01病理学第一回

1,103 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,103
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
323
Actions
Shares
0
Downloads
14
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

01病理学第一回

  1. 1. ソフトウェア病理学 読書会第一回 2012/9/25 森 龍二 1
  2. 2. ソフトウェア病理学とは• Capers Jones • “Assessment and Control of Software Risks” • 1994年出版• ソフトウェアプロジェクトの失敗を病気になぞらえて分類した本• 入手が困難 • 日本語訳「ソフトウェア病理学ーシステム開発・保守の手引」 →絶版 • 原書→約$100• 20年経った今でも十分通じる内容 JaSST 08でのCapers Jones氏 2
  3. 3. 本読書会の狙い• 病理学なのでまず病気を知り、共有する• 病気に罹らないように予防する• 最終的にここに書いてあるような病気は克 服し、次の段階へ行く • 新しい病気を発見する • バグデータベースを更新する 3
  4. 4. 本日のアジェンダ• 本書の構成について説明• イントロ、2章の説明• 読書会で扱う症例と担当割り当て• 次回の開催日 4
  5. 5. 本書の構成 5
  6. 6. 「ソフトウェア病理学」の 構成• 0. Preface:前書き• 1. Introduction:序論• 2. The Most Common Software Risks:最も一般的な ソフトウェアリスク• 3. The Most Serious Software Risks:最も危険なソフ トウェアリスク• 4. ~ 63. :具体的な症例 6
  7. 7. 本読書会で扱う症例と 担当割り当て! 7
  8. 8. まとめ方• 原書・翻訳どちらも持っていない人で も内容を理解できるようにしたい• 担当の方はまとめたスライドをご用意 いただき、プレゼンしていただきます• まとめ方は自由(内容がつかめれば OK) 8
  9. 9. イントロと論文章 タイトル 担当者0 Preface 森1 Introduction 森2 The Most Common Software Risks 森3 The Most Serious Software Risks 森 どの症例を扱うかは挙手で決めます。 9
  10. 10. 症例一覧(1/5) :割り当て済み章 英語タイトル 日本語タイトル 頁 長さ4 Ambiguous Improvement Targets あいまいな改善目標 63 85 Artificial Maturity Levels 不自然な成熟度レベル 71 76 Canceled Projects プロジェクトの中止 78 57 Corporate Politics 企業内の政治抗争 83 58 Cost Overruns コストの超過 88 59 Creeping User Requirements 徐々に増大するユーザ要求 93 710 Crowded Office Conditions 狭いオフィス環境 100 511 Error-Prone Modules 欠陥多発モジュール 105 512 Excessive Paperwork 過大な文書化作業 110 813 Excessive Schedule Pressure 過酷なスケジュール 118 514 Excessive Time to Market 出荷時期の遅れ 123 615 False Productivity Claims 生産性の誇大宣言 129 6 Friction Between Clients and16 顧客と受託開発企業の軋轢 135 7 Software Contractors 10
  11. 11. 症例一覧(2/5) :割り当て済み章 英語タイトル 日本語タイトル 頁 長さ Friction Between Software Management and17 Senior Executives 管理層と経営層の軋轢 142 418 High Maintenance Costs 高い保守コスト 146 919 Inaccurate Cost Estimating 不正確なコスト見積 155 1120 Inaccurate Metrics 不正確な尺度 166 921 Inaccurate Quality Estimating 不正確な品質見積 175 622 Inaccurate Sizing of Deliverables 不正確な規模見積 181 623 Inadequate Assessments 不適切なアセスメント 187 1024 Inadequate Compensation Plans 不適切な報酬制度 197 5 Inadequate Configuration Control and25 Project Repositories 不適切な構成管理 202 826 Inadequate Curricula (Software Engineering) 不適切な技術者教育 210 727 Inadequate Curricula(Software Management) 不適切な管理者教育 217 928 Inadequate Measurement 不適切な計測 226 829 Inadequate Package Acquisition Methods 不適切なパッケージ入手法 234 8 11
  12. 12. 章 英語タイトル 症例一覧(3/5) 日本語タイトル 頁 :割り当て済み 長さ30 Inadequate Research and Reference Facilities 不適切な資料調査環境 242 531 Inadequate Software Policies and Standards 不適切な規格 247 732 Inadequate Software Project Risk Analysis 不適切なプロジェクトリスク分析 254 533 Inadequate Software Project Value Analysis 不適切な価値分析 259 8 Inadequate Tools and Methods (Project34 Management) 不適切な管理ツールと手法 267 16 Inadequate Tools and Methods (Quality35 Assurance) 不適切な品質保証ツールと手法 283 14 Inadequate Tools and Methods (Software36 Engineering) 不適切なソフトウェア工学ツールと手法 297 15 Inadequate Tools and Methods (Technical37 Documentation) 不適切な技術文書作成ツールと手法 312 1038 Lack of Reusable Architecture 再利用性の低いシステム構成 322 939 Lack of Reusable Code 再利用性の低いコード 331 840 Lack of Reusable Data 再利用性の低いデータ 339 1141 Lack of Reusable Design (Blueprints) 再利用性の低い設計 350 8 12
  13. 13. 章 英語タイトル 症例一覧(4/5) 日本語タイトル 頁 :割り当て済み 長さ42 Lack of Reusable Documentation 再利用性の低い文書 358 1043 Lack of Reusable Estimates (Templates) 再利用性の低い見積 368 1244 Lack of Reusable Human Interfaces 再利用性の低いヒューマンインタフェース 380 745 Lack of Reusable Project Plans 再利用性の低いプロジェクト計画 387 746 Lack of Reusable Requirements 再利用性の低い要求仕様 394 7 Lack of Reusable Test Plans, Test Cases, and47 Test Data 再利用性の低いテスト 401 848 Lack of Specialization 専門分化の不足 409 1049 Long Service Life of Obsolate Systems 老朽化システムの保守 419 750 Low Productivity 低生産性 426 751 Low Quality 低品質 433 10 Low Status of Software Personnel and52 Management ソフトウェア従事者の低いステータス 443 653 Low User Satisfaction 低い顧客満足度 449 5 13
  14. 14. 症例一覧(5/5) :割り当て済み章 英語タイトル 日本語タイトル 頁 長さ54 Malpractice(Project Management) 管理者の不当行為 454 755 Malpractice(Technical Staff) 技術者の不当行為 461 656 Missed Schedules スケジュールの遅れ 467 557 Partial Life-Cycle Definitions 不完全なソフトウェアライフサイクルの使用 472 1358 Poor Organization Structures 弱体な組織 485 859 Poor Technology Investments 貧弱な技術投資 493 11 Severe Layoffs and Cutbacks of60 過酷なレイオフや解雇 504 10 Staff Short-Range Improvement61 性急な改善計画 514 12 Planning62 Silver Bullet Syndrome 銀の弾丸(特効薬)症候群 526 863 Slow Technology Transfer 進まない技術移転 534 8 14

×