Your SlideShare is downloading. ×
Summer '12のワイルドな新機能+
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

Summer '12のワイルドな新機能+

2,415
views

Published on

6月27日に開催された「Force.com Developer Group JP Meetup #1」 …

6月27日に開催された「Force.com Developer Group JP Meetup #1」
の発表資料。岡本ぶん

Published in: Technology

0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,415
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
12
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Summer ’12 のワイルドな新機能+岡本 充洋Developer / Platform Marketing
  • 2.      @developerforcej  /  #forcedotcomjp         Developer  Force  Japan        facebook.com/developerforcejapan       2©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.  
  • 3. 新機能の前に・・・・ •  自己紹介 •  名前 : 岡本 充洋 •  会社 : 株式会社セールスフォース・ドットコム •  やってること : Force.com Platformのマーケティング Developer Force Japanの運営 •  Force.com Dev User Groupでの役割 : Salesforceから(主に食い物の)予算を捻出する ピザ & ビール発注担当 3 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 4. 新機能の前に・・・・•  Developer Force(Japan)の役割 •  Force.comの開発者がヒーローになるための情報を公開・ 発信する •  Force.com MVPを日本からもっとたくさんノミネートする •  日本人第一号 – 讃岐さん •  ディスカッションボードでの発言数 – 日本No1. 4 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 5. Safe Harbor StatementSafe  harbor  statement  under  the  Private  Securi4es  Li4ga4on  Reform  Act  of  1995:  This  presenta4on  may  contain  forward-­‐looking  statements  that  involve  risks,  uncertain4es,  and  assump4ons.  If  any  such  uncertain4es  materialize  or  if  any  of  the  assump4ons  proves  incorrect,  the  results  of  salesforce.com,  inc.  could  differ  materially  from  the  results  expressed  or  implied  by  the  forward-­‐looking  statements  we  make.  All  statements  other  than  statements  of  historical  fact  could  be  deemed  forward-­‐looking,  including  any  projec4ons  of  subscriber  growth,  earnings,  revenues,  or  other  financial  items  and  any  statements  regarding  strategies  or  plans  of  management  for  future  opera4ons,  statements  of  belief,  any  statements  concerning  new,  planned,  or  upgraded  services  or  technology  developments  and  customer  contracts  or  use  of  our  services.    The  risks  and  uncertain4es  referred  to  above  include  -­‐  but  are  not  limited  to  -­‐  risks  associated  with  our  new  business  model;  our  past  opera4ng  losses;  possible  fluctua4ons  in  our  opera4ng  results  and  rate  of  growth;  interrup4ons  or  delays  in  our  Web  hos4ng;  breach  of  our  security  measures;  the  immature  market  in  which  we  operate;  our  rela4vely  limited  opera4ng  history;  our  ability  to  expand,  retain,  and  mo4vate  our  employees  and  manage  our  growth;  risks  associated  with  new  releases  of  our  service;  and  risks  associated  with  selling  to  larger  enterprise  customers.  Further  informa4on  on  poten4al  factors  that  could  affect  the  financial  results  of  salesforce.com,  inc.  are  included  in  our  registra4on  statement  (on  Form  S-­‐1)  and  in  other  filings  with  the  Securi4es  and  Exchange  Commission.  These  documents  are  available  on  the  SEC  Filings  sec4on  of  this  Web  site.      Salesforce.com,  inc.  assumes  no  obliga4on  and  does  not  intend  to  update  these  forward-­‐looking  statements.      Any  unreleased  services  or  features  referenced  in  this  or  other  press  releases  or  public  statements  are  not  currently  available  and  may  not  be  delivered  on  4me  or  at  all.  Customers  who  purchase  our  services  should  make  the  purchase  decisions  based  upon  features  that  are  currently  available.   5 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 6. 6©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 7. Force.comのSummer 12の新機能ピックアップ – 開発者コンソール機能強化 – スキーマビルダー機能強化 – 権限セット機能強化 – 関連フィールド機能強化 – Apex Code機能強化 – Visualforce機能強化 7 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 8. Developer Consoleの新機能シンタックスハイライト   パフォーマンスツリーでシステムログ数値,  文字列,  予約語,プリミティブデー のスタックが閲覧可能  タタイプ,  変数の宣言,  参照など   ワークスペースの切り替え にも対応 8 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 9. スキーマビルダー正式リリース機能強化 項目を右クリックすることで 項目レベルセキュリティの 設定が可能 全ての項目がドラッグ &ドロップで作成可能 9 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 10. ビジュアルワークフローの機能強化サブフロー サブフロー要素を利用する事によ り、マスターフローからサブフロー の呼び出しが可能 パレットに他のフローが表示され、 ドラッグ&ドロップが可能 10 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 11. ビジュアルワークフローの機能強化コピー&ペースト 要素のコピー&ペースト が可能 11 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 12. 権限セットの機能強化アプリケーション表示設定に対応 権限セット編集メニューに 「割り当てられたアプリケー ション」が追加 設定したアプリケーション が表示される 割り当てるアプリ ケーションを選択 12 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 13. 権限セットの機能強化タブ表示設定に対応 タブの表示設定は権限セットメ ニューの「オブジェクト設定」より 行う デフォルト表示/デフォルト デフォルト表示に設定されたタブは 非表示/タブを隠す を設定 このように画面上部に表示される 13 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 14. 権限セットの機能強化Visualforce/Apexクラスのアクセス権を管理する新しいsObject 新しいsObject “SetupEntityAccess” Visualforceページ及びApexクラスへのア クセス権の情報をSOQLで取得できる ※この画面イメージは Workbenchから  Metadata APIに アクセスしているものです 例えばユーザ/権限セットと Visualforce/Apexのリレーションを確認 するための管理者向けツールの作成 が可能 ※この画面イメージはWorkbenchから ※この画面イメージは、Visualforceページの作成サンプルです  Metadata APIにアクセスしているものです 14 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 15. 権限セットの機能強化 プロファイルに紐付いているかを表す項目 ※この画面イメージは Workbenchから  Metadata APIに アクセスしているものです 新しい項目 “IsOwnedByProfile” 例えば”商談レコードの削除権限を持って いるユーザ”を抽出した際に、それがプロ ファイルと権限セットのどちらで割り当て られているかを判別可能 ※この画面イメージはWorkbenchから Metadata APIにアクセスしているものです 管理者向けツールの作成例 割り当て方法がプロファイルか 権限セットかで絞込みが可能 ※この画面イメージは、  Visualforceページの作成サンプルです 15 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 16. 権限セットの機能強化権限セットApex DML権限セットの作成及びユーザへの割り当てをinsert/update/deleteで制御可能 VisualforceやApexで権限の一括割り当てツール等が作成可能に ※この画面イメージは、Visualforceページの作成サンプルです 16 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 17. パッケージインストール/アンインストール時のApex自動実行 インストール及びアンイン ストール時に実行する Apexスクリプトを設定 17 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 18. パッケージインストール/アンインストール時のApex自動実行インストールスクリプトの例 アンインストールスクリプトの例 テストスクリプトの例 18 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 19. オブジェクト利用状況新しいオブジェクト制限ページ :カスタムオブジェクト (1) ナビゲーション: ヘルプリンクをクリックすると カスタムオブジェクトの定義画面の下部にスクロー セールスフォースの制限値一 ルします。 覧のページが開きます。 この画面イメージは「Evaluations」と命名された カスタムオブジェクトの例です。 75%を超えた場合と、100%を超えた場合に メッセージを表示します。取引先や取引先責任者のような標準オブジェクト の場合には、下記のナビゲートで確認できます。 設定| カスタマイズ | オブジェクト名 | 制限 19 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 20. ログインアクセスポリシーユーザ側でのアクセス許可設定が不要に 管理者のユーザ代理ログイン機能の有効 / 無効を設定。 ※本機能はデフォルトで有効化されていません。 ご利用の際は、Salesforce.comのサポートデスクまで お問い合わせください。 20 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 21. ログインアクセスポリシーシステム管理者の場合 ユーザの代理ログインが可能 対象のユーザライセンス: Chatter Only Content Only Force.com - Free Force.com - One App Salesforce Ideas Only Knowledge Only “すべてのデータの編集” Salesforce Platform 権限があるシステム管理者 Salesforce Platform Light Salesforce Platform One有効化 “前” 有効化 “後” 21 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 22. 項目リレーションの機能強化新しい参照関係オプション • 項目の必須化 • 参照レコード削除時の自動クリア(「項目の必須化」と排他関係) • 参照レコードの削除禁止 22 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 23. 項目リレーションの機能強化主従関係定義の [親の変更を許可] オプション子レコードを別の親 に付け替え可能 23 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 24. APIの機能強化SOQL Offset / Streaming API SOQL Offset Streaming API ・ SOQLクエリで返されるデータセットの結果 •  Streaming API Events の下記情報が確認 の開始行を指定することが可能 可能: •  SOQL の結果全体の中から特定のサブ •  過去24時間の利用実績 セットを抽出する場合などに役立つ •  24時間に利用可能な最大数 •  オフセットの計算は、サーバー上で行われ、 •  API 要求数にはカウントされず、別項目とし サブセットの結果のみ返される為、全体の てカウント(イベントが発生した場合にのみカ 結果を取得してからフィルターする方法と比 ウント) 較して効率的•  SOQL の結果の11行目から取得する場合 名前 > [設定] > 管理者設定 [組織プロファイ の例: ル] > [組織情報] SELECT Name FROM Merchandise__c WHERE Price__c > 5.0 ORDER BY Name LIMIT 100 OFFSET 10 24 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 25. APIの機能強化SOAP API / Chatter Answers API Object / Chatter API Objects SOAP API Chatter API Objects コール: describeSObjects() 新しく追加されたChatter APIの詳細は下記リン クを参照: •  利用用途: 項目の変更可否に関するプロパ http://developer.force.com/chatter-api ティを取得 •  拡張内容: 主従関係となっている特定の親 •  フィード (プロファイル、自分宛、レコード レコードから異なる親レコードへの変更可否 •  ユーザ (メッセージ、フォロワー、フォロー、プ に関するプロパティ情報を取得 ロファイル、おすすめ、トピックのトレンド) •  グループ •  コメント Chatter Answers API Object •  いいね! •  フィードアイテム •  グループメンバー ChatterAnswersActivity •  Subscriptions (フォロー、フォロワー) •  Reputation data アクセス:質問数、ベストアン •  ファイルリソース(new) サー返答有無、投票結果、フォロワー、スコ アー等 25 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 26. Visualforce の機能強化Chatter 投稿フォームの表示 / 非表示の制御 •  VisualForceページ上で投稿フォームの表示 / 非表示を制御 Publisher(投稿フォーム) の非表示 Publisher (投稿フォーム) の表示 26 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 27. VisualforcePDF 生成、カスタムラベル •  PDF生成の最適化 – PDF生成が早くなります – getter/setterなどコントローラのメソッドが2回呼ばれる問題も解消 – Version 25以降のみ有効化 → 既存コードには影響なし •  カスタムラベルの変更 – 今後作成する組織に関しては、カスタムラベルにHTMLが記述できなくなります ü  既存組織は影響ありません。 27 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 28. Visualforce機能強化 – Javascript Remoting • $RemoteActionによって、名前空間の解決が自動で 行われる様になりました。 名前空間を省略可能 Visualforce.remoting.Manager.invokeAction( {!$RemoteAction.MyController.getAccount}, account, メソッド引数 function(event, result){ ... }, {escape: true} ); コールバックをハンドル メソッドの結果をエスケープ したい場合に指定 28 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 29. Visualforce機能強化 – Javascript Remoting•   @remoteac4onメソッドの引数にインタフェースを指定 可能に   インタフェース定義public  class  RemoteController  {    public  interface  MyInterface{  String  getMyString();  }    public  class  MyClass  implements  MyInterface{        private  String  myString;      public  String  getMyString(){  return  myString;  }    }   インタフェースをやり取り  @RemoteAc4on    public  sta4c  MyInterface  setMessage(MyInterface  i)  {      MyClass  myC  =  new  MyClass();      myC.setMyString(MyClassified  says  "  +  i.getMyString()  +  ".);      return  myC;    }  }   29 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 30. Apex機能強化 • 新しいTypeメソッド– Type t = Type.forName(‘nameOfClass’);– Vehicle v = (Vehicle)t.newInstance();• プリミティブ型以外のオブジェクトのListでもsortメソッドが サポートされる• 非同期メソッドのテスト内での実行– バッチおよびスケジュールApex– 現状: startTestとstopTestの中にあるもののみ実行– V25以降: startTestとstopTestが定義されていない場合は、テス トメソッド終了時に実行• インバウンドEmailのスナップショットの取得– 電子メールTo Salesforce、電子メールToケース、Apexメール– サービスに送られてきたメールのスナップショットが取得可能に 30 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 31. Apexの機能強化 • ガバナ制限– クエリカーソルのリミットの拡大 • 5 → 50 • ただし、バッチApexのstartメソッド内部ではユーザあたり5– バッチApexからのコールアウト数の拡大 • 1 → 10 • 一回のメソッド呼び出しあたり(start、finish、各executionの呼び出しあたり) 31 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 32. Apex機能強化• コードカバレッジの計算方法が変わりました:-  Apexテスト実行 > オプション.... 32 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 33. Site.com機能強化• Zipファイルのアップロードが可能になりました– 階層構造も含めて保持 • 公開履歴 33 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 34. API の機能強化 PILOT Metadata REST API •  メタデータを REST API から参照可能•  カスタムオブジェクトの定義情報やページレイアウトなど、組織のカスタマイズ情報を 取得することが可能 •  Summer ‘12では参照のみ •  今後は更新、削除も対応予定 Metadata REST API Developer’s Guide http://www.salesforce.com/us/developer/docs/api_meta_rest/index.htm 34 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 35. Force.comコミュニティを一緒に盛り上げましょう 次のヒーローはあなたです!! 35 ©Copyright 2000-2012 salesforce.com,inc. All rights reserved.
  • 36. THANK YOU@developerforcej facebook.com/developerforcejapan dfcjapan@salesforce.com