勉強会勉強会
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

勉強会勉強会

on

  • 155 views

 

Statistics

Views

Total Views
155
Views on SlideShare
154
Embed Views
1

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

1 Embed 1

http://s.deeeki.com 1

Accessibility

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

勉強会勉強会 Presentation Transcript

  • 1. 私は如何にして心配するのを 止めて社内勉強会を開催したか DeveLove関西 高橋 直樹@uniunix
  • 2. 自己紹介 名前 高橋 直樹(タカハシ ナオキ) 職業 プログラマー 職位 平社員(中途入社 多分5年目) Twitter @uniunix Blog http://uniunix.com/
  • 3. 自己紹介 興味のある技術とか: Windows, WP8, iOS, Firefox OS, Objective-C, C, Java, Scala, agile, BLE, Wi-Fi, mbed, etc.. ! ! 参加コミュニティ: わんくま同盟、関西Firefox OS勉強会、 DevLOVE関西 etc…
  • 4. お約束 本スライドの内容は個人の見解であり、 所属する組織の公式見解ではありません。 あくまで事例の一つなので、これが正解 という訳ではありません。何かの参考に なれば幸いです。
  • 5. 本日のアジェンダ • 社内の状況について • 勉強会を実施するまで • 勉強会を実施した効果 • 今後の課題等 • まとめ
  • 6. 社内の状況について
  • 7. 会社の規模等 社員数:100名前後(支社)  組織:開発一部、二部、総務課  仕事:Java、組み込み、インフラ等 ただし、開発者はほぼ全員が、客先で 常駐して業務に当たっている状況。
  • 8. 社内勉強会自体は、 数年前から既にありました。 題名からすると、自分が社内勉強会を 始めたように見えるかもしれませんが、 実は・・・
  • 9. 月に一度、帰社日があり、その日に 合わせて、1時間程度のスクール形式 の勉強会が行われていました。
  • 10. 良かった点 • 講師役以外の参加が受動的 • 制約が多く成果が見えにくい 気になっていた 点 • 勉強会の環境がある • IT技術以外も学べる
  • 11. 勉強会を実施するまで
  • 12. 能動的に参加してもらうには? 成果が見えるようにするには? ワークショップやハンズオン形式の勉強会 を、希望者を募って実施すれば良いのでは?
  • 13. そんな時に参加した、DevLOVE関西のイベ ントで、会社で実施したい等の相談にもの るとの話が。 行くしかない!
  • 14. それからの流れ・・・ 1. 上司に相談する 2. 参加者を募る 3. 費用について 4. 開催日の調整 5. 事前打ち合わせ 6. 懇親会の準備 7. そして当日へ
  • 15. 上司に相談する • 自社の会議室で開催可能か? • 当日の責任者は? • 費用はだれが負担するのか? • 勤怠を付けるか?
  • 16. 参加者を募る • 社内報を利用して募集する • 合った際に直接聞いてみる • メールで確認する
  • 17. 費用について • 講師の方に費用の確認 • 上司に会社で負担できるか確認 • 参加者に負担できるか確認
  • 18. 開催日の調整 • 講師の方に可能な日を確認 • 参加希望者に予定を確認 • できるだけ、全員参加可能な日を選ぶ
  • 19. 事前打ち合わせ • 勉強会の目的をきちんと話す • 当日必要なもの(紙、ペン等)の確認 • チーム分け等があれば決めておく
  • 20. 懇親会の準備 • 予算3500円くらいで・・・ • 人数が変わってもオッケーな店 • 全員(講師の方含む)に参加確認
  • 21. そして当日へ • 必要なら、机の配置等を変更 • ペンや付箋、印刷物の準備 • 欠席者は多分居るので、居た場合の準備 後は、しっかり楽しむ!
  • 22. 勉強会を実施した効果
  • 23. 何が変わったか? • 外部講師を呼ぶ事例が社内にできた • 能動的に参加してくれるメンバー 一度事例を作る事により、「何が可能」で「何が出 来ないか」の線引きが出来たので、社内に講師を招 く形式の勉強会がし易くなった。 15名程度ですが、直接声を掛ける等すれば勉強会 が成り立つくらいの人数が集まってくれる事が分かっ た。
  • 24. 何が変わらなかったか? • 勉強会の内容を現場に活かせていない 勉強会で学んだ内容について、受託や常駐の現場 で活かせていない。  • 一回のみの実施で後が続いていない 外部から講師に着てもらった事例が1度のみで、 後が続いていない。または、他の社員からそんな 声が上がらない。
  • 25. 自分に対して • 自信をもてた • 交流が増えた 中途入社という事もあり、あまり目立とうという 考えは無かったが、少し積極的に頑張ろうという 考えが持て、会社に対する姿勢が変わった。 社内で勉強会をやるだけでなく、外部のコミュニ ティへも積極的に顔を出すようになり、顔見知り が増えた。
  • 26. 今後の課題
  • 27. 継続する • 勉強会を続けて行く 外部から講師を呼ぶ形式の勉強会も含め、参加する 意思のあるメンバーが積極的に学べる場を提供して 行く。 ! 続けて行く事により、社内に勉強会の文化を根付か せ、他のメンバーからも同じような事をしたい!と いう声が上がる事を期待。
  • 28. 今後やりたいこと • 若手が勉強会を開く手伝い 経験10年以上のベテランではなく、入社2∼3 年の若手が積極的に勉強会を開けるような環境を。 • 内部から外部へ公開する 会社発の勉強会を、社外へも公開し、IT業界へ貢 献。
  • 29. まとめ
  • 30. • メンバーを集めは直接声がけ • 定期的に継続していく • 文化として勉強会を定着させる • まずは始める
  • 31. ご清聴、ありがとうございました。