Red Hat Software Collections 2.0 ご紹介

5,639 views
5,974 views

Published on

RHEL6およびRHEL7で新しいバージョンの処理系やDBを提供する Red Hat Software Collectionsをご紹介します

Published in: Technology

Red Hat Software Collections 2.0 ご紹介

  1. 1. Red Hat SoftwareRed Hat Software Collections 2.0Collections 2.0ご紹介ご紹介 レッドハット株式会社 ソリューションアーキテクト 森若和雄 <kmoriwak@redhat.com> 2015-06-09
  2. 2. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 2 Red Hat Software Collectionsの背景 ● RHELは10年間基本的に同じバージョンを維持 – だいたいの場合でうれしいポリシー ● 特に運用では嬉しい – 新しいバージョンが欲しい時もある ● upstreamの開発が早いソフトウェアは3年も すると時代遅れになりがち ● 特にWeb開発系のお客様からリクエスト – 開発ツールも新しいバージョンが欲しい ● 新しい言語仕様へ対応 ● 新CPUの命令セットへ対応 ● 最適化の強化
  3. 3. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 3 Red Hat Software Collectionsとは? ● Red Hat Software Collection (RHSCL) – RHELのリリーススケジュールと非同期にRHEL に導入できる新バージョンのパッケージを提供 – RHEL上の旧パッケージと共存 – サポートは3年間に限定 ● ただしDeveloper Toolsetは2年間 – RHELのサブスクリプションに付属 ● ServerまたはWorkstationに付属 ● Desktopには付属しません – Production 1期間中のRHELが対象 ● 現在はRHEL6およびRHEL7が対象
  4. 4. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 4 RHSCL2.0で提供されるもの 言語処理系: ● Red Hat Developer Toolset 3.1 ● Perl 5.16.3, 5.20.1 ● PHP 5.4.40, 5.5.21, 5.6.5 ● Python 2.7.8 ● Python 3.3.2, 3.4.2 ● Ruby 1.9.3, 2.0.0, 2.2.2 ● V8 3.14.5.10 開発ツール: ● Git 1.9.4 ● DevAssistant 0.9.3 ● Maven 3.0.5 Webサーバ: ● nginx 1.6.2 ● Apache httpd 2.4.12 データベース: ● MariaDB 5.5.37, 10.0.17 ● MongoDB 2.4.9, 2.6.9 ● MySQL 5.5.37, 5.6.24 ● PostgreSQL 9.2.8, 9.4.1 フレームワーク: ● Ruby on Rails 4.0.2, 4.1.5 ● Node.js 0.10 ● Passenger 4.0.50 モニタリング: ● Thermostat 1.2.0
  5. 5. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 5 Red Hat Developer Toolset 3.1 ● IDE – Eclipse 4.4.2 ● コンパイラ・デバッガ – GCC 4.9.2 – GDB 7.8.2 – binutils 2.24 – elfutils 0.161 ● インスペクションツール – ltrace 0.7.91 – strace 4.8 – SystemTap 2.6 – Valgrind 3.10.1 – OProfile 0.9.9 ● その他 – dwz 0.11 – memstomp 0.1.5 – Dyninst 8.2.1
  6. 6. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 6 (参考)RHEL6.6でのバージョン 言語処理系: ● Perl 5.10.1 ● PHP 5.3.3 ● Python 2.6.6 ● Ruby 1.8.7 Webサーバ: ● Apache httpd 2.2.15 データベース: ● MySQL 5.1.73 ● PostgreSQL 8.4.20
  7. 7. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 7 ライフサイクル ● 各ソフトウェアコレクションのリリースから 3年間のフルサポート – プロダクションサポート – 問い合わせ対応 – セキュリティfix, バグfix, 機能拡張の提供 ● 1.xから継続しているパッケージは2016年10月まで 2.0から登場したものは2018年4月まで – 一部例外的に長いもの(python27, httpd24)あり https://access.redhat.com/support/policy/updates/rhscl/ ● Developer Toolsetは2年間 – 3.xは2016年10月迄サポート予定 https://access.redhat.com/support/policy/updates/dts/
  8. 8. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 8 RHSCL利用の前に ● RHSCLサブスクリプションが有効か確認 – subscription-manager list --available で出力 有効な場合は“Red Hat Software Collections (for RHEL Server)” のような出力が含まれる ● 含まれていない場合は... – http://www.redhat.com/GetRedHatSoftwareCollecti ons.html を表示 – Red Hat IDでログインすると自動的に利用申請 が行われ、その旨が表示されます – 2-3営業日内に利用可になります 詳しくは https://access.redhat.com/ja/solutions/666823
  9. 9. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 9 利用例 ● リポジトリの登録 – # subscription-manager repo --enable rhel-*-rhscl-6-rpms ● 利用したいパッケージをインストール – # yum install python33 ● sclコマンドで環境切り替え $ scl enable python33 bash $ python Python 3.3.2 (default, Mar 20 2014, 18:55:17) [GCC 4.8.2 20140120 (Red Hat 4.8.2-16)] on linux Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information. >>>
  10. 10. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 10 sclコマンドによる切り替え ● scl enableコマンドでsoftware collectionを指 定すると... – /opt/rh/(software collection名)/enableを 実行 – enable で 環境変数などを設定 – その状態で最後の引数のコマンドを実行 ● システム全体には影響しないので既存パッケー ジなどを問題なくサポート可能 ● 独自にsoftware collectionを作成できる – https://www.softwarecollections.org/en/docs/building/
  11. 11. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 11 参考 ● 製品ドキュメント – Red Hat Software Collections 2.0 Release Notes ● http://red.ht/1HlrmHI – Software Collections Guide ● http://red.ht/TRFmCU – Red Hat Developer Toolset 3.1 Release Notes ● http://red.ht/1MDXN4q ● http://softwarecollections.org/ – Software Collectionsのupstream – Red Hat 以外のユーザが独自に作成したSoftware Collectionsを含めて公開
  12. 12. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 12 THANK YOU

×