Your SlideShare is downloading. ×
0
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
20110426
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

20110426

832

Published on

This is a presentation sheet on the meeting of Android Test and Evaluation Club on April 26 2011. I presented the documents of Android Developers (http://developer.android.com/guide/index.html) to who …

This is a presentation sheet on the meeting of Android Test and Evaluation Club on April 26 2011. I presented the documents of Android Developers (http://developer.android.com/guide/index.html) to who interested in testing of Android application. And also reported about translation of it from English to Japanese (translation is available at https://sites.google.com/site/androidtestclub/home).

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
832
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Android Test and Evaluation Club
  • 2.  Android Developersの邦訳を確認する キーワードを確認する   Mockオブジェクト   Instrumentation 実物を確認する   Mockオブジェクト   Instrumentation そして伝説へ
  • 3. 王「mike_neckよ!  翻訳ははかどっておるか?」
  • 4. 王「ふむ、  翻訳課が翻訳を完成させるまで  あとレビューが必要なようじゃ」
  • 5. 王「なに?そなたはレビューが  進まないのを地震のせいだと  言うのか?」
  • 6. 王「なんと!レビューをせずに  そのまま翻訳を公開したと  もうすのか!」
  • 7. 王「そこでじゃが、  ドキュメントの内容について  簡単に説明してくれんかね?」
  • 8. Contents
  • 9. Contents
  • 10. ContentsTestingはテストの概要について述べているドキュメントらしい。全体を俯瞰するのに適している。
  • 11. ContentsTesting FundamentalsはAndroidのテストフレームワークについてのドキュメントらしい          ▼
  • 12. ContentsAndroidフレームワークが提供するテスト機能について概念などを簡単に紹介している。          ▼
  • 13. ContentsUnit Testからmonkey runnerまで実施するレベルにあった部分をかいつまんで読むのがよいらしい。
  • 14. ContentsActivity TestingはActivityに対するテストのドキュメントらしい。           ▼
  • 15. ContentsJUnitを拡張したTest Caseクラス、テストをする際のポイント、UIをテストする場合の注意点、           ▼
  • 16. Contentsトラブルシューティングなどが記述されている。Activity開発者は必読だろう。
  • 17. ContentsContent Provider TestingはContent Providerに関するテストのドキュメントらしい           ▼
  • 18. ContentsContent Provider用のJUnit拡張ProviderTestCase2の概要、           ▼
  • 19. Contents外部に提供する定数、正しいURI、誤ったURI、アクセスメソッドすべて、ビジネスロジックのテストなど、           ▼
  • 20. ContentsContent Providerのテスト観点についても解説している。
  • 21. ContentsService TestingはServiceに対するテストのドキュメントらしい。           ▼
  • 22. ContentsServiceTestCase2クラスや、モックオブジェクトの利用方法にかんする諸注意が記述されている。           ▼
  • 23. Contentsサービスの開始、終了、サービスの二重起動、二重終了、ビジネスロジックの検証などのテスト観点が記述されている。
  • 24. ContentsWhat to Testでは、テスト観点について簡単に紹介されている。           ▼
  • 25. Contents端末の向きや傾き、システムの設定、バッテリーの利用量、ネットワーク等外部リソースといったテスト観点が           ▼
  • 26. Contents提示されている。必ずしも全てが含まれているわけでないが、結構「!」なことが記述されていて設計の参考になる。
  • 27. Contents
  • 28. Contents
  • 29. ContentsTestingはテストの実施方法について書かれたドキュメントらしい。これといって目新しいことはない。
  • 30. ContentsTesting in Eclipse, with ADTにはEclipseでのテスト実施方法が書かれている。
  • 31. ContentsTesting in Other IDEsにはコマンドラインでのテスト実施方法が書かれている。           ▼
  • 32. Contentsテスト自動化に欠かせないことが書かれているので、読んでおきたいドキュメントである。
  • 33. ContentsTools/Monkeyは負荷テストツールMonkeyについて書かれたドキュメントらしい。           ▼
  • 34. ContentsMonkeyの動作回数、動作の制約、イベントの頻度、デバッグオプションの指定方法が書かれている。
  • 35. ContentsTools/monkeyrunnerはmonkeyrunnerの概要について書かれたドキュメントらしい。           ▼
  • 36. Contentsmonkeyrunnerの概要、サンプルスクリプト、API、実行方法、拡張方法について書かれている。
  • 37. Contentsmonkeyrunner/Monkey Deviceなどには各モジュールのAPIリファレンスが書かれているらしい。
  • 38. Contents
  • 39. Contents
  • 40. ContentsHello, Testingはテストのチュートリアルであるらしい。           ▼
  • 41. ContentsTextViewに指定した文字が出力されていることを確認するテストケースだが、           ▼
  • 42. Contentsテストの基本になるドキュメントなのでぜひ読んでおきたいものである。
  • 43. ContentsActivity Testingはやや高度なテストのチュートリアルであるらしい。           ▼
  • 44. ContentsUIを操作するテストの書き方、Activityライフサイクルに関するテストの書き方などについて書かれている。           ▼
  • 45. ContentsInstrumentationを用いたUI操作は画面操作の代替になるので、ぜひ覚えておきたい。
  • 46.  Android Developersの邦訳を確認する キーワードを確認する   Mockオブジェクト   Instrumentation 実物を確認する   Mockオブジェクト   Instrumentation そして伝説へ
  • 47.  Android Developersの邦訳を確認する キーワードを確認する   Mockオブジェクト   Instrumentation 実物を確認する   Mockオブジェクト   Instrumentation そして伝説へ
  • 48. 王「なぬ、Mockオブジェクトとは  単なる例外を投げるだけの  オブジェクトだと申すか?」
  • 49.  Android Developersの邦訳を確認する キーワードを確認する   Mockオブジェクト   Instrumentation 実物を確認する   Mockオブジェクト   Instrumentation そして伝説へ
  • 50. 王「Instrumentationというのを  なんとか日本語にすることは  できないものであろうか?」 
  • 51.  Android Developersの邦訳を確認する キーワードを確認する   Mockオブジェクト   Instrumentation 実物を確認する   Mockオブジェクト   Instrumentation そして伝説へ
  • 52.  Android Developersの邦訳を確認する キーワードを確認する   Mockオブジェクト   Instrumentation 実物を確認する   Mockオブジェクト   Instrumentation そして伝説へ
  • 53.  Android Developersの邦訳を確認する キーワードを確認する   Mockオブジェクト   Instrumentation 実物を確認する   Mockオブジェクト   Instrumentation そして伝説へ
  • 54.  Android Developersの邦訳を確認する キーワードを確認する   Mockオブジェクト   Instrumentation 実物を確認する   Mockオブジェクト   Instrumentation そして伝説へ
  • 55. 王「そなたらの働きでわしも少しは  テストを書けるようになった。  そこでほうびを」 
  • 56. 王「ふむふむ、レビューをしていない分  自らの手で修正したいと  申すか?」 
  • 57. 王「ふむふむ、訳にへんなところが  あれば、@mike_neckに  伝えればよいのじゃな?」
  • 58. 王「mike_neckは今後、  テストしやすいアプリの設計に  ついて考えるというのじゃな?」
  • 59. 王「わかった。  ではその報告を期待しておるぞ。」
  • 60. Android Test and Evaluation Clubテスト部ホームページhttps://sites.google.com/site/androidtestclub/home翻訳者の皆様@7hepta (a.k.a. hykw) さん@yuu_shig さん@colis_dev さん@kaepapa33 さんpresented by@mike_neck
  • 61. Android Test and Evaluation Club そして伝説へ...

×