Your SlideShare is downloading. ×
バックアップ勉強会#1 バックアップ基礎
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

バックアップ勉強会#1 バックアップ基礎

6,280
views

Published on

2012年8月29日開催 バックアップ勉強会資料

2012年8月29日開催 バックアップ勉強会資料

Published in: Technology

1 Comment
21 Likes
Statistics
Notes
  • 軽く50年以上保存しないといけないケースもある長期保存について、保存方法、保存場所を(しっかり)考えなければならない。という点、納得です。

    さらに、紙とちがってそのまま書庫に保管しておけばあとから誰でも取り出して読める(その言語の文字が読めることが前提)。というものでもないですから、長期保存後の復元方法も気にしておかないと。
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
No Downloads
Views
Total Views
6,280
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
89
Comments
1
Likes
21
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. バックアップ勉強会#1バックアップの基礎知識 MKTインターナショナル株式会社 代表取締役社長 赤井 誠
  • 2. バックアップ勉強会について  システムバックアップとデータバックアップの違いは?  ホットバックアップとコールドバックアップの違いは?  D2Dとか、D2D2T ってどういう意味? 昨年、今年と、バックアップが大切だという思いを持った人も多いはず。 日本だけでなく、世界でも、一日数件以上データ消失事故は起こっている そうです(HP社の調査) バックアップは、ソフトウェアだけでなく、ストレージやテープなどの ハードウェアも含んで考える必要もあって、いろいろとタイヘンです。さ らに、最近は、クラウドバックアップというオプションも増えました。で も、もともとの基礎知識がないと、どれがいいかも選ぶのは一苦労。 ということで、初心者の方も安心なバックアップ勉強会を開催します。
  • 3. このセッションについて バックアップ・リカバリの 基本的に初心者向け 範囲は広いため 用語が、テクニカルターム以テクニカルな詳細より、市場 外に、コンサルティング用語 や用語の紹介 もあるので、用語が理解でき ないと、わかりにくい と、なったら、いいな。。後半セッションへのイントロ 資料は、勉強会資料的? ではなく、ビジネスでも 使えるように、ちょっと 堅めに作っています。
  • 4. 自己紹介 経歴 • 京都大学工学部卒。神戸大学経営学修了。テキサ ス大学MBA交換留学。 • 元日本ヒューレット・パッカード株式会社勤務 • ソフトウェアR&D • 経営企画 • マーケティングMKTインターナショナル株式会社 • ソフトウェアの経験が中心(→HPではまれか赤井誠2011年4月28日設立 も)事業内容 • Oracle Partner of the Year事業企画 • VMWare The OEM Partner Award受マーケティングコンサルティング人材育成 賞翻訳業務等 • Microsoft Windows Server アジアパ フィック部門No.1 アワード受賞 • 国内Linuxベンダー1位 • 全HPでLinux OSの世界一の販売 • キャリアデベロップメントアドバイザー(特定非営利 活動法人 日本キャリア開発協会) 著作・翻訳 『マックで飛び込むインターネット』(翔泳社) の執筆以降、20 冊以上の著作・翻訳を行う。
  • 5. 用語解説データバックアップとシステムバックアップ データバックアップ  データベースなどに保存されているデータを保存  データベースが提供する機能を利用する場合  サードパーティ製品を利用する場合  データの一貫性が大切  データロストの場合、損失が大きい システムバックアップ  イメージバックアップという場合もある  稼働しているシステム構成を丸ごとバックアップする  イメージファイルをリストアすると、システムの状態が戻る  OSが安定稼働するためには、パッチや設定がかなり適用されてい るため、再OSインストールなどはやりたくない  システム構築での納品物として、システムバックアップデータが 提出されることが多い  利用されるのは、ハードウェア障害などで部品交換したときなど
  • 6. 用語解説災害対策(DR),RPO,RTO バックアップと対に語られることが多い RPO  目標復旧地点  データロストしたとしても、最大許容範囲する範囲  データの重要度にあわせた決めるもの  例: 一日ごとにバックアップ ← 一日前のデータまでは復旧で きる RTO  目標復旧時間  オペレーションを復活させるまでの最長許容時間  データ復旧するだけではなく、運用まで復旧させる  バックアップが戻ったとしても、例えば、ネットワーク構成の 変更などが必要になる
  • 7. 最近の傾向(1) D2Dバックアップ: Disk-To-Disk  ディスクへバックアップ  高速バックアップ&リカバリ D2D2T: Disk-To-Disk-To-Tape  ディスクへバックアップした後に、テープへ保存  稼働システムへの負担が少ない  やっぱり、テープに保存したい人もいる  テープ利用は、省エネ対策にもなる クラウドバックアップ  Amazon Glacierのような、クラウドサービスとして、 バックアップを利用する方法
  • 8. 最近の傾向(2) 重複排除  最近のバックアップソフトでは、提供されていることがほとん ど  すべてバックアップをとるとデータ量が莫大になる アプライアンス  中央管理サーバーとして、バックアップソフトウェアとスト レージを内蔵したアプライアンスが増えている  仮想化対応をうたう機会が多い  システム全体をバックアップ  システムイメージ自体を、復旧時に、違う仮想サーバー上にリス トアするなど  代表的製品: Novell PlateSpin Forge  多くは、共有ストレージ上データベースデータバックアップに は不向き。ファイルサーバーデータなどをバックアップするに は,手頃
  • 9. バックアップと運用 システムの重要性に応じて、バックアップの範囲や頻度が決まる。 考慮点  システムやデータの重要度  運用や維持のコスト  法律・裁判  法律で定められた規則のために、バックアップデータをどれくらいもたないと いけないかが決まってくることも多い  裁判の証拠で採用されるケースも多い  バックアップの種類  データバックアップ  システムバックアップ  フルバックアップ  差分/増分バックアップ  保存場所  場所、セキュリティなど  メディア  復旧方法 大企業は、方針決定(通常DR対策)だけで、コンサルティング導入することも多い
  • 10. ストレージベンダー大手EMC調査次ページ以降で引用EMC、アジア太平洋地域および日本における災害復旧(DR)に関する調査結果を発表 企業の81%がデータ損失やシステム・ダウンから復旧できない恐れ 時代の要求に合わないバックアップ/リカバリ・ソリューションを使用している現状 が浮き彫りに概要 アジア太平洋地域および日本の2,500社を対象に行われた最新調査の結果、81% (日 本では89%) の企業が災害発生後の完全復旧に不安があると回答 調査対象企業の71% (日本では50%) が、過去1年間にデータ損失またはシステム・ ダウン(もしくは両方)を経験 データ損失とシステム・ダウンの主原因のトップ3は、ハードウェアの障害が 60%(日本では55%)、データの破損が49%、電力供給の問題が44% データ損失とシステム・ダウンによる最も大きな影響として、42%(日本では38%) の企業が従業員の生産性の低下を回答 バックアップ・コピーをオフサイトで保管している企業のうち、今でもリカバリに テープを使用している企業は44%(日本では58%)、CD-ROMを使用している企業は 37%。ただし、62%(日本では66%)の企業がすでにディスク・ベースのストレージ を使用中 テープを使用している企業の83%(日本では68%)がテープからの完全な切替えを希 望 - 次世代バックアップ/リカバリ・ソリューションに対するニーズが浮き彫りに http://japan.emc.com/about/news/press/japan/2012/20120615-1.htm
  • 11. バックアップが必要な理由? 過去1年間に53%の調 査対象企業がデータ ロスト データロスト理由1. データ破壊2. ハードウェア障害3. ソフトウェア障害4. 電源喪失5. セキュリティ http://apj.emc.com/microsites/emc-brs-survey/emc-apj-disaster- recovery-survey-2012-the-full-report.pdf
  • 12. データロストするとどうなるのか? 企業にとっては、作業 の遅れ、売上減少、 顧客からの信頼が落 ちる データロストが起こると?1. 商品開発に遅れ2. 売上のロスト3. 顧客の信頼低下4. 従業員の生産性低下5. ビジネス機会のロスト http://apj.emc.com/microsites/emc-brs-survey/emc-apj-disaster- recovery-survey-2012-the-full-report.pdf
  • 13. コピーをどこにおいているのか? 災害対策している企 業のほとんどが、別の 場所(会社でも、アウト ソース先でも)におい ている コピーの保存先1. 国内の自社の別サイト2. 国内の別会社のサイト3. 自社ネットワーク上4. 国外の自社の別サイト5. 従業員の家!←マジ? http://apj.emc.com/microsites/emc-brs-survey/emc-apj-disaster- recovery-survey-2012-the-full-report.pdf
  • 14. バックアップとっているメディアは?今は、ディスクへのバックアップが主流だ けど、テープバックアップも半分くらいい るhttp://apj.emc.com/microsites/emc-brs-survey/emc-apj-disaster-recovery-survey-2012-the-full-report.pdf
  • 15. テープバックアップをストップしたい理由 コストとの兼ね合いだ が、結局バックアップ スピードとリカバリス ピードの話 理由1. さらに高速なバックアップ2. データリカバリ、システムリ ストアのスピード3. 耐久性4. 簡素化、中央管理5. コスト http://apj.emc.com/microsites/emc-brs-survey/emc-apj-disaster- recovery-survey-2012-the-full-report.pdf
  • 16. 最後に というわけで、結構、考えないといけないことが多いで す。 バックアップデータそのものの保証を行っているベン ダー、プロバイダーは、ほとんど記憶にありません。 そのため、PCのバックアップレベルで、考えるのとは、 ちょっと違ったりします。 年金データように、ひとりのデータが軽く50年以上保存 しないといけないケースもあるので、保存方法、保存場 所も考えないといけません。 社会的立場によっては、公開範囲を考慮しないと、問題 が起こります 今日は、このくらいのイントロで。