HRT規約

305 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
305
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

HRT規約

  1. 1. ハッピーローラーツアー団体規約ハッピーローラーツアー団体規約ハッピーローラーツアー団体規約ハッピーローラーツアー団体規約第1章第1章第1章第1章 総則総則総則総則第1条(名称)この団体は「ハッピーローラーツアー」という。第2章第2章第2章第2章 活動目的と内容活動目的と内容活動目的と内容活動目的と内容第2条(活動目的)1 当団体は「ローラースケート競技」を目的とするクラブチームである。2 当団体は「スポーツ」に親しみ、心身の健康、体力の保持増進を図る事を目的とする。3 当団体は「団体活動」を通して部員相互、地域、老若男女、そして世界の人々と親交を図り愛と平和に満ちた明るく個性豊かな社会づくりに貢献する事を目的とする。第3条(活動内容)1 ローラーダービーの練習、試合2 ローラーゲームの普及、振興3 コーチ、アドバイス4 スポーツツーリズム5 商品、用具等の販売6 他関連する各活動第3章第3章第3章第3章 部員部員部員部員第4条(構成)当団体の構成を次の2種とする。又、総称し部員と呼ぶ。1 競技者/当団体で競技活動を行う者2 スタッフ/当団体の運営に協力する者第5条(入部)1 入部申請(申込書、誓約書等の提出)を行い、当団体が受理した方2 入部にともない、次の入部条件を承諾した方(1)当団体の考え、および規約に賛同、承諾する方
  2. 2. (2)活動中に生じた事故、トラブル、傷病、障害等に対し、自己責任とし全てを補える方又当団体及び当時者等関係者に対し、賠償等一切の責任を求めない事を誓約する方(3)活動内容に適応する、傷害保険等に加入する方。第6条(入会金及び部費)1 入部の際の入会金等については特に条件を定めない。2 当団体の運営費として部員は次の部費の納入が必要となる。(1)競技者/毎月1,000円(原則、毎月 1 回目の練習活動日に納入するものとする)(2)スタッフ/特に条件なし3 部費及び拠出金品等は、返金を行わない。4 関連機関の活動又は事業等に自己の資金を投じて参加する際、事前に当団体へ「部費免除申請」を行い、役員会が承認した場合に限り、その期間部費を免除する。第7条(退部)部員は所定の退会届を、当団体に提出する等の手続きを行うことで、任意に退会ができる。第8条(除名)部員が次の各号に該当するに至った場合、役員会の協議により、これを除名することができる。この場合、その部員に対し、協議の前に弁明の機会を与えなければならない。1 当団体の考え及び当規約に反する行為に至ったとき2 当団体の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき第4章第4章第4章第4章 運営活動運営活動運営活動運営活動第9条(運営活動)当団体の運営活動は分担制とし、部員の知識、技術、行動を結集し、団体の活動環境の向上および、発展を目的とする。第10条(担当)部員は次のいずれかの班に所属し運営活動に参加する。配置は、役員会にて決定を行う。1 総務班/会計、人事、庶務等(※内部窓口)2 渉外班/普及、振興、募集等(※外部窓口)3 広報班/宣伝、媒体、制作4 競技班/練習、会場、保健5 その他、必要とされる班
  3. 3. 第11条(報酬)部員は知識、技術、行動等の提供による、金銭的対価を求めないこととする。第12条(会計決裁)部費の使用、適用等については、役員会の議決を必要とする。第13条(対価の帰属)知識、技術、行動等の提供及び当団体が権利を有する使用の許諾によって、第三者から受ける報酬等は全て団体に帰属する。また、知的財産、資産、商品、作成等もこの限りである。第14条(権利の帰属)当団体活動において、知識、技術、行動等の提供により発生する全ての権利(知的財産権、著作権、肖像権等を含む)は、団体に帰属する。第5章第5章第5章第5章 役員と監査役員と監査役員と監査役員と監査第15条(種別及び定数)当団体に次の役員と監査を設置する。1 役員 4名2 監査 1名第16条(役員等の選出)1 役員は、各班の班長が兼任する。2 部長は、渉外班長が兼任する。3 監査は、スタッフの中から1名兼任する。第17条(設立当初の役員と監査)1 当団体の設立当初の役員は以下のとおりである。役員/石塚 剛(渉外班長兼部長)大月圭介(広報班長)荒内勇人(総務班長)梅邑太郎(競技班長)2 当団体の設立当初の会計及び監査役は以下のとおりである。会計/荒内勇人(総務班長)監査/滝沢佳奈子(スタッフ)
  4. 4. 第6章第6章第6章第6章 部門会部門会部門会部門会第18条(構成)部門会は、部門ごとに部門担当者の集合により構成する。第19条(実施と定足数)1 実施の5日前までに、総務班に対し開催宣言を行う。2 実施に至っては、全担当者の2分の1の出席を必要とする。3 定期部門会を年4回(5月、8月、11月、2月)実施する。4 臨時部門会については、各部門の決定によりその都度実施できる。第20条(権能)1 部門会は臨時役員会の召集を請求することができる。2 定期及び臨時役員会に議案を提出する事ができる。3 役員会へ提出する議案内容は、各班の自由とする。第21条(議長)部門会の議長は班長が行うものとする第22条(議決)1 出席した部門担当者の無記名投票による過半数をもって議決される。2 可否同数の場合、議長の決するところによる。第23条(議事録)部門会の実施時は、次の事項を記載した議事録を作成し、終了後10日以内に当団体が指定するウェブ等にて掲載及び保存を行う。1 日時、場所2 議長、書記、出席者3 議題、その内容、協議経過、結果第7章第7章第7章第7章 役員会役員会役員会役員会第24条(構成)役員会は、役員の集合により構成する。
  5. 5. 第25条(実施と定足数)1 実施の5日前までに、総務班に対し開催宣言を行う。2 実施に至っては、役員の3名以上の出席を必要とする。3 定期役員会を年4回(6月、9月、12月、3月)実施する。4 臨時役員会の実施については次のとおりである。部門会から召集請求があった場合、役員より召集があった場合第26条(権能)役員会では、次の議決を行うことができる。1 部門会より提出された議案2 班長の交代、任命3 資産に関連する事項4 規約及び関連する事項5 その他、団体運営に関する事項第27条(議長)役員会の議長は部長が行う。第28条(議決)1 出席した役員の無記名投票により過半数をもって議決される。2 可否同数の場合、議長の決するところによる。第29条(議事録)役員会の実施時は、次の事項を記載した議事録を作成し、終了後10日以内に当団体が指定するウェブ等にて掲載及び保存を行い、その内容を部員に開示する。(1)日時、場所(2)議長、書記、出席者(3)議題、その内容、協議経過、結果第8章第8章第8章第8章 公開公開公開公開と告知と告知と告知と告知第30条(公開種別)当団体に関係する、内容、情報、書類、ウェブ等の公開又共有範囲を次の2種とする。1 部員限定 対象範囲を部員までとする
  6. 6. 2 一般公開 対象範囲を限定しない第31条(部員限定)当団体に関係する、全ての内容、情報、書類、部員用のウェブ等の公開又共有範囲を部員限定とする。従って、部員はこれらに該当する事項についての当団体外又は部員外への公言、公開等を固く禁ずる。第32条(一般公開)部員限定のうち、次のものを一般公開として解除する。1 広報用の媒体、ウェブ等2 宣伝、普及、渉外活動用の資料等3 その他、役員会にて承諾した事項第33条(部門会、および役員会実施の告知)部門会、および役員会の実施を実施日の3日前までに総務班よりウェブ等にて告知を行う。第34条(議事録の公開)部門会及び役員会の議事録(議決内容等を含む)を、実施後10日以内にウェブ等にて公開を行う。部員はその内容について、各自での確認を行うものとする。第9章第9章第9章第9章 資産の使用資産の使用資産の使用資産の使用第35条(団体資産の使用)当団体が所有又は権利を有する資産の使用については、団体への申請及び、班長又は役員会での承諾を必要とする。第10章第10章第10章第10章 肖像の使用肖像の使用肖像の使用肖像の使用第36条(肖像の使用)1 当団体は、団体の記録用及び広報活動用として、活動中にカメラ、ビデオ等にて撮影を行う場合がある。その肖像(画像や映像等)の使用及び公開範囲は、部員限定を基本とし、広報活動を目的とする場合に限り、ウェブや媒体、資料等において、使用一般公開を行うものとする。2 部員は事前に所属班長へ相談をし承認を得ることにより、広報目的での使用について制限を設けることができる。
  7. 7. 第11章第11章第11章第11章 個人情報の取扱い個人情報の取扱い個人情報の取扱い個人情報の取扱い第37条(個人情報の取扱い)1 当団体は、次の事項を除き、個人情報の公開をしない。(1)部員リスト(部員限定/氏名、連絡先等)(2)規約(一般公開/役員氏名)(3)各種申請(申請および手配先のみ公開/必要事項)(4)広報活動(氏名※実名を拒否される方はローラーネームの設定を勧める)(5)その他、団体が必要とする場合2 部員は入部時に申請する事により、公開について制限を設ける事ができる。第12章第12章第12章第12章 会計会計会計会計第38条(資産の構成)当団体の資産構成は、次のとおりである。1 部費2 寄付金品3 備品4 商品5 知的財産6 その他収入等第39条(資産の管理)当団体の資産は、次のとおり保管、管理を行う。1 現預金 総務班2 備品 各関係班3 商品 各関係班第40条(活動計画及び予算)当団体の活動計画、およびこれに伴う収支予算は、役員会の議決を必要とする。第41条(会計報告及び決算)1 当団体の活動報告書、収支計算書、貸借対照表及び財産目録等の決算に関する書類は、年度終了後、総務班にて作成し、監査を受け、部員へ報告を行う。
  8. 8. 2 決算上剰余金を生じたときは、次年度に繰り越すものとする。第42条(活動年度)当団体の活動年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。第13章第13章第13章第13章 規約の変更および解散規約の変更および解散規約の変更および解散規約の変更および解散第43条(規約の変更)当団体が規約を変更するときは、役員会の議決を必要とする。第44条(解散)当団体は、目的とする活動が不能となった場合、解散日から起算して30日前までに役員会の議決により解散を行うことができる。その場合、10日以内にウェブ等にて公開を行い、部員への通達を行うものとする。第45条(残余財産の帰属)この法人が解散したときに残存する財産は、役員会にて協議し、議決を行う。第14章第14章第14章第14章 協議事項協議事項協議事項協議事項第46条(協議事項)本規約に定めなき事項または解釈上疑義を生じた事項については、その都度、役員会にて協議を行い、解決を図るものとする。附則附則附則附則(経過)1 第1版施行 平成24年11月1日2 第1版改定 平成25年3月31日(第6条4項追加)3 第2版施行 平成25年4月1日

×