今がチャンス!<br />スリランカ株<br />
日本語情報サイト<br />「moneysrilanka.com」<br />2010年12月、オープン<br />
「インドの香港」「南アジアのドバイ」と呼ばれるスリランカは今、世界のホットマネーがもっとも注目する国となっています。<br />
主要インデックス「ASPI」の推移<br />主要インデックスのASPI(全銘柄から算出、1985年=100)は<br />2009年12月30日:  3,385.55<br /><ul><li>2010年9月30日:  7,000.00 の...
2010年10月4日: ザラ場ベースで 7,207.75  の最高値をつけました。</li></ul>内戦が終結した2009年5月は 2,000ポイント前後でしたから、<br />わずか1年半で3.5倍に急上昇したのです。<br />
【開設】1985年<br />【上場企業数】239銘柄<br />(2010年11月18日現在)<br />【主な銘柄】ジョン・キールHD、スリランカテレコム、セイロンたばこ<br />【業種】20業種<br />【時価総額】2兆1729億スリ...
億スリランカルピー<br />時価総額は2008年末の4,888億スリランカルピーから2009年末に1兆921億スリランカルピーに倍増。<br /><ul><li>2010年もさらに倍に成長しました。
ちなみに、新興国の代表のベトナム市場(ホーチミン、ハノイの2市場)の時価総額は約600兆ベトナムドン(約2兆4000億円、2010年11月22日現在)で、この1年でかなり接近してきました。</li></li></ul><li>【高成長】2009...
【証券市場パフォーマンスランキング(2010)】  <br />Bespoke Investment Groupが世界82か国の証券市場のパフォーマンス比較(2010年)をサイトで公表しています。<br />それによると、トップはスリランカ(7...
証券会社は25社、認可されています。そして、ここに…<br />
【マネースリランカに関するお問い合わせ】<br />■会社名:オンリンクインターナショナル株式会社<br />(Onlink Japan株式会社の子会社、旧社名オンリンクトラベル)■担当:宇都宮滋一(代表取締役)■E-mail:info@mon...
スリランカ点描<br />(世界遺産など)<br />
豊富な生き物<br />
ゴールド寺<br />ソース:hn.24h.com.vn<br />
簡易タクシー?コロンボの街中を走ってます<br />
最大の都市、コロンボの風景<br />
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

スリランカ株式市場 にチャンス!!!

981

Published on

世界のホットマネーが今、一番注目している市場が、ここスリランカです。日本人にはあまりなじみがないでしょうが、「インドの香港」「南アジアのドバイ」とも言われ、経済発展が進んでいます。「マネースリランカ」は日本語でスリランカ情報を発信する初めての本格的なサイトです。このサイトの情報から、多くの投資チャンスをゲットしてください!!

Published in: Economy & Finance
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
981
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

スリランカ株式市場 にチャンス!!!

  1. 1. 今がチャンス!<br />スリランカ株<br />
  2. 2. 日本語情報サイト<br />「moneysrilanka.com」<br />2010年12月、オープン<br />
  3. 3. 「インドの香港」「南アジアのドバイ」と呼ばれるスリランカは今、世界のホットマネーがもっとも注目する国となっています。<br />
  4. 4. 主要インデックス「ASPI」の推移<br />主要インデックスのASPI(全銘柄から算出、1985年=100)は<br />2009年12月30日: 3,385.55<br /><ul><li>2010年9月30日: 7,000.00 の大台を初めて突破、
  5. 5. 2010年10月4日: ザラ場ベースで 7,207.75 の最高値をつけました。</li></ul>内戦が終結した2009年5月は 2,000ポイント前後でしたから、<br />わずか1年半で3.5倍に急上昇したのです。<br />
  6. 6. 【開設】1985年<br />【上場企業数】239銘柄<br />(2010年11月18日現在)<br />【主な銘柄】ジョン・キールHD、スリランカテレコム、セイロンたばこ<br />【業種】20業種<br />【時価総額】2兆1729億スリランカルピー(約1兆6412億円)<br />(2010年11月18日現在 )<br />【主要インデックス】ASPI,MPI<br />【住所】4-01,West Block,World Trade Centre,Colombo1,SriLanka<br />【電話】+94-11-2356456<br />【メール】info@cse.lk<br />【URL】www.cse.lk<br />コロンボ証券取引所<br />
  7. 7. 億スリランカルピー<br />時価総額は2008年末の4,888億スリランカルピーから2009年末に1兆921億スリランカルピーに倍増。<br /><ul><li>2010年もさらに倍に成長しました。
  8. 8. ちなみに、新興国の代表のベトナム市場(ホーチミン、ハノイの2市場)の時価総額は約600兆ベトナムドン(約2兆4000億円、2010年11月22日現在)で、この1年でかなり接近してきました。</li></li></ul><li>【高成長】2009年5月、LTTE(テロリスト集団)とスリランカ軍との約30年も続いた内戦が成功裏に終結したことを当局が発表しました。スリランカ国民や投資家のセンチメントは、社会治安の維持や経済復興に対する期待感へと劇的に変化しました。<br />2010年のGDP成長率は7%の見込みです。<br />
  9. 9. 【証券市場パフォーマンスランキング(2010)】  <br />Bespoke Investment Groupが世界82か国の証券市場のパフォーマンス比較(2010年)をサイトで公表しています。<br />それによると、トップはスリランカ(73.69%)で、以下、バングラデシュ、エストニア、ウクライナ、ラトビアの順となっています。ちなみに 日本は76位(-13.58%)、ベトナムは70位(-7.28%)でした。<br />なお、世界的に有名なジム・ロジャーズ氏や、マーク・モビアス氏がスリランカ株に注目する発言をし、新興国投資家に影響を与えています。<br />
  10. 10. 証券会社は25社、認可されています。そして、ここに…<br />
  11. 11. 【マネースリランカに関するお問い合わせ】<br />■会社名:オンリンクインターナショナル株式会社<br />(Onlink Japan株式会社の子会社、旧社名オンリンクトラベル)■担当:宇都宮滋一(代表取締役)■E-mail:info@moneysrilanka.com■電話:84-8-2217-8295■携帯電話:080-3933-1808■住所:東京都千代田区一番町17-6 MSビル5階■URL:www.moneysrilanka.com<br />
  12. 12. スリランカ点描<br />(世界遺産など)<br />
  13. 13.
  14. 14. 豊富な生き物<br />
  15. 15. ゴールド寺<br />ソース:hn.24h.com.vn<br />
  16. 16. 簡易タクシー?コロンボの街中を走ってます<br />
  17. 17. 最大の都市、コロンボの風景<br />
  18. 18. おわり<br />Moneysrilanka.com<br />
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×