ここまで進歩した
Microsoftの
SaaSソリューション
ナ
オ
キ
日直
Supported By BPStudy#80
• ITインフラがレガシーな企業例
• Office 365概要
• ~利用者観点~
• ~IT管理者観点~
• ~開発者とSE観点~
• Windows Intune概要
• Dynamics CRM概要
• まとめ
本日の連絡事項
不安要素は数多くある
• WindowsとOfficeライセンス管理と顧客管理はExcel
• ウイルス対策ソフトは物理端末のみ
• 壊れやすいHDD暗号化
• 使いづらいWeb会議システム
• POPのみのメールサーバー!?
• 確実なバック...
Office 365概要
利用者観点
今一押しです
• Officeクライアントとクラウドサービス群
• さまざまなプランに分かれてる
• Azureに負けない頻度でバージョンアップ実施中
Office 365概要
今一押しです
• Office 365は追加学習コストが少ない
• 新規で覚えるのはLyncの使い方のみ
• 端末移行が信じられないほど簡易的
• データを意識しなくていい
• Officeクライアントを5台までインストールできる
• ※E3プ...
いずれもバックアップ
不要!
• Exchange Online
• 予定表も管理できるメールサーバー!
• SharePoint Online
• 共有ファイルと情報共有のポータルサイト!
• Lync Online
• 在席管理+チャット+...
Exchange Online概要
メールサーバーで設備スケジュール管理まで!
• メーラーとしてはアレでも統合ツールとしては最優秀
良くも悪くもOutlookから離れられなくなる
Office 365
レガシー環境
Outlookの予定表共有で
簡単に調整できる!
調整の労力を大幅に削減
打合の事前調整
をしなくては!
...
SharePoint Online概要
YammerもOneDrive Proもこれ!
• クラウド上にあるのでどこからでもアクセス可能!
• 外出SEや担当者の強力な味方
• メールの添付ファイル置き場に活用!
• 送付先を間違えても
社外の人からはアクセスできない!
• 社内に限り添付ファイルの暗号化も不要!
SharePoi...
• OneDrive Pro(Dropboxの様な物)が
個人単位で25GB利用
• 4月末に一人当たり1TB利用に拡張されることが発表された。
(拡張時期は近々らしい)
• Yammer Enterprise(企業内ソーシャル)が利用可能
•...
Lync Online概要
在席管理やWeb会議を実現
• 相手の応答状態、在席状態を見た上でのコミュニケ―
ションの実現!
• 拠点やフロアを意識しないコミュニケーション
Lync Onlineの特徴
青木さん
尾崎君
連絡可能
会議中
九州支店青木さんは
連絡可能だ!
インスタント メッセージで...
• Office 365は入れて終わりではない!
• むしろ入れてからが本番…
• 現場の社員が主役のソリューションであるため教育は
必須!
• それに伴う管理や開発提案が展開できる
非常に重要なポイント!
Office 365概要
管理者観点
Google Apps? Office 365?
Office 365 Google Apps
メール・カレンダー機能 Exchange Online Gmail / Google Calendar
情報共有サイト機能 SharePoint O...
有事の際の準拠法は??
Google Apps
http://www.google.co.jp/apps/intl/ja/terms/premier_terms.html
カルフォルニア州法 カリフォルニア州サンタクララ郡の裁判所
Office...
• Officeライセンス管理からの解放
※E3プラン
• サービスリクエストの質の高さ
• Active Directory連携によるID管理
• 複数プランを組み合わせ可能
Office 365におけるIT管理者のメリット
• 異様なまでの進化のスピード
• 基盤は同じでも機能強化の速度が凄まじい!が、管理者の手によるメンテ不要!!!
• 例
• メールサーバーの個人領域が25GB→50GBへ
• Exchange Onlineに階層型アドレス帳が導入
• Off...
Windows Server 概要
Active Directory大事
Office 365導入前のワンポイント
• ご存じWindowsのサーバー製品
• Active Directoryを中心にエンタープライズで使える機
能、プライベートクラウド環境構築を容易に実現!
• Active DirectoryがあればOffice 365の管理がとても楽
W...
ADFS建てる時は必ず冗長化を!!!
• オンプレミスとクラウドのID統合管理ができる
• オンプレ設定だけできればクラウドに自動反映
(パスワードも)
• ADFS入れたらSSOも、デバイス管理も出来ちゃいます
Office 365とActi...
Office 365で
お金を稼げるポイント
Office 365概要
Office 365概要~開発者とSE観点~
• Office 365を導入するSI費用(コンサル兼設計)
• Office 365導入後の報酬
• 新規購入時に、 12% の成約報酬を獲得(購入合計金額に基づいて算定)
• 購入企業ごとに 6% の定期報酬が発生。
• Office 36...
• Exchange Online
• Exchange Web Services (http://msdn.microsoft.com/ja-JP/office/dn448484)
• SharePoint Online
• SharePoi...
Windows Intune概要
資産管理とウイルス対策を纏めて実施
iOS/Android/Surfaceもいける
Windows Intune単体活用時
Windows IntuneとSCCM活用時
ID管理は本当に便利!
• ユーザーが複数端末保有、仮想化環境を保有してい
る場合のウイルス対策ソフトとしては格安
• 社内共有基幹ソフトの配布
• 端末インベントリ取得やWindows Updateの強制適用
• Office 365使用時の...
Dynamics CRM概要
Salesforce以外にもある選択肢
業務内容が濃密でも
業務の品質向上には結びつきづらい
顧客情報を拠点毎に独自で抱えている
物件ごとの詳細情報を必要な時に入手しづらい
案件ごとに稼働後、アプローチ後のケアが担当者に依存
している(失念する事もある)
営業・SEともに引継ぎに時間...
業務内容が濃密でも
業務の品質向上には結びつきづらい
• 顧客情報の管理
• 営業活動の記録・管理
• 保守対応の記録・管理
Dynamics CRMはこんな機能を持つ!
メリット デメリット
全社的な顧客管理を実現 ○ -
担当の引継ぎが容易 ○ -
全社的なノウハウ蓄積と顧客
情報の共有を実現
○ -
営業活動の見える化 ○ -
グラフや表でアクティブな状況
を一目で視認可能
○ -
入力の手間が増える - ...
Salesforce Dynamics CRM
価格 15,000/月 5,340円/月
Office連携 ○ Office 365とガッツリ連携
開発による拡張 ○ ○
オンプレミス提供 - ○
SSO ○ ○
Dynamics CRMはこん...
• コスト削減にはつながります
Microsoftパートナーである必要がある!
Silver コンピテンシー Gold コンピテンシー
資格条件
マイクロソフト認定技術者 2 名
またはテスト済み製品の保有
マイクロソフト認定技術者 4 名
ま...
• WindowsとOfficeライセンス管理から解放!
• どこでも仕事がし易くなる!?
• 高機能なWeb会議システム
• クラウド環境の活用によりバックアップ容量も削減!
• ウイルス対策ソフトや資産管理もOK
• 顧客管理を徹底する事で...
Office 365はGoogle Appsと並ぶ2大ビジネス基盤ソリュー
ションとなり得る
Windows IntuneでMDM+ウイルス対策!
まずは導入検討し、導入して、管理して実際にソリュー
ションを開発する事で社内だけでなくお客様にも...
ここまで進歩したMicrosoftのSaaSソリューション   公開用
ここまで進歩したMicrosoftのSaaSソリューション   公開用
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

ここまで進歩したMicrosoftのSaaSソリューション 公開用

792 views
660 views

Published on

4月25日にBeProud Study #80にて話した内容です。4月末に発表されたOneDrive 1TB拡張に関しても記載しています。

過去の資料とほぼ同じである点ご了承ください。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
792
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
104
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ここまで進歩したMicrosoftのSaaSソリューション 公開用

  1. 1. ここまで進歩した Microsoftの SaaSソリューション ナ オ キ 日直 Supported By BPStudy#80
  2. 2. • ITインフラがレガシーな企業例 • Office 365概要 • ~利用者観点~ • ~IT管理者観点~ • ~開発者とSE観点~ • Windows Intune概要 • Dynamics CRM概要 • まとめ 本日の連絡事項
  3. 3. 不安要素は数多くある • WindowsとOfficeライセンス管理と顧客管理はExcel • ウイルス対策ソフトは物理端末のみ • 壊れやすいHDD暗号化 • 使いづらいWeb会議システム • POPのみのメールサーバー!? • 確実なバックアップが取れているか不安(リストア本当にできる?) • 拠点間VPN経由でのサーバーアクセスが重い! ITインフラがレガシーな企業例 レガシー
  4. 4. Office 365概要 利用者観点
  5. 5. 今一押しです • Officeクライアントとクラウドサービス群 • さまざまなプランに分かれてる • Azureに負けない頻度でバージョンアップ実施中 Office 365概要
  6. 6. 今一押しです • Office 365は追加学習コストが少ない • 新規で覚えるのはLyncの使い方のみ • 端末移行が信じられないほど簡易的 • データを意識しなくていい • Officeクライアントを5台までインストールできる • ※E3プランに限る • MicrosoftのIT基盤ソリューションが色々付加価値として提 供されている(Excelアドイン/MS Project/Dynamics CRM/Windows Azure Active Directory) Office 365最大の特徴
  7. 7. いずれもバックアップ 不要! • Exchange Online • 予定表も管理できるメールサーバー! • SharePoint Online • 共有ファイルと情報共有のポータルサイト! • Lync Online • 在席管理+チャット+Web会議! • Office Professional Plus • 最新版のOfficeの最上位版をインストール! Office 365最大の特徴
  8. 8. Exchange Online概要 メールサーバーで設備スケジュール管理まで!
  9. 9. • メーラーとしてはアレでも統合ツールとしては最優秀 良くも悪くもOutlookから離れられなくなる Office 365 レガシー環境 Outlookの予定表共有で 簡単に調整できる! 調整の労力を大幅に削減 打合の事前調整 をしなくては! 事前調整に必要な事 • 参加予定者の時間確保 • 場所の確保
  10. 10. SharePoint Online概要 YammerもOneDrive Proもこれ!
  11. 11. • クラウド上にあるのでどこからでもアクセス可能! • 外出SEや担当者の強力な味方 • メールの添付ファイル置き場に活用! • 送付先を間違えても 社外の人からはアクセスできない! • 社内に限り添付ファイルの暗号化も不要! SharePoint Onlineの特徴~深いのであっさり~
  12. 12. • OneDrive Pro(Dropboxの様な物)が 個人単位で25GB利用 • 4月末に一人当たり1TB利用に拡張されることが発表された。 (拡張時期は近々らしい) • Yammer Enterprise(企業内ソーシャル)が利用可能 • ※SharePoint Onlineプラン1以降で無料で利用可能 SharePoint Onlineの特徴~深いのであっさり~
  13. 13. Lync Online概要 在席管理やWeb会議を実現
  14. 14. • 相手の応答状態、在席状態を見た上でのコミュニケ― ションの実現! • 拠点やフロアを意識しないコミュニケーション Lync Onlineの特徴 青木さん 尾崎君 連絡可能 会議中 九州支店青木さんは 連絡可能だ! インスタント メッセージで 連絡してみよう。 東京支店の尾崎君は会議中かぁ。 メールを送っておこう!
  15. 15. • Office 365は入れて終わりではない! • むしろ入れてからが本番… • 現場の社員が主役のソリューションであるため教育は 必須! • それに伴う管理や開発提案が展開できる 非常に重要なポイント!
  16. 16. Office 365概要 管理者観点
  17. 17. Google Apps? Office 365? Office 365 Google Apps メール・カレンダー機能 Exchange Online Gmail / Google Calendar 情報共有サイト機能 SharePoint Online Office Web App Google Sites / Google Docs / Google Drive マッシュアップアプリ開発 Napa Google Apps Script 在籍管理、IM、Web会議機能 Lync Online Google Hangout Active Directoryを用いたSSO ADFS 2.0 ADFS 2.0など SLA 99.9% 99.9% クライアント Office 最新版を5ライセンス 無 導入社数 25万社以上 500万社以上 準拠法 日本法 カルフォルニア州法 価格 1800円/一人月 年間21,600円 600円/一人月 年間6,000円
  18. 18. 有事の際の準拠法は?? Google Apps http://www.google.co.jp/apps/intl/ja/terms/premier_terms.html カルフォルニア州法 カリフォルニア州サンタクララ郡の裁判所 Office 365 http://www.microsoft.com/ja- jp/business/enterprise/ecc/article/cxo1303_global-it-infra.aspx 日本法 東京地方裁判所 Google Apps? Office 365?
  19. 19. • Officeライセンス管理からの解放 ※E3プラン • サービスリクエストの質の高さ • Active Directory連携によるID管理 • 複数プランを組み合わせ可能 Office 365におけるIT管理者のメリット
  20. 20. • 異様なまでの進化のスピード • 基盤は同じでも機能強化の速度が凄まじい!が、管理者の手によるメンテ不要!!! • 例 • メールサーバーの個人領域が25GB→50GBへ • Exchange Onlineに階層型アドレス帳が導入 • Office 2013の小まめなバージョンアップ • SkyDrive Pro→OneDrive Proへ(ただの名前変更) • Yammer Enterpriseの利用開始 • OneDrive Proの容量 7GB→25GB→1TB New Office 365におけるIT管理者のメリット
  21. 21. Windows Server 概要 Active Directory大事 Office 365導入前のワンポイント
  22. 22. • ご存じWindowsのサーバー製品 • Active Directoryを中心にエンタープライズで使える機 能、プライベートクラウド環境構築を容易に実現! • Active DirectoryがあればOffice 365の管理がとても楽 Windows Server 2012 R2超概要 超重要な 基盤
  23. 23. ADFS建てる時は必ず冗長化を!!! • オンプレミスとクラウドのID統合管理ができる • オンプレ設定だけできればクラウドに自動反映 (パスワードも) • ADFS入れたらSSOも、デバイス管理も出来ちゃいます Office 365とActive Directoryの関係
  24. 24. Office 365で お金を稼げるポイント
  25. 25. Office 365概要 Office 365概要~開発者とSE観点~
  26. 26. • Office 365を導入するSI費用(コンサル兼設計) • Office 365導入後の報酬 • 新規購入時に、 12% の成約報酬を獲得(購入合計金額に基づいて算定) • 購入企業ごとに 6% の定期報酬が発生。 • Office 365に関するソリューション提供 大きく分けて3つ
  27. 27. • Exchange Online • Exchange Web Services (http://msdn.microsoft.com/ja-JP/office/dn448484) • SharePoint Online • SharePoint Online SDK(http://msdn.microsoft.com/ja-JP/office/dn448478) • Napa Office 365開発ツール • yammer API • Lync Online • Lync 2013 SDK(http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=36824) • Office拡張ソリューション • VSTO or Apps for Office • Office 365 APIs Preview Office 365に関するソリューション提供
  28. 28. Windows Intune概要 資産管理とウイルス対策を纏めて実施 iOS/Android/Surfaceもいける
  29. 29. Windows Intune単体活用時
  30. 30. Windows IntuneとSCCM活用時
  31. 31. ID管理は本当に便利! • ユーザーが複数端末保有、仮想化環境を保有してい る場合のウイルス対策ソフトとしては格安 • 社内共有基幹ソフトの配布 • 端末インベントリ取得やWindows Updateの強制適用 • Office 365使用時のID統合 Windows Intuneはこんな時に嬉しい
  32. 32. Dynamics CRM概要 Salesforce以外にもある選択肢
  33. 33. 業務内容が濃密でも 業務の品質向上には結びつきづらい 顧客情報を拠点毎に独自で抱えている 物件ごとの詳細情報を必要な時に入手しづらい 案件ごとに稼働後、アプローチ後のケアが担当者に依存 している(失念する事もある) 営業・SEともに引継ぎに時間がかかる Dynamics CRMはこんな課題を解決!
  34. 34. 業務内容が濃密でも 業務の品質向上には結びつきづらい • 顧客情報の管理 • 営業活動の記録・管理 • 保守対応の記録・管理 Dynamics CRMはこんな機能を持つ!
  35. 35. メリット デメリット 全社的な顧客管理を実現 ○ - 担当の引継ぎが容易 ○ - 全社的なノウハウ蓄積と顧客 情報の共有を実現 ○ - 営業活動の見える化 ○ - グラフや表でアクティブな状況 を一目で視認可能 ○ - 入力の手間が増える - △ ネットワーク接続が必須 - △ コスト - ○ Dynamics CRMはこんな機能を持つ!
  36. 36. Salesforce Dynamics CRM 価格 15,000/月 5,340円/月 Office連携 ○ Office 365とガッツリ連携 開発による拡張 ○ ○ オンプレミス提供 - ○ SSO ○ ○ Dynamics CRMはこんな機能を持つ!
  37. 37. • コスト削減にはつながります Microsoftパートナーである必要がある! Silver コンピテンシー Gold コンピテンシー 資格条件 マイクロソフト認定技術者 2 名 またはテスト済み製品の保有 マイクロソフト認定技術者 4 名 または上位テスト済み製品の保有 アセスメント合格 ボリューム ライセンス オンライン アセスメントに合格した社員 1 名 セールス & マーケティング オンライン アセス メントに合格した社員 1 名 ボリューム ライセンス オンライン アセスメントに合格した社員 1 名 セールス & マーケティング オンライン アセス メントに合格した社員 2 名 顧客事例条件 顧客事例 3 件 顧客事例 5 件 顧客満足度 (CSAT) 調査への参加 年会費 年会費: 224,000 円 (税抜) 年会費: 425,000 円 (税抜)
  38. 38. • WindowsとOfficeライセンス管理から解放! • どこでも仕事がし易くなる!? • 高機能なWeb会議システム • クラウド環境の活用によりバックアップ容量も削減! • ウイルス対策ソフトや資産管理もOK • 顧客管理を徹底する事で満足度向上へ! MicrosoftのSaaS導入後の企業 大幅改善
  39. 39. Office 365はGoogle Appsと並ぶ2大ビジネス基盤ソリュー ションとなり得る Windows IntuneでMDM+ウイルス対策! まずは導入検討し、導入して、管理して実際にソリュー ションを開発する事で社内だけでなくお客様にも多大な 価値を提案できるでしょう まとめ

×