Your SlideShare is downloading. ×
0
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
2011/12/14勉強会資料
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

2011/12/14勉強会資料

418

Published on

2011/12/14に開催されたfacebook勉強会の資料です。

2011/12/14に開催されたfacebook勉強会の資料です。

Published in: Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
418
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • ロング・エンゲージメントとはどういうものか。\n横文字ではなく日本語で説明。\n3つのキーワードが含まれている。\n
  • ロング・エンゲージメントとはどういうものか。\n横文字ではなく日本語で説明。\n3つのキーワードが含まれている。\n
  • ロング・エンゲージメントとはどういうものか。\n横文字ではなく日本語で説明。\n3つのキーワードが含まれている。\n
  • \n
  • facebookって本当にくるの?\nそもそも、なぜfacebookなの?\nfacebookだと何が起きるの?\n
  • メインフレーム時代の会社は「IBM」「NEC」「富士通」「日立」など\nパソコン時代を制した会社は「Microsoft」「Intel」\nインターネット時代の会社は「Yahoo! 」「Google」\n
  • メインフレーム時代の会社は「IBM」「NEC」「富士通」「日立」など\nパソコン時代を制した会社は「Microsoft」「Intel」\nインターネット時代の会社は「Yahoo! 」「Google」\n
  • メインフレーム時代の会社は「IBM」「NEC」「富士通」「日立」など\nパソコン時代を制した会社は「Microsoft」「Intel」\nインターネット時代の会社は「Yahoo! 」「Google」\n
  • メインフレーム時代の会社は「IBM」「NEC」「富士通」「日立」など\nパソコン時代を制した会社は「Microsoft」「Intel」\nインターネット時代の会社は「Yahoo! 」「Google」\n
  • メインフレーム時代の会社は「IBM」「NEC」「富士通」「日立」など\nパソコン時代を制した会社は「Microsoft」「Intel」\nインターネット時代の会社は「Yahoo! 」「Google」\n
  • Google創業は1998年。時価総額13兆円。\n
  • Google創業は1998年。時価総額13兆円。\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • 総務省「情報インデックス」調べ\n流通情報量は、1日あたりDVD2億7千万枚分。\n消費情報量は、1日あたりDVD1万1千枚分。\n
  • 総務省「情報インデックス」調べ\n流通情報量は、1日あたりDVD2億7千万枚分。\n消費情報量は、1日あたりDVD1万1千枚分。\n
  • \n
  • 平成10年(1998年)国内のインターネット人口がようやく1,000万人を超えた。\n物理的:離れていてもネットでつながる\n心理的:いつでも繋がっている感じがする(ファンと芸能人の関係)\n時間的:リアルタイムで連絡が取れる\nシアワセ:行き過ぎた資本主義を見直し、人と人との絆が大切になった\n
  • 平成10年(1998年)国内のインターネット人口がようやく1,000万人を超えた。\n物理的:離れていてもネットでつながる\n心理的:いつでも繋がっている感じがする(ファンと芸能人の関係)\n時間的:リアルタイムで連絡が取れる\nシアワセ:行き過ぎた資本主義を見直し、人と人との絆が大切になった\n
  • 平成10年(1998年)国内のインターネット人口がようやく1,000万人を超えた。\n物理的:離れていてもネットでつながる\n心理的:いつでも繋がっている感じがする(ファンと芸能人の関係)\n時間的:リアルタイムで連絡が取れる\nシアワセ:行き過ぎた資本主義を見直し、人と人との絆が大切になった\n
  • 平成10年(1998年)国内のインターネット人口がようやく1,000万人を超えた。\n物理的:離れていてもネットでつながる\n心理的:いつでも繋がっている感じがする(ファンと芸能人の関係)\n時間的:リアルタイムで連絡が取れる\nシアワセ:行き過ぎた資本主義を見直し、人と人との絆が大切になった\n
  • 平成10年(1998年)国内のインターネット人口がようやく1,000万人を超えた。\n物理的:離れていてもネットでつながる\n心理的:いつでも繋がっている感じがする(ファンと芸能人の関係)\n時間的:リアルタイムで連絡が取れる\nシアワセ:行き過ぎた資本主義を見直し、人と人との絆が大切になった\n
  • 平成10年(1998年)国内のインターネット人口がようやく1,000万人を超えた。\n物理的:離れていてもネットでつながる\n心理的:いつでも繋がっている感じがする(ファンと芸能人の関係)\n時間的:リアルタイムで連絡が取れる\nシアワセ:行き過ぎた資本主義を見直し、人と人との絆が大切になった\n
  • 平成10年(1998年)国内のインターネット人口がようやく1,000万人を超えた。\n物理的:離れていてもネットでつながる\n心理的:いつでも繋がっている感じがする(ファンと芸能人の関係)\n時間的:リアルタイムで連絡が取れる\nシアワセ:行き過ぎた資本主義を見直し、人と人との絆が大切になった\n
  • googleが持っていないもの:ソーシャルグラフ\n
  • \n
  • \n
  • 嫌悪ではない理由として、実名のネットワークが大きい。\n2chはクチコミの世界。感情のみが渦巻いている。\ntwitterはジャーナル的な要素が強いので、2chやブログのような炎上がしにくい反面、匿名性が高いので質が悪くなる傾向がある。\nfacebookは、実名なので発言にも気を使うし、共感をまとった情報が広がっていく。\n
  • 嫌悪ではない理由として、実名のネットワークが大きい。\n2chはクチコミの世界。感情のみが渦巻いている。\ntwitterはジャーナル的な要素が強いので、2chやブログのような炎上がしにくい反面、匿名性が高いので質が悪くなる傾向がある。\nfacebookは、実名なので発言にも気を使うし、共感をまとった情報が広がっていく。\n
  • 嫌悪ではない理由として、実名のネットワークが大きい。\n2chはクチコミの世界。感情のみが渦巻いている。\ntwitterはジャーナル的な要素が強いので、2chやブログのような炎上がしにくい反面、匿名性が高いので質が悪くなる傾向がある。\nfacebookは、実名なので発言にも気を使うし、共感をまとった情報が広がっていく。\n
  • 嫌悪ではない理由として、実名のネットワークが大きい。\n2chはクチコミの世界。感情のみが渦巻いている。\ntwitterはジャーナル的な要素が強いので、2chやブログのような炎上がしにくい反面、匿名性が高いので質が悪くなる傾向がある。\nfacebookは、実名なので発言にも気を使うし、共感をまとった情報が広がっていく。\n
  • クチコミではなくシェアの文化がやってきた。\n
  • クチコミではなくシェアの文化がやってきた。\n
  • クチコミではなくシェアの文化がやってきた。\n
  • クチコミではなくシェアの文化がやってきた。\n
  • ソーシャルメディアによって、情報がすぐに表に出てくるようになった。 \nそれによって、オリンパス事件や、九州電力のやらせ事件など、社会や社員に対して情報を隠しながら会社を運営していくことが難しくなってきた。\nソーシャルシフトが起きてきた。\n\n
  • ソーシャルメディアによって、情報がすぐに表に出てくるようになった。 \nそれによって、オリンパス事件や、九州電力のやらせ事件など、社会や社員に対して情報を隠しながら会社を運営していくことが難しくなってきた。\nソーシャルシフトが起きてきた。\n\n
  • ソーシャルメディアによって、情報がすぐに表に出てくるようになった。 \nそれによって、オリンパス事件や、九州電力のやらせ事件など、社会や社員に対して情報を隠しながら会社を運営していくことが難しくなってきた。\nソーシャルシフトが起きてきた。\n\n
  • ソーシャルメディアによって、情報がすぐに表に出てくるようになった。 \nそれによって、オリンパス事件や、九州電力のやらせ事件など、社会や社員に対して情報を隠しながら会社を運営していくことが難しくなってきた。\nソーシャルシフトが起きてきた。\n\n
  • フォーチュン社が選んだ世界中の優良企業100社のうち、ソーシャルメディアを運用している企業は全体の84%に達する。\nしかしながらアジアではこれから。\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • ただし、ソーシャルメディアがすべてではない。\n既存のメディアも当然必要だし、ソーシャルメディアの悪い面(手間がかかる、費用対効果が見えにくい)もある。\n
  • ただし、ソーシャルメディアがすべてではない。\n既存のメディアも当然必要だし、ソーシャルメディアの悪い面(手間がかかる、費用対効果が見えにくい)もある。\n
  • ただし、ソーシャルメディアがすべてではない。\n既存のメディアも当然必要だし、ソーシャルメディアの悪い面(手間がかかる、費用対効果が見えにくい)もある。\n
  • PCによる家庭、職場からのアクセスを集計した視聴率(ケータイは含まず)。\nmixiは外部のいいね!をおした分もカウントされていたので、参考値が正しいと思われる。\n
  • 普及率1位は、モナコ(114.69%)\nアメリカは、15位(50.28%)\nキャズム理論(16%)を超えることができるかがポイント\ntwitterはキャズム付近にいる\n
  • Involer社:複数のソーシャルメディアのアカウントを一元的に管理するソフトを販売。\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • サティスファクションギャランティード:メイドインジャパンだけど海外向け(主にアジア)に展開しているアパレルメーカー(会社自体はネット広告会社)\n2011/11 伊藤忠から2億4千500万調達。本社をシンガポールに。\n顧客の9割がアジア。\n
  • サティスファクションギャランティード:メイドインジャパンだけど海外向け(主にアジア)に展開しているアパレルメーカー(会社自体はネット広告会社)\n2011/11 伊藤忠から2億4千500万調達。本社をシンガポールに。\n顧客の9割がアジア。\n
  • \n
  • 何か面白い仕掛けをしようとした場合は、アプリが必要になる。\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • 飲食店向けのメディアデザイン例。\n基本的な戦略としては、各種メディアを活用しその一部にソーシャルメディアを組み込む。\nユーザをノンカスタマ→来店客→リピータと分類し、来店後のアクションをfacebookやtwitterを用いてデザインしている。\nfacebookやtwitterから来店を引き出す仕組みも併せて考えることが大切。となると、来店前からソーシャルメディアを活用していく必要がある。\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • Transcript

    • 1. 2012年度版facebookを使ったこれからの顧客戦略 グローバル・インターネット・ジャパン株式会社 代表取締役 高橋克己
    • 2. 自己紹介 高橋克己(たかはしかつみ) mail:katsumi@gij.com fb:katsumi.takahashi twitter:_katsumi•オフコン系SEを経て94年に独立•モバイル関係の研修の企画・運営•最近ソーシャルメディアに傾倒
    • 3. 本勉強会のテーマ
    • 4. 本勉強会のテーマfacebookページで儲かるコツ
    • 5. 本勉強会のテーマ そんな訳ないでしょw
    • 6. facebookページを作ったからといって あなたの会社が 儲かるわけではありません!
    • 7. facebookページを作ったからといって あなたの会社が 儲かるわけではありません! ・・・たぶんw
    • 8. じゃあ、メリットは何?
    • 9. じゃあ、メリットは何?facebookページを正しく理解し、真面目に運用をすることで『ロング・エンゲージメント』を形成することができます
    • 10. じゃあ、メリットは何?facebookページを正しく理解し、真面目に運用をすることで『ロング・エンゲージメント』を形成することができます お客様と末永く、お互いに信頼関係を 保つために、これから主流となりそう なコミュニケーション手法です。
    • 11. ということで、本日のアジェンダ
    • 12. ということで、本日のアジェンダ 1.facebookってどうなんですか? 2.今さら聞けないfacebookの基本 3.facebookページを開設するには
    • 13. facebookってどうなんですか?
    • 14. IT業界のパラダイムシフト
    • 15. IT業界のパラダイムシフト 1980∼
    • 16. IT業界のパラダイムシフト 1990∼
    • 17. IT業界のパラダイムシフト 2000∼
    • 18. Googleの台頭
    • 19. Googleの台頭世界中のありとあらゆる情報を整理し、どこからでも検索できるようにしよう
    • 20. Google先生はなんでも知っている
    • 21. Google先生はなんでも知っている
    • 22. Google先生はなんでも知っている
    • 23. Google先生はなんでも知っている
    • 24. Google先生はなんでも知っている
    • 25. 流通情報量 消費可能情報量2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008
    • 26. 情報の99.996%はスルーされている 流通情報量 消費可能情報量 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 20082008年における流通情報量は7.12E+21、一方消費可能情報量は2.92E+17。すなわち、情報の99.996%は消費されずにスルーされている。
    • 27. 信用される情報とは
    • 28. 今まさに起きていること 人々の生活が明らかに変化している!
    • 29. 今まさに起きていること•情報洪水:情報それ自体はもう価値を持たない 人々の生活が明らかに変化している!
    • 30. 今まさに起きていること•情報洪水:情報それ自体はもう価値を持たない•成熟市場:同じような商品が氾濫して選べない 人々の生活が明らかに変化している!
    • 31. 今まさに起きていること•情報洪水:情報それ自体はもう価値を持たない•成熟市場:同じような商品が氾濫して選べない•メディア接触の変化:テレビだけがメディアじゃない 人々の生活が明らかに変化している!
    • 32. 今まさに起きていること•情報洪水:情報それ自体はもう価値を持たない•成熟市場:同じような商品が氾濫して選べない•メディア接触の変化:テレビだけがメディアじゃない•ネットの普及:日本のネット人口は9,400万人 人々の生活が明らかに変化している!
    • 33. 今まさに起きていること•情報洪水:情報それ自体はもう価値を持たない•成熟市場:同じような商品が氾濫して選べない•メディア接触の変化:テレビだけがメディアじゃない•ネットの普及:日本のネット人口は9,400万人•クチコミの増大:物理的、心理的、時間的に人々が近づく 人々の生活が明らかに変化している!
    • 34. 今まさに起きていること•情報洪水:情報それ自体はもう価値を持たない•成熟市場:同じような商品が氾濫して選べない•メディア接触の変化:テレビだけがメディアじゃない•ネットの普及:日本のネット人口は9,400万人•クチコミの増大:物理的、心理的、時間的に人々が近づく•社会環境の変化:シアワセとは何か 人々の生活が明らかに変化している!
    • 35. 今まさに起きていること•情報洪水:情報それ自体はもう価値を持たない•成熟市場:同じような商品が氾濫して選べない•メディア接触の変化:テレビだけがメディアじゃない•ネットの普及:日本のネット人口は9,400万人•クチコミの増大:物理的、心理的、時間的に人々が近づく•社会環境の変化:シアワセとは何か 人々の生活が明らかに変化している!
    • 36. ソーシャルメディア 時代の到来
    • 37. でもこれって、今までのクチコミとは どう違うの?
    • 38. クチコミとシェアは違うのです!http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=l-uNFaUJo5c
    • 39. クチコミとシェアの違い
    • 40. クチコミとシェアの違い クチコミでは、伝達者 の気持ちが伝わり、発 信者の情報は必ずしも 正しく伝わらない。
    • 41. クチコミとシェアの違い クチコミでは、伝達者 の気持ちが伝わり、発 信者の情報は必ずしも 正しく伝わらない。 シェアは、発信者の情 報が常に正しく伝搬さ れ、そこには嫌悪では なく共感が伴う。
    • 42. シェアの文化が やってきた!
    • 43. 企業のソーシャルシフトも始まった
    • 44. 企業のソーシャルシフトも始まった ソーシャルメディアの普及によって、顧客や社 員に背中を向ける企業は淘汰され、顧客や社員 と向きあう企業だけが生き残ることができる 「ソーシャルシフト」
    • 45. 2012年はソーシャルメディア元年?
    • 46. 従業員もソーシャルシフト30歳未満の大学生および若手社会人の3人に1人(33%)が、仕事を選択する際には給与よりも、制約の少ないソーシャルメディアへのアクセス、自由なデバイス選択、柔軟な勤務形態を重視する米国シスコによる、14カ国、2,800人を越える大学生及び若手社員を対象に行なったレポート(2011/11/14リリース)
    • 47. 従業員もソーシャルシフト5人に2人以上(大学生の40% および若手社会人の45%)が、デバイスの選択、ソーシャルメディアへのアクセス、モビリティにおける自由度は低いが高給の仕事よりも、給与が低くてもそれらの自由度が高い仕事を選ぶ米国シスコによる、14カ国、2,800人を越える大学生及び若手社員を対象に行なったレポート(2011/11/14リリース)
    • 48. 従業員もソーシャルシフトソーシャルメディアへのアクセスを禁止する企業に対しては、大学生の半数以上(56%)が就職しないか、就職しても職務規程の隙を突く方法を見つける米国シスコによる、14カ国、2,800人を越える大学生及び若手社員を対象に行なったレポート(2011/11/14リリース)
    • 49. 従業員もソーシャルシフト社会人の 5 人に 2 人以上(41%)が、自分の所属する企業が、自分を採用する際に、自社のデバイス利用の自由やソーシャルメディアに関する指針について売り込みを行った米国シスコによる、14カ国、2,800人を越える大学生及び若手社員を対象に行なったレポート(2011/11/14リリース)
    • 50. ソーシャルメディア 時代の到来
    • 51. ソーシャルメディア 時代の到来 その本命が・・・
    • 52. 日本の主要SNSの訪問者数推移 注1=mixi(参考値)はニールセンが2011年10月に実施した集計対象外URLとしたURLを含めずに訪問者数を推計した値です。 ニールセン・ネットレイティングスによる「最新SNS利用動向レポート」より
    • 53. 日本におけるfacebook普及率国内アクティブ会員数:約524万人 2011/11現在(全世界では8億人)アクティブユーザ数 5,241,440順位 27位人口普及率 4.13%オンライン人口普及率 5.29%(148位) 18∼54歳:約9割 男性:57%、女性:43%
    • 54. 日本国内でのfacebook普及予想 他国での成長実績から考 えると2011年末で800万 人程度、2012年末には 3000万人程度まで成長 していたとしても驚くべ きことではない。Noah Horton氏プロフィール■現在1 Founder and CTO ‒ Involver 2007­■経歴1 Interum Director of Product Management- NeoEdge Networks 2006­20072 Software Architect ‒ NeoEdge Networks 2006­20073 Program Manager ‒ Microsoft Corporation 2003­2006
    • 55. 今さら聞けないfacebookの基本 実際に触りながら体感しましょう
    • 56. facebookで使われる用語 ウォール 近況や写真、リンクなどのコンテンツを投稿する場所。ニュースフィード 自分や友達が投稿したコンテンツが表示される画面。 フィード購読 フィードを公開することで友達以外がフィードを見られる仕組み。 コメント 投稿されたコンテンツに対しての回答。 友達 友達リクエストにより承認された友達。リスト化が可能。アクティビティ 友達になったりコメントしたりする動作。 あいさつ 相手の画面にあいさつアイコンが表示される。 メッセージ 特定の友達に対する相手しか見ることができないメッセージ。 いいね! 投稿されたコンテンツに対して、共感を伝える機能。 シェア 自分や友達のコンテンツを友達に共有する。 グループ 少人数でコミュニケーションを取るための機能。facebookページ ブランドや企業などが作成するページ(旧ファンページ)。 アプリ facebookを拡張できる機能。 スポット 場所に関するページ。チェックインを行うことができる。
    • 57. ウォール
    • 58. ウォール
    • 59. ニュースフィード
    • 60. コンテンツの流れ
    • 61. コンテンツの流れ 自分の ウォール 投稿
    • 62. コンテンツの流れ 自分の 友達の ウォール ニュースフィード 投稿 ハイライト/ 最新記事
    • 63. コンテンツの流れ 自分の 友達の ウォール ニュースフィード 投稿 ハイライト/ 最新記事 シェア 友達の ウォール
    • 64. コンテンツの流れ 自分の 友達の ウォール ニュースフィード 投稿 ハイライト/ 最新記事 シェア 友達の 友達の友達の ウォール ニュースフィード
    • 65. コンテンツの流れ 自分の 友達の ウォール ニュースフィード 投稿 ハイライト/ 最新記事 シェア 友達の 友達の友達の ウォール ニュースフィード シェア fbページの ウォール
    • 66. コンテンツの流れ 自分の 友達の ウォール ニュースフィード 投稿 ハイライト/ 最新記事 シェア 友達の 友達の友達の ウォール ニュースフィード シェア fbページの ファンの ウォール ニュースフィード
    • 67. 「いいね!」の仕組み
    • 68. 「いいね!」の仕組み 投稿 自分の ウォール
    • 69. 「いいね!」の仕組み 投稿 自分の 友達の ウォール ニュースフィード
    • 70. 「いいね!」の仕組み 投稿 自分の 友達の ウォール ニュースフィード 取り消し 可能
    • 71. 「いいね!」の仕組み 投稿 自分の 友達の ウォール ニュースフィードお知らせ&ニュースフィード 取り消し 可能
    • 72. 「いいね!」の仕組み 投稿 自分の 友達の ウォール ニュースフィード 更新お知らせ&ニュースフィード 取り消し 可能
    • 73. 「コメント」の仕組み
    • 74. 「コメント」の仕組み 投稿 自分の ウォール
    • 75. 「コメント」の仕組み 投稿 自分の 友達の ウォール ニュースフィード
    • 76. 「コメント」の仕組み 投稿 自分の 友達の ウォール ニュースフィード 編集 可能 コメント
    • 77. 「コメント」の仕組み 投稿 自分の 友達の ウォール ニュースフィード 編集 更新 可能お知らせ& コメントニュースフィード
    • 78. 「コメント」の仕組み 投稿 自分の 友達の ウォール ニュースフィード 編集 更新 可能お知らせ& コメントニュースフィード お知らせ 受取拒否 可能
    • 79. 「シェア」の仕組み
    • 80. 「シェア」の仕組み 投稿 自分の ウォール
    • 81. 「シェア」の仕組み 投稿 Aさん 自分の 友達の ウォール ニュースフィード
    • 82. 「シェア」の仕組み 投稿 Aさん 自分の 友達の ウォール ニュースフィード シェア Aさん Aさん Aさんの ウォール
    • 83. 「シェア」の仕組み 投稿 Aさん 自分の 友達の ウォール ニュースフィード シェア Aさん Aさん Aさんの ウォール Bさん Aさんの友達の ニュースフィード
    • 84. 本日の勉強会ポイント
    • 85. 本日の勉強会ポイント友達のニュースフィードにコンテンツが流れなければ、「いいね!」も「シェア」も生まれない。
    • 86. ニュースフィードに流れないことってあるの?
    • 87. ニュースフィードに流れるコンテンツハイライト記事facebookが個人ごとに最適化してくれた情報を表示 最新記事最近更新された情報を時系列で表示
    • 88. ハイライト記事を決定する「エッジランク」
    • 89. ハイライト記事を決定する「エッジランク」Affinity score(親密度) Weight(重み) Time(経過時間)
    • 90. Affinity Score (親密度) 普段、どれだけその人とコミュニケーション を取っているか?
    • 91. Affinity Score (親密度) 普段、どれだけその人とコミュニケーション を取っているか? •コメント •いいね! •タグ付け •プロフィールページの閲覧 •etc
    • 92. Weight(重み) コンテンツの重要性
    • 93. Weight(重み) コンテンツの重要性 •コメントの数 •いいね!の数 •シェアの数 •写真、動画 •近況 •etc
    • 94. Time (経過時間) コンテンツの鮮度
    • 95. Time (経過時間) コンテンツの鮮度 •投稿からの経過時間 •リアクションからの経過時間
    • 96. 3つの要素の優先度
    • 97. 3つの要素の優先度 経過時間
    • 98. 3つの要素の優先度 経過時間 親密度
    • 99. 3つの要素の優先度 経過時間 親密度 重み となっているらしい・・・
    • 100. ウォール投稿ノウハウ
    • 101. ウォール投稿ノウハウ 1.投稿する文章は短く 2.短縮URLは利用しない 3.投稿する時間を考える 4.投稿する曜日を考える 5.ファンにお願いする 6.質問してみる buddymedia社の調査レポートより
    • 102. 1.投稿する文章は短く
    • 103. 1.投稿する文章は短く 80文字以内の投稿は エンゲージメント率が27%も高い
    • 104. 2.短縮URLは利用しない
    • 105. 2.短縮URLは利用しない 独自URLを使ったほうがエンゲージ率は高い
    • 106. 3.投稿する時間を考える
    • 107. 3.投稿する時間を考える 就業時間外の投稿に対する エンゲージメント率は20%も高い
    • 108. 4.投稿する曜日を考える
    • 109. 4.投稿する曜日を考える木曜日か金曜日の投稿は、他の曜日より18%高い
    • 110. 5.ファンにお願いする
    • 111. 5.ファンにお願いする いいね!が欲しい時は「いいね!して」コメントが欲しい時は「コメントして」「教えて」 シェアが欲しい時は「拡散希望!」
    • 112. 6.質問してみる
    • 113. 6.質問してみる質問形式の投稿は、エンゲージメント率が15%高い
    • 114. facebookページを開設するには
    • 115. facebookページとは従来は「ファンページ」と呼ばれていた機能で、企業や有名人、アーティストやブランド、同好会などが、ユーザーとの交流のために作成・公開したページを「facebookページ」と呼びます。facebookページの「いいね!」を押してファンになると、そのfacebookページに関する情報がニュースフィードに流れるようになります。facebookページは、facebookアカウントがない人も見ることができます。
    • 116. どんなページが人気なの?
    • 117. どんなページが人気なの?
    • 118. facebookページを開設するには 開設しようとしているブランドや有名人 の公式な代理人である必要があります。 facebookページでプロモーションを実 施する場合は、プロモーションガイドラ インに準拠しなくてはいけません。
    • 119. プロモーションガイドライン(抜粋)
    • 120. プロモーションガイドライン(抜粋)• Facebook上でのプロモーションは、Facebook.com上のアプ リのキャンバスページまたは、Facebookページのタブ上のアプ リ内で運営する必要があります。• Facebook機能をプロモーションの参加または応募手段として 使用することはできません。たとえば、Facebookページへの 「いいね!」や、スポットへのチェックインにより、自動的に プロモーションに参加または応募するように設定することはで きません。• 「いいね!」ボタンなどのFacebook機能をプロモーションの 投票手段として使用することはできません。• Facebookのメッセージ、チャット、プロフィールまたは Facebookページへの投稿など、Facebookを通じて当選者に通 知することはできません。
    • 121. ところでアプリって何よ?
    • 122. facebookアプリの仕組み ここの部分は外部サイトで表示させるこ とも可能だが、facebookページ内に埋 め込んで実行させることも可能。 例えば、このウェルカムページはア プリとして外部のWebサーバ上で実 行されており、必要があれば、 GraphAPIを利用してユーザのプロ フィールなどを参照することも可 能。
    • 123. ページを開設する前に決めておくこと
    • 124. ページを開設する前に決めておくこと 目的
    • 125. ページを開設する前に決めておくこと 目的 •自社サイトへのトラフィック増 •ブランディング •ソーシャルマーケティング戦略の開発 •CS向上 •etc...
    • 126. ページを開設する前に決めておくこと 目的 •自社サイトへのトラフィック増 •ブランディング •ソーシャルマーケティング戦略の開発 •CS向上 •etc... 目標
    • 127. ページを開設する前に決めておくこと 目的 •自社サイトへのトラフィック増 •ブランディング •ソーシャルマーケティング戦略の開発 •CS向上 •etc... 目標 •いいね!獲得数(ファン数) •コメント数 •投稿数 •エンゲージメント率 •インプレッション数 •アクティブユーザ数 •etc...
    • 128. (参考)エンゲージメント率とは http://facebook.boo.jp/application/engagementChecker/
    • 129. (参考)エンゲージメント率とは http://facebook.boo.jp/application/engagementChecker/
    • 130. コンタクトポイントの検討
    • 131. コンタクトポイントの検討
    • 132. 意外と大切なのが外部サイトとfacebookページの連携
    • 133. 外部サイトとfbページの連携①ソーシャルプラグイン外部サイトに表示させることによって、facebookへの導線を作成するプラグイン。facebookの開発者サイトで簡単に作ることが可能。
    • 134. 外部サイトとfbページの連携①ソーシャルプラグイン Like Box 外部サイトに表示させることによって、facebook への導線を作成するプラグイン。facebookの開発者 サイトで簡単に作ることが可能。Like ButtonFacepileComments
    • 135. 外部サイトとfbページの連携②OGP(Open Gruph Protocol) 外部サイトをfacebookページのように見せかけるhtml記述のルールで、外部サイトの metaタグに記載する。
    • 136. 外部サイトとfbページの連携②OGP(Open Gruph Protocol) 外部サイトをfacebookページのように見せかけるhtml記述のルールで、外部サイトの metaタグに記載する。メリット1 OGPが設定されているサイトで「いいね!」を押すと、押した人の友達のニュース フィードにも表示される(シェアと同等の効果!)。
    • 137. 外部サイトとfbページの連携②OGP(Open Gruph Protocol) 外部サイトをfacebookページのように見せかけるhtml記述のルールで、外部サイトの metaタグに記載する。メリット1 OGPが設定されているサイトで「いいね!」を押すと、押した人の友達のニュース フィードにも表示される(シェアと同等の効果!)。メリット2 ニュースフィードに表示される内容(ページタイトル、ページ画像、ページURLな ど)を指定できる。
    • 138. 外部サイトとfbページの連携②OGP(Open Gruph Protocol) 外部サイトをfacebookページのように見せかけるhtml記述のルールで、外部サイトの metaタグに記載する。メリット1 OGPが設定されているサイトで「いいね!」を押すと、押した人の友達のニュース フィードにも表示される(シェアと同等の効果!)。メリット2 ニュースフィードに表示される内容(ページタイトル、ページ画像、ページURLな ど)を指定できる。メリット3 外部サイト専用のfacebookページが作成され、そのウォールに投稿した内容が「い いね!」を押した人のニュースフィードに流れる。
    • 139. ね?facebookって知らないことがいっぱいで、 なんだか難しいんですよ。
    • 140. なので、facebook勉強会を続けようかと 思うんですけど、どう?
    • 141. たとえばこんな内容とか・・・•ソーシャルメディア研究会•O2Oマーケティング研究会•facebookページ作成講座•ソーシャルメディア効果測定研究会•facebookアプリ作成講座
    • 142. たとえばこんな内容とか・・・ •ソーシャルメディア研究会 •O2Oマーケティング研究会 •facebookページ作成講座 •ソーシャルメディア効果測定研究会 •facebookアプリ作成講座でも今度はホント に有料だよw
    • 143. おしまい ご清聴ありがとうございました

    ×