Red Hat Enterprise Linux 7 の新機能
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

Red Hat Enterprise Linux 7 の新機能

on

  • 24,245 views

Red Hat Enterprise Linux 7での新機能を紹介

Red Hat Enterprise Linux 7での新機能を紹介

Statistics

Views

Total Views
24,245
Views on SlideShare
22,307
Embed Views
1,938

Actions

Likes
78
Downloads
221
Comments
0

23 Embeds 1,938

http://www.amulet.co.jp 464
http://www.skyarch.net 403
https://twitter.com 319
http://www.smallake.kr 269
http://blog.cloudpack.jp 210
https://bozuman.cybozu.com 138
http://xn--8pv27a.net 24
https://bozuman.s.cybozu.com 22
http://www.slideee.com 21
http://iwe.cisco.com 18
http://s.deeeki.com 16
http://online-html-editor.org 9
https://www.chatwork.com 8
http://webcache.googleusercontent.com 4
http://nullpopopo.blogcube.info 4
http://tweetedtimes.com 2
http://b.hatena.ne.jp 1
https://kcw.kddi.ne.jp 1
http://twicli.neocat.jp 1
http://cache.yahoofs.jp 1
http://slideshare-download.seesaa.net 1
http://www.google.co.jp 1
http://translate.googleusercontent.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Red Hat Enterprise Linux 7 の新機能 Presentation Transcript

  • 1. Red Hat Enterprise Linux 7 の新機能 レッドハット株式会社 ソリューションアーキテクト 森若和雄 <kmoriwak@redhat.com> 2014-09-02 v1.2 (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 1/33
  • 2. (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 2/33 agenda ● Red Hat Enterprise Linux 7とは ● 基盤となる機能 – インストール、サブスクリプション管理、ブートロー ダ、ネットワーク、ストレージ、ファイルシステム、 サービス管理、CPU・メモリ管理 ● 運用管理むけの機能 – パフォーマンス監視・設定、OpenLMI、セキュリ ティ、ロギング、ストレージ管理 ● 応用的な機能 – 仮想化、コンテナ、Windowsとの相互運用性向上、ク ラスタ
  • 3. Red Hat Enterprise Linux 7とは (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 3/33
  • 4. Red Hat Enterprise Linuxロードマップ* CY2010 CY2011 CY2012 CY2013 CY2014 Production 1 Production 2 Production 3 *日程は大まかなもので、予告なく変更されることがあります (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 4/33 RHEL 6 RHEL 5 .4 .10 RHEL 7 .11 .0 .1 .2 .3 .0 .5 .5 .6 .7 .8 .9 .6
  • 5. (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 5/33 基本情報 ● Red Hat Enterprise Linux 7は、Fedora 19 と、linux kernel 3.10をベースとしています ● 動作環境 – x86_64, IBM POWER, IBM System z – インストールアーキテクチャは64bitのみ ● 32bitアプリケーション用ライブラリを同梱
  • 6. 主要ソフトウェアのバージョン ● Apache httpd 2.4.6 / Tomcat 7.0.42 / Squid 3.3.8 / bind 9.9.4 ● MariaDB 5.5.35 / PostgreSQL 9.2.7 ● SQLite 3.7.17 / memcached 1.4.15 ● postfix 2.10.1 / sendmail 8.14.7 / dovecot 2.2.10 / cyrus-imapd 2.4.17 ● vsftpd 3.0.2 / samba 4.1.1 / cups 1.6.3 ● OpenLDAP 2.4.39 / FreeRADIUS 3.0.1 / krb5 1.11.3 (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 6/33
  • 7. (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 7/33 開発環境 ● 各種言語処理系 – OpenJDK 1.7.0.51 ● Java複数バージョンの同居対応 (openjdk, oracle, ibm) – Perl 5.16.3 – PHP 5.4.16 – Python 2.7.5 – Ruby 2.0.0.353 – GCC 4.8.2 ● ライブラリ – glibc 2.17
  • 8. デスクトップ環境 ● GNOME Classic ← デフォルト ● GNOME 3 (GNOME Shell) (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 8/33 ● KDE 4.10
  • 9. 基盤となる機能 (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 9/33
  • 10. インストール ● anacondaの画面フロー変更 ● GUIでのパッケージ選択を 廃止 ● teaming, bondingサポート ● RHEL 6.5からのin-place アップグレード – RHEL 6.5での事前アセスメ ント – Red Hat Upgrade Toolによる 必要パッケージ取得 (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 10/33
  • 11. ディスクイメージの作成 ● Live Media Creatorによりディスクイメージとライブメディアの作成をサ ポートします リポジトリディスク イメージ ● ディスクイメージ: Amazon AMIやKVM、実機で利用 ● ISOイメージ: 起動可能DVD, 起動可能USBメモリで利用 ● 通常のベアメタルインストールに利用されるanacondaとkickstartで イメージを作成します RED HAT ENTERPRISE 11 LINUX 7 | JUNE 2014 ISO イメージ
  • 12. サブスクリプション管理 ● subscription-managerを利用した証明書ベースのサブスクリプ ション管理のみになります – ドキュメント「サブスクリプション管理ガイド」 – https://access.redhat.com/site/documentation/ja-JP/ Red_Hat_Subscription_Management/index.html ● Red Hat Satelliteユーザのみ、 従来のRed Hat Network Classic むけのプロトコルとコマンドで 登録・更新が可能です – rhn_register, yum-rhn-plugin (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 12/33
  • 13. ブートローダ ● GRUB+efibootmgrからGRUB2に変更 – 環境により異なっていたブートローダを統合 – ファイルシステム、LVM、RAIDのサポート強化 – BIOS, UEFIの両方へ対応 – UEFI Secure Bootへの対応 – 設定ファイルの場所・内容変更 ● /etc/default/grub, /etc/grub.d/ (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 13/33
  • 14. ネットワーク(1) ● NetworkManagerによる管理 – Wifi, Infiniband, VPN, bonding, bridge, VLAN等の設定 も統合 – 設定ツール ● コマンドライン: nmcli ● cursesベース: nmtui ● GUI: nm-connection-editor ● 既存設定ファイルと競合せず利用可能 – /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-* の設定は引き続き 有効 ※ system-config-networkは廃止, ifconfigなどが含まれ るnet-toolsは非デフォルトになります (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 14/33
  • 15. ネットワーク(2) ● NIC命名規則: バス上のアドレスやファーム ウェアによる位置情報を基にした命名になりま す(udevd, biosdevname) – udevd: eno1, enp4s0 のような名前 – biosdevname: em1, p4p1 のような名前 (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 15/33
  • 16. ネットワーク(3) ● 40GbEに対応 ● teamドライバによるリンクアグリゲーション – 従来から存在するbondingより柔軟な設定 ● Precision Time Protocol – NTPより高精度な時刻同期 – PTP対応NICによりパケット送信時にタイムスタンプを 付与して誤差を削減 ● NTPデーモンとしてchronyを追加 – 同期時間の短縮 – 仮想化環境、ネットワーク接続が不安定な場合や遅延が 非対称な場合の動作改善 (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 16/33
  • 17. ネットワーク(4) ● TCPスタックの改善 – Webサーバ等でのクライアント待ち時間を短縮する ための各種拡張に対応 – レイテンシ短縮のための拡張に対応 ● low latency socket – epoll時などにまだsocketのレイヤに届いていない バッファがないかドライバへ問い合わせてレイテン シを削減 (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 17/33
  • 18. ストレージ ● カーネル内でのiSCSI target実装(LIO) ● LVMのthin provisioningベースのスナップショッ トをサポート ● pNFS clientのサポート ● LVM Cache: SSDをディスクのキャッシュとし て利用(Technology Preview) (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 18/33
  • 19. ファイルシステム ● XFS: デフォルト。500TBまでサポート ● ext4: 50TBまでサポート – ext2, ext3: ext4ドライバで引き続きサポート ● btrfs: Technology Previewとして追加 種類サイズ上限Root Boot メモ Single-node XFS 500TB Yes Yes デフォルト ext4 50TB Yes Yes ext2, ext3は16TBまで btrfs 50TB Yes Yes Technology Preview Network/Multi-node GFS2 250TB No No 共有ストレージ (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 19/33
  • 20. サービス管理 ● systemdによるサービス管理 ● サービスやデバイス初期化等を管理 – fstabのマウント, automount – サービスの起動・終了 – システム全体の起動・終了 – セッション管理 – 管理ツール: systemctl, systemadm ● 各種コマンドを置き換えて操作の互換性を維持しています – chkconfig, service, halt, init, poweroff, reboot, runlevel, shutdown, telinit (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 20/33
  • 21. CPU・メモリ管理 ● NUMA構成を意識したスケジューリングとメモ リ割り当て ● 論理CPU上に1スレッドだけ動作している時の タイマ割り込み頻度を減らすFull Dynamic Tick の導入 ● zswapによるswapメモリの圧縮 (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 21/33
  • 22. 運用管理 (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 22/33
  • 23. パフォーマンス監視・設定 ● Performance Co-Pilot – 非常に高機能なパフォーマンスモニタリングフレー ムワーク – データ収集、アーカイビング、グラフやテキストで の表示など ● TunaによるスケジューラとCPUアフィニティ の設定 (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 23/33
  • 24. (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 24/33 OpenLMI ● Linuxサーバをリモート管 理するためのCIMベースの インタフェースを提供 ● ストレージ、ネットワー ク、システムサービス、電 源管理、ユーザ管理、ソフ トウェア管理(technology preview)、基本的なシステ ムモニタリング、構成情報 の取得 ● lmishellコマンドによるCLI www.openlmi.org
  • 25. セキュリティ ● firewalldによる動的なファイアウォール管理 – 設定変更時のファイアウォール一時停止が不要 – 現在実行中の環境と永続的な設定を分離して管理 – iptablesサービスも引き続き提供(firewalldと排他的 に利用) ● Labeled NFS – SELinuxのコンテキスト情報をNFSサーバ上で維持 してクラスタ内でのアクセス制御が可能 ● UEFI Secure Bootに対応 (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 25/33
  • 26. ロギング ● journaldによるログ管理 – syslog起動前のログ、syslog、kernelのログを統合 – プロセス、サービス、ログインセッション等での検 索 – デフォルトでは永続化されない(tmpfs上) – journaldがまとめたログをsyslogで永続化 ● 構造化ログ – rsyslogでJSONフォーマットのログを出力 – 解析および保存に有利
  • 27. ストレージ管理 ● ストレージ管理ライブラリlibstoragemgmt(TP) – NetApp, SMI-S, Linux software targetの管理 ● System Storage Manager – コマンドラインからのストレージ管理ツール – LVM, btrfs, crypt, software raidの管理 ● snapperによるbtrfsおよびLVMのスナップ ショット管理 (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 27/33
  • 28. 応用的な機能 (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 28/33
  • 29. 仮想化(ハイパーバイザとして) ● ハイパーバイザとして: KVMの強化 (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 29/33 – 準仮想化 ● RHEL7 on RHEL7時: 時刻読み出し, ticketlock ● Hyper-Vの一部機能に対応してWindowsゲストOSのパフォーマンスを向上 – セキュリティ ● QEMUが呼びだせるシステムコールを制限して仮想マシンの分離を強化 – 新規仮想ハードウェア ● Q35チップセット、USB3.0、PCI express (Technology Preview) ● CPUの新命令とCPUID対応、virtio-rng による乱数生成 – Hot Addのサポート ● CPU, シリアルポート – RHEL6.5ホストからRHEL7ホストへのバージョンをまたいだライ ブマイグレーションをサポート
  • 30. 仮想化(ゲストOSとして) ● ゲストOSとして: – VMware環境: open-vm-tools, X11 driverの同梱 – Hyper-V環境: Gen2 VM上での動作対応 (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 30/33
  • 31. (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 31/33 コンテナ ● linux kernelのnamespace, control group, SELinuxを利用したリソース切り分け – KVMと異なりmigrationや一時停止、別バージョン のカーネル利用などはできない ● Dockerによる管理 – RHEL7の上で動作するDockerパッケージを提供 – コンテナ実行用のRed Hat Enterprise Linux Atomic Hostを提供予定
  • 32. Windowsとの相互運用性向上 ● Identity Manager – LDAPとKerberos, DNS, NTP, 証明書発行を統合し た認証基盤 – Active DirectoryとのCross realm trustにより相互に 再認証不要 – バックアップ・リストア(Technology Preview) (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 32/33 ● realmd – RHEL Clientを既存のWindows domainに参加させる 設定を容易に
  • 33. (C) Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 33/33 クラスタ ● アプリケーションフェイルオーバクラスタ – corosync+Pacemaker+pcs – リソースの依存関係などがより柔軟に設定可能 ● ロードバランサ – keepalived : IPロードバランサ – HAProxy : TCP/HTTP リバースプロキシ