FANUC   Series   30+-MODEL A/BFANUC   Series   31+-MODEL A/BFANUC   Series   32+-MODEL A/BFANUC   Series   35+-MODEL B    ...
・本書からの無断転載を禁じます。・本機の外観および仕様は改良のため変更することがあります。本説明書に記載された商品は「外国為替及び外国貿易法」に基づく規制ソフトウェアが内蔵されています。従いまして本商品を輸出する場合には、同法に基づく許可が必要...
B-64014JA/04                                                                                                         安全にご使...
安全にご使用いただくために                                        B-64014JA/04      注意  1   電源投入時には、CNC 装置の画面上に位置表示画面またはアラーム画面が表示されるまで ...
B-64014JA/04                                                                                                              ...
目次                                                                                                                        ...
B-64014JA/04                                                                                                              ...
目次                                                                                                                        ...
I. 概要
B-64014JA/04                                   概要                                                   1.概要1              概要 ...
1.概要                                    概要                            B-64014JA/041.3        関連説明書 関連説明書は下記の通りです。 本説明書を使用さ...
II. 仕様
B-64014JA/04                      仕様                             1.はじめに1              はじめに   本説明書では、ATA フラッシュカードまたはコンパクトフラ...
1.はじめに                         仕様                           B-64014JA/04  注  2 Series 30i/31i/32i-B の場合、多機能イーサネットではデータサーバ機...
B-64014JA/04                                仕様2.Series 30i/31i/32i/35i-B での使用について2              Series 30i/31i/32i/35i-B で...
2.Series 30i/31i/32i/35i-B での使用について仕様                                                                                  B-6...
B-64014JA/04                            仕様2.Series 30i/31i/32i/35i-B での使用について一体形 Series 30i/31i/32i/35i-B の場合             ...
2.Series 30i/31i/32i/35i-B での使用について仕様                         B-64014JA/04  上記例のタイトル部の[多機能イーサネット]のようにハードウェアを表示します。     タイト...
B-64014JA/04                       仕様                   3.データサーバ機能3               データサーバ機能   データサーバ機能は、ボードに内蔵されたメモリカードをファイ...
3.データサーバ機能                    仕様                       B-64014JA/043.1.1     CNCファイル管理のファイル名 CNC ファイル管理のファイル名は、CNC メモリの場合と...
B-64014JA/04                   仕様                      3.データサーバ機能   また、データサーバを FTP サーバとして利用する場合は、パソコン(FTP クライアント)側において、ASC...
3.データサーバ機能                    仕様                          B-64014JA/04                                   データサーバ           ...
B-64014JA/04                      仕様                            3.データサーバ機能バッファモードの使用方法   バッファモードにおいて、DNC 運転および M198 サブプログラ...
3.データサーバ機能                            仕様                        B-64014JA/04 例)NC プログラムを 3 分割する場合 %                       ...
B-64014JA/04                      仕様                   3.データサーバ機能メモリ運転について   CNC メモリ内の NC プログラムと同じようにデータサーバ内蔵メモリカードの NC プロ...
3.データサーバ機能                       仕様                              B-64014JA/04  注  1 データサーバのメモリカードへ NC プログラムをテキストファイルとして登録す...
B-64014JA/04                        仕様                     3.データサーバ機能       LIST-削除サービスの場合、ファストデータサーバ内蔵メモリカード内に格納されている”Oxx...
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
B 64014 ja-04
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

B 64014 ja-04

3,367 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
3,367
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
15
Actions
Shares
0
Downloads
56
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

B 64014 ja-04

  1. 1. FANUC Series 30+-MODEL A/BFANUC Series 31+-MODEL A/BFANUC Series 32+-MODEL A/BFANUC Series 35+-MODEL B ファストイーサネット ファストデータサーバ 取 扱 説 明 書 B-64014JA/04
  2. 2. ・本書からの無断転載を禁じます。・本機の外観および仕様は改良のため変更することがあります。本説明書に記載された商品は「外国為替及び外国貿易法」に基づく規制ソフトウェアが内蔵されています。従いまして本商品を輸出する場合には、同法に基づく許可が必要です。本説明書では、できるだけ色々な事柄を書くように努めています。しかし、こういう事はやってはいけない、こういう事はできないという事は非常に多く説明書が膨大になり、書ききれません。したがって、本書で特にできると書いていない事は「できない」と解釈して下さい。本説明書中に当社製品以外のプログラム名やデバイス名などが記載されていますが、それらには各メーカの登録商標が含まれています。ただし本文中には®および™ マークは明記していない場合があります。
  3. 3. B-64014JA/04 安全にご使用いただくために安全にご使用いただくために 「安全にご使用いただくために」では、ファナック製 CNC 装置が付いた機械をより安全にご使用いただくために、CNC 装置の取扱いに関する留意事項について記載していますので、本説明書に記載されている機能を使用する前には、必 ず御一読下さいますようお願い致します。 また、それぞれの機能については、各 CNC の取扱説明書の該当部分を十分に理解された上でご使用下さい。 目次 警告、注意、注について ............................................................................................................................................................ s-2 一般的な警告および注意 ............................................................................................................................................................ s-3警告、注意、注について 本説明書では、使用者の安全および機械の破損防止のために、注意事項の程度に応じて、本文中に「警告」および「注 意」の表記をしています。 また、補足的な説明を記述するために「注」の表記をしています。使用する前に、「警告」,「注意」,「注」に記載 されている事項をよく読んで下さい。 警告 取扱いを誤った場合に、使用者が死亡又は重傷を負う危険の状態が生じることが想定される場合に用いられ ます。 注意 取扱いを誤った場合に、使用者が軽傷を負うか又は物的損害のみが発生する危険の状態が生じることが想定 される場合に用いられます。 注 警告又は注意以外のことで、補足的な説明を記述する場合に用いられます。 ※ 本説明書を熟読し、大切に保管して下さい。一般的な警告および注意 警告 1 入力したいデータが正しく入力されたことを十分確認の上、次の操作や運転を行って下さい。正しくないデ ータで運転すると、機械の予期しない動きによりワークや機械などが破損したり、怪我をする可能性があり ます。 2 ワークを実際に加工するなど本運転を行う場合には、いきなり起動させずに、プログラム指令値,補正量, 現在位置,外部信号の設定などが正しいことをよく確認の上、機械を起動して下さい。 また、シングルブロック,送り速度オーバライド,マシンロックなどの機能を利用したり、工具やワークを 取り付けずに運転するなどして、試運転で機械の動作が正しいことを十分に確認しておいて下さい。 3 送り速度は、運転内容に対して適正な値が指令されていることを確認して下さい。一般的には機械ごとに最 高送り速度は制限されていますが、運転の内容によっても最適な速度は異なりますので、機械の説明書に従 って下さい。正しくない速度で運転すると、機械に予期しない負荷がかかり、ワークや機械などが破損した り、怪我をする可能性があります。 4 工具補正機能を使用する場合は、補正方向,補正量を十分に確認して下さい。誤ったデータで運転すると、 機械の予期しない動きによりワークや機械などが破損したり、怪我をする可能性があります。 5 CNC や PMC のパラメータは、最適な値が設定されており、通常は変更の必要がありません。何らかの必要 でパラメータを変更する場合は、そのパラメータの働きを十分に理解した上で実施して下さい。 パラメータの設定を誤ると、その設定値によっては予期しない機械動作を引き起こし、ワークや機械などが 破損したり、怪我をする可能性があります。 s-1
  4. 4. 安全にご使用いただくために B-64014JA/04 注意 1 電源投入時には、CNC 装置の画面上に位置表示画面またはアラーム画面が表示されるまで MDI パネルのキ ーには触れないで下さい。 保守用あるいは特殊な操作用に使用されているキーがあり、機械の予期しない動作を引き起こす可能性があ ります。 2 取扱説明書ではオプション機能も含めて、その CNC 装置が持つ機能の全体を説明しています。選択されて いるオプション機能は、 それぞれの機械ごとに異なります。従って、説明書記載の機能で使用できないものが ありますので、予め機械の仕様を確認しておいて下さい。 3 機械メーカ殿の組み込みにより実現されている機械の操作や画面機能などがあります。それらの使用方法や 注意事項については、機械メーカ殿の説明書に従って下さい。 以下に例を 2 つ示します。 ① 工具機能を実行した場合、工具交換装置が動作する機械があります。装置付近にいると接触する可能性 があるので、工具交換装置から十分に離れた場所で工具機能を実行して下さい。 ② 補助機能には、主軸が回転するなどの機械動作を起こすものが多く存在します。従って、補助機能を使用 する際には、その動作を十分理解した上で実行して下さい。 注 指令プログラム,パラメータ,変数などは、CNC 装置内部の不揮発性メモリに記憶されています。一般には 電源のオン/オフにより、この内容が失われることはありません。しかし、誤動作により消してしまったり、 あるいは障害の復旧のために不揮発性メモリ内に記憶されている貴重なデータを消さざるを得ない事態が発 生することが考えられます。 このような不測の事態が発生した場合に速やかに復旧させるため、事前に各種データの控えを作成しておい て下さい。 s-2
  5. 5. B-64014JA/04 目次目次安全にご使用いただくために ..........................................................................................s-1 警告、注意、注について......................................................................................................................s-1 一般的な警告および注意......................................................................................................................s-1I. 概要1 概要 ............................................................................................................................ 3 1.1 構成 ..........................................................................................................................................3 1.2 適用機種名 ...............................................................................................................................3 1.3 関連説明書 ...............................................................................................................................4II. 仕様1 はじめに..................................................................................................................... 7 1.1 組込みイーサネットとオプションボードとの機能相違点.......................................................72 Series 30i/31i/32i/35i-B での使用について .............................................................. 9 2.1 ハードウェアオプション .........................................................................................................9 2.2 ソフトウェアオプション .........................................................................................................9 2.3 関連する NC パラメータ..........................................................................................................9 2.4 ハードウェアオプションとソフトウェアオプションの選択手順..........................................10 2.5 画面レイアウト......................................................................................................................113 データサーバ機能 .................................................................................................... 13 3.1 データサーバのファイル管理について..................................................................................13 3.1.1 CNC ファイル管理のファイル名....................................................................................................14 3.1.2 データサーバに登録可能なファイル数.........................................................................................14 3.1.3 テキストファイルとバイナリファイル.........................................................................................14 3.2 データサーバ・モードについて ............................................................................................15 3.3 バッファモードの詳細 ...........................................................................................................16 3.4 データサーバからの運転について.........................................................................................18 3.5 NC プログラムの形式 ............................................................................................................19 3.6 リストファイルの形式 ...........................................................................................................20 3.7 データサーバ エクスプローラ接続機能.................................................................................224 FOCAS2/Ethernet 機能 ........................................................................................... 235 DNS/DHCP 機能....................................................................................................... 246 機械リモート診断機能 ............................................................................................. 257 CNC 主導メッセージ通知機能 ................................................................................. 268 FTP ファイル転送機能 ............................................................................................. 28III. 設定1 通信機能の設定について.......................................................................................... 31 1.1 通信パラメータのバックアップ/リストア .............................................................................31 c-1
  6. 6. 目次 B-64014JA/042 データサーバ機能の設定.......................................................................................... 34 2.1 データサーバ設定画面の操作 ................................................................................................34 2.2 関連する NC パラメータ........................................................................................................41 2.3 データサーバ機能の設定例....................................................................................................443 FOCAS2/Ethernet 機能の設定 ................................................................................ 46 3.1 FOCAS2/Ethernet 設定画面の操作........................................................................................46 3.2 関連する NC パラメータ........................................................................................................48 3.3 FOCAS2/Ethernet 機能の設定例 ...........................................................................................494 DNS/DHCP 機能の設定............................................................................................ 50 4.1 DNS の設定 ............................................................................................................................50 4.2 DHCP の設定 .........................................................................................................................51 4.3 関連する NCパラメータ .......................................................................................................52 4.4 DNS/DHCP の設定例 .............................................................................................................53 4.4.1 データサーバで DNS/DHCP を利用する場合 ...............................................................................53 4.4.2 データサーバの FTP サーバ機能で DHCP を利用する場合 ........................................................54 4.4.3 FOCAS2/Ethenet 機能で DHCP を利用する場合............................................................................555 機械リモート診断機能の設定................................................................................... 57 5.1 機械リモート診断設定画面の操作.........................................................................................57 5.2 関連する NC パラメータ........................................................................................................61 5.3 PMC からの機械リモート診断機能の制御 ............................................................................62 5.3.1 信号説明 ............................................................................................................................................62 5.3.2 信号のタイムチャート ....................................................................................................................64 5.3.2.1 機械リモート診断の開始が受理された場合.................................................................................. 64 5.3.2.2 機械リモート診断の開始が拒否された場合.................................................................................. 64 5.3.2.3 機械リモート診断を強制終了する場合.......................................................................................... 65 5.4 機械リモート診断機能の設定例 ............................................................................................666 CNC 主導メッセージ通知機能の設定 ...................................................................... 67 6.1 CNC 主導メッセージ通知機能の設定....................................................................................67 6.1.1 モードの選択 ....................................................................................................................................69 6.1.2 CNC 画面から設定する場合............................................................................................................71 6.1.3 パソコンから設定する場合.............................................................................................................74 6.2 CNC 主導メッセージ通知機能の実行....................................................................................75 6.2.1 制御用 PMC アドレスを使用する場合(応答通知方式) ................................................................75 6.2.2 制御用 PMC アドレスを使用する場合(簡易方式) ........................................................................77 6.2.3 制御用マクロ変数を使用する場合(簡易方式) ..............................................................................78 6.3 関連する NC パラメータ........................................................................................................807 FTP ファイル転送機能の設定 .................................................................................. 81 7.1 FTP ファイル転送機能の設定................................................................................................81 7.2 関連する NC パラメータ........................................................................................................848 パラメータ設定時のエラーメッセージ .................................................................... 85IV. 操作1 データサーバ機能の操作.......................................................................................... 89 1.1 プログラム一覧画面のデバイス変更 .....................................................................................89 1.2 データサーバファイル一覧画面の操作..................................................................................90 1.2.1 ファイル一覧の表示と操作.............................................................................................................93 1.2.2 ファイルの転送操作 ........................................................................................................................98 1.2.3 ファイルの運転操作の準備と編集操作の準備 .............................................................................99 c-2
  7. 7. B-64014JA/04 目次 1.3 データサーバホストファイル一覧画面の操作.....................................................................100 1.3.1 ファイル一覧の表示と操作...........................................................................................................102 1.3.2 ファイルの転送操作 ......................................................................................................................104 1.3.3 ファイルの運転操作の準備...........................................................................................................105 1.4 M198 によるサブプログラム呼び出し.................................................................................106 1.5 DNC 運転 .............................................................................................................................107 1.6 NC プログラムの入力 ..........................................................................................................107 1.7 NC プログラムの出力 ..........................................................................................................108 1.8 FTP サーバ機能 ...................................................................................................................1092 機械リモート診断機能の操作................................................................................. 110 2.1 機械リモート診断画面の操作 ..............................................................................................110 2.1.1 問合せ先の選択 ..............................................................................................................................111 2.1.2 診断の開始 ......................................................................................................................................111 2.1.2.1 診断状態 ............................................................................................................................................ 111 2.1.2.2 エラー番号とエラーメッセージ.................................................................................................... 112 2.1.3 診断の強制終了 ..............................................................................................................................1123 FTP ファイル転送機能の操作 ................................................................................ 113 3.1 プログラム一覧画面のデバイス変更 ...................................................................................113 3.2 FTP 転送ホストファイル一覧画面の操作............................................................................114 3.2.1 ファイル一覧の表示と操作...........................................................................................................116 3.3 NC プログラムの入力 ..........................................................................................................118 3.4 NC プログラムの出力 ..........................................................................................................118V. 結合1 設置 ........................................................................................................................ 123 1.1 Series 30i/31i/32i-A の場合..................................................................................................123 1.1.1 仕様 ..................................................................................................................................................123 1.1.2 実装 ..................................................................................................................................................123 1.1.2.1 一体形ユニットへの実装................................................................................................................ 123 1.1.2.2 分離形ユニットへの実装................................................................................................................ 124 1.1.2.3 総合接続図 ........................................................................................................................................ 125 1.1.2.4 メモリカードの実装........................................................................................................................ 125 1.2 Series 30i/31i/32i/35i-B の場合 ...........................................................................................127 1.2.1 仕様 ..................................................................................................................................................127 1.2.2 実装 ..................................................................................................................................................128 1.2.2.1 一体形ユニットへの実装................................................................................................................ 128 1.2.2.2 分離形ユニットへの実装................................................................................................................ 129 1.2.2.3 総合接続図 ........................................................................................................................................ 130 1.2.2.4 メモリカードの実装........................................................................................................................ 1302 ケーブルの接続 ...................................................................................................... 132 2.1 イーサネットへの接続 .........................................................................................................132 2.2 イーサネットケーブルの引き込み.......................................................................................133 2.3 RJ-45 コネクタピン配列......................................................................................................134 2.4 ツイストペアケーブル仕様..................................................................................................134 2.4.1 ケーブル接続 ..................................................................................................................................134 2.4.2 ケーブル線材 ..................................................................................................................................135 2.4.3 コネクタ仕様 ..................................................................................................................................136 2.5 ノイズ対策 ...........................................................................................................................137 2.5.1 信号線の分離 ..................................................................................................................................137 2.5.2 ケーブルのクランプおよびシールド処理...................................................................................137 2.5.3 ネットワークの設置 ......................................................................................................................140 2.6 施工時のチェック項目 .........................................................................................................142 c-3
  8. 8. 目次 B-64014JA/04VI. 保守1 ハードウェア保守情報 ........................................................................................... 145 1.1 Series 30i/31i/32i-A の場合..................................................................................................145 1.1.1 部品レイアウト ..............................................................................................................................145 1.1.2 LED 表示とその内容......................................................................................................................145 1.2 Series 30i/31i/32i/35i-B の場合 ...........................................................................................148 1.2.1 部品レイアウト ..............................................................................................................................148 1.2.2 LED 表示とその内容......................................................................................................................1492 ソフトウェア保守情報 ........................................................................................... 152 2.1 イーサネットログ ................................................................................................................152 2.2 イーサネットの接続確認 .....................................................................................................157 2.3 通信状態の確認....................................................................................................................159 2.4 通信ソフトウェアの動作確認 ..............................................................................................160 2.5 FTP サーバの保守................................................................................................................161 2.6 アラーム・診断情報.............................................................................................................164 2.7 通信リトライ監視機能 .........................................................................................................165付録A トラブルシューティング........................................................................................ 169 A.1 ハブ装置との接続に関する確認 ..........................................................................................169 A.2 幹線との接続に関する確認..................................................................................................169 A.3 各設定の確認 .......................................................................................................................170 A.4 通信の確認 ...........................................................................................................................170B FTP サーバのセットアップ例 ................................................................................ 173 B.1 Windows 2000 Professional の FTP サーバのセットアップ (Internet Information Service の場合)..............................................................................173 B.2 Windows XP Professional の FTP サーバのセットアップ (Internet Information Service の場合)..............................................................................182 B.3 Windows Vista の FTP サーバのセットアップ (Internet Information Service の場合)..............................................................................200 B.4 Windows 7 の FTP サーバのセットアップ (Internet Information Service の場合)..............................................................................216C DNS/DHCP のセットアップ例 ............................................................................... 238 C.1 Windows 2000 Server の DHCP サーバの設定例................................................................239 C.2 Windows 2000 Server の DNS サーバの設定例 ..................................................................245D FTP クライアントの操作例.................................................................................... 251 D.1 FTP コマンドを利用した操作..............................................................................................251 D.2 エクスプローラを利用した操作 ..........................................................................................253 D.2.1 ファイル一覧表示 ..........................................................................................................................253 D.2.2 ファイル操作とファイル転送.......................................................................................................265 D.3 Windows XP Service Pack2 / Vista でのセキュリティ解除 ................................................268 c-4
  9. 9. I. 概要
  10. 10. B-64014JA/04 概要 1.概要1 概要 本説明書の構成や、本説明書の読み方について説明します。1.1 構成 本説明書は、下記の編から構成されます。 安全にご使用いただくために 本説明書を読むにあたっての注意事項を記述しています。 I. 概要 本説明書の構成、適用機種および関連説明書を記述しています。 II. 仕様 ファストイーサネット/ファストデータサーバで動作する機能の仕様を記述しています。 III. 設定 設定方法を記述しています。 IV. 操作 データサーバ機能、機械リモート診断機能および FTP ファイル転送機能の操作方法を記述しています。 V. 結合 接続方法や注意事項を記述しています。 VI. 保守 イーサネットボードの図番、LED の意味を記述しています。 付録 トラブルシューティング、FTP クライアントの操作方法、FTP サーバのセットアップ方法などを記述しています。1.2 適用機種名 本説明書では、下記の機種について述べています。 また本文中、下記の略称を使用することがあります。 機種名 略称 FANUC Series 30i-MODEL A Series 30i -A FANUC Series 31i-MODEL A Series 31i -A Series 30i/31i/32i -A FANUC Series 31i-MODEL A5 Series FANUC Series 32i-MODEL A Series 32i -A 30i/31i/32i -A/B FANUC Series 30i-MODEL B Series 30i -B または FANUC Series 31i-MODEL B Series Series Series 31i -B Series 30i/31i/32i FANUC Series 31i-MODEL B5 30i/31i/32i -B 30i/31i/32i /35i -B FANUC Series 32i-MODEL B Series 32i -B FANUC Series 35i-MODEL B Series 35i -B Series 35i -B -3-
  11. 11. 1.概要 概要 B-64014JA/041.3 関連説明書 関連説明書は下記の通りです。 本説明書を使用される際には、下記の説明書も合わせて参照してください。 *は本説明書です。 説明書名 仕様番号 Series 30i/31i/32i-A 関係 仕様説明書 B-63942JA 結合説明書(ハードウェア編) B-63943JA 結合説明書(機能編) B-63943JA-1 取扱説明書(旋盤系/マシニングセンタ系共通) B-63944JA 取扱説明書(旋盤系) B-63944JA-1 取扱説明書(マシニングセンタ系) B-63944JA-2 保守説明書 B-63945JA パラメータ説明書 B-65950JA Series 30i/31i/32i-B 関係 仕様説明書 B-64482JA 結合説明書(ハードウェア編) B-64483JA 結合説明書(機能編) B-64483JA-1 取扱説明書(旋盤系/マシニングセンタ系共通) B-64484JA 取扱説明書(旋盤系) B-64484JA-1 取扱説明書(マシニングセンタ系) B-64484JA-2 保守説明書 B-64485JA パラメータ説明書 B-64490JA Series 35i-B 関係 仕様説明書 B-64522JA 結合説明書(ハードウェア編) B-64523JA 結合説明書(機能編) B-64523JA-1 取扱説明書 B-64524JA 保守説明書 B-64525JA パラメータ説明書 B-64530JA PMC FANUC Series 30i/31i/32i-MODEL A PMC プログラミング説明書 B-63983JA FANUC Series 30i/31i/32i/35i-MODEL B PMC プログラミング説明書 B-64513JA ネットワーク関係 PROFIBUS-DP ボード 結合説明書 B-63993JA ファストイーサネット/ファストデータサーバ取扱説明書 B-64014JA * DeviceNet ボード 結合説明書 B-64043JA FL-net ボード 結合説明書 B-64163JA CC-Link ボード 結合説明書 B-64463JA 機械リモート診断関係 機械リモート診断パッケージ 取扱説明書 B-63734JA -4-
  12. 12. II. 仕様
  13. 13. B-64014JA/04 仕様 1.はじめに1 はじめに 本説明書では、ATA フラッシュカードまたはコンパクトフラッシュカード(以下、メモリカードと総称します)を実 装してデータサーバ機能が使用可能なボードを「ファストデータサーバ」と呼びます(または単に“データサーバ” と表記します)。一方メモリカードを実装していないボードを「ファストイーサネット」と呼びます。 ボード名称 使用可能な機能 ・データサーバ機能 ・FOCAS2/Ethernet 機能 ファストデータサーバ ・CNC 画面表示機能 (または単に“データサーバ”と表記) ・機械リモート診断機能 ・CNC 主導メッセージ通知機能 (FOCAS2/Ethernet) ・FOCAS2/Ethernet 機能 ・CNC 画面表示機能 ・機械リモート診断機能 ファストイーサネット ・CNC 主導メッセージ通知機能 (FOCAS2/Ethernet) ・FTP ファイル転送機能 注 1 データサーバ機能には、データサーバ機能オプションが必要です。 FOCAS2/Ethernet 機能、CNC 画面表示機能、機械リモート診断機能、CNC 主導メッセージ通知機能、FTP ファイル転送機能には、イーサネット機能オプションが必要です。CNC 画面表示機能には、さらに CNC 画 面表示機能オプションが必要となります。 2 一体形 Series 30i/31i/32i/35i-B では、メインボードに実装されているファストイーサネット回路(多機能イ ーサネット)があり、ファストイーサネットとして利用可能です。詳細については、後述の「2.1 ハードウ ェアオプション」を参照してください。 3 Series 35i-B では、データサーバ機能を使用することはできません。1.1 組込みイーサネットとオプションボードとの機能相違点 組込みイーサネット機能とオプションボードによるイーサネット機能には、以下のような違いがあります。 組込みイーサネット オプションボード FOCAS2/Ethernet 機能 注1 可能 可能 DNC 運転 不可 可能 FTP ファイル転送機能 可能 可能 データサーバ機能 注2 不可 可能 機械リモート診断機能 不可 可能 CNC 主導メッセージ通知機能 注3 可能 可能 DNS/DHCP クライアント機能 可能 可能 イーサネット表示機能 可能 不可 注 1 組込みイーサネット機能では、オプションボードに比べて、同時に接続できる FOCAS2/Ethernet クライア ント数が少なくなっています。 組込みイーサネット オプションボード 同時に接続できるクライアント数 最大 5 個 最大 20 個 同時に接続できるパソコン台数 1 台(推奨) 最大 20 台 -7-
  14. 14. 1.はじめに 仕様 B-64014JA/04 注 2 Series 30i/31i/32i-B の場合、多機能イーサネットではデータサーバ機能を利用することはできません。 多機能イーサネットについては、後述の「2.1 ハードウェアオプション」を参照してください。 3 Series 30i/31i/32i-A の場合、組込みイーサネットで CNC 主導メッセージ通知機能を動作させるには、組込 みイーサネット拡張機能(R952)のオプションが必要です。 4 組込みイーサネットを使用した通信は、CNC の CPU にて処理されています。これは、CNC の動作状態が組 込みイーサネットの通信パフォーマンスに影響を与えたり、逆に組込みイーサネットの通信が CNC の処理 に影響を与えたりする可能性があることを意味します。 組込みイーサネット機能は、自動運転処理や手動運転などの軸ごとに行う処理より低い優先度で動作しま す。したがって、自動運転中や制御軸数が多い場合などには、通信速度が遅くなる場合があります。 逆に、組込みイーサネットは、CNC の画面表示処理、C 言語エグゼキュータ(ハイレベルタスクを除く)な どより高い優先度で動作します。したがって、組込みイーサネットによる通信を行うことによって、これら の処理のパフォーマンスを低下させる場合もあります。 5 ブロードキャストデータを多く使用する社内ネットワークなどに組込みイーサネットを接続した場合、ブロ ードキャストデータの処理に時間がかかり、その結果、CNC の画面表示処理などのパフォーマンスに影響を 与える可能性がありますので、注意してください。 -8-
  15. 15. B-64014JA/04 仕様2.Series 30i/31i/32i/35i-B での使用について2 Series 30i/31i/32i/35i-B での使用について Series 30i/31i/32i/35i-B では、Series 30i/31i/32i-A とハードウェアなどが異なります。 そのための仕様の違いなどについて説明します。2.1 ハードウェアオプション Series 30i/31i/32i/35i-B では、ファストイーサネット用ハードウェアとして以下のハードウェアが用意されています。 ハードウェアの種類 説明 一体形 Series 30i/31i/32i/35i-B のメインボードに実装されているファストイー 多機能イーサネット サネット回路(コネクタ番号:CD38B) ファストイーサネットボード オプションスロットに実装するオプションボード(コネクタ番号:CD38R) これらのハードウェアは、NC パラメータ(No.970~972)の設定によっては、FL-net 用ハードウェアとしても使用す ることが可能です。 本マニュアル内では、これらのハードウェアをファストイーサネット用ハードウェアとして使用する場合について記 述しています。 FL-net 機能に関しては、FL-net 結合説明書 (B-64163JA) を参照してください。2.2 ソフトウェアオプション Series 30i/31i/32i/35i-B では、2.1 節のハードウェアオプションで以下のソフトウェア機能を動作させることができま す。 機能名 図番 説明 イーサネット機能 A02B-xxxx-S707 イーサネット機能(FOCAS2/Ethernet 機能など)を利用できます データサーバ機能 A02B-xxxx-S737 データサーバ機能を利用できます(注 1) FL-net 機能 A02B-xxxx-J692 FL-net 機能を利用できます FL-net PORT2 機能 A02B-xxxx-R964 FL-net 機能を同時に 2 つ利用できます 注 1 多機能イーサネットでは、データサーバ機能を使用することはできません。 Series 35i-B では、データサーバ機能を使用することはできません。 2 Series 30i/31i/32i-A の場合、専用ソフトウェアおよび専用ソフトウェア機能によって、FL-net/Ethernet 共存 機能を利用することができましたが、Series 30i/31i/32i/35i-B では、イーサネット機能と FL-net 機能のみで FL-net/Ethernet 共存機能を利用することが可能です。 FL-net/Ethernet 共存機能を利用する際の設定については、 関連する NC パラメータを参照してください。 2.32.3 関連するNCパラメータ 0970 イーサネット機能またはデータサーバ機能を動作させるハードウェアの選択 0971 FL-net 機能を動作させるハードウェアの選択(1 枚目) 0972 FL-net 機能を動作させるハードウェアの選択(2 枚目) [入力区分] パラメータ入力 [データ形式] バイト形 [データ範囲] -1 ~ 6:各機能を動作させるハードウェアを選択します。 具体的な選択手順は、次節を参照してください。 -9-
  16. 16. 2.Series 30i/31i/32i/35i-B での使用について仕様 B-64014JA/04 設定値 ハードウェア -1 使用しない 0 未設定 (注 1) 1 多機能イーサネット(注 2) 2 予約 3 slot1 に実装されているファストイーサネットボード 4 slot2 に実装されているファストイーサネットボード 5 slot3 に実装されているファストイーサネットボード 6 slot4 に実装されているファストイーサネットボード 注 1 ハードウェアオプションが 1 つしか実装されておらず、ソフトウェアオプションも一意に 決定する場合は、 パラメータ No.970~971 は 0 のままでも一意に決定する機能を動作させ ます。 2 多機能イーサネットでは、データサーバ機能を使用することはできません。データサーバ 機能が有効な場合、パラメータ No.970 に多機能イーサネットを指定しないでください。 3 イーサネット機能と FL-net 機能が指定されている場合、パラメータ No.970 と No.971 に 同じハードウェアを設定することで 2 つの機能を共存して動作させることができます (FL-net/Ethernet 共存機能)。別のハードウェアを設定すればそれぞれ別のハードウェア で動作します。 FL-net/Ethernet 共存機能の詳細については、 FL-net ボード 結合説明書 (B-64163JA) を参 照してください。 4 イーサネット機能とデータサーバ機能が指定されている場合、必ずパラメータ No.970 で 設定されたハードウェア上で 2 つの機能は動作します。別々のハードウェアで動作させる ことはできません。 5 イーサネット機能、データサーバ機能、FL-net 機能が指定されている場合、パラメータ No.970 と No.971 は必ず異なるハードウェアを指定してください。この場合、イーサネッ ト機能と FL-net 機能を共存させることはできません。2.4 ハードウェアオプションとソフトウェアオプションの選択手順 Series 30i/31i/32i/35i-B で、イーサネット機能、データサーバ機能、FL-net 機能を使用する場合、基本的には以下に従 ってハードウェア、ソフトウェアの選択を行ってください。 no no no データサーバを使うか? イーサネットを使うか? FL-netを使うか? yes 注1) yes yes ハードウェア不要 no no FL-netを同時2枚 no FL-netを使うか? FL-netを使うか? 使うか? yes yes yes ハードウェア2つ FL-netを同時2枚 no FL-netを同時2枚 no FL-net/Ethernet yes case4 使うか? 使うか? 共存機能とするか? yes yes no no FL-net/Ethernet ハードウェア1つ ハードウェア1つ ハードウェア1つ 共存機能とするか? case6 case7 case8 yes ハードウェア3つ ハードウェア1つ ハードウェア2つ case1 case5 case3 ハードウェア2つ case2 - 10 -
  17. 17. B-64014JA/04 仕様2.Series 30i/31i/32i/35i-B での使用について一体形 Series 30i/31i/32i/35i-B の場合 必要なハードウェア 必要なオプション機能 NC パラメータ 多機能イーサネット J692 No.970 = 3 case 1 ハードウェア 3 つ ファストイーサネットボード(slot1) S737 (+S707) No.971 = 1 ファストイーサネットボード(slot2) R964 No.972 = 4 多機能イーサネット J692 No.970 = 3 case 2 ハードウェア 2 つ ファストイーサネットボード(slot1) S737 (+S707) No.971 = 1 No.970 = 1 多機能イーサネット S707 + J692 case 3 ハードウェア 2 つ No.971 = 1 ファストイーサネットボード(slot1) R964 No.972 = 3 多機能イーサネット J692 No.971 = 1 case 4 ハードウェア 2 つ ファストイーサネットボード(slot1) R964 No.972 = 3 case 5 ハードウェア 1 つ ファストイーサネットボード(slot1) S737 (+S707) No.970 = 3 No.970 = 1 case 6 ハードウェア 1 つ 多機能イーサネット S707 + J692 No.971 = 1 case 7 ハードウェア 1 つ 多機能イーサネット S707 No.970 = 1 case 8 ハードウェア 1 つ 多機能イーサネット J692 No.971 = 1分離形 Series 30i/31i/32i/35i-B の場合 必要なハードウェア 必要なオプション機能 NC パラメータ ファストイーサネットボード(slot1) J692 No.970 = 3 case 1 ハードウェア 3 つ ファストイーサネットボード(slot2) S737 (+S707) No.971 = 4 (注 2) ファストイーサネットボード(slot3) R964 No.972 = 5 ファストイーサネットボード(slot1) J692 No.970 = 3 case 2 ハードウェア 2 つ ファストイーサネットボード(slot2) S737 (+S707) No.971 = 4 No.970 = 3 ファストイーサネットボード(slot1) S707 + J692 case 3 ハードウェア 2 つ No.971 = 3 ファストイーサネットボード(slot2) R964 No.972 = 4 ファストイーサネットボード(slot1) J692 No.971 = 3 case 4 ハードウェア 2 つ ファストイーサネットボード(slot2) R964 No.972 = 4 case 5 ハードウェア 1 つ ファストイーサネットボード(slot1) S737 (+S707) No.970 = 3 No.970 = 3 case 6 ハードウェア 1 つ ファストイーサネットボード(slot1) S707 + J692 No.971 = 3 case 7 ハードウェア 1 つ ファストイーサネットボード(slot1) S707 No.970 = 3 case 8 ハードウェア 1 つ ファストイーサネットボード(slot1) J692 No.971 = 3 注 1 データサーバ機能を選択した場合、イーサネット機能は必ずデータサーバ機能と同一ハードウェア上で動作 するため、イーサネット機能の選択有無はそれ以降の選択手順に影響を与えません。 2 分離形 Series 35i-B では、オプションボードは 2 枚しか実装できないため、選択することはできません。2.5 画面レイアウト 本マニュアル内では、各画面例は Series 30i/31i/32i-A の画面例を記載しています。細かなレイアウトなどが異なるこ とがありますが、基本的な内容は同じです。 なお、Series 30i/31i/32i/35i-B では、各通信設定保守画面のタイトル部で、イーサネット機能またはデータサーバ機能 を使用しているハードウェアを確認することができます。 - 11 -
  18. 18. 2.Series 30i/31i/32i/35i-B での使用について仕様 B-64014JA/04 上記例のタイトル部の[多機能イーサネット]のようにハードウェアを表示します。 タイトル表示 説明 一体形 Series 30i/31i/32i/35i-B のメインボードに実装されているファストイーサネット [多機能イーサネット] 回路 [ボード(SLOT1)] オプションスロット(SLOT1) に実装されているオプションボード [ボード(SLOT2)] オプションスロット(SLOT2) に実装されているオプションボード [ボード(SLOT3)] オプションスロット(SLOT3) に実装されているオプションボード [ボード(SLOT4)] オプションスロット(SLOT4) に実装されているオプションボード - 12 -
  19. 19. B-64014JA/04 仕様 3.データサーバ機能3 データサーバ機能 データサーバ機能は、ボードに内蔵されたメモリカードをファイル格納領域とし、FTP を利用してファイル転送を行 ったり、DNC 運転を行うことができます。 データサーバは FTP クライアントおよび FTP サーバのどちらでも動作します。 データサーバから操作してファイル転送を行う場合は、データサーバが FTP クライアントとして動作し、ホストコン ピュータの FTP サーバと通信を行います。 一方、ホストコンピュータから操作してファイルの転送を行う場合は、データサーバが FTP サーバとして動作し、ホ ストコンピュータの FTP クライアントと通信を行います。 注 1 Series 35i-B では、データサーバ機能を使用することはできません。 2 データサーバ機能でホストコンピュータと通信する際には、パソコン側の環境によって通信動作に影響を与 える可能性がありますので、通信の際にはパソコン側の通信も含めてシステム全体として問題ないことを十 分に確認してからご使用ください。 3 ホストコンピュータが FTP サーバとして動作する場合は、ホストコンピュータにおいて FTP サーバのソフ トウェアを動作させる必要があります。 また、ホストコンピュータが FTP クライアントとして動作する場合は、ホストコンピュータにおいて FTP クライアントのソフトウェアを動作させる必要があります。3.1 データサーバのファイル管理について データサーバ機能は、内蔵のメモリカードを CNC ファイル管理方式でフォーマットして NC プログラムを管理するこ とができます。CNC ファイル管理 CNC ファイル管理による NC プログラムは、カスタムマクロ指令や M98 によるサブプログラム呼び出しなどのメモ リ運転が行えます。NC プログラムの編集も可能です。操作は CNC メモリ内の NC プログラムと同様に「プログラム 一覧画面」から行います。 また CNC の外部入出力機器として、DNC 運転や M198 によるサブプログラム呼び出しを行うこともできます。この 場合の操作は「データサーバファイル一覧画面」から行います。 編集操作 プログラム一覧画面 CNC ファイル管理 メモリ運転 データサーバ (DNC 運転も可能) ファイル一覧画面 ファイル転送操作 注 1 Series 30i/31i/32i-A/B のデータサーバでは、メモリカード内の NC プログラムの編集およびメモリ運転を可 能としてあるため、メモリカード内のファイル管理方法が Series 16i-B などのデータサーバのファイル管理 方法と異なります。そのため、それらの機種のデータサーバとメモリカードの互換性がありませんので、注 意してください。 2 「プログラム一覧画面」の操作等につきましては、「旋盤系/マシニングセンタ系共通 取扱説明書」の「プ ログラムの管理」の章を参照してください。 3 「データサーバファイル一覧画面」の操作等につきましては、IV 編「操作」の 1 章「データサーバ機能の操 作」を参照してください。 - 13 -
  20. 20. 3.データサーバ機能 仕様 B-64014JA/043.1.1 CNCファイル管理のファイル名 CNC ファイル管理のファイル名は、CNC メモリの場合と同様なファイル名を付けることができます。 ・ 最大 32 文字 ・ 英字(大文字および小文字)、数字、+-_ .の 4 記号 注 1 英大文字と英小文字は区別します。 2 ファイル名およびフォルダ名の先頭文字に“.”を使用することはできません。 3 ファイル名とフォルダ名で同じ名称を使用することはできません。ファイル名とプログラム番号 ファイルに対して、“O”(大文字のオー)+数値から構成されるファイル名を付けた場合、そのファイル名は、プロ グラム番号として扱われます。 使用可能な数値は、1~9999 となります(パラメータの設定によって 1~99999999 とすることもできます)。 これ以外の数値を使用したプログラム番号形式のファイル名を付けることはできません。 例) プログラム番号として扱うことができるファイル名 “O0123” プログラム番号 123 “O0001” プログラム番号 1 “O3000” プログラム番号 3000 “O9999” プログラム番号 9999 プログラム番号として扱うことができないファイル名 “ABC” (”O”+数値の形式でない) “o123” (先頭が大文字の”O”でない) “O123.4” (数値以外の文字を使用している) 注 プログラム番号で管理されるデータサーバ内のファイルは、必ず”O”+4 桁 (”O”+8 桁)の数字で管理され ます。従いまして、パソコン上で”O1”, “O01”などと別ファイルで管理されているファイルであっても、デー タサーバ上へファイル転送した時には、同じプログラム番号となってしまいますので注意してください。3.1.2 データサーバに登録可能なファイル数 初期状態時では、データサーバのメモリカード内に登録可能な最大ファイル数は、2047 ファイルで、最大ファイルサ イズは、512MB です。なお、フォルダも 1 ファイルとしてカウントされます。 なお、最大ファイル数および最大ファイルサイズの制限は、NC パラメータ No.930 で変更可能です。 詳細については、III 編「設定」の 2.2 節「関連する NC パラメータ」を参照してください。3.1.3 テキストファイルとバイナリファイル データサーバのメモリカード内では、テキストファイルとバイナリファイルの 2 つの属性のファイルを格納すること ができます。 テキストファイルの場合、DNC 運転だけではなく、メインプログラムとして選択して、メモリ運転を行ったり、編集 操作を行うことが可能です。 一方、バイナリファイルの場合、DNC 運転だけしか行うことはできませんが、高速リモートバッファ A 形式のバイ ナリ入力運転を行うことが可能です。 なお、NC プログラム以外の NC データを扱う場合は、バイナリファイルとして扱わないと、正しくデータ入出力が できない場合があります。CNC より NC データを出力してデータサーバのメモリカード内に保存する場合は、自動的 にバイナリファイルとして扱われますが、パソコンからデータサーバのメモリカード内へファイル転送する場合には、 明示的にバイナリファイルを扱うことを指示する必要があります。 具体的には、データサーバの操作画面上で GET 操作を行う場合、ソフトキー[GET]を使用するかソフトキー[BGET] を使用するかによってテキストファイルとして扱うか、バイナリファイルとして扱うかを指示することができます。 - 14 -
  21. 21. B-64014JA/04 仕様 3.データサーバ機能 また、データサーバを FTP サーバとして利用する場合は、パソコン(FTP クライアント)側において、ASCII(テキ ストファイル)コマンドを実行するか、BIN(バイナリファイル)コマンドを実行するかによってテキストファイル として扱うか、バイナリファイルとして扱うかを指示することができます。 注 1 テキストファイルでは、 CNC で編集が可能となるように登録した NC プログラムを編集可能なファイル形式 へ変換しております。 そのため、テキストファイルをホストコンピュータからデータサーバのメモリカードへ読み出し、その後、 ホストコンピュータへ転送した際、バイナリ互換は保てません。 2 テキストファイルでは、ファイル名とプログラム中の O 番号または任意ファイル名が必ず一致します。詳細 については、「3.5 NC プログラムの形式」を参照してください。3.2 データサーバ・モードについて データサーバを CNC の外部入出力装置として動作させるときの入出力先を決定します。具体的には次の 3 つが選択 できます。 注 データサーバ・モードは、データサーバを CNC の外部記憶装置として動作させる時にのみ有効です。編集 操作やメモリ運転によるメインプログラムとしての運転や M98 サブプログラム呼び出しの場合は、データサ ーバ・モードには関係なくデータサーバのメモリカード内のプログラムが操作対象となります。ストレージモード データサーバ内蔵のメモリカードが外部入出力装置として選択されます。 例えば、DNC 運転や M198 によるサブプログラム呼び出しが実行されるとデータサーバ内蔵のメモリカード内から NC プログラムが呼び出されます。 また、データサーバに対して入力操作が実行されると、データサーバ内蔵のメモリカードから NC プログラムが読み 出されます。 反対にデータサーバに対して NC プログラムの出力操作が実行されると、出力された NC プログラムは、データサー バ内蔵のメモリカードへ書き込まれます。 入力 CNC メモリ 出力 データサーバ メモリカード DNC 運転FTP モード データサーバが接続するホストコンピュータが外部入出力装置として選択されます。 例えば、DNC 運転や M198 によるサブプログラム呼び出しが実行されるとホストコンピュータから NC プログラムが 呼び出されます。 また、データサーバに対して入力操作が実行されると、データサーバに接続されたホストコンピュータから NC プロ グラムが読み出されます。 反対にデータサーバに対して NC プログラムの出力操作が実行されると、出力された NC プログラムは、直接ホスト コンピュータへ書き込まれます。 - 15 -
  22. 22. 3.データサーバ機能 仕様 B-64014JA/04 データサーバ 入力 CNC メモリ ホストコンピュータ 出力 DNC 運転 注意 1 FTP モードでは、ホストコンピュータから CNC へ NC プログラムを転送します。そのため、ネットワーク 上のノイズや何らかの理由により通信途中で回線が切断された場合、ストレージモードと比較して、CNC の 運転などに直接影響を与えることになります。FTP モードによる DNC 運転を行う場合には、ノイズ対策を 確実に行い、通信状況が良好であることを十分確認のうえ、注意して行ってください。 2 FTP モードによる DNC 運転においてフィードホールド等を行い、ホストコンピュータ間との通信が止まっ てしまうような状況になった場合、ホストコンピュータ側が通信を切断してしまう場合があります。試運転 時にフィードホールドを行い、 ホストコンピュータとの通信が切断されないことを十分に確認してください。バッファモード データサーバが接続するホストコンピュータが外部入力装置として選択されます。 ただし、FTP モードと異なり、バッファモードはデータサーバ内蔵のメモリカードの領域を中間バッファと使用しま す。 バッファモードの詳細な内容につきましては、次節の「バッファモードの詳細」を参照してください。 また、外部出力装置としては、データサーバ内蔵のメモリカードが選択され、NC プログラムの出力操作を行った場 合は、ストレージモードと同等の動作となります。 データサーバ 出力 メモリカード CNC メモリ 入力 中間バッファ ホストコンピュータ DNC 運転 注 1 バッファモードを使用するためには、Series 30i/31i -A ではバッファモード機能オプション(J728)が必要 です。 2 Series 32i-A では、バッファモードを使用することはできません。3.3 バッファモードの詳細 バッファモードでは、メモリカード内にあらかじめ 2 つの領域(A 領域,B 領域)を用意しておき、片側の領域に格 納されている NC プログラムを CNC へデータ供給している間に、もう一方の領域に FTP 転送を使用して、続きの NC プログラムをホストコンピュータから読み出します。そして、片側の領域のデータを全て CNC へ供給し終わると、 引き続きもう一方の領域のデータを CNC へデータ供給し、空きになった領域には、FTP 転送によりホストコンピュ ータから続きの NC プログラムを読み出します。 この作業を繰り返すことによって、メモリカード容量以上の NC プログラムを扱えるようにします。ただし、このバ ッファモードを使用するには、あらかじめホストコンピュータ側でオリジナルの NC プログラムをいくつかのファイ ルに分割しておく必要があります。 分割するサイズは、メモリカードの残り容量の半分以下のサイズとなるように分割する必要があります。ただし、あ まり大きなサイズ(例えば、100MB 以上など)で分割しますと、第 1 番目のファイルをホストコンピュータから読み 出すまでにかなり時間がかかりますので、運転開始までの時間がかかることになります。 - 16 -
  23. 23. B-64014JA/04 仕様 3.データサーバ機能バッファモードの使用方法 バッファモードにおいて、DNC 運転および M198 サブプログラム呼び出しによって呼び出されるファイル(例えば Oxxxx)は、ファイルリストであり、呼び出すファイル名を呼び出し順に書き込んだファイルとなります。データサ ーバでは、バッファモードの場合は、このファイルリストに基づいて指定されているファイルをホストコンピュータ から順次呼び出し、CNC 側へデータの供給を行います。 CNC データサーバ ホストコンピュータ プログラム ハードディスク 呼び出し get (FTP) メモリカード Oxxxx Oxxxx Oxxxx file1 の内容 A 領域 file2 file3 file1 file1 file4 file2 B 領域 file2 file5 file3 file3 file4 file4 file5 file5 ホストコンピュータのファイルリストで指定するファイル(file1~file5)は、FTP 転送を利用してデータサーバ内蔵 のメモリカード内に取り込まれ、CNC に対してデータの供給を行います。なお、バッファモードの場合は、CNC か らデータサーバへ NC プログラムの読み出し要求が行われてから、指定されたファイルリストをホストコンピュータ から読み出し、第 1 番目のファイルを読み込み、その読み込みが終了してから CNC に対してデータを供給します。 したがって CNC がプログラムの読み出し要求を行ってから CNC へデータを供給し始めるまでには、その分の時間が かかりますので注意してください。 また、片方の領域のデータを CNC へ供給している間に、もう一方の領域に FTP 転送を使用してデータを取り込みま す。そのため、元のデータの分割は、連続する 2 つのファイルがデータサーバ内蔵メモリカードに入るサイズの必要 があります。 なお、CNC に対する片側の領域のデータの供給が終了したにも関わらず、もう一方の FTP 転送が終了していない場 合には、次のデータ供給が行えないためにプログラム呼び出しは異常終了となります。パラメータによって異常終了 としないことも可能です。 ファイルリスト内に指定するファイル名は、最大 255 文字までの半角英数字であればホストコンピュータ側で許され ているファイル名を任意に指定することができます。ファイルリスト内に指定するファイル名には、必ずファイル名 の後に 1 つ以上の LF(16 進数 0A)または CR(16 進数 0D)を入れてファイル名を区切ってください。 注 バッファモードの場合であっても、「NC プログラムの GET」や「NC プログラムの出力」の操作によって、 データサーバ内蔵メモリカード内に新たにファイルを登録することが可能です。 ただし、このような操作を行うと、バッファモードの運転に必要なデータサーバ内蔵メモリカードの残り容 量が無くなり、バッファモードによる DNC 運転がエラーとなることがあります。 従いまして、バッファモードによる DNC 運転を行っている最中は、データサーバ内蔵メモリカードへの新 規ファイルの登録は行わないようにしてください。ファイルの分割方法 バッファモードによる運転を行う場合、ホストコンピュータ側であらかじめオリジナルの NC プログラムをいくつか のファイルに分割しておき、その分割したファイルの転送順序を示すファイルリストを作成しておく必要があります。 - 17 -
  24. 24. 3.データサーバ機能 仕様 B-64014JA/04 例)NC プログラムを 3 分割する場合 % % O1234(SAMPLE); O1234(SAMPLE); ・ ・ ・ ・ ・ ・ X1.Y1.Z1.; 3 分割 X1.Y1.Z1.; file1 X2.Y2.Z2.; ・ X2.Y2.Z2.; ・ ・ ・ ・ X3.Y3.Z3.; ・ X4.Y4.Z4.; X3.Y3.Z3.; file2 ・ ・ X4.Y4.Z4.; ・ ・ M30; ・ % ・ M30; % file3 file1 file2 file3 O1234 上記のようにオリジナルの NC プログラムを file1, file2, file3 と 3 分割します。そして、ファイルリスト(ファイル名: O1234)に、その分割したファイル名を指定します。 注意 上記の例では、1 ブロックの途中で分割しないようにファイルの分割を行っていますが、実際は 1 ブロック の途中で分割しても構いません。ただし、分割したそれぞれのファイルの最後に余計な文字が入らないよう に注意してください。 ファイルの最後に余計な文字が入った場合、その NC プログラムが実行された時に不慮の動作等を起こす可 能性がありますので、ホストコンピュータ側で NC プログラムを用意、編集する際には、十分に注意してく ださい。 注 1 分割するファイルのサイズは、20~30MB 程度を目安に分割してください。あまり大きなサイズに分割しま すと DNC 運転が開始されるまでに時間がかかり、あまり小さなサイズに分割しますとファイルの切れ目で データが途絶え、運転が停止する可能性があります。 2 1 ブロックの途中で分割することも可能ですが、できるだけブロック単位で分割するようにし、更に、分割 したファイル単位で工具待避を行うようにしてください。このようにしておくと、ファイルの切れ目でデー タが途絶え、カッターマークがついたりすることを防ぐことができます。 3 ファイルリストおよび分割したファイルは、同じホストコンピュータの同じディレクトリに格納してくださ い。3.4 データサーバからの運転について 注 データサーバ機能は、大容量の NC プログラムを運転する場合にその効果を発揮しますので、データサーバ 機能では大容量の NC プログラムを扱うようにしてください。 - 18 -
  25. 25. B-64014JA/04 仕様 3.データサーバ機能メモリ運転について CNC メモリ内の NC プログラムと同じようにデータサーバ内蔵メモリカードの NC プログラムをメモリ運転すること が可能です。 多系統 CNC システムに対しても、NC プログラムを同時に供給することができます。 注 メモリ運転を行う場合、データサーバ内の NC プログラムは、テキストファイルである必要があります。バ イナリファイルをメモリ運転することはできません。M198 サブプログラム運転について ストレージモードの場合、データサーバ内蔵メモリカードから M198 呼び出しを行うことができます。FTP モードや バッファモードの場合、ホストコンピュータから M198 呼び出しを行うことができます。 あらかじめ、「データサーバ一覧画面」にて M198 用フォルダを設定します。M198 呼び出しがあると、設定された M198 用フォルダの中からサブプログラムを探し出し出されます。DNC 運転について ストレージモードの場合、データサーバ内蔵メモリカードから DNC 運転を行うことができます。FTP モードやバッ ファモードの場合、ホストコンピュータから DNC 運転を行うことができます。 あらかじめ、「データサーバ一覧画面」にて DNC 運転用のファイル名を設定します。DNC 運転が開始されると、設 定された DNC 運転用ファイルが呼び出されます。3.5 NCプログラムの形式 ホストコンピュータで用意する NC プログラムは、以下の形式を遵守してください。 % TITLE ; O0001(COMMENT) ; ・ ・ ・ M30 ; % NC プログラムの先頭は%(スタートファイルマーク)で始まります。その後必要に応じて EOB(;,プログラムス タート)までの間(リーダ部)にタイトル等のコメントを挿入することができます。 プログラム部の先頭には、必ずプログラム名として O 番号または”<”,”>”で括った 32 文字以内の任意ファイル名を指 定してください。なお、この O 番号または任意ファイル名と同じファイル名でパソコン上で管理するようにしてくだ さい。 もし、NC プログラム中の O 番号または任意ファイル名とパソコン上のファイル名が異なっている場合には、パソコ ンからデータサーバへ転送された際に、基本的にはパソコン上でのファイル名が優先されます(注 2)。 各ブロックの終了に使用されている “;” は、EOB(End Of Block)を意味して、実際には、LF(LF:16 進数の 0A)、 CR-LF(CR:16 進数の 0D)または、LF-CR-CR となります。 NC プログラムの最後は、必ず “M コード ; %” で終了するようにしてください。 バイナリ入力運転を行う場合、バイナリ入力運転用のデータは、バイナリ入力運転の開始コードと終了コードで挟ん で、上図の「・・・」の部分に挿入してください。 なお、NC プログラムの構成およびバイナリ入力運転の詳細につきましては、各 CNC の取扱説明書を参照してくださ い。 警告 ホストコンピュータ側で用意する NC プログラムが、CNC で指定しているプログラム形式となっていない場 合、その NC プログラムが実行された時に不慮の動作等を起こす可能性がありますので、ホストコンピュー タ側で NC プログラムを用意する際には、十分に注意してください。 - 19 -
  26. 26. 3.データサーバ機能 仕様 B-64014JA/04 注 1 データサーバのメモリカードへ NC プログラムをテキストファイルとして登録する際、認識できない文字コ ードは無視されます。認識できない文字コードは使用しないようにしてください。 また、日本語などの 2 バイトコードを使用した場合、1 バイト毎に認識した際に誤った文字コードとして認 識される場合もありますので日本語などの 2 バイトコードは使用しないでください。 2 メモリカード内のテキストファイルは、 必ずファイル名とプログラム内の O 番号または任意ファイル名を一 致させて管理します。そのため、もしこれらが異なる場合には、ファイル転送時にファイル名に一致させま す。ただし、パラメータ設定によっては、ファイル転送時にプログラム内の O 番号または任意ファイル名を 優先させて、ファイル名とすることもできます。3.6 リストファイルの形式 後述する LIST-GET, LIST-PUT, LIST-削除機能において、使用されるリストファイルの形式は、以下のいずれかの形式 となるようにしてください。 形式 1 形式 3 % ; % ; O0001(COMMENT) ; O0001(COMMENT) ; N111 ; (Dtsvr-File) ; N222 ; (Dtsvr-File) ; N333 ; (Dtsvr-File) ; : : : : N999 ; (Dtsvr-File) ; % % 形式 2 形式 4 % ; % ; O0001(COMMENT) ; O0001(COMMENT) ; N111 (PC-File) ; (Dtsvr-File, PC-File) ; N222 (PC-File) ; (Dtsvr-File, PC-File) ; N333 (PC-File) ; (Dtsvr-File, PC-File) ; : : : : N999 (PC-File) ; (Dtsvr-File, PC-File) ; % %全形式に共通事項 ① リストファイルの先頭は、”%”(スタートファイルマーク)で始まります。 ② 次のブロックでは、必ず O 番号を指定してください。なお、この O 番号と同じ O 番号をファイル名として付け てください。 また、この O 番号の後ろから EOB までの間のみにコメントを”(“, “)”でくくることによって挿入することができ ます。 ③ この次のブロックから処理を行うファイルを指定します。 ④ リストファイルの最後は、必ず”%”で終了します。形式 1 の仕様 形式 1 のリストファイルの仕様は、以下の通りです。 ① 処理を行うファイルのファイル名が”Oxxxx” ”xxxx”は、 桁の数字を意味します) ( 4 の形式の場合の指定方法です。 この場合、”Oxxxx”のファイル名の”O”を”N”に変更して、ファイル名を指定します。また、4 桁の数字部分はゼロ サプレス可能であり、例では、”O0111”, “O0222”, “O0333”, …, “O0999”のファイルとして順次処理します。 ② LIST-GET サービスの場合、ホストコンピュータ内蔵ハードディスク内に格納されている”Oxxxx”ファイルをファ ストデータサーバ内蔵メモリカード内へ”Oxxxx”ファイル名のまま転送します。 LIST-PUT サービスの場合、ファストデータサーバ内蔵メモリカード内に格納されている”Oxxxx”ファイルをホス トコンピュータ内蔵ハードディスク内へ”Oxxxx”ファイル名のまま転送します。 - 20 -
  27. 27. B-64014JA/04 仕様 3.データサーバ機能 LIST-削除サービスの場合、ファストデータサーバ内蔵メモリカード内に格納されている”Oxxxx”ファイルを削除 します。形式 2 の仕様 形式 2 のリストファイルの仕様は、以下の通りです。 ① 処理を行うファイルのファストデータサーバ内蔵メモリカード側のファイル名が”Oxxxx”(”xxxx”は、4 桁の数字 を意味します)の形式で、ホストコンピュータ内蔵ハードディスク側のファイル名が任意ファイル名の場合の指 定方法です。この場合、”Oxxxx”のファイル名の”O”を”N”に変更して、ファストデータサーバ側のファイル名を 指定します。また、4 桁の数字部分はゼロサプレス可能であり、例では、”O0111”, “O0222”, “O0333”, …, “O0999” のファイルとして順次処理します。 ホストコンピュータ内蔵ハードディスク側の任意ファイル名は、 該当する”Nxxxx”の後に続けて、 “)”でくくっ ”(“, て任意のファイル名を指定することができます。なお、任意ファイル名として使用できる文字は、ホストコンピ ュータの OS に依存します。 ② LIST-GET サービスの場合、ホストコンピュータ内蔵ハードディスク内に格納されている任意ファイル名”PC-File” をファストデータサーバ内蔵メモリカード内へ”Oxxxx”ファイルとして転送します。 LIST-PUT サービスの場合、ファストデータサーバ内蔵メモリカード内に格納されている”Oxxxx”ファイルをホス トコンピュータ内蔵ハードディスク内へ任意ファイル名”PC-File”として転送します。 LIST-削除サービスの場合、ファストデータサーバ内蔵メモリカード内に格納されている”Oxxxx”ファイルを削除 します。形式 3 の仕様 形式 3 のリストファイルの仕様は、以下の通りです。 ① 処理を行うファイルのファイル名が任意ファイル名の形式の場合の指定方法です。この場合、ファストデータサ ーバ内蔵メモリカード内のファイル名とホストコンピュータ内蔵ハードディスク内のファイル名を同じファイル 名として処理します。 ”(“, “)”でくくって任意のファイル名を指定します。ただし、任意ファイル名として使用できる文字は、以下の 66 種類の ASCII 文字のみです。 0 から 9 までの数字 a から z までの英小文字 A から Z までの英大文字 次の 4 種類の記号 +-_ . ② LIST-GET サービスの場合、ホストコンピュータ内蔵ハードディスク内に格納されている任意ファイル 名”Dtsvr-File”をファストデータサーバ内蔵メモリカード内へ”Dtsvr-File”ファイルのまま転送します。 LIST-PUT サービスの場合、 ファストデータサーバ内蔵メモリカード内に格納されている”Dtsvr-File”ファイルをホ ストコンピュータ内蔵ハードディスク内へ任意ファイル名”Dtsvr-File”のまま転送します。 LIST-削除サービスの場合、 ファストデータサーバ内蔵メモリカード内に格納されている”Dtsvr-File”ファイルを削 除します。形式 4 の仕様 形式 4 のリストファイルの仕様は、以下の通りです。 ① 処理を行うファイルのファイル名が任意ファイル名の形式の場合の指定方法です。この場合、ファストデータサ ーバ内蔵メモリカード内のファイル名とホストコンピュータ内蔵ハードディスク内のファイル名を異なるファイ ル名として処理します。 ”(“, “)”でくくってファストデータサーバ内蔵メモリカード側の任意ファイル名とホストコンピュータ内蔵ハード ディスク側の任意ファイル名を”,”で区切って指定します。 ただし、 ファストデータサーバ内蔵メモリカード側の任意ファイル名として使用できる文字は、 以下の 66 種類の ASCII 文字のみです。 0 から 9 までの数字 a から z ぀

×