Your SlideShare is downloading. ×
0
FOSS4G 2009 Tokyo (R and Geo) in Japanese
FOSS4G 2009 Tokyo (R and Geo) in Japanese
FOSS4G 2009 Tokyo (R and Geo) in Japanese
FOSS4G 2009 Tokyo (R and Geo) in Japanese
FOSS4G 2009 Tokyo (R and Geo) in Japanese
FOSS4G 2009 Tokyo (R and Geo) in Japanese
FOSS4G 2009 Tokyo (R and Geo) in Japanese
FOSS4G 2009 Tokyo (R and Geo) in Japanese
FOSS4G 2009 Tokyo (R and Geo) in Japanese
FOSS4G 2009 Tokyo (R and Geo) in Japanese
FOSS4G 2009 Tokyo (R and Geo) in Japanese
FOSS4G 2009 Tokyo (R and Geo) in Japanese
FOSS4G 2009 Tokyo (R and Geo) in Japanese
FOSS4G 2009 Tokyo (R and Geo) in Japanese
FOSS4G 2009 Tokyo (R and Geo) in Japanese
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

FOSS4G 2009 Tokyo (R and Geo) in Japanese

5,305

Published on

Presentation to introduce Japanese R users' community at FOSS4G 2009 Tokyo.

Presentation to introduce Japanese R users' community at FOSS4G 2009 Tokyo.

Published in: Education, Technology, Business
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
5,305
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. R と Geo <ul><li>RjpWiki 管理人 岡田 昌史 </li></ul><ul><li>FOSS4G Tokyo </li></ul><ul><li>2009.11.1 </li></ul>
  • 2. 本日の内容 <ul><li>統計解析環境 R のご紹介 </li></ul><ul><li>国内のユーザコミュニティ RjpWiki </li></ul><ul><li>R と Geo — QGIS との連携例 </li></ul><ul><li>OSGeo/FOSS4G に期待すること </li></ul>
  • 3. http://www.r-project.org / R is a free software environment for statistical computing and graphics.
  • 4. R is a free software environment for statistical computing and graphics. <ul><li>統計解析とグラフィックスのための フリーソフトウェア環境 </li></ul><ul><li>多くのデータを、様々な可視化や統計学を用いて分析するための作業環境 </li></ul><ul><li>GNU GPL ライセンスのフリーソフトウェア </li></ul>
  • 5. 利用シーン <ul><li>統計学者が理論を実装するプラットフォームとして </li></ul><ul><li>学生教育で安価に使える統計解析プログラムとして </li></ul><ul><li>システムに統計解析機能を追加するコンポーネントとして </li></ul>
  • 6. 日本での R <ul><li>1999 年 4 月ごろ 4 名ほどでドキュメント翻訳活動スタート , メーリングリスト R-jp </li></ul><ul><li>2003 年 6 月 RjpWiki , プロットの日本語対応改善パッチ (Windows, Linux) </li></ul><ul><li>2004 年 内部構造の国際化 (「データ解析環境 R の国際化」 , IPA オープンソースソフトウェア活用基盤整備事業 ) </li></ul><ul><li>2005 年 メッセージの日本語化 , GUI の日本語化 , 書籍出版ラッシュ </li></ul>
  • 7. 日本語対応された R
  • 8. RjpWiki <ul><li>メーリングリストを引き継ぐ形で誕生 </li></ul><ul><li>ポータルサイト + 掲示板が中心 </li></ul><ul><li>匿名も Ok, でも R をインストールしていないと書き込めない </li></ul><ul><li>ちょっと厳格な人も , 仏のような人もいます </li></ul><ul><li>一番人気は Q&A( 初級者コース ) </li></ul><ul><li>ちょっとアカデミックな雰囲気です </li></ul>http://www.okada.jp.org/RWiki/
  • 9. コミュニティとして <ul><li>RjpWiki の場での議論を介した有志の活動として .. </li></ul><ul><li>日本語化 , 書籍の執筆 , 海外からのゲストを招いた年 1 度のユーザ会 ( 研究発表会 ) </li></ul><ul><li>これから学ぶ人のために、質の良い知識を提供できる場として Wiki を育てていきたいと思っています </li></ul>
  • 10. R と Geo <ul><li>R は「パッケージ」により、さまざまな分野の分析手法が追加される </li></ul><ul><li>パッケージ数 基本リポジトリ内だけで 2000 以上 </li></ul><ul><li>GeoData についても , 空間統計手法から , Shapefile の読み書き , Google Maps との連携といった多彩なパッケージ </li></ul>
  • 11. RjpWiki の記事から <ul><li>( 株 ) データキューブ 牧山さんの取り組み Google Earth の KML を R から操作 </li></ul><ul><li>GoogleEarth と R, ShapeFile ライブラリ , kml ラボ , 空間的なデータの分析 , R でジオコーディング , R で GPS </li></ul>
  • 12. QGIS との連携 <ul><li>spqr </li></ul><ul><ul><li>rpy により、単純なヒストグラムや散布図を作成 </li></ul></ul><ul><ul><li>R を知らなくても利用できる </li></ul></ul><ul><li>manageR </li></ul><ul><ul><li>rpy2 によって R と統合 </li></ul></ul><ul><ul><li>QGIS のレイヤーを R(sp パッケージ ) の SpatialPolygonsDataFrame にボタン1個で変換 </li></ul></ul>
  • 13. デモ <ul><li>QGIS 上に作成した 3 次メッシュ上に人口データを載せたレイヤーと , その地域の病院の位置を載せたレイヤーを R に manageR を使って読み込み , 各メッシュから最も近い病院への距離と , 人口との散布図を R で描く </li></ul>
  • 14. OSGeo/FOSS4G への期待 <ul><li>R はコマンド操作が基本なので , R でなんでもやるのは敷居が高い </li></ul><ul><li>他のソフトウェアとの連携が重要だが , R の専門家は他のソフトはあまり知らない ... </li></ul><ul><li>情報交換の機会を作っていただきありがとうございます。これからもよろしく ! </li></ul>
  • 15.  

×