタマイズしない
・業務をパッケージに合わせる!
⇒ カスタマイズは高コスト!
⇒ その機能は本当に必須ですか?
・全体最適を目指す!
⇒ 目先のことではなく広い視野を!
21
統合のコンセプト
高い可用性
低コスト
災害情報
+
αを発信
カスタマイズ
しない
スモール
スタート
22
災害情報+αを発信
・災害情報だけ充実しても使われない!
⇒ 普段から見てもらえる情報を!
・時代は変わった!
⇒ 行政だけが情報を保有する時代?
⇒ 積極的に公開しましょうよ!
(オープンデータへの出発点)
23
情報資産を積極的に活用する時代!
自治体も情報資産の活用力が必須!
大航海時代 ⇒ 「大公開時代」突入!
乗り遅れて「大後悔」しないように!
24
これらのコンセプトを満た
すのは、AWSしかない!
「AWSを使いましょう!」
と提案したのですが・・・
25
AWSへの拒否反応
・サーバが日本国内にない
・サーバの場所が分らない
・支払いが$で変動金利
・想定よりもアクセスが少ないと過大
・とにかくダメ!ダメなものはダメ・・・
26
残念ながら断念し、庁内にサーバ設置
しかし・・・
東日本大震災がきっかけとなり、
防災情報の公開が加速!
⇒ 南海トラフ津波浸水域のデータ
を搭載することに・・・全国初の試み
⇒ 搭載したら報道提供する予定・・・
27
今のスペックでは無理です!
絶 対 に 止 ま り ま す よ ・ ・ ・
担 当 者 ( )
28
南海トラフ津波浸水域
内閣府のデータを利用し静岡県独自でGISデータを作成
⇒ 内閣府データは2.0m~5.0mのところを静岡県独自で2分割
29
南海トラフ津波浸水域
10mメッシュで県下全域約160万メッシュと情報量が多く高負荷
30
そ こ を 何 と か す る の が
担 当 者 の 仕 事 で し ょ ! ?
31
説得するしかない!
・サイトがダウンしたら担当者の責任・・・
・利用率が低くても担当者の責任・・・
利用者には迷惑を掛けられない!
どっちに転んでも担当者の責任!
32
花火大会に例えて説明!
・会場は河川敷 (常設トイレは少数)
・数万人が訪れる (トイレは大混雑)
・常設トイレでは足りない(増設できない)
・仮設トイレは必須 (その日だけの利用)
33
それでもまだAWSへの不安が・・・
・セキュリティは大丈夫なの?
⇒ Amazonで買物してますよね・・・
・本当にサーバの場所が分らないの?
⇒ セキュリティが大事ですよね・・・
・サーバに物品シールを貼らないの?
⇒ サービスを利用す...
34
何とかAWSへの移行成功!
35
AWS移行前は・・・
・県庁内のサーバ室で運用
⇒ 管理者との調整が必要・・・
・年に1日必ず停電がある
⇒ 利用者への事前告知が必要・・・
・保守作業は当然サーバ室
⇒ 休日は職員も立会い・・・
36
AWS移行後は~
・安定稼動で全く問題なし!
・担当者の心的疲労軽減!
・安心して眠れる!
37
AWS移行後は~
サーバ負荷のかかる情報も
じ ゃ ん じ ゃ ん 公 開 !
38
地質調査結果の公開
39
旧版地形図を透過するように作成
⇒ 現在の地形や空中写真との比較が可能
旧版地形図の公開
40
土砂災害情報マップ
県内市町が「避難勧告・指示」を出す際の参考に使われています
41
AWS移行後は~
アクセスの多そうな情報も
じ ゃ ん じ ゃ ん 公 開 !
42
富士山ビューポイント
43出典:アットエス
44
富士山防災マップ
45
富士山防災マップ
46
富士山防災マップへのアクセス状況
安定稼動で全く問題なし!
47
AWSへの期待
SNSから予測してくれると最高!
できれば・・・
自動でスケールしてほしい!
更に・・・
日 時:平成26年7月18日(金)
会 場:グランドプリンスホテル新高輪
住 所:東京都港区高輪3-13-1
緯 度(十進表記): 35.629762
経 度(十進表記):139.733528
UTMポイント :54SUE85324362
AW...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

【静岡県】Aws Summit 2014(20140718)

681

Published on

Published in: Business

Transcript of "【静岡県】Aws Summit 2014(20140718)"

  1. 1. 静岡県のGISは な ぜ A W SA W S を 使 っ た の か ?
  2. 2. 1 そ れ は ・ ・ ・ 担 当 者 ( ) が 使 っ て み た か っ た か ら で す !
  3. 3. 2 と 言 っ た と こ ろ で 、 直 ぐ に O K が 出 る ほ ど 役 所 も 甘 く は あ り ま せ ん ・ ・ ・
  4. 4. 3 本 日 は 、 A W S 導 入 に 至 る ま で の 背 景 と 経緯をご紹介します!
  5. 5. 4 • 人口 約371万人(全国10位) • 面積 7,780 km²(全国13位) • 人口密度 477.59人/平方km (全国13位) • 国内総生産ランキング(全国10位) • 幸福度ランキング (全国19位) 静 岡 県 平均的な県 ⇒ 市場調査に最適!
  6. 6. 5 静 岡 県 の イ メ ー ジ サッカー 地震 富士山 お茶 のぞみが停まらない 18切符 どこまで行っても静岡県・・・ 焼きそば おでん うなぎ(パイ) 温泉 みかん 原発
  7. 7. 6 1976年の東海地震説で、 明日起きても不思議ではない と言われていた静岡県では・・・
  8. 8. 7 20年前から、地震対策として 地理情報システム(GIS )を 導 入 し て き ま し た が ・ ・ ・
  9. 9. 8 様々な分野のGISを個別に 構築したため、2008年には 17システムが稼動していました
  10. 10. 9 しかし、システムの老朽化や 保守費の増大のため、GISを統 合 す る こ と に な り ま し た
  11. 11. 10 利用者の多い土木系のGISに統合 短期(概ね3年以内) 2010年度統合 (短期統合) ・環境影響評価DB ・都市計画情報GIS ・遺跡包蔵地システム ・指定道路台帳閲覧システム ・農業農村整備把握システム 長期(10年程度) (長期統合) ・土壌汚染情報システム ・医療ネットしずおか ・砂防GIS ・森林情報システム 危機管理系で長期的統合 ・総合防災情報支援システム ・土木総合防災情報システム 庁内業務系 一般情報公開 危機管理系 デ ー タ は 共 有 静岡県GIS統合基本計画
  12. 12. ← ここで情報を切り替えます ↑見たい情報を選択します ※情報を選ぶボタンで情報の切替が可能 静岡県統合基盤GIS http://www.gis.pref.shizuoka.jp/ 11
  13. 13. 12 統合のコンセプト(担当者の想い) 高い可用性 低コスト 災害情報 + αを発信 カスタマイズ しない スモール スタート
  14. 14. 13 統合のコンセプト 高い可用性 低コスト 災害情報 + αを発信 カスタマイズ しない スモール スタート
  15. 15. 14 高い可用性 (防災情報の特徴) ・何があっても、動かさなければ! ⇒ 信頼性、災害耐性 ・いつアクセスが集中するか予測不能! ⇒ 報道発表、異常気象 ・サーバを保有することがリスク! ⇒ 自前資産を持つ時代ではない
  16. 16. 15 統合のコンセプト 高い可用性 低コスト 災害情報 + αを発信 カスタマイズ しない スモール スタート
  17. 17. 16 ・サーバの保有は高コスト! ⇒ 単純な購入費用も高いが、 何かあった時の費用が非常に高い ⇒ しかも、緊急時に行政の調達方法 ではスピード感がない・・・ 低コスト
  18. 18. 17 統合のコンセプト 高い可用性 低コスト 災害情報 + αを発信 カスタマイズ しない スモール スタート
  19. 19. 18 スモールスタート (ゆるやかな統合) ・最初から全ての統合は目指さない! ⇒ 高コスト、調整に時間を要する ・技術の変化に柔軟に対応したい! ⇒ 調達時点で既に遅れているかも・・・
  20. 20. 19 統合のコンセプト 高い可用性 低コスト 災害情報 + αを発信 カスタマイズ しない スモール スタート
  21. 21. 20 カスタマイズしない ・業務をパッケージに合わせる! ⇒ カスタマイズは高コスト! ⇒ その機能は本当に必須ですか? ・全体最適を目指す! ⇒ 目先のことではなく広い視野を!
  22. 22. 21 統合のコンセプト 高い可用性 低コスト 災害情報 + αを発信 カスタマイズ しない スモール スタート
  23. 23. 22 災害情報+αを発信 ・災害情報だけ充実しても使われない! ⇒ 普段から見てもらえる情報を! ・時代は変わった! ⇒ 行政だけが情報を保有する時代? ⇒ 積極的に公開しましょうよ! (オープンデータへの出発点)
  24. 24. 23 情報資産を積極的に活用する時代! 自治体も情報資産の活用力が必須! 大航海時代 ⇒ 「大公開時代」突入! 乗り遅れて「大後悔」しないように!
  25. 25. 24 これらのコンセプトを満た すのは、AWSしかない! 「AWSを使いましょう!」 と提案したのですが・・・
  26. 26. 25 AWSへの拒否反応 ・サーバが日本国内にない ・サーバの場所が分らない ・支払いが$で変動金利 ・想定よりもアクセスが少ないと過大 ・とにかくダメ!ダメなものはダメ・・・
  27. 27. 26 残念ながら断念し、庁内にサーバ設置 しかし・・・ 東日本大震災がきっかけとなり、 防災情報の公開が加速! ⇒ 南海トラフ津波浸水域のデータ を搭載することに・・・全国初の試み ⇒ 搭載したら報道提供する予定・・・
  28. 28. 27 今のスペックでは無理です! 絶 対 に 止 ま り ま す よ ・ ・ ・ 担 当 者 ( )
  29. 29. 28 南海トラフ津波浸水域 内閣府のデータを利用し静岡県独自でGISデータを作成 ⇒ 内閣府データは2.0m~5.0mのところを静岡県独自で2分割
  30. 30. 29 南海トラフ津波浸水域 10mメッシュで県下全域約160万メッシュと情報量が多く高負荷
  31. 31. 30 そ こ を 何 と か す る の が 担 当 者 の 仕 事 で し ょ ! ?
  32. 32. 31 説得するしかない! ・サイトがダウンしたら担当者の責任・・・ ・利用率が低くても担当者の責任・・・ 利用者には迷惑を掛けられない! どっちに転んでも担当者の責任!
  33. 33. 32 花火大会に例えて説明! ・会場は河川敷 (常設トイレは少数) ・数万人が訪れる (トイレは大混雑) ・常設トイレでは足りない(増設できない) ・仮設トイレは必須 (その日だけの利用)
  34. 34. 33 それでもまだAWSへの不安が・・・ ・セキュリティは大丈夫なの? ⇒ Amazonで買物してますよね・・・ ・本当にサーバの場所が分らないの? ⇒ セキュリティが大事ですよね・・・ ・サーバに物品シールを貼らないの? ⇒ サービスを利用するのですが・・・
  35. 35. 34 何とかAWSへの移行成功!
  36. 36. 35 AWS移行前は・・・ ・県庁内のサーバ室で運用 ⇒ 管理者との調整が必要・・・ ・年に1日必ず停電がある ⇒ 利用者への事前告知が必要・・・ ・保守作業は当然サーバ室 ⇒ 休日は職員も立会い・・・
  37. 37. 36 AWS移行後は~ ・安定稼動で全く問題なし! ・担当者の心的疲労軽減! ・安心して眠れる!
  38. 38. 37 AWS移行後は~ サーバ負荷のかかる情報も じ ゃ ん じ ゃ ん 公 開 !
  39. 39. 38 地質調査結果の公開
  40. 40. 39 旧版地形図を透過するように作成 ⇒ 現在の地形や空中写真との比較が可能 旧版地形図の公開
  41. 41. 40 土砂災害情報マップ 県内市町が「避難勧告・指示」を出す際の参考に使われています
  42. 42. 41 AWS移行後は~ アクセスの多そうな情報も じ ゃ ん じ ゃ ん 公 開 !
  43. 43. 42 富士山ビューポイント
  44. 44. 43出典:アットエス
  45. 45. 44 富士山防災マップ
  46. 46. 45 富士山防災マップ
  47. 47. 46 富士山防災マップへのアクセス状況 安定稼動で全く問題なし!
  48. 48. 47 AWSへの期待 SNSから予測してくれると最高! できれば・・・ 自動でスケールしてほしい! 更に・・・
  49. 49. 日 時:平成26年7月18日(金) 会 場:グランドプリンスホテル新高輪 住 所:東京都港区高輪3-13-1 緯 度(十進表記): 35.629762 経 度(十進表記):139.733528 UTMポイント :54SUE85324362 AWS Summit Tokyo2014 静岡県企画広報部 情報統計局 情報政策課 杉本直也 E-mail:naoya2_sugimoto@pref.shizuoka.lg.jp
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×