Your SlideShare is downloading. ×
  • Like
電子書籍のアクセシビリティ
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Now you can save presentations on your phone or tablet

Available for both IPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

電子書籍のアクセシビリティ

  • 3,421 views
Published

第9回イーパ部でお話ししたスライドです。

第9回イーパ部でお話ししたスライドです。

Published in Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
3,421
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
19
Comments
0
Likes
1

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 電子書籍のアクセシビリティACRIプロジェクト / アルファサード有限会社 持田 徹 (motchie@alfasado.jp)
  • 2. 自己紹介 アルファサード 研究開発ディレクター 2002年から個人的に アクセシビリティ研究 『ウェブアプリケー ションのための ユニバーサルデザイン (一部執筆)』など 1 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 3. 電子書籍のアクセシビリティとは? 一生懸命作った電子書籍だけど、 その書籍を利用できない人がいるかも しれないことに配慮すること モノを作る立場から離れて、実際の利用者 に思いをはせること 22011年 12月9日 金曜日 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 4. 作ったものが実際には使えない例 32011年 12月9日 金曜日 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 5. どんな時に使えないのか? 画面の小さいデバイスで読むとき 画面に映り込みがすごい環境で読むとき あらためて印刷して読みたいとき 音が出せない環境で読むとき 視覚、聴覚などに障害がある人が読むとき 色覚特性 日本語が苦手な外国人が読むとき 42011年 12月9日 金曜日 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 6. アクセシビリティの対象 最も影響を受けるのは高齢者・障害者  2015年には4人に1人が65歳以上  身体障害者数は330万人を超える 健常者でも…  色覚の問題 : 男性の20人に1人  環境、状況などによる一時的な制限や障害  ケガ、病気 → 手や腕を骨折したとか  メガネが壊れた、大騒音の中,両手に荷物,... 52011年 12月9日 金曜日 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 7. 支援技術とは Assistive Technology(略してAT) 個々の障害を補い、操作を補助する技術 音声ブラウザ、スクリーンリーダー、 点字ディスプレイ、OSの機能など その他  車いす、補聴器、字幕、… スクリーンリーダーでPCを操作してみます 62011年 12月9日 金曜日 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 8. まとめると…アクセシビリティ 高齢者や障害者を含むさまざまな人々が いろいろな環境において製品やサービスを 利用できる「度合い」のこと 「電子書籍のアクセシビリティ」なら  書籍を読むことができること  内容を理解できること  ページ間移動やジャンプ検索ができること  その他の機能が利用できること 72011年 12月9日 金曜日 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 9. 紙書籍の進化 (1)1. 対面朗読  必要な箇所に飛んだり、別資料を探すことも2. 点字図書  点訳した図書を含む。かさばる、摩耗する3. 録音図書  書籍を音訳したものをテープなどで聞く4. 大活字本 いずれも対応が必要。2~4 : 図書が少ない 82011年 12月9日 金曜日 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 10. 音訳について 音訳とはインクを用いて表現 された文字や図表など…を音 声化すること 朗読との違いは、音訳はイン クなどを用いた表現との同一 性保持が要請され、音声化す る人物による解釈介入の極小 化が要請されること 92011年 12月9日 金曜日 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 11. 紙書籍の進化 (2) 電子化の波1. 点字データ  いくつか種類がある。点字ディスプレイ登場2. 墨字(すみじ)図書  OCRで読み取り・読み上げ、拡大読書機3. 録音図書、オーディオブック  音訳したもののファイル化  デイジー図書の登場 → 専用機器があれば自分で情報が得られる 102011年 12月9日 金曜日 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 12. DAISY図書について デジタル録音図書の世界規格 もともとCD-ROMから始まった 目次から任意の章や節、ページに飛べる 音声にテキスト、画像を同期させる XHTMLとSMILを使っている 読み上げてみます 112011年 12月9日 金曜日 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 13. 紙書籍の進化 (3) ネットの時代へ1. 青空文庫2. 点字データ・録音図書  サピエ3. オーディオブック  iTunes Store  オトバンク 122011年 12月9日 金曜日 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 14. そしてiPadとiBooks登場! スクリーンリーダーを 標準搭載(VoiceOver) ズーム、文字拡大、 色反転もサポート iBooksはePubサポート iOS5ではiBooksの VoiceOver機能が強化 132011年 12月9日 金曜日 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 15. その他のタブレットは? 音声読上げ 文字拡大 色の反転iPad あり あり ありKindle 英語のみ 8段階 なしSony Reader なし 6段階 なしGALAPAGOS なし あり あり総務省委託事業平成22年度 新ICT利活用サービス創出支援事業『アクセシビリティを考慮した電子出版サービスの実現【報告書】』の表3-2を一部改変して引用http://aebs.or.jp/itc/EPublishing_accessibility_report.pdf 142011年 12月9日 金曜日 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 16. EPUB 3でDAISY機能を取り込み EPUB 3 : 2011年10月11日に仕様確定 EPUB 3のアクセシビリティ機能策定は DAISYコンソーシアムによってなされた 次の4つのパターンがある  テキスト、音声、目次、動画(手話)  テキスト、音声、目次、静止画  テキスト、目次、静止画  音声、目次 15 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 17. 書籍の電子化による変化とは コンテンツ制作の敷居が下がった → 紙書籍にならなかったものも書籍化 特に制作側で意識しなくても文字拡大や 反転表示、読み上げが可能 → 電子化自身がアクセシビリティ向上 → 従来の図書が少ない問題が解消 一方デバイスや環境、フォーマットによる 影響を受ける 162011年 12月9日 金曜日 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 18. 制作側はどう対応するべきか(1) なるべく柔軟なフォーマットまたは アクセシブルなフォーマットを選ぶ 文書構造を正しくマークアップする 画像の問題のほとんどは  画像の説明  画像のテキスト  画像のコントラスト、反転対応 その他のコントロールのアクセシビリティ 17 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 19. 制作側はどう対応するべきか(2) 国・地方公共団体で あれば法制度上の要請も JIS X 8341-3:2010 2010年8月20日公示ウェブコンテンツとは,...携帯端末などを用いて利用されるコンテンツ,インターネット,イントラネット,CD-ROM などの記録媒体を介して配布されるウェブコンテンツ技術を用いて制作された電子文書...などに適用する。 18 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会
  • 20. まとめ アクセシビリティは利用者に思いをはせる 制作者のエチケットのようなもの 書籍の電子化はそれだけでアクセシブル になる → 高齢者・障害者には特に 電子書籍のフォーマット、デバイスとも アクセシブルになってきている 制作側の配慮があればよりよい世界に 19 電子書籍の勉強会 イーパ部in大阪 第9回イーパ部会