簡単WMSビューワ構築ツールEasyWMSViewの紹介(FOSS4G 2013 Tokyo)

396 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
396
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

簡単WMSビューワ構築ツールEasyWMSViewの紹介(FOSS4G 2013 Tokyo)

  1. 1. 簡単WMSビューワ構築ツール EasyWMSViewの紹介 山本直孝(防災科研/産総研), 吉川敏之,内藤一樹(産総研), 丹羽誠(オークニー(当時)), 穴見和朗,柴田充也(創夢) FOSS4G 2013 Tokyo, 2013/11/2
  2. 2. やってたこと  WebGISサービスの構築     WMS WMTS WFS ・・・ FOSS4G 2012 Tokyo
  3. 3. 見せるものも必要...  レイヤー表示のON/OFF  レイヤーの上下の入れ替え  透明度の変更  属性情報表示  凡例表示 by 丹羽さん
  4. 4. はじまり(2012.10.31-)  OpenLayers  GeoExt  MapFish w/ 岩崎さん
  5. 5. EasyWMSView 簡単WMS閲覧サイト構築ツール  PHPの変数設定とJSONだけでこれ↓が作れる タイトル レイヤー順序 デフォルト On/Off 著作権表示等 凡例表示 表示中心 ズームレベル
  6. 6. これから
  7. 7. いつでも使える? みたままの状態を持って 現地に行きたい 通信可なら その場で作図 端末に保存して 災害現場へ 印刷して 災害現場へ
  8. 8. やりたかったこと FOSS4G 2012 Tokyo
  9. 9. どこまで出来るか?  ISO 32000に既に入っている  Adobe Readerは実は対応している!  GeoPDF™  http://ekbo.blogspot.jp/2012/06/geopdf.html
  10. 10. 印刷サービス  ウェブサービスとして構築  OpenLayersのオブジェクトをそのまま渡すイ メージ  サービス側でWMS等からデータを取得  レイヤー構造としてPDFを作成  gdalを使用(XMLで定義する)
  11. 11. まとめ  EasyWMSView 1.3.1 (2013.11.1)  WMTSもサポートしました  ソフトの名前はそのまま  GetFeatureInfoによる属性表示  サムネイル画像の表示  印刷サービスは次期バージョン  もちろん,FOSSとして公開します https://sites.google.com/site/naotakayamamoto/Publications/Software/EasyWMSView
  12. 12. おまけ
  13. 13. おまけ(その1) FOSS4G 2012 Tokyo
  14. 14. GSJ.JP 新ライセンス 地質調査総合センターの研究成果情報の利用に関する 新ライセンス導入について
  15. 15. おまけ(その2)  地質図Navi正式公開  地図系データバンクのクラウドでの運用開始
  16. 16. おまけ(その3)  RSSを用いた簡易ワークフローで高次データを生 成  システムを疎結合にすることで自由な開発が可能 液状化危険度マップ 建物被害 マップなど 地震動マップ 地すべり危険度マップ <geo:lat>緯度</geo:lat> <geo:long>経度</geo:long> ・・・
  17. 17. GeoSNSNotifier 1.0公開中 https://sites.google.com/site/naotakayamamoto/Publications/Software/GeoSNSNotifier  最新情報を位置情報付きでTwitter配信  過去の情報もFacebookタイムラインに配信  市区町村レベルはあればLocation設定可能 過去の情報もタイム ライン機能で配信 最新情報を位置 情報付きで配信

×