Your SlideShare is downloading. ×
20090930ハーマンミラーハンドアウト
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

20090930ハーマンミラーハンドアウト

572

Published on

Handout for a seminar of "IDEA CAMP" at Herman-Miller Japan in 2009/09/30. "IDEA CAMP" is a new kind of work-style, please check our website http://www.ideacamp.jp/ .

Handout for a seminar of "IDEA CAMP" at Herman-Miller Japan in 2009/09/30. "IDEA CAMP" is a new kind of work-style, please check our website http://www.ideacamp.jp/ .

Published in: Education, Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
572
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. オフィスを離れ、みんなで発想のキャンプに出かけよう
  • 2. - メンバー - 中西泰人(慶應義塾大学 インタラクションデザイン) - 馬場正尊(建築家・Open-A代表、東京R不動産ディレクター) - 岩嵜博論(博報堂 コンサルタント/イノベーション・ラボ研究員) - 佐藤益大(博報堂 デザイナー・アートディレクター)ECIFFO #51-53 POST-OFFICE 東京R不動産 博報堂 ブランドデザインテクノロジーフロンティア ワークスペース改造計画 http://www.realtokyoestate.co.jp/ http://www.h-branddesign.com/•エンタープライズ2.0がコミュニケーションを拡張する,No. 52(SNS, WIkiの話)
  • 3. キャンプ アイデアキャンプ自分たちで整える 野外生活の環境 自分たちで整える 発想支援の環境 キャンプ道具を準備する -- 文房具を準備する 計画する 計画する ----- ----- 出発・サイトを設営 出発・サイトを設営 ----- ----- 料理する・食べる 料理する・食べる 自然の中で過ごす + 発想する ----- ----- 撤収・帰る 撤収・帰る ----- ----- 道具のメンテナンス 道具のメンテナンス 思い出を記録する + アイデアを検証する『自然の中で過ごす時間を楽しむ』 『発想する時間を楽しむ』
  • 4. いろんなサイズの紙を持って
  • 5. オフィスの外へでかけ
  • 6. 楽しみながら発想するワークスタイル
  • 7. 都市に広がるワークプレイス 個人・分散・自主的 広義のワークプレイス    住宅の居間 電車の中 SOHO固定 アイデア 可動指定 これまでのオフィス レンタル キャンプ 選択可 オフィス 狭義の ワークプレイス サテライト オフィス 名古屋大学 恒川和久 ワークプレイスとコミュニケーション建築計画学の視点から 日本建築学会大会 集団・集中・管理的 情報システム技術部門研究協議会 発表資料より改変
  • 8. 都市に広がるワークプレイスを ることから始めみてほしい。自分の ワークデザインのポイント ワークデザインのポイントる。 仕事の状況を考慮して、誰とどのタれ イミングで打合せをもつべきか、自っ 分の考えをまとめる作業とコラボレ 相互作用の活性化 相互作用の活性化 偶発的な出会いの演出 〈INTERACTION〉 非同期のコミュニケーション多 ーションをどう組み合わせるべきか、 インフォーマルコミュニケーションら そして、これが重要なのであるが、そ コミュニケーションのチャンネル&ボリューム調整 情報ツールによる活性化や れらの作業を行う最適の場所はどこ再 かを考える。このようにして自分の 可視化 可視化 活動の可視化作 働き方を総合的にデザインすること 〈VISUALIZATION〉 能力の可視化に が、ワークデザインの始まりである。 仕事の可視化し これまでは、与えられたスペースをン 疑うことなく、漠然とやっていたこ 発想支援 発想支援 チームスペースと個人スペースの融合 〈INSPIRATION TRIGGER〉 雰囲気を和らげるり とである。果たして、そのスペースは 関係を変える換 自分の仕事に最適の環境であったか 気分転換れ を再考してみて欲しい。自分のオフ 刺激情報の提供適 ィスの中にも、探せば結構選択肢はか。 あるものだ。都市に出れば選択肢は 経験の資産化 経験の資源化 会議の記録 〈TRACKING〉 インタビュー・観察よ 更に広がる。是非、実践してみて欲し 資料の効率的な蓄積・閲覧つ い。場所の最適化を計ることが仕事き にとても効果的であることが分かるか はずだ。そして、考えるタイムスパンと を一日から一週間、一ヶ月、一年と広 最後に、働く環境と人間の関係に関 ギャップが生まれてしまったようにほ げていくことで、ワークデザインの する考え方を示しておきたい。これ 思う。ワークデザインに際して、人をも レベルが上がっていくことになる。 までの働く環境つまりオフィスと人 感情や感性を持ち日々変化する生きく ここまでが個人レベルのワークデザ の関係はスタティックに捉えられる 物として捉え、オフィス空間と人の
  • 9. - とりあえずをたくさん  :手書き - 操作の容易さ- 多様さと切り替えの柔軟さ:いろいろなサイズの紙 - 表現形式・操作 - グループサイズ 思考の外在化 表現形式と操作 表現形式・操作・レベルのFlexibility
  • 10. 意識的な練習・意識的なプレー=発想技法考える:個も組織も - グループサイズの切り替え
  • 11. オフィスの外へ:キャンプの3つの意味 キャンプ 野外 フィールド 自然 練習
  • 12. 仮設の空間・セルフビルド
  • 13. コレクティブ 個人・分散・自主的 コネクティブcollective connective 広義のワークプレイス    住宅の居間 電車の中 SOHO 固定 アイデア 可動 指定 これまでのオフィス レンタル キャンプ 選択可 オフィス 狭義の ワークプレイス サテライト オフィス 収束的思考 発散的思考 組織的分業 集団・集中・管理的 接続的創造正しく・マジメに 楽しく・遊戯的 守備 攻撃
  • 14. 組織デザイン 分業 ・ フィールド・現場でキャンプ戦略形成 自然の中でキャンプ ・人材育成 練習としてのキャンプ
  • 15.  http://www.ideacamp.jp/

×