Research ecosystem pdf

367 views
333 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
367
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Research ecosystem pdf

  1. 1. Learningful Organization 研究のエコシステムを創りつつ、探究する Jun Nakahara The University of Tokyo12年9月18日火曜日
  2. 2. 68400時間12年9月18日火曜日
  3. 3. 68400時間 生涯、企業・組織で人が過ごす時間 初等・中等教育は14000時間12年9月18日火曜日
  4. 4. My Research is... 「68400時間」の学習研究 職場でビジネスパーソンはいかに学び、 仕事ができるようになるか? マネジャーはいかに部下の仕事・学びを促進 することができるのか?12年9月18日火曜日
  5. 5. 今から10年前 きっかけになった 3つの問題12年9月18日火曜日
  6. 6.  ①A.G.O.C問題12年9月18日火曜日
  7. 7. After Gakui Owa-Con Problem • 学位取得後の安住と挑戦回避傾向 • 海外大学院で問題化 • 学位取得後(After Gakui) 「新たな挑戦」に及び腰になる • 重箱の隅をつつく社会的意義の失われた研究 (終わコン: 終わったコンテンツ:Owa- Con)を再生産する • 僕は「終わコン」をつくりたくない12年9月18日火曜日
  8. 8. ②Deliverable問題12年9月18日火曜日
  9. 9. 社会と学問を考える 2つの発想法 • Doable(ドゥアブル)発想 • わたしは∼できる / している • わたしには∼研究ができる / している • Deliverable(デリバラブル)発想 • わたしは∼することで∼をもたらしている • わたしは∼研究することで∼もたらしている12年9月18日火曜日
  10. 10. デリバラブルを考える問い もし仮に、あなたの研究が明日なく なったとしたら、 世の中の「何」が変わりますか?12年9月18日火曜日
  11. 11. ③アントレプレナー問題12年9月18日火曜日
  12. 12. 学問の世界にも • ベンチャー • エスタブリッシュ 知的体系と階層なき世界 既に体系と階層の 決まった世界12年9月18日火曜日
  13. 13. • エスタブリッシュ 誰かのつくった「知的体系」 の一部を担うのか? • ベンチャー 自分自身で「知的体系」を つくりあげるのか?12年9月18日火曜日
  14. 14. 10年前、27歳だった僕は、 ①終わコンメイカーになりたくない ②デリバラブルな研究がしたい ③ベンチャーで行きたい もちろん「研究者かくあるべし」という 一律の規範を述べたいわけじゃない12年9月18日火曜日
  15. 15. ていっても、何やんのよ? Self 自分の興味関心 がもてて持続でき そうなこと 今まであまり手 社会的ニーズのあ をつけられてな ること いこと Needs Originality12年9月18日火曜日
  16. 16. えっ、まさか企業やんの? • 働くホワイトカラー(≠専門職 ≠製造業) • 眉をひそめる企業=教育業界の「聖性」信仰 • Learningful Organization • メリトクラシー • 教育課程修了後、仕事にとって必要なこと は企業の中で学ばれている12年9月18日火曜日
  17. 17. やろうと思っても誰もでき ない本当の理由は • 企業の経営者・人事担当者・マネジャ ーとのリレーションを保てないこと • エコシステムがないこと (リソース・情報の循環関係)12年9月18日火曜日
  18. 18. あとで喋るので はしょりますが 地道な、地道な、地を うような 活動と、実務家・共同研究者・大学院生ら とのコラボによって12年9月18日火曜日
  19. 19. 単著「職場学習論」 共著「職場学習の探究」 単著「経営学習論」 東京大学出版会 生産性出版 東京大学出版会 論文:中原淳(2012)学習環境としての職場. 日本労働研究雑誌12年9月18日火曜日
  20. 20. 今日本当にお伝えしたいこと は「わたしの研究の詳細」 ではない どうやって社会とつながり新 たな領域を切り開くのか?12年9月18日火曜日
  21. 21. ②自分を知らせる:Storyful Textをつくる • 企業の人にとって「学習」研究 はストレンジャー • まずは自分たち(学習理論) を知ってもらう • 企業の事例、企業のス トーリーを徹底的に抽出 「それってあるある」 そこから学習理論が語り直 されている12年9月18日火曜日
  22. 22. 12年9月18日火曜日
  23. 23. ③出会いをつくる:Learning bar • 企業の人事担当者を対象に したイベント「Learning bar」 • 対話を中心としたイベント よくあるセミナーの ①聞く②聞く③聞く④帰る を超える12年9月18日火曜日
  24. 24. 12年9月18日火曜日
  25. 25. しばらくすると・・・12年9月18日火曜日
  26. 26. イノベータに続き、アーリーアダプター12年9月18日火曜日
  27. 27. ④コミュニティメディアになる • マスメディアの話題に なりようのない規模 • コミュニティ メディアをつくる • 興味関心の持続 潜在層への働きかけ • Nakahara-Lab blog Nakahara-lab M@il Maga Twitter : nakaharajun Facebook : nakaharajun12年9月18日火曜日
  28. 28. 12年9月18日火曜日
  29. 29. ⑤みんなでプラットフォームをつくる • 人事責任者、研究者で 「自腹」で創った非営 利型・一般社団法人 • 1人1ラボ時代:実務家 も、研究者も、それぞ れが「ラボ」をもって 探究・イベントを行う12年9月18日火曜日
  30. 30. 知識生産の2つの様式:M.ギボンスのモード論• モード1の科学 • モードⅡの科学 • 同業者の関心 • 社会的の関心 • 研究者個人で生産 • 異領域の研究者 実務家と研究者 • 同業者の相互評価 コラボレーション • 同業者のみに流通 • 社会に流通モードIIの駆動 : 実務家と研究者のエコシステム12年9月18日火曜日
  31. 31. Emerging Research Eco-system Researchを生み出すためのエコシステム 共同研究の成果12年9月18日火曜日
  32. 32. 結局、二律背反ではない エコシステムをつくるから 研究ができる 研究を生み出せるから エコシステムを維持できる12年9月18日火曜日
  33. 33. 昔からあったよね 1980年代:郵便・月刊誌でつながる 1990年代初頭:パソ通でつながる 2000年代:ソーシャルメディア 「研究者」「メディア」「実務家」 エコシステム12年9月18日火曜日
  34. 34. まだ道半ば・・・ 道の先には何が待ち受けているか? 「幸せな未来」か、「地獄」か12年9月18日火曜日
  35. 35. Take Risk! リスク論の智慧:「リスクゼロの地平」はない 変化の時代にあっては 「リスクをとらないこと」もリスク12年9月18日火曜日
  36. 36. みんなが向こうに走るなら12年9月18日火曜日 逆向きに進路を取れ!
  37. 37. 12年9月18日火曜日

×