国際標準規格を用いたASTER高温領域検出システムの開発

1,281 views

Published on

日本地球惑星科学連合2012年度連合大会 情報地球惑星科学 MGI33-06
http://www2.jpgu.org/meeting/2012/session/M-GI33.html

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,281
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
217
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

国際標準規格を用いたASTER高温領域検出システムの開発

  1. 1. 国際標準規格を用いた ASTER 高温領域検出 システムの開発山本直孝,中村良介,土田聡,岩男弘毅,浦井稔(産 総研) 日本地球惑星科学連合 2012 年度連合大会 M-GI33 情報地球惑星科学と大量データ処理 2012 年 5 月 22 日
  2. 2. ASTER センサ概要 可視近赤外ASTER とは, NASA の地 短波長赤外球観測衛星 Terra に搭載された可視近赤外( VNIR ),短波長赤外( SWIR ),熱赤外( TIR )の3つの望遠鏡を持つ経済産業省が開 熱赤外発した光学センサであり,1999年12月に打ち上げられた. センサの緒元
  3. 3. ASTER データの流れ TDRS 600Scenes/day (Tracking and Data Relay)Terra/ASTER Uplink Cmd 70GB/day AIST Network Transfer ERSDAC • DD0BD61 2/13 02:20-02:49 ERSDIS/ • DD0BD71 2/13 11:49-12:22 ASTER/GDS • NASA DD0BD81 2/13 18:32-18:59 • DD0BD91 2/14 03:34-04:02 • DD0BDA1 2/14 11:07-11:41 • DD0BDB1 2/14 18:46-19:03 Data analysis • L1PGE 2/15 15:45-17:00 • DTM prc. 2/15 15:50-20:51
  4. 4. Application Model prediction, evaluation, Alarm official announcement, etc. g in t a rm yc le m en es re lW C s te ti on n m rc gy ltu a er y a o u o u ob at os tig vir so ol ric Gl W Ec Mi En Re Ge Ag Open Geospatial Consortium (OGC) WPS CS-W WMS compliant Web Service WFS WCS SOS Data Grid & Database Federation CPU Server ASTER In-situ GIS, Map Satellite CPU Server data data dataComputing Grid Storage Grid
  5. 5. GEO Grid ポータル 時刻 位置興味対象の領域や観測時刻を指定することで,膨大な観測データの中から必要なデータを選択 する 能動的な操作が必要
  6. 6. 高温領域の例 VNIR, TIR の 10km x 10km 周囲画像 2011/08/30 08:06:38 (UT) 2011/09/05 00:31:50 (UT)(lat,lon)=(-24.558584 31.417884) (lat,lon)=(55.131382, 160.323061)南アフリカ共和国 マンイェレティゲーム カムチャッカ半島の火山保護区付近
  7. 7. システム(処理部分)の概要ブラウザ: 新規データ毎にGoogle Maps プログラムを実行 管理ノード Google Earth イベント WPS GeoRSS 検索 KML コンバータ 処理プログラム ASTER Archive イベント登録 GeoRSS Event DB CS-W 検出結果記録 DB
  8. 8. GeoRSS• RSS フィードに位置情報を追加 – <georss:point>lat lon</georss:point> – <geo:lat>lat</geo:lat>, <geo:long>lon</geo:long>• GML も可能 Google Maps に直接表示させることも出来る
  9. 9. システム(閲覧部分)の概要ブラウザ:Google Maps イベント詳細情報 (吹き出し) Google Earth Get マップ表示 Featureイベント Info検索 KML コンバータ (Google Maps Google Earth) WMS/Image WMS GeoRSS VNIR,SWIR,TIR LandCover Event DB ASTER Archive LandCover検出結果記録 DB ASTER データ DB
  10. 10. イベント検索(時空間)• OGC 規格の場合 – CS-W ・・・イベントがカタログサービスなのか ? • 規格が不安定, UI 開発コスト高 – SOS ・・・現行バージョンでは移動体の取り扱い に難がある – WFS ・・・ WFS Filter では時刻範囲が指定できな い • GeoServer の CQL なら可能だが,標準ではない• 現実解: GeoRSS 拡張 – クライアントライブラリをそのまま利用すること が可能 – 領域,時刻で検索条件指定 • TIME ・・・ WMS Time 準拠 • BBOX ・・・ WMS 準拠 • ポリゴン・・・ WFS Filter の仕様の一部に準拠
  11. 11. GoogleMaps UI イベント情報表示表示領域に合わせて動的に検索
  12. 12. イベント詳細情報 Google Earth 表 示 土地被覆図 時系 列 表示90m TIR
  13. 13. 時系列表示• GeoRSS を用いた検索により,過去のイベ ントの確認や,その後のモニタリングを 行うことが出来る. その後の モニタリング 以前との 比較
  14. 14. Google Earth• GeoRSS から KML へ変換するサービスを構 築• 吹き出しは Google Maps と同じ• スタンドアローン用 – KML サーバ接続用の最小 KML を用意 – 一度ダウンロードすれば,情報が自動的に更 新される• 領域検索は,表示範囲を用いる• 時刻検索はなし
  15. 15. kml<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?><kml xmlns="http://www.opengis.net/kml/2.2" xmlns:gx="http://www.google.com/kml/ext/2.2"> <Folder> <name>Nyouga</name> <visibility>1</visibility> <open>0</open> <description>ASTER Hotspot Detection TEST suite</description> <NetworkLink> <name>Hotspot Regions</name> <visibility>1</visibility> <open>0</open> <description></description> <refreshVisibility>0</refreshVisibility> <flyToView>0</flyToView> <Link> 動的な KML を返す <href>http://hotspot.example.org/nyouga/ge.pl</href> CGI スクリプト等 <refreshInterval>2</refreshInterval> <viewRefreshMode>onStop</viewRefreshMode> <viewRefreshTime>1</viewRefreshTime> </Link> </NetworkLink> </Folder></kml>
  16. 16. 今後の課題• 火山モニタリング(開発中) – GeoRSS/Filter を用いて対象火山のマルチポリゴン を作成して,火山近辺のイベントのみを抽出する• 検出条件に土地被覆図を利用する – 砂漠などの常に高温な地域等を土地被覆図の WMS/GetFeatureInfo を用いることで自動判定を可 能にする• 検出アルゴリズムの入れ替え方式 – 一定条件のプログラムを upload することで,定 常処理 WPS に組み込めるようにする – ASTER データの保護を行う仕組みも別途必要
  17. 17. 火山重力流シミュレーシ Energy Cone Simulationョン• 入力パラメータを WMS 上で指 定 – GetFeatureInfo• WPS で処理実行• 入力データ( DEM )は, WCS で取得• GRASS でラスタ→ベクタ変換• 結果を WMS で出力 – KML, Shapefile Mt. Melapi   AP photo ASTER
  18. 18. Science DCP• 地上観測データを用いて衛星データプロ ダクトを検証する
  19. 19. Coming Soon ?http://www.facebook.com/naotaka.yamamoto/

×