OSS Market Momentum In Japan
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

OSS Market Momentum In Japan

on

  • 5,350 views

Open Source Market Momentum in Japan. Biz is good, but Why not so hot?

Open Source Market Momentum in Japan. Biz is good, but Why not so hot?

Statistics

Views

Total Views
5,350
Views on SlideShare
1,875
Embed Views
3,475

Actions

Likes
3
Downloads
18
Comments
0

4 Embeds 3,475

http://www.publickey2.jp 3458
http://publickey2.jp 14
http://apps.synaptive.net 2
http://s.deeeki.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

OSS Market Momentum In Japan Presentation Transcript

  • 1. オープンソースソフトウェアと マーケットの盛り上がり 2012年6月 MKT インターナショナル株式会社 代表取締役社長 赤井誠
  • 2. 本日のアジェンダ 自己紹介 第2次オープンソースブーム ハードウェアの革新
  • 3. 会社紹介 代表取締役社長 : 赤井 誠(Makoto Akai) 経歴 • 京都大学工学部卒。神戸大学経営学修了。テキ サス大学MBA交換留学。 • 日本ヒューレット・パッカード株式会社に入社 後、HP製ソフトウェア開発に従事。マーケMKTインターナショナル株式会社2011 ティングへ移動。オラクル製品、VMWare製年4月28日設立事業内容 品、マイクロソフト製品担当時代に、Oracle事業企画 Partner of the Year 受賞。VMWare社 2年連続マーケティングコンサルティング The OEM Partner Award受賞。Microsoft人材育成翻訳業務等 Windows Server アジアパフィック部門No.1 アwww.mkt-i.jp ワード受賞 • Linuxビジネス事業責任者、 日本HPを国内 Linux No.1ベンダーに導く。全HPグループおい てLinux販売実績世界一を達成。 • キャリアデベロップメントアドバイザー(特定 非営利活動法人 日本キャリア開発協会) 著作・翻訳 『マックで飛び込むインターネット』(翔泳社) の
  • 4. 今、第2次オープンソースブーム 90年代 00年代 10年代• インターネット • 第1次オープン • 第2次オープン のブーム ソースブーム ソースブーム• インターネット • オープンソース • オープンソース の商用利用開始 の定義 からクラウドへ• インターネット • 業界標準x86サー • クラウド管理ソ を接続するフ バーの浸透と同 フトウェア、 リーソフトが中 期するする NoSQLだけでな 核 LAMP/LAPPス く、多岐にわた タック+Java るソフトウェア
  • 5. 日経コンピュータ 4月26日号特集 主役交代---2012年4月26日号 ITの未来はOSSが決める オープンソースソフトウエア(OSS)と商 用ソフト、その立場が逆転した。ITのトレン ドはOSSが主導し、それにベンダーが追従す る流れが“普通”に なった。ITの未来を決め る主役は、OSSだ。ベンダーが「エコシステ ム」を作るのも、新市場を開拓するのも、ク ラウド事業を推進するのも、OSSなくし て は成立しない。ITの動向を見極める上で、 ユーザー企業といえどもOSSから目が離せな い。http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NCD/20120418/391703/
  • 6. IT Leaders: 5月号特集 企業ITに浸透するオープンソースソフト 広がるソフトウェアの選択肢 企業ITにおけるオープンソースソフト (OSS)の適用範囲は、今やOSやデータ ベースにとどまらず、業務アプリケー ションやオフィスソフトへと広がってい る。品質向上や機能拡充、サポートサー ビスの充実に伴って国内外で大規模な導 入事例が増加。こうした好循環を背景に、 企業ITへ着実に浸透し始めたOSSの現在発行:インプレスビジネスメディア を総ざらいする。http://it.impressbm.co.jp/taxonomy/term/2825
  • 7. 2011年 サーバー市場: Linuxだけが成長 Linux server demand was positively impacted by high performancecomputing (HPC) and cloud infrastructure deployments, as hardwarerevenue improved 2.2% year over year in 4Q11 to $2.6 billion.Linux servers now represent 18.4% of all server revenue, up 1.7points when compared with the fourth quarter of 2010. Microsoft Windows server demand subsided slightly in 4Q11 ashardware revenue decreased 1.5% year over year. Quarterlyrevenue of $6.5 billion for Windows servers represented 45.8% ofoverall quarterly factory revenue, up 2.6 points over the prior yearsquarter. Unix servers experienced a revenue decline of 10.7% year overyear to $3.4 billion representing 24.2% of quarterly server revenue forthe quarter. IBM grew Unix server revenue 2.5% year-over-year andgained 7.9 points of Unix server market share when compared withthe fourth quarter of 2010. (Despite a 7.2% Decline in Fourth Quarter Revenue, Worldwide Server Market Revenues Increase 5.8% in 2011, http://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prUS23347812
  • 8. レッドハット: 年商10億ドル突破
  • 9. 国内SIの成長は、OSSが牽引OSSの使用実績と過去3年間のITビジネスの売上高の変化の関係を分析すると、OSSの使用実績が多いと回答したソリューションプロバイダーの37.2%は過去3年間の売上高が増加しており、反対にOSSの使用実績が少ないと回答したソリューションプロバイダーでは増加が15.2%にとどまり、減少が40.5%になっています。OSSの活用がITビジネスの成長に繋がっていると考えられます。 国内オープンソースソフトウェア利用実態調査結果を発表 IDC Japan株式会社 (2012年1月11日) http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20120111Apr.html
  • 10. しかし、日本での状況は?減少するオープンソースの話題 オープンソース Linux
  • 11. 日本ではまったく盛り上がらない甲元:弊社では、クラウドコンピューティングなど企業ITに関する大きなテー マを20種類ほど挙げて、毎年ユーザー企業の取り組み状況を調査しています。それを見ると、まったくといっていいほどOSSへの取り組みは盛り上がってま せん。10年以上にわたって、常に下から3分の1付近を推移しているんです。原田さんと寺嶋さんの話をうかがっていて、両社はかなり進んでいるなと感じて います。─ITRは米フォレスター・リサーチと協業していますから、欧米の状況もご存じだと思いますが。甲元:結論から言えば、日本とはまるで違います。当社で設定しているテーマと幾分異なりますが、欧米では3年前からOSSへの取り組みがトップを維持しています。(座談会:OSS活用の道筋を探る: IT Leaders)甲元 宏明氏 アイ・ティ・アール シニア・アナリストhttp://it.impressbm.co.jp/e/2012/05/15/4330?page=0%2C1
  • 12. なぜ、浸透するオープンソースが?クラウドという用語に置き換わっている• クラウドという用語に置き換わっている。• しかし、ほとんどのクラウドプロバイダーがOSSを使用し、 または、重要ソフトの多くは、オープンソースマーケティング費用の少ない活動である• レッドハット以外は大手ISVが存在しないため、広告が少な い。• 元々口コミで広がっていった文化がある。オープンソースに対する誤解がある• 「オープンソース=タダ」という誤解がある• よって、 ベンダーが儲からないと思って、提案しない。
  • 13. オープンソースvs.クラウド 赤: クラウド、 青: オープンソース
  • 14. クラウドにはオープンソース重要メジャープレイヤーも、オープンソース活用 • Facebookのデータセンターに見るMySQL活用事例 - MySQLカ ンファレンス → MySQLのサービスを購入している http://news.mynavi.jp/articles/2008/04/28/mysql/index.html • Herokuはどうやって高可用性を確保しているか - QCon London の発表から → Salesforce子会社Heroku は、PostgreSQL を活 用 http://www.infoq.com/jp/news/2012/03/heroku-high-availability-qconマイクロソフト Windows Azureもオープンソース対応 マイクロソフトのエバンジェリストが語るAzureとオープンソース との親和性 「過去にはオープンソース陣営と敵対することもあったマイクロソ フト。しかしそれは「昔のことだ」と、日本マイクロソフトで Windows Azureのエバンジェリストを務める砂金信一郎氏と佐藤直 生氏は声をそろえる。」 http://enterprisezine.jp/article/detail/3840
  • 15. オープンソース=イノベーション時代は、オープンイノベーションへ。 OSS ≠ タダ 時代 オープンソースの採用理由の変化• ローコストである ITリーダーは、単に無償で何かを手• 柔軟性、イノベーション、短期 に入れることを超えて、オープン 間での開発、購買プロセスの短 ソースに価値を見出し始めている さ(約1/3) (ガートナー) • 競合優位を実現するため (11%) ハーバードビジネスレビュー ブログから抜粋 ガートナー調査: 11カ国547人のITリーダー、2010年7-8月 http://blogs.hbr.org/cs/2011/03/open_source_software_hits_a_st.html
  • 16. "The Open Source Definition(OSD)"1. 自由な再頒布ができること2. ソースコードを入手できること3. 派生物が存在でき、派生物に同じライセンスを適用できる こと4. 差分情報の配布を認める場合には、同一性の保持を要求し てもかまわない5. 個人やグループを差別しないこと6. 適用領域に基づいた差別をしないこと7. 再配布において追加ライセンスを必要としないこと8. 特定製品に依存しないこと9. 同じ媒体で配布される他のソフトウェアを制限しないこと10. 技術的な中立を保っていること http://www.opensource.jp/osd/osd-japanese.html 16
  • 17. 主なOSSビジネスモデルの例 Linux型 Apache型 MySQL型組織 とりまとめを実施する団体 NPO Apache ソフトウェア MySQL社(現オラクル社) は、存在しない。基本的に 財団が、企業などから協賛 が、開発保守する。 リーナス・トーバルスの優 金を得て、運営する。 しい独裁者モデル。知的財 初期からのOSSのため、著 Apacheソフトウェア財団が、 すべての著作権は、オラ産権 作権が放棄されていない部 Apacheブランドとそのソフ クル社に帰属する。 分もある。 トウェア製品の法的権利を 保護開発者 ほとんどが、企業で働く社 ほとんどが、企業で働く社 ほぼオラクル社社員 員 員。ASFが採用してない。有償ビ パッケージし、テスト、動 開発されたソフトウェアを パッケージし、テスト、ジネス 作認定、サポートをサブス 活用しやすいようにパッ 動作認定、サポートをサの例 クリプション製品として、 ケージして、サブスクリプ ブスクリプション製品と 販売する(例:RHEL) ション製品として販売 (例: して、販売する Cloudera HD) 17 ビジネスモデルの型はMKT分類
  • 18. 忘れてはいけないHWの進化 高速化が進むCPU Many Quad Core Dual Core ソフト Core ウェアの 性能向上ストレージボトルネックの解消 より、 ハード ウェアの SSD ioDrive 性能向上 の法が速ネットワークの大容量化 い Infiniband 10Gb イーサ
  • 19. 企業の期待 セキュ リティ コスト 運用 比較 パブリッククラウドのイノ ベーションをプライベート クラウドで使いたい
  • 20. クラウド時代の企業向けソリューション実績あるLinuxの高可用性とパブリッククラウドのテクノジーの融合 今までと違う高速な 環境を提供 • メニーコア 新テク ノロ • ストレージメモリー ジー • ファブリック さらに安定した 環境を提供 ミドル • アプリケーションサーバー ウェア • データベース • クラスターソフトウェア Linux • システムバックアップ • ディザスターリカバリ 20
  • 21. 最後に MKTインターナショナルでは、各種のマーケティン グ活動を支援しております。 – 調査 – 同行説明 – 宣伝 – 人材開発など 今後ともよろしくお願いいたします。