• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
Apache 2.4 ChangeLog at 闇Webサーバ勉強会#5
 

Apache 2.4 ChangeLog at 闇Webサーバ勉強会#5

on

  • 3,822 views

 

Statistics

Views

Total Views
3,822
Views on SlideShare
2,842
Embed Views
980

Actions

Likes
3
Downloads
15
Comments
0

6 Embeds 980

http://www.sssg.org 951
https://wiki.t-ree.com 17
http://webcache.googleusercontent.com 9
http://feedproxy.google.com 1
http://us-w1.rockmelt.com 1
http://feeds.feedburner.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Apple Keynote

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n

Apache 2.4 ChangeLog at 闇Webサーバ勉強会#5 Apache 2.4 ChangeLog at 闇Webサーバ勉強会#5 Presentation Transcript

  • Apache 2.4 Changelog 2012/03/29 @n0ts 闇Webサーバ勉強会#5
  • http://httpd.apache.org/docs/trunk/new_features_2_4.html
  • の一部翻訳です
  • コアまわり
  • MPM• 複数のMPMをコンパイルするときにビ ルドできるようになった• 実行するときにMPMを選択することが できる
  • Event MPM• Event MPMから実験的フラグが外れた• フル機能をサポートしている
  • 非同期処理のサポート• MPMとOSがサポートしている非同期書 き込み/読み込みをサポート
  • LogLevelディレクティブ• LogLevelディレクティブをモジュール、 ディレクトリごとに設定できるように なった• debugログレベルの上にtrace1とtrace8の 新しいレベルが追加された
  • リクエストごとの設定• <If> <ElseIf> <Else> ディレクティブをリ クエストベースで設定できるように なった
  • <If “-z req(‘Host’)”><If "%{QUERY_STRING} =~ /(delete|commit)=.*?elem/">
  • パーサー• SetEnvIfExpr RewriteCond Header <If>の ようなディレクティブに共通のシン タックスを使った特殊な設定が可能に なった• http://httpd.apache.org/docs/trunk/ expr.html
  • KeepAliveTimeout• KeepAliveTimeoutディレクティブにミリ 秒を設定できるようになった
  • NameVirtualHost• NameVirtualHostディレクティブは非推 奨になった
  • 上書き設定• 新しいAllowOverrideListディレクティブ により、.htaccessファイルによって許可 されているディレクティブを許可でき るようになった
  • 設定ファイル変数• Defineディレクティブに変数も設定可能 になった
  • メモリ使用量の減少• 2.4.xでのたくさんの機能が増えたけれ ど、2.2.xよりメモリ使用量は減少した
  • 新しいモジュールたち1• mod_proxy_fcgi • FastCGIプロトコルのmod_proxy用のバックエンド• mod_proxy_scgi • SCGIプロトコルのmod_proxy用のバックエンド• mod_proxy_express • mod_proxy用の動的なリバースプロキシ設定• mod_remote_ip • クライアントのIPアドレスを置換する
  • 新しいモジュールたち2• mod_heartmonitor, mod_lbmethod_heatbeat • mod_proxy_balancerに対してバックエンドサーバ上の実際のコ ネクションをベースに振り分けを決定できる• mod_proxy_html • 3rdパーティモジュールとして有名なものをベースにして、リ バースプロキシのシュミレーション上のHTMLリンクを置換す る• mod_sed • mod_substitueを高機能にして置換したもの、sedをフル機能に よりレスポンスボディを編集することができる
  • 新しいモジュールたち3• mod_auth_form • フォームベースの認証を許可する• mod_session • クッキーあるいはデータベースを使ったクライアントの セッション状態を保存する• mod_allowmethods • HTTPメソッドを制限できる• mod_lua • httpd内部にLuna言語を組み込める
  • 新しいモジュールたち4• mod_log_debug • 異なるリクエストを処理しているときのデバッグログのレ ベルをカスタマイズできる• mod_buffer • 入出力フィルタースタックにバッファリングを提供する• mod_data • レスポンスボディをRFC2397データURLに変換する• mod_ratelimit • クライアントに対して帯域制御を提供する
  • 新しいモジュールたち5• mod_request • HTTPリクエストボディへのフィルタを提供する• mod_reflector • 出力フィルタ経由のリクエストボディの写しを提供する• mod_slotmem_shm • スロットベースの共有メモリを提供する• mod_xml2enc • 3rdパーティモジュールとして有名だったもの、libxml2ベー スフィルターでの拡張した文字コード・国際化を提供する
  • 改良されたモジュールたち1• mod_ssl • クライアント証明書の認証ステータスにおいてOCSP サーバを使う設定ができるようになった• mod_proxy • ProxyPassディレクティブをLocation LocationMatchブロッ クの中に設定できるようになった• mod_proxy_balancer • balancer-menagerを通してBalancerMemberの設定変更がで きるようになった
  • 改良されたモジュールたち2• mod_cache • HEADリクエストによるキャッシュが可能になった• mod_include • onerror属性が設定可能になった、onerrorは指定されたファイルがないと きにかわりにエラーページを表示できる設定• mod_authz_core • Requireディレクティブを使った認証ロジックを設定できるようになった• mod_rewrite • RewriteRuleに[QSD], [END] フラグが追加された • RewriteCondにboolean表記が使えるようになった
  • 改良されたモジュールたち3• mod_ldap, mod_authnz_ldap • mod_authnz_ldapはネストグループをサポートした • mod_ldapにタイムアウト設定用の LDAPConnectionPoolTTL, LDAPTimeoutが追加され た• mod_info • サーバ起動時にstdoutに設定を解析する前のダン プができるようになった
  • 改良されたプログラムたち1• fcgistarter • 新しいFastCGデーモンの起動ユー照りティ• htcacheclean • オプションでメタデータも含めることができるようになった • URLごとに分割されたキャッシュで部分的な削除ができるように なった• rotatelogs • 現在のログファイルにリンクを作成することができるようになった • カスタムpost-rotateスクリプトを実行できるようになった
  • Thanks!