Your SlideShare is downloading. ×
0
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

バックアップ勉強会資料: システムバックアップのすすめ

4,202

Published on

第一回バックアップ勉強会資料。システムバックとは?など

第一回バックアップ勉強会資料。システムバックとは?など

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
4,202
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
35
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. システムバックアップのススメ 2012/08/28 ミラクル・リナックス株式会社 ビジネス推進本部 青山 雄一 Copyright © 2000-2012 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reserved
  • 2. システムバックアップの必要性• データのバックアップだけで十分? • RAIDを組んでいてもデータ障害は防ぎきれない • ファイルがひとつ壊れただけでもOSは起動しなくなる • ファイルを戻しただけではOSは起動しない ディスク障害 OSアップデート 誤った 失敗 OS起動不可 オペレーション ファイルシステム 障害 Copyright © 2000-2012 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reserved
  • 3. そのシステムは大丈夫? バックアップしてるから大丈 夫? データ データリカバリ- OSをインストールしただけではデータ復旧できない 設定- OSの設定項目は膨大にある- どこまでバージョンアップしていたか知るのは困難 AP- 最新でない状態までパッチを当てるのは困難 再構築 OSクラスタリングしてるから大丈 夫?- 縮退運転中に障害が発生してもフェイルオーバできない データ データリカバリ- クラスタ間で同一設定にしておかないと問題が出る AP AP- 障害試験、フェイルオーバ試験が十分にできない- クラスタ間でパッチの適用状態合わせる必要がある クラスタ クラスタ 再構築 OS OS 仮想化してるから大丈夫? AP AP- VMwareにもパッチ摘要が必要 インポート- VMwareにも各種設定が存在する OS OS IPアドレス、VLAN、ユーザ設定 VM VM ストレージの接続設定、iSCSI、マルチパス 仮想化基盤 再構築 Copyright © 2000-2012 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reserved
  • 4. データのリカバリまでの手順 考慮するポイント よくある状況準備 - 構築時の担当者は? - ドキュメントはある? - インストールメディアはどこ? - システム構築できるSEはいる? - サーバの設置場所は?OSインストール - OSのバージョンは? • 当時の担当者がもう - どこまでパッチをあててる? - パーティションはどう切る? いない • ドキュメントがない • SEがアサインできな - IPアドレス?VLAN?ファイアウォール?OS設定 - カーネルパラメータ設定 い - ユーザの追加 • サーバ設置場所が遠い • 予算がないミドルウェア - 何がインストールされていた?インストール →HW管理ツール →バックアップエージェント →クラスタソフト - バージョンは? - どのような設定? Copyright © 2000-2012 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reserved
  • 5. エンタープライズ環境のバックアップ データ領域とシステム領域をそれぞれバックアップ. システム領域はイメージバックアップへ システム領域 データ領域 再インストール 統合バックアップソフト、スクリプトのバックアップ ・専門知識を持っているIT担当者の減少 ・システム領域の複雑化 システム領域 データ領域システムバックアップ データバックアップ・BESR (Symantec) ・NetVault Backup(Quest)・Backup & Recovery (Acronis) ・Backup Exec(Symantec)・MSS (MIRACLE LINUX) ・Netbackup (Symantec) Copyright © 2000-2012 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reserved
  • 6. システムバックアップ2つの手法 オンラインバックアップ オフラインバックアップ 用途 - 自動化して毎日定期的にシステムバック - 構築時にシステムバックアップを取る環境 アップを取る必要がある環境 - その後システムバックアップを取る頻度が 少ない環境 - スケジューリングができる(自動でできる) - オンラインバックアップに比べ、確実なバッメリット - サーバーを止めずバックアップが取れる クアップを取れる - ソフトのインストール作業が不要 - リカバリ後すぐ動作可能リスク - エージェントソフトの導入が必須 - スケジューリング(自動化)ができない - 各社独自開発のスナップショット機能使用 - サーバーを止めなければならない するため、構成の制限が多い - 最新のHWに対応したライブCDが必要 - DBなどはさらにリカバリ処理が必要 Installed Copyright © 2000-2012 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reserved
  • 7. システムバックアップソフトの選び方どんなOSをもっているか? - Windows、Linux、仮想環境などOSによって操作が同一であることが望ましい - OSによって操作が違うとリカバリ手順書をつくるのが困難どんな環境をバックアップするか? - 外部ストレージがつながっていないか? - SANブートになっていないか? - クラスタを組んでいないか? - これらがサポートされているか?いつバックアップするか? - 毎日変更するため、毎日バックアップをとる必要がある →OSの停止が必要ないオンラインバックアップ - 変更頻度が少ないため、毎日バックアップする必要ない →操作がシンプルなオフラインバックアップ Copyright © 2000-2012 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reserved
  • 8. 企業で求められる要件システム構築時、アップデート適用時にバックアップ• 必須条件 - 複雑化するシステムの構成に対応する > SANBoot、 クラスタ環境、仮想化環境などへの対応 - システムに影響を及ぼさずない > バックアップソフトのインストールしない > ケーブルの抜線、設定変更が不要 - 新しいOS、環境に素早く対応する - SEでなくても操作できるシンプルな操作感• サポート - コミットされたサポート期間 - 24時間365日のサポート時間 Copyright © 2000-2012 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reserved
  • 9. システムバックアップソフト ご紹介Copyright © 2000-2012 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reserved
  • 10. (MSS) 単一サーバをオフラインで簡単にイメージバックアップ Windows MSSで システム起動 Linux VMware イメージに バックアップ/リストア複雑なシステムに対応- FCマルチパス、SANBoot構成、EFIマシンに対応- Linux, Windows, VMwareESX, Xen Server, KVMに対応- CLUSTERPRO, Oracle RAC, LifeKeeperなどクラスタ環境にも対応- ドライバディスク読み込み機能- 環境を問わず単一のCDで対応可能サポート- 国内完結のサポート体制- 販売期間5年、最長サポート期間7年- 平日営業時間帯サポート、24x365サポート、複数年サポート(1,3,5年)の提供 Copyright © 2000-2012 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reserved
  • 11. MSSの主な特徴- シンプル、確実なオフラインバックアップ- バックアップ、リストアも同操作- ネットワーク上のファイルサーバか、ローカルディスクへ保存バックアップ時 ②サーバイメージをファイルサーバへ保存 ・ディスク全体 バックアップ ・パーティション単位 イメージ 対象サーバ 保存先 • WindowsMSS専用ライブCDで起動 共有フォルダリモートコンソール機能による • NFSサーバISOイメージの遠隔操作でも可 ① ネットワークフォルダのマウント • NASサーバリストア時 ① ネットワークフォルダのマウン ト リストア イメージ 対象サーバ ・ディスク全体 保存先 ・パーティション単位 • WindowsMSS専用ライブCDで起動 共有フォルダリモートコンソール機能による ②ファイルサーバに保存されているス • NFSサーバISOイメージからの遠隔操作でも可 トレージからイメージのリストア • NASサーバ Copyright © 2000-2012 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reserved
  • 12. MSSの導入事例 ~某製造業様~HP c7000 Blade SystemとVMwareを採用したサーバ集約プロジェクトにて、Red Hat Enterprise Linux物理サーバとvSphere4.0のシステムバックアップ標準ツールとして導入採用の背景 お客様の利点・統合基盤サービスとして静的で確実なバックアップサービスの提供 ・SANboot構成や物理と仮想環境の混在など複雑・ライセンス・保守費の圧縮 な環境への一元的な対応。その結果としてバック・SANboot構成、マルチパス構成への対応 アップツールの乱雑化を防げた ・統合基盤プロジェクトでは長期に渡る同一品質 のサービス提供が必要となる。このニーズに対応 できる最終出荷から7年間の長期サポート ・雑多なサーバが統合される統合基盤のニーズに 合う、構成に対する柔軟なサポート対応 ・OSSの分野で長年のサポート経験がある MIRACLE LINUX社による質の高いサービスの提 供 ファイルサーバ ・1世代前の下位互換保証により、ツールのバー ジョンアップの影響の低減 ・簡素な機能でシンプル分かり易いCUI SANboot SANboot ビジネスへの効果 ・利用形態に応じた保守メニュー選択によるコスト 低減 HP c7000 Blade HP EVA6400 ・同等の機能を持つ商用製品に対する価格優位性。 その結果もたらされる台数拡張時の追加費用の圧 サーバ集約基盤 縮 Copyright © 2000-2012 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reserved
  • 13. MSSの詳細な情報は・・・製品ページ https://www.miraclelinux.com/jp/product-service/miracle-plus/mssシステム要件 https://www.miraclelinux.com/jp/product-service/miracle-plus/mss/specification注意事項 https://www.miraclelinux.com/jp/product-service/miracle-plus/mss/annotation試用版ダウンロード https://www.miraclelinux.com/jp/online-service/download/evaluation Copyright © 2000-2012 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reserved

×