Sinsai.info, CrisisMap and the next

2,235 views
2,181 views

Published on

keynote on OpenSourceConference Charity Symposium 2011, May in Tokyo, Japan
OSC 東北・関東大震災チャリティシンポジウムの基調講演でのプレゼンです。

Published in: Technology, Sports
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,235
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Sinsai.info, CrisisMap and the next

  1. 1. Free Data empower the People!! And the Next OpenStreetMap Foundation Japan Hiroshi Miura
  2. 2. @miurahr 1998- Linux kernel Development OSS/Linux Evangelist IM framework, Linux Standards OSS Education Many small contribution
  3. 3. @miurahr 2008.3.8 start OpenStreeMap Japan 2010.12.24 form OpenStreetMap Foundation Japan Promote “Open (Geo) DATA”
  4. 4. 11, March, 2011 14:46JSThttp://www.flickr.com/photos/dugspr/5543305021/in/set-72157626305323978/
  5. 5. More than 14,000 people were killed.There are still another 13,000 people missing. Photo: US. Navy Imaginary, Miyagi311
  6. 6. http://www.flickr.com/photos/dugspr/5541815267/in/set-72157626305323978
  7. 7. 津波がやってきてhttp://www.flickr.com/photos/dugspr/5541815267/in/set-72157626305323978
  8. 8. 多くの家と財産が失われました http://www.flickr.com/photos/dugspr/5541815267/in/set-72157626305323978
  9. 9. インフラも大きく打撃をうけましたhttp://www.flickr.com/photos/dugspr/5549191112/in/set-72157626305323978
  10. 10. 電力、ガス、水道もダメージを受け携帯電話の電波塔も流されました東京でも電話網の輻輳が続きましたhttp://www.flickr.com/photos/dugspr/5549191112/in/set-72157626305323978
  11. 11. インターネットは比較的無事でした● 爆発的に使われました● 被災地域では、ラスト1マイルがダメージを受けてました
  12. 12. 11, March, 2011 18:19 JST
  13. 13. TRY to form Humanitarian OpenStreetMap Japanese Team地震・津波後の地図づくりで現地の活動をバックアップする チームを形成
  14. 14. Start of Sinsai.info
  15. 15. Why could we start both so early?
  16. 16. Haiti ChileEarly 2010
  17. 17. CrisisMapping
  18. 18. BEFORE 311
  19. 19. AFTER 311
  20. 20. AFTER 311
  21. 21. Sinsai.info put Information on the Map
  22. 22. Reportの例
  23. 23. 活用例
  24. 24. • Over 10,000 reports• 1,000,000+ PV in one month• 650,000+ Visits• 500,000+ Unique Visitors• Accessed from Sendai the most
  25. 25. Mission complete? Mission done? - No The Next?
  26. 26. API API API Ushahidiには、RESTfulなWeb2.0 APIがあります – 携帯電話向けインタフェースはAPIを使って開発 – 連携したアプリケーション、Webサービスを作れます。 Sinsai.infoは拡張されたAPIを持っています。 – OpenSocial Gadget Project
  27. 27. OpenSocial Gadget sinsai.info用のOpenSocialガジェット – iGoogleなどに埋め込めます。 Author: Nachi Ueno, Sinsai.info Dev. lead the MIT or GPL Version 2 licenses プロジェクトサイト – http://redmine.sinsai.info/projects/opensocial 「Sinsai ガジェット」検索
  28. 28. OpenSocial Gadget
  29. 29. OpenSocial Gadget5, May, 2011
  30. 30. API detail REST XML, JSON support 例:Incidents – カテゴリーidに属する全ての出来事を取得 – http://<somedomain>/api? task=incidents&by=catid&id=1&resp=json 例:report – 事故やレポートをエンジンに新規登録 – http://<somedomain>/api? task=report&incident_title=Test&incident_description=Testing+wit h+the+api&incident_date=03/18/2009&incident_hour=10&incide nt_minute=10incident_ampm=pm&incident_category=2,4,5,7&lat itude=- 1.28730007&longitude=36.82145118200820&location_name=ac cra&person_first=Henry&person_last=Addo&person_email=henr y@ushahidi.com&resp=xml
  31. 31. Sinsai.info情報と CrisisMap地図データの防災・災害復旧システム利用
  32. 32. 災害復旧支援システム 現地で必要になる情報の登録、管理たとえば。。。•避難所(指定避難所、未指定避難所)•仮設住宅の情報•病院の位置、受け入れ状態•足りない物資、送付できる物資の登録・マッチング•現地のアセスメント(衛生、介護、栄養 ...etc......)•遺体管理。。。
  33. 33. OSSの災害復旧支援システム SAHANA
  34. 34. Ushahidi• 情報収集が高速• インシデントを地図上にプロット配置• 一般への情報公開• 画面が綺麗で直感的初期情報収集状況の俯瞰を可能にする
  35. 35. Sahanaの特長• 情報収集がヒアリングベース、緻密• 現地NPOに必要な、専門情報を登録• 救援物資の要請と調整を実施• 未指定避難所の見落としを防ぐ ⇒支援の空白地帯を作らない!Sahana
  36. 36. Sahanaの特長• 現地ボランティアや中間支援団体 自治体、社福むけの業務システム• 1つのNPOが撤退した後、 次の担当NPOのために地域の情報を残せる• その土地のカルテSahana
  37. 37. 復興は年単位での対応になる =安定した補給線の仕組みが絶対に必要 Internet上の情報集積 + 現地からの情報吸い上げ (←Sahanaはここ重視) そもそも現地ではPCも電気も貴重 お年寄りはPC・ケータイ使えない情報のヒアリングは現地NPO、入力は中間支援団体など体制作り 行政の垣根を越えた情報共有・連携体制の構築Sahana
  38. 38. いまの状況 • みんな同じようなシステムを欲しがっている (車輪はそれぞれが開発してよいけど、データ共有できる形式でお願い。。) • これから梅雨~台風の季節に、被害拡大 • 土砂崩れ、電気不足、遺体・瓦礫の腐敗...etc... • 少なくとも、それまでに普及してないとアウト • 1から開発してる余裕はない。 Sahanaの適用SAHANAを参考に防災システムに組込みSahana
  39. 39. Sinsai.info(Ushahidi)との連携 Sinsai.Infoのデータ取り込みできます 草の根(Sinsai.info)で収集した 膨大なデータを 現地NPOの現場情報で補完して利用Sahana
  40. 40. CrisisMap(OSM)との連携 Sinsai.Infoの背景地図の利用できますグローバル草の根(Sinsai.info)で作成した 震災後の最新地図データを 現地NPOの現場情報で補完して利用Sahana
  41. 41. 情報を現地へとどける仕組み: Next STEP 震災後地図情報の提供 (OSM Crisis Mapping) TwitterE-mail NPOへ情報の提供 活動結果をSahanaに投入 草の根情報を登録 Import API 現地NPO Closed Public Ushahidi Sahana Sahana or 他システム 高確度情報の提供 Sahana間データ同期 Export API 他システムへのExport Internetを 経由する支援 現地での対応
  42. 42. More and more surviver, mover and activist utilize the platform.We continue to provide....

×