Your SlideShare is downloading. ×
0
Chefのはじめの一歩@_zoo/Misa Kondo/近藤美沙
Chefとはなんぞや・料理ツールではありません・cookbookとかknifeとか出てきますが、リアルな料理とは全く関係ありません
Chefとはなんぞや一言でいうとサーバの構成管理ツール。構成設定ファイル(以下、cookbooks)に従ってサーバ内の構成を管理してくれる。
Puppetとどう違う?・Puppetは外部DSL・Chefは内部DSL端的にいうと、Chefのcookbookは、rubyでかける!
実際に使ってみよう自分用の開発VMを作る。最低限、下記は欲しい。・git・emacs
Chefの構成図
Chefの構成Chefサーバ:cookbookを管理するサーバ:cookbookに従ってNodeサーバを管理するNodeサーバ:Chefサーバに管理されるサーバ
Chefの構成WorkStation:cookbookを作成し、Chefサーバにupする場所
Chefをインストール$ gem install chef
Knifeの準備$ knife configure#=> ~/.chef/knife.rbknife.rbに下記を追記cookbook_path=your/cookbook
knife.rb
coocbookを作る前にcookbookは構成設定ファイルのセットサーバにつき1つ→NGパッケージにつき1つ→
coocbookの作成(apt)今回gitとemacsはaptから入れるので、事前にupdateしたい。aptのcookbookを作成。$ knife cookbook create apt
default.rb
coocbookの作成(git)$ knife cookbook create git
default.rb
coocbookの作成(emacs)$ knife cookbook create emacs
default.rb
coobooksの作成完了今回は自分の開発用なので、chef-soloという1台構成。複数台で使う場合はchefサーバ、Node、Workstationという構成になる。
VMの共有ディレクトリにcoocbooksを移動$ cd ~/vagrant_ubuntu-1110_sample/data$ cp -r your/cookbooks ./
VMにログインサンプルのため、既にchefはインストールしている状態。$ vagrant ssh
cookbookを確認$ ls /vagrant_data/$ ls /vagrant_data/cookbooks
cookbookへのパス設定$ mkdir ~/.chef$ cd .chef$ emacs solo.rb
solo.rb
読み込むレシピの指定$ emacs chef.json
chef.json
chef-solo実行!$ sudo chef-solo -c ./solo.rb -j ./chef.json
作業終了
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Chefのはじめの一歩

3,395

Published on

るびまの記事をみてChef

0 Comments
8 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
3,395
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
33
Comments
0
Likes
8
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "Chefのはじめの一歩"

  1. 1. Chefのはじめの一歩@_zoo/Misa Kondo/近藤美沙
  2. 2. Chefとはなんぞや・料理ツールではありません・cookbookとかknifeとか出てきますが、リアルな料理とは全く関係ありません
  3. 3. Chefとはなんぞや一言でいうとサーバの構成管理ツール。構成設定ファイル(以下、cookbooks)に従ってサーバ内の構成を管理してくれる。
  4. 4. Puppetとどう違う?・Puppetは外部DSL・Chefは内部DSL端的にいうと、Chefのcookbookは、rubyでかける!
  5. 5. 実際に使ってみよう自分用の開発VMを作る。最低限、下記は欲しい。・git・emacs
  6. 6. Chefの構成図
  7. 7. Chefの構成Chefサーバ:cookbookを管理するサーバ:cookbookに従ってNodeサーバを管理するNodeサーバ:Chefサーバに管理されるサーバ
  8. 8. Chefの構成WorkStation:cookbookを作成し、Chefサーバにupする場所
  9. 9. Chefをインストール$ gem install chef
  10. 10. Knifeの準備$ knife configure#=> ~/.chef/knife.rbknife.rbに下記を追記cookbook_path=your/cookbook
  11. 11. knife.rb
  12. 12. coocbookを作る前にcookbookは構成設定ファイルのセットサーバにつき1つ→NGパッケージにつき1つ→
  13. 13. coocbookの作成(apt)今回gitとemacsはaptから入れるので、事前にupdateしたい。aptのcookbookを作成。$ knife cookbook create apt
  14. 14. default.rb
  15. 15. coocbookの作成(git)$ knife cookbook create git
  16. 16. default.rb
  17. 17. coocbookの作成(emacs)$ knife cookbook create emacs
  18. 18. default.rb
  19. 19. coobooksの作成完了今回は自分の開発用なので、chef-soloという1台構成。複数台で使う場合はchefサーバ、Node、Workstationという構成になる。
  20. 20. VMの共有ディレクトリにcoocbooksを移動$ cd ~/vagrant_ubuntu-1110_sample/data$ cp -r your/cookbooks ./
  21. 21. VMにログインサンプルのため、既にchefはインストールしている状態。$ vagrant ssh
  22. 22. cookbookを確認$ ls /vagrant_data/$ ls /vagrant_data/cookbooks
  23. 23. cookbookへのパス設定$ mkdir ~/.chef$ cd .chef$ emacs solo.rb
  24. 24. solo.rb
  25. 25. 読み込むレシピの指定$ emacs chef.json
  26. 26. chef.json
  27. 27. chef-solo実行!$ sudo chef-solo -c ./solo.rb -j ./chef.json
  28. 28. 作業終了
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×