Moteki jmsd ftalksession-130228mod

595 views
515 views

Published on

気象理解における海洋観測の重要性について,海上自衛隊で話させて頂いた際のスライドです.

トークセッションというファイル名通り,一方的に話すプレゼンではなく,聴衆同士で話し合ったり,意見のある人が前に出てきて話したり,というスタイルに挑戦してみました.

このスタイルのモデルとしたのは,アクティブ・ラーニング代表の羽根拓哉さんによる下記動画です.
「社会人基礎力_FD教える技術_No.1_人間力を向上させる新教育手法」
http://bit.ly/15S17Vs

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
595
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
15
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Moteki jmsd ftalksession-130228mod

  1. 1. 東京学芸大学海洋研究開発機構茂木 耕作もて    さく
  2. 2. つゆの雨 が降る? 今日も海と空のあいだに 東京学芸大学 海洋研究開発機構 茂木 耕作 もて    さく
  3. 3. 天気図での着眼点海洋観測の重要性豪雨と海洋の関係
  4. 4. 天気図での着眼点梅雨期は,数値予報資料の予報精度が悪いような気がします。 事前に頂いたコメントより
  5. 5. 実況 24時間後 実況 24時間後 実況 24時間後
  6. 6. メソ低気圧茂木耕作 著 梅雨前線の正体(東京堂出版)より
  7. 7. 南下 メソ低気圧茂木耕作 著 梅雨前線の正体(東京堂出版)より
  8. 8. メソ低気圧 茂木耕作 著 梅雨前線の正体(東京堂出版)より
  9. 9. メソ低気圧 北上茂木耕作 著 梅雨前線の正体(東京堂出版)より
  10. 10. 海洋観測の重要性 黄海 黒潮Moteki and Manda, 2013の論文より
  11. 11. オホーツク海高気圧揚子江高気圧 太平洋高気圧
  12. 12. 黄海高気圧 2011年5月17日00Z
  13. 13. 黄海浅い海 と 黒潮深い海 太平洋
  14. 14. 黄海で形成される定常的な寒気∼4km(600hPa) 気温 梅雨前線南 南 暖 寒 北 暖 黒潮 寒 水温∼200m 太平洋 黄海 中国北部
  15. 15. 黄海の寒気が衰退=梅雨前線北上∼4km(600hPa) 気温 梅雨前線南 南 暖 寒 北 暖 黒潮 寒 水温∼200m 太平洋 黄海 中国北部
  16. 16. 梅雨前線 5月 6月 7月 黄海太平洋
  17. 17. 東シナ海上の梅雨前線の季節進行は、黄海の暖まり方次第
  18. 18. 海洋観測の重要性梅雨期は,数値予報資料の予報精度が悪いような気がします。←向上出来るはず 事前に頂いたコメントより
  19. 19. 豪雨と海洋の関係 平成24年7月九州北部豪雨 7月11日∼14日
  20. 20. 阿蘇市乙姫:800mm天気と気象について わかっていること いないこと (ベレ出版)より
  21. 21. 7月12日午前3時  高さ500mの水蒸気量の分布水蒸気混合比 (g/kg) 大雨注意 豪雨注意
  22. 22. 数百km規模の背の高い雲の塊クラウドクラスター
  23. 23. 天気図での着眼点海洋観測の重要性豪雨と海洋の関係
  24. 24. つゆの雨 が降る? 今日も海と空のあいだに 東京学芸大学 海洋研究開発機構 茂木 耕作 もて    さく

×